大戸や。 コロワイドが大戸屋に「株主提案」を行う真意

コロワイドが大戸屋に「株主提案」を行う真意

大戸や

創業家と経営陣が対立する内紛は後を絶たない。 定食チェーン「大戸屋」を運営する大戸屋ホールディングスのお家騒動にようやく幕が下りた。 この騒動は、創業者たちに深刻な問題を改めて突き付けた。 なぜならば最大の対立点が相続税の問題だったからだ。 大戸屋を去った御曹司は高齢者向け宅配会社の社長 外食大手のコロワイドは10月1日、大戸屋ホールディングス(HD)に出資したと発表した。 コロワイドは大戸屋HDの創業家である三森三枝子氏(保有比率13. 07%)、息子の智仁氏(同5. 60%)から全株式を取得、発行済み株式の18. 67%を保有する筆頭株主となった。 取得額は約30億円。 大戸屋HDは実質創業者の三森久実前会長が15年7月に急逝して以降、息子の智仁氏の処遇や功労金の支出をめぐり、経営陣と筆頭株主の創業家が対立してきた。 保有株式の全株の売却によって創業家は大戸屋と縁が切れた。 長年の懸案が解決して、経営陣はハッピーかというと、さにあらず。 コロワイドの創業者の蔵人金男会長は剛腕の持ち主だ。 小さな居酒屋から出発して、焼き肉の牛角、ハンバーガーのフレッシュネス、回転すしチェーン「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトなどを次々と買収。 2019年3月期の連結売上高は2,443億円と外食大手の一角を占める。 コロワイドは14年に300億円を投じ、居酒屋主体から総合外食企業に向け、社運をかけカッパ・クリエイトを買収した。 かっぱ寿司の再建のための荒療治は凄まじく、3年間に4人社長交代させたほどだ。 大戸屋HDの19年3月期の連結売上高は257億円。 既存店売上高が前年割れを続けるなど苦戦。 立て直しが急務となっている。 コロワイドが株を買い増し、傘下に組み入れ、再建に取り組むのは確実だろう。 大戸屋HDの経営陣にとって、一難去ってまた一難だ。 一方、大戸屋を去った智仁氏は、スリーフォレストという新興の宅配サービス会社の社長になった。 介護を必要とする高齢者が簡単に外食チェーンのメニューを注文して受け取れる「ハッピーテーブル」というサービスだ。 高齢者向け宅配サービスは激戦区だ。 最後発のスリーフォレストがどこまで食い込めるか。 首を傾げる向きが多い。 お家騒動の果てに、経営陣、創業家ともに、ハッピーエンドとはならなかった。 両者の間で、何が亀裂をもたらしたかを振り返ってみよう。 三森久実氏の急逝が対立を招く 15年7月28日、大戸屋HD会長・三森久実氏が肺がんのため死去した。 57歳という若すぎる死だった。 久実氏の急逝が、創業家の御曹司・三森智仁氏(30)と窪田健一社長(49)ら経営陣の対立を招くことになる。 久実氏は外食産業で成功した立志伝中の人物だ。 57年11月、山梨県に生まれる。 15歳のとき、東京・池袋東口で大戸屋食堂を経営する伯父、三森栄一氏の養子になる。 58年に栄一氏が始めた大戸屋食堂は「全品50円均一」という安さが売りの大衆食堂だった。 養父の死にともない、79年に久実氏が店を継いだ。 さまざまな失敗を繰り返し、92年に全面改装し、女性が気軽に入れる新しい定食店のスタイルを確立した。 これが大当たり。 01年に日本証券業協会に店頭登録(現・東証JASDAQに上場)した。 いち早く、海外に進出。 11年7月、持株会社体制に移行、大戸屋HDに商号を変更した。 会長兼社長・久実氏は海外に軸足を移し、米国進出の陣頭指揮を執るため、12年4月、窪田健一氏を社長に起用した。 健一氏は久実氏の母方の叔母の息子で、久実氏とは従兄弟関係にあたる。 埼玉県生まれで、東洋大学法学部卒。 食品スーパーのライフコーポレーションに入社。 独立心は旺盛で、ライフを退職し、自営業で八百屋を始めたが失敗。 埼玉の実家に舞い戻り久実氏に相談した。 「世の中甘くないぞ」とこっぴどく叱られた。 96年大戸屋に入社。 親戚でも生易しくしない、という久実氏の意向で、店舗の現場からスタートした。 その健一氏に、久実氏は社長職を譲った。 久実氏は14年7月に末期のがんが発覚。 それ以降、死期を悟り、自らの死後を見据えて2つの大きな決断をする。 1つはカネの問題。 死後に発生する相続税対策としての功労金だ。 役員退職慰労金を廃止しており、相続制を支払うカネは功労金から出すしかない。 もう1つは世襲の問題だ。 若い息子の智仁氏を、自分の目が黒いうちに後継者に据えることだ。 智仁氏は中央大学法学部卒業。 三菱UFJ信託銀行を経て、13年4月大戸屋HDに入社。 死期を目前にした久実氏は智仁氏を役員にすることを窪田氏に迫った。 これを受け入れ15年6月25日、大戸屋HDの株主総会で、智仁氏は常務取締役海外事業本部長に就任。 その1カ月後の7月27日、会長・久実氏が死去した。 功労金と世襲の2つが、創業家と窪田氏ら経営陣の対立の火種となった。 (つづく) 【森村 和男】.

次の

大戸屋、内紛去ってまた一難? 「追われた」創業家が放った一手: J

大戸や

大戸屋の店舗(「Wikipedia」より/Asanagi) コロナ禍のなか、定食チェーン「 大戸屋ごはん処」などを展開する大戸屋ホールディングス(窪田健一社長)への敵対的買収劇が始まった。 6月25日に開催される同社の株主総会に向け、筆頭株主で居酒屋「甘太郎」、焼肉店「牛角」などを運営するコロワイド(蔵人金男会長)が取締役候補12人を選任する株主提案を公表した。 コロワイドは2019年10月、大戸屋の創業家一族から発行済み株式の18. 67%を約30億円で取得(現在の持ち株比率は19. 1%)。 筆頭株主として大戸屋と経営再建について協議してきたが、大戸屋は独立経営の維持を主張。 物別れに終わったことから強硬手段に訴えた。 取締役の刷新を提案する。 コロワイドの蔵人賢樹専務と澄川浩太取締役のほか、大戸屋の実質的な創業者で2015年に亡くなった三森久実氏の長男・智仁氏を含めた7人を役員の候補とする。 大戸屋の窪田社長や山本匡哉取締役ら現在の取締役のうち5人も候補とするが、コロワイドは取締役の過半数を握る方針だ。 株主総会で、この議案を通して経営陣を刷新できれば、TOB(株式公開買い付け)と第三者割当増資の組み合わせで持ち株比率を51%にまで高め、連結子会社とする。 プロキシーファイト(委任状争奪戦)となり、大戸屋の勝利に終わった場合でも諦めない。 再び臨時株主総会を請求し、経営陣刷新を求め、敵対的TOBを始めるとしている。 ・株主提案 社内取締役(業務執行取締役)候補者(4名) 氏名(年齢) 略歴 蔵人賢樹(41) コロワイド専務取締役 澄川浩太(41) コロワイド取締役 窪田健一(49) 大戸屋社長 山本匡哉(46) 大戸屋取締役 ・株主提案 社外取締役(非業務執行取締役)候補者(8名) 三森教雄(63) 大戸屋取締役(東京慈恵会医科大学外科学講座特任教授) 池田純(44) 大戸屋取締役(元横浜DeNAベイスターズ社長) 戸川信義(41) 大戸屋取締役(公認会計士) 小濱直人(54) オフィス小浜代表取締役 河合宏幸(58) 公認会計士・税理士 田村吉央(37) 弁護士 鈴木孝子(58) 日本ユニシス購買マネジメント部業務プロセス企画室長 三森智仁(31) スリーフォレスト代表取締役(前大戸屋常務取締役) 三森教雄氏は久美氏の実兄。 創業家と経営陣を和解させようと仲介の労をとってきたが、創業家が持ち株を処分したため、退任するとみられていた。 お家騒動の白眉は「お骨事件」 騒動の発端は大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去した15年7月に遡る。 久実氏は池袋の食堂だった大戸屋を400店舗以上のチェーンに育て上げた立志伝中の人物だ。

次の

【2020年7月最新】大戸屋の割引クーポンまとめ情報

大戸や

著者プロフィール:増沢隆太(ますざわ・りゅうた) 株式会社RMロンドンパートナーズ代表取締役。 キャリアとコミュニケーションの専門家として、芸能人や政治家の謝罪会見などをコミュニケーションや危機管理の視点で、テレビ、ラジオ、新聞等において解説している。 大学や企業でのキャリア開発やコミュニケーション講座を全国で展開中。 著書「謝罪の作法」他多数。 テレビ東京・ガイアの夜明けで放映された定食屋チェーン「大戸屋」ですが、店長である社員への社長自らの檄がパワハラ呼ばわりされ、批判が起きています。 私は全国でハラスメント研修を行っていますが、「ハラスメントのつもりはない」はずの行為がハラスメント呼ばわりされる事例として解説したいと思います。 (1)大戸屋炎上、3つの原因 私は番組を見ていてとてもヒヤヒヤしました。 なぜなら炎上につながりかねない場面が山盛りだったからです。 特にネット中心に批判が巻き起こっている原因が3つ挙げられます。 一つは大戸屋山本社長自らによる社員(店長)への檄が、冷たく厳しいものであったこと。 二つ目は残業時間削減という、本来であればブラック化の逆を行く施策であるにもかかわらず、そのソリューションがオペレーション効率化という、今以上に仕事の生産性を上げるというものだったこと。 三つ目として、社長自らの経歴や経験など、努力や根性という明文化されない雰囲気が重要視されていたことが考えられます。 山本社長自身はアルバイトから社長にまで登り詰めた方で、自ら身を粉にして働いた企業戦士でした。 自身はすべてを仕事に捧げた結果、店舗や本部での成功を実現し、企業への多大な貢献が認められたのは明らかです。 しかしこの「自分は(ハラスメント的)環境をバネにした」「自分の成長に必要だった」話が、かなりの可能性を持ってハラスメント勃発のきっかけになるのです。 社長にまでなられる努力がどれほどのものか、想像できます。 しかしそれは過酷な環境やハラスメントすらも克服できた成功者の成功談なのです。 かつては「成功者を見習え」は正当な教育だったかも知れません。 しかし今、ハラスメント対応が厳しく問われる中、すべての社員が成功できる能力やセンスを持っているわけではありません。 「ハラスメントのおかげ」のようなニュアンスは、「成功者」からはどうしても発信されがちなもの。 今回の番組にはそうした社長礼賛が明らかに出ていたと感じます。 社長自身を賞賛することは何も問題ありません。 今でも店舗でトイレ掃除を定期的に行う山本社長。 本来は良いエピソードのはずです。 しかし現在の環境はそれを努力の強要と映ってしまう危険があります。 長時間労働や過酷な業務に就く現場スタッフに、さらなる加重を強いるメッセージとも取られる恐れがあるのです。 こうした環境にどこまで配慮できたか、非常に疑問です。 関連記事• テレビ東京「ガイアの夜明け」が定食チェーン大戸屋を取り上げた。 経済や企業を深掘りする番組なので、抜群のPR効果になると思いきや……。 ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が叩かれている。 2018年12月決算は、8年ぶりに赤字。 低迷の原因として、米国での閉店や類似店舗の増加などが指摘されているが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。 それは……。 渋谷駅から徒歩5分ほどのところに、ちょっと変わったカプセルホテルが誕生した。 その名は「The Millennials Shibuya」。 カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。 あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。 その狙いは……。 首都圏の繁華街を歩いていると、「角ハイボール 50円」と書かれた看板を目にするようになった。 激安の雰囲気が漂うこの店は、どのような特徴があるのか。 運営会社の社長さんに話を聞いたところ……。 関連リンク•

次の