ミュー カス シスト。 ミューカ株式会社

粘液嚢腫について

ミュー カス シスト

ヘバーデン結節は具体的にどのような症状に悩まされるのか、実際に届いた声をもとに体験談を紹介します。 「自分はもしかしてヘバーデン結節かも?」と考えている方、似たケースがあるかもしれません。 ヘバーデン結節は進行性の病気です、早期に見つけ対処することで治りも早くなります。 ケース1 左膝、右膝の半月版損傷の手術をしています。 両膝の術後から身体にゆがみが生じ、腰痛首痛にも苦しんでいます。 膝を患った頃からヘバーデン結節にも苦しんでおります。 治療は、整形外科で電気治療に通院しています。 また左膝術後より膝に負担の掛からない筋トレを日課にしています。 ケース2 ヘバーデン結節で指の痛みを発症しました。 こわばりもあり、指を曲げるのが辛いです。 まだ変形はしていません。 先日、初めて痛み止めの服用が必要になるほどの痛みとむくみを覚え、痛みと変形に気をもみ、精神的にも不安です。 ケース3 左右の指の第2関節が大きく腫れあがったままです。 ブシャール結節と言われ指が曲がらず、雑巾を絞ることや、字を書くことも不便です。 ケース4 ヘバーデンは6年位前からで両手ともあります。 親指にはありません。 幼少の頃から頚椎の変形があり、3年位前からテニス肘も発症しました。 肩こりや色々な関節の痛み、足がつりやすいなどとにかく身体がとても硬いです。 ケース5 ヘバーデンは6年前、胸郭出口症候群は3年前診断されました。 左手の指に痛み腫れがあります。 ケース6 私は整形外科で「手の使いすぎが原因で、特にピアノが良くないので、指を取るかピアノを取るかは、自分で決めて下さい」と言われました。 手を使って良いものなのか、ピアノを弾いても悪くならないのか、不安です。 整形外科では、「安静にしてください」といわれるのですが、手を安静になかなかできません。 膝も、変形性関節症の初期症状があると言われました。 ケース7 両手の薬指の第2関節が特にはれています。 ヘバーデン結節と同じ症状のブシャール結節と言われました。 左は10年前から、右は5年前ぐらいから腫れてきました。 右の指の方が物に当たるとより強く痛みます。 私は、薬は飲んでいませんが境界型糖尿病です。 ケース8 痛みはないのですが、指の第一関節が膨らみ、特に右手人差し指と左手中指がひどく変形してきました。 ネットで検索するとそれはへバーデン結節らしいと思い、確認のため整形外科医を受信しました。 両手のレントゲンを撮ると指の第一関節が骨と骨がぶつかり合い、外に変形して出ている状態でした。 だから関節が膨らんでいるのだとわかりました。 診断ではへバーデン結節ということで治す方法はないと言われました。 ケース9 指先の痛みがつらいので湿布をまいてテーピングしています。 左手人差し指と中指をかばいほかの指を自然と使うと、一昨日あたりから左手親指も痛みがひどくなり、右手人差し指・親指もこわばるような嫌な予感がしています。 幼少時自転車でこけて背骨が若干まがってるようです。 琴・三絃の練習を控えています。 ケース10 50代女性です。 へバーデンがひどく、両手とも最近特に痛み出し増しました。 指の骨もかなり角ばっています。 それから、もともと猫背気味です。 このごろ背中の中ほどの奥のほうも時々痛みます。 医者では心臓に人口弁があることが原因かもということでしたが(昔手術をしました)、うつぶせで寝ると楽なのでそうしています。 ケース11 両手の関節ににいくつかのヘバーデンとブシャールがあります。 ほんとに自分の指が嫌で仕方ありません。 ケース12 右手小指と親指に腫れと痛みがあります。 足の巻き詰めもあります。 私は極度の冷え症でその為、睡眠障害があります。 また左の腰に少し大きいコリがあり、ちょっと運動したりするとコリの周辺が痛くなります。 ケース13 右薬指と左中指、薬指がへバーデンと言われました。 左中指がひどく腫れています。 ママさんバレーをやっていますがテーピングをして続けています。 中学生の頃よりアトピーになり現在に至っていますがこのところまたひどくなった気がします。 アトピーで塗り薬「副腎皮質ホルモン」をぬったりしています。 ヘバーデン結節の他にも体の悪いところを自覚されている方が多いです。 実は関連性のあるものあります。 東洋医学では腎臓に負担をかけ続けると、関節の病気、骨の病気、耳の病気、泌尿器系の病気などを発症します。 ヘバーデン結節もこれにあたります。 同じ原因により関連性のある病気を他にも発症している人は珍しくありません。 ヘバーデン結節と同じ原因のものは、ヘバーデン結節解消プログラムを続けることで同時に解消されていきます。 | |.

次の

ヘバーデン結節 最新情報|ヘバーデン結節が治った最新の治療法

ミュー カス シスト

概要 指趾粘液嚢腫 指趾粘液嚢腫 ししねんえきのうしゅ は、手指(時に足趾)に粘液で満ちた膨らみが生じる良性の病気です。 典型例では、指の甲側に水ぶくれのような半透明の膨らみが生じます。 指趾粘液嚢腫は、中年以降の女性に多くみられる傾向があります。 ガングリオン 手首などの関節周辺や腱鞘付近に生じるは、指趾粘液嚢腫と同じメカニズムで生じる病気です。 ガングリオンの内部はゼリー状の粘液で満たされており、発症部位によっては神経を圧迫することもあります。 男性よりも女性に多くみられることで知られています。 粘液嚢胞(口粘液嚢腫) 口唇、口腔内にゼリー状の粘液が詰まった膨らみが生じる病気を、 粘液嚢腫 ねんえきのうほう といいます。 主に下口唇や頬粘膜に、痛みを伴わない半透明の膨らみが生じます。 破れることも多く、その後再発しやすいという特徴があります。 原因 指趾粘液嚢腫 発症のメカニズムは解明されていませんが、や刺激が誘因となっていると考えられています。 関節の内部は、ヒアルロン酸を豊富に含んだ 滑液 かつえき で満たされています。 指にできる粘液嚢腫は、(1)ヒアルロン酸の過剰産生、(2)滑液の漏れにより生じると考えられています。 (1)ヒアルロン酸の過剰産生 線維芽細胞 せんいがさいぼう からヒアルロン酸が過剰に作られるタイプを、myxomatous typeと呼びます。 (2)滑液の漏れ 刺激により滑液が周囲の組織に漏れ出し、貯留して膨らみを形成するタイプをganglion typeと呼びます。 ガングリオン 関節を包む袋や 腱鞘 けんしょう が関節外に突出し、形成された「の袋」のなかで滑液が濃縮され、ゼリー状になります。 ガングリオンは、内部で関節とつながっており内層細胞で被われている点が、指趾粘液嚢腫と異なります。 なお、ガングリオンは必ずしも手や手首を酷使することにより形成されるわけではありません。 ただし、既にガングリオンが生じている場合、手の酷使によりサイズが大きくなることもあるといわれています。 粘液嚢胞 くちびる、口のなかにできる粘液嚢胞は、唾液の流出障害により生じるとされています。 具体的には、口唇、口腔内に広く分布する唾液腺が閉塞したり損傷したりすることにより、唾液成分が粘膜下に貯留すると考えられています。 粘液嚢胞が生じる主なきっかけは、くちびるや頬の粘膜を噛むことです。 また、異物が刺さってしまうことも誘因となります。 このほか、歯列や歯の形などが影響し、粘膜に慢性的な刺激が加わることも誘因になると考えられています。 症状 指趾粘液嚢腫 手指や足指の甲側に、水ぶくれのような形状の膨らみが生じます。 膨らみの内部はゼリー状の粘液で満たされています。 指趾粘液嚢腫の多くは無症状ですが、大きくなると痛みを伴うことがあります。 また、爪の付け根近くに形成された場合は、爪に縦方向の溝が入ったり、変形したりすることもあります。 ガングリオン 主に手首の関節付近や親指付け根の 腱鞘 けんしょう 付近に 腫瘤 しゅりゅう (こぶ)が生じます。 腫瘤の大きさは、米粒大からピンポン玉大まで様々です。 また、かたさも軟らかいものもから硬いものまで存在します。 多くのは無症状ですが、形成された部位によっては手首に走る神経を圧迫し、痛みやしびれ、運動麻痺を引き起こすことがあります。 粘液嚢胞 主に下くちびるや頬の粘膜に、ドーム状の透き通った膨らみが生じます。 下顎の内側(口底部)や、舌の先、舌の下面に形成されることもあります。 大きさは、5mm以下のものから2cm以上のものまで多様です。 ゼリー状の粘液で満たされた膨らみは破れやすく、しばしば潰れて再発を繰り返します。 一般に、口底部に生じた大きな粘液嚢胞のことを「ガマ腫」と呼びます。 治療 粘液嚢腫・粘液嚢胞は、健康に悪影響の及ぼすことが少ない良性疾患であり、治療を行わなければいけない病気というわけではありません。 ただし、膨らみが自然に消えることは少ないため、症状がある場合や患者さんが希望する場合には、以下に挙げる治療のいずれかを行います。 保存的治療 ・ 穿刺吸引術 せんしきゅういんじゅつ 注射器でゼリー状の内容物を排出する保存的な治療方法です。 麻酔をかける必要はなく、痛みも少ないという特徴があります。 根本的な治療方法ではないため、繰り返し行う必要がありますが、複数回実施することで寛解(かんかい)を得られる例もあります。 穿刺吸引術を行ったあと、少量のステロイド薬を注入することもあります。 ・凍結療法 液体窒素を用いて、病変組織を凍結して破壊する治療方法です。 治療時に痛みを伴いますが、副作用は少なく安全性の高い方法とされます。 口のなかの粘液嚢胞に行う場合、原因となっている唾液腺も同時に凍結します。 手術 ・切除(摘出)手術 局所麻酔をかけ、根治を目的として病変を十分に切除します。 に対する治療の場合は、再発を防ぐために、娘シストと呼ばれる小さな嚢胞にも注意を払うことが大切です。 また、口のなかの粘液嚢胞に対して行う場合は、原因となっている唾液腺も摘出する必要があります。 その他 このほか、口のなかの粘液嚢胞に対してはレーザー治療を行うこともあります。 また、歯の形状などが原因で粘液嚢胞が生じているときには、原因に対する治療も行われます。

次の

ヘバーデン結節・・ミューカスシスト? 手術しました。

ミュー カス シスト

以前、知人にも教えてあげた治療法のことでとても反響がありました。 東洋医学を取り入れたヘバーデン結節の治療法です。 この治療法は、病院で治らないと言われるヘバーデン結節でも、原因がわかっているので根本から治していくことができます。 そのおすすめの治療法を紹介します。 ヘバーデン結節はなぜ発症するのか、何が原因になっているのか どんなことをするとヘバーデン結節が治るのか、などがわかりやすく紹介されています。 よく言われる老化や指の使いすぎだけが問題なのではないということもわかります。 この方法は、均整術と東洋医学を融合した方法で、実際にヘバーデン結節の患者さんの多くが改善されているそうです。 一度ゆっくりこのサイトを読まれてみると情報量も多く、ヘバーデン結節のこと、治療法のことがよくわかると思います。 追記:ヘバーデン結節の東洋医学的な治療法についていただいた質問のメールは、今回の内容で返信とさせていただきます。 変形性関節症とはその名前からもわかるとおり、関節が変形してくる病気です。 手の指の関節に変形が見られるものを、「変形性指関節症」といいます。 指の変形性関節症にもいくつかの種類があります。 これまで紹介してきた、指の病気で年配の方に非常に多く見られる「ヘバーデン結節」がその1つです。 ヘバーデン結節は指の第一関節が腫れ、痛みもでてきます。 指の関節には結節というコブ状のものができます。 しだいに指の第一関節が曲がる病気です。 指の骨が変形してくる関節症としてはリウマチがありますが、ヘバーデン結節との違いは検査でわかります。 稀にヘバーデン結節とブシャール結節を同時に発症することもあり、関節の多い指ですので注意が必要です。 最後に親指の付け根の関節に痛みがあらわれ、亜脱臼しやすくなる変形性関節症が「母指CM関節症」です。 このように指の変形性関節症には症状が出る関節の場所により名前が異なる、3つの関節症があります。 ヘバーデン結節を含めこれらの変形性指関節症は、病院では治らないと言われ治療法が確立していません。 テーピングや湿布などの治療法が一般的です。 ですが、どの変形性指関節症でも原因は同じですので、 「ヘバーデン結節の解消法」で効果があらわれます。 指にできたコブが小さくなったり、痛みがおさまったり、少し時間はかかりますが指の変形にも効果が見られます。 変形性指関節症は治していくことのできる病気です。 ヘバーデン結節が良くなってきたのと同時に、ひどい足のむくみや静脈瘤、腰痛もよくなったと聞いた時には、とても驚きました。 病院では「治らない病」と言われたヘバーデンにも効果があり、それ以外の病気もよくなるなんて信じられない!と知人も喜んでいました。 いつも仕事から帰ると、ふくらはぎはパンパンで指で押すと形がくっきりとつき、血管も太く見えていたそうです。 ズボンもふくらはぎのところで脱げなくなってしまうと困っていました。 病院ではヘバーデン結節は難しい病気で原因もわからないのですが、東洋医学的にみればヘバーデン結節の原因は明らかで、良くしていくことができます。 ただヘバーデン結節は、これまでの生活の積み重ねでできた悪循環を自ら変えていかなければなりません。 続けることが苦手な人には不向きかもしれませんが、指の変形や痛みから解放されるのだから継続することをがんばって続けることもできると思います。 腰痛や足のむくみがなぜ治ったのか聞いてみると、東洋医学ではヘバーデン結節は腎経の病気で、腎をよくすれば他の腎経の病気も良くなるそうです。 腰痛なども腎経の病気だったようです。 少し難しいですが、そういうことらしいです。 他にも、膝痛や耳鳴りなどにも効果があるそうです。 半信半疑で始めたヘバーデン結節の治療法が、毎日の日課になっているようで私も嬉しくなりました。 女性に多く見られるヘバーデン結節ですが(男性にも発症します)、自分の母親や祖母など身近な人がヘバーデン結節になっていると、遺伝するのではないかと不安になります。 遺伝がヘバーデン結節の原因でないことはわかりましたが、同じ生活習慣を送っていれば同じようにヘバーデン結節になる可能性があるそうです。 将来ヘバーデン結節にならない為に気をつけると良いこと、予防法についてまとめてみました。 ・適度な全身運動を続ける ・体が硬くならないように柔軟性を保つ ・猫背など姿勢に気をつける ・コーヒーを頻繁に飲まない ・偏った食生活に気をつける ・良質なビタミンCをとる ・アルコールは控える ・必須脂肪酸をバランスよく摂る ・背骨や骨盤など身体の歪みを整える ヘバーデン結節は日常生活に直結した病気だと感じています。 これらに気をつけるということは、すなわち健康体になるとも言えそうです。 ヘバーデン結節になってから気をつけるのではなく、こうしたことを早い時期から予防していくことが大事なのだと思います。 またヘバーデン結節について調べた情報をお伝えしていきたいと思います。 ヘバーデン結節によく似た症状に、リウマチという病気があり以前このブログでも比較をしてみました。 ヘバーデン結節のような指の病気について調べる中で、外傷により指の痛みや腫れ、変形が見られる症状が他にもあったので、今回はそれについて紹介したいと思います。 主に、野球やバレー、バスケットなどのスポーツによる外傷によるもので、ボールが指に当たった時に起こりやすく、突き指の一種です。 病名は、マレット変形と呼ばれ、症状は指の腫れや痛みですが、特徴的なのは指の第1関節が曲がったままで、自力では伸ばすことができません。 反対の手や誰かに伸ばしてもらうことは可能です。 指の中でどのようなことが起こっているかというと、指を伸ばすための伸筋腱が損傷してしまったり、関節内の骨折が生じています。 腱の損傷か骨折かによって、治療の方法は異なってきます。 突き指と思って軽視していると、治療が遅れ治るのに時間がかかるので、早めに病院で診察することが大切なようです。 こうした外傷の可能性もなく、指の痛みや腫れ、変形などがある場合は、ヘバーデン結節やリウマチなどの病気が考えられます。 膝や腰の痛みは病院に行こうかなという気になりすいですが、指の不調は我慢したり、一時的なものかなと甘く思いがちです。 指の病気にも色々なものがあります。 早期診断と初期の適切な対処が大切だということ、ヘバーデン結節にも同じことが言えるということを改めて知ってほしいと思います。 指が痛くて病院に行き「ヘバーデン結節」と診断された方が、みなさん告げられることは、 ヘバーデン結節は治療法がない、 進行性なので他の指にも発症するかも、 痛みが治まってくると指が変形してくる、 老化現象の1つ、 などです。 そんなこと言われても老化現象では片づけられません、ヘバーデン結節のつらさや不便さはなった人にしかわからないのです。 病院で治療法がないなんてもうお手上げ、、、そう諦め気味な日々、新しい情報を見つけました。 ヘバーデン結節で注目されている治療法が「東洋医学」です。 東洋医学と言えば、漢方やツボなどをイメージしますが、病院の治療とは全く違った考えがありヘバーデン結節も治る病気だと言われています。 体の使い方がわるかったり、使いすぎると膝や腰に痛みが出たりするのと同じことだそうです。 ヘバーデン結節は指だけど体の調節で治すことができるというのです。 いくつかの整体では、ヘバーデン結節がよくなった患者さんもいることがわかりました。 整体だけでなく、鍼灸院でも同じように効果があった患者さんがいます。 病院の治療では治らないのであれば、治る可能性のある整体や鍼治療などの東洋医学をためしてみるのも良いと思います。 知人にも教えてあげたら、指の痛みにすぐに効果が表れてきたそうです。 ヘバーデン結節の指に水ぶくれができることがあります。 指の第一関節や爪の少しの箇所などに発症します。 この症状はヘバーデン結節の患者さんに比較的多いようですが、指の第2関節に同じ症状がでるブシャール結節の方にもできるようです。 「ミューカスシスト」という珍しい名前がついています。 このミューカスシストは、関節を包んでいる関節包という袋から、関節液が漏れ出し透明な水ぶくれを作っています。 ミューカスシストの画像で検索すると、症状が進行し爪を圧迫し変形を起こしている画像なども出てきます。 爪の変形はミューカスシストを切除することで防ぐことができます。 やっかいなのは、この水ぶくれが潰れるとばい菌に感染しやすく、炎症を起こしやすいということです。 また腫れて大きくなるとひどい痛みを伴うことが多いようです。 注射で抜き取る処置が一般的です。 またヘバーデン結節の中ではこのミューカスシストの切開が手術としては多いようです。 他にも病院によっては液体窒素を使用し、ミューカスシストを凍らせる処置をするところもあるようです。 一度の治療で治る人もいれば、何度も繰り返しでき日常生活に支障をそれで治る人もいますが何度も繰り返すことがあるようです。 ヘバーデン結節を患っている方は、ミューカスシストが大きくなる前に早めに手の専門外科や皮膚科で診てもらうことをおすすめします。 足にもヘバーデン結節ができるのを知っていますか? ヘバーデン結節というのを初めて聞く人は、何の病気?と思うかもしれません。 ヘバーデン結節は指の関節の病気で、痛みや腫れを伴う結節というのが指の第1関節にできます。 そして進行とともに、指が変形していきます。 ヘバーデン結節は中高年の女性に多い病気なので、老化現象とか家事など指を使うことが多いからとか、女性ホルモンの影響などの可能性を指摘されますが、男性にも多くの患者さんがいるようです。 また手の指だけでなく、足の指にも発症します。 手にヘバーデン結節を発症している場合は、足にヘバーデン結節ができる可能性も高いと言います。 外反母趾と思っている人も実はヘバーデン結節かもしれません。 最近ではそういうケースが多いそうです。 そのまま何もせずにいると、ひどい外反母趾になり、足の指の変形が見た目にもかなりひどくなってしまうようです。 足の第1関節に痛みや腫れを感じたらすぐに診察を受けるのが安心です。 手にできるヘバーデン結節も、足にできるヘバーデン結節も、進行性というのがやっかいです。 それにこんな恐ろしい病気なのに、病院では原因不明と診断され、その上治療法がないと言われます。 今の医療で治療法がないのならば、再生医療を待てば将来この原因不明のヘバーデン結節にも効果が期待できるのでしょうか。 原因不明で治療法がないのに薬は処方されます。 その多くは痛み止めの鎮痛・消炎薬になりますが、皮膚や骨の再生が期待される薬を出している病院もあります。 薬や治療法のこと、いつか足にもヘバーデンができるのか、、、この病気はとても不安が大きいです。 ヘバーデン結節が進行する原因の1つにコーヒーが関係している記事がありました。 カフェインが多く含まれているコーヒーをよく飲んでいると、体が水不足になり、ヘバーデン結節には悪影響なのだそうです。 病院ではそういった説明はありませんが、整体などの中医学では初期にコーヒーの過剰摂取について聞かれるそうです。 コーヒーというよりもカフェインがヘバーデン結節の進行に関係し、体にストレスをかけるようです。 ヘバーデン結節の方で一日に何杯もコーヒーを飲むという人も多いようです。 カフェインが含まれているものには、コーヒー以外にもあります。 できるだけカフェインを含んだものを飲んだり食べたりしないようすることで、症状が軽減されるようです。 毎日コーヒーを飲んでいる方は、クセになり飲まないとすっきりしないとか目が覚めないとなるそうなので、辞めるのはつらいことからもしれません。 しかし、ヘバーデン結節の治療法がない中で、実際にがんばってコーヒーを断った人は症状が改善されたという例がいくつもあるようです。 ヘバーデン結節の方は、コーヒーをやめ、代わりに水をこまめにとりことで指の痛みや腫れが減ってくるそうです。 また、ヘバーデン結節の症状に効果のある食べ物や悪影響なものなど調べたいと思います。 ヘバーデン結節の症状のように指に痛みや腫れがあり、心配な時はどんな病院に行ったら良いのでしょうか。 調べてみると、多くの方が整形外科に行かれているようです。 ヘバーデン結節の専門の病院であったり、専門の医師がいるわけではありませんが、「手の専門外科学会」というものもあります。 そのホームページを見てみると、多くの手の専門外科医が紹介されています。 都道府県別に、病院名と医師の名前も載っています。 手の疾患に関する医学的スペシャリストであるそうなので、同じ整形外科に行くならば、手専門の外科であるほうが安心できる気がします。 ヘバーデン結節で悩まれている方もそういったホームページを頼りに探すことができます。 と言っても、やはりヘバーデン結節の治療の多くは湿布や痛み止めの薬などのようなので、ヘバーデン結節が医学的に原因不明で、治らない病気というのは変わらないようです。 自分の指の症状が確かにヘバーデン結節なのか診断してもらうため(リウマチなど他の病気ではないかの判断)や、ヘバーデン結節の手術を考える場合などには手の専門の病院であるほうが良いと思います。 ヘバーデン結節はなぜ発症するのか、その本当の原因は解明されていません。 医療が進んだ今でも、病院で診てもらうとヘバーデン結節は治療法がないと当たり前のように言われてしまいます。 考えられている原因は、加齢や指の使い過ぎで、それにより指関節の骨や軟骨がすり減り、痛みが出るということです。 歳を重ねるに従いそれまで徐々に指に負担をかけてきたものが積り、その結果関節を傷め発症するのだそうです。 また骨折や脱臼などの外傷で指関節に炎症が起こり、その後ヘバーデン結節を発症することもあります。 さらには、遺伝がヘバーデン結節に関係しているという不確かな情報までもあります。 実際に親がヘバーデン結節で私も、、、という情報もいくつかありました。 やはりはっきりと解明されていないのです。 また、新しい情報のようですが東洋医学的な考えでは、ヘバーデン結節は関節の隙間が狭くなり、軟骨がすり減っていくのには体のゆがみが原因であるそうです。 以前あるテレビ番組でも体にゆがみのない人はいないと言っていました。 そうした体のゆがみがヘバーデン結節にも関係があるのか、もっと詳しい情報を集めたいと思います。 ヘバーデン結節を患っている知人は、先日会った時に指を完全に曲げることができないのと言っていました。 買い物に行って、おつりをもらう時も手を出すのが嫌になるほどだそうです。 ヘバーデン結節の本当の原因が明らかになれば、確立した治療法が出て来るのだと思います。 新しいヘバーデン結節の情報を探したいと思います。 ヘバーデン結節は不治の病とも言われ、治療法がありません。 ですが、ヘバーデン結節が治った、改善されたという情報もあります。 これまで調べてきたものをいくつか紹介したいと思います。 ・ユビサポ (ユビサポーター) これは指のサポーターです。 商品の説明を読んでみると指の第二関節を保護するもののようです。 スポーツ選手などにも使われていて突き指を防止する目的で使われています。 このユビサポを使い続けて、ヘバーデン結節の人で指の痛みが良くなったという人もいます。 価格も安いので、テーピングなどがめんどうな人には良いかもしれません。 ・パロチン (薬) これは、ある特定の病院でヘバーデン結節の方に処方されています。 なぜ他の病院で処方されないのかは、よくわかりません。 ヘバーデン結節が治ったというのは見つかりませんでしたが、症状が改善された、痛みがとれたという感想が多いように感じました。 その病院に行きたいけれど遠くて行けない人もいるようです。 逆に交通費が高くなっても治療に通う人もいました。 ただ、気になったのは長期服用し、その間薬の量が増えたという人が何人もいるということです。 ・アンデスハーブ:インカの秘密 (サプリメント) 世界一の長寿村を調査することによりニガウリの原種という天然の植物資源に注目して研究され、サプリメントとして販売されています。 これは粉末タイプと錠剤タイプがあるようです。 飲み続けると腸内環境を整え、ダイエットや花粉症に効果的で、その中でヘバーデン結節の痛みが治ったという人がいました。 1か月で6000円くらいでした。 6ヶ月まとめて買うと30000円くらいで割引があるようです。 ヘバーデン結節の人で試された方の中には、飲み続けるにはお金がかかるという人もいました。 ・ヘバーデン結節解消プログラム (均整法・ストレッチ) これは均整法といって、体のゆがみを正しながらヘバーデン結節を治していく方法のようです。 自分で治していくことができるようです。 DVDと説明書で15500円でした。 ヘバーデン結節が治ったという人も多く、指の変形が治ったという人もいました。 ネット上では、本当に良くなるのかわからないと悩まれている人もいました。 続けることが苦手で辞めてしまった人もいるようです。 どんな治療も個人差があるのはわかっています。 なのでまずは色々試してみればよいのだと思います。 また、治療というのは、どれも続けなければヘバーデン結節には効果は感じられません。 その中で大事なのは自分が続けて行けるもの、自分に合っていると思うものを選べば良いのだと思います。 ヘバーデン結節でつらいのが指に痛みがある時です。 中年以降の女性に多く見られる病気なので、家事などはとても不便な様子です。 毎日の生活の中で指の痛みがあるとそれだけで憂鬱な気分になり、家族もそんな姿を心配してしまいます。 なんとか痛みだけでも治してあげたいです。 ヘバーデン結節の指の痛みを和らげる方法として、患者さんが行って効果を感じられたというものがありました。 1つは指を温めるという方法です。 痛みがある場合は冷やすのでは?と思ったのですが、指を温めることで血流がよくなり、ヘバーデン結節の痛みがやわらぐというのです。 足湯ならぬ、指湯というのを行っているそうです。 ボールや洗面器にお湯を入れるという簡単な方法なので、これで少しでも手の痛みがらくになるなら良い方法だと思いました。 2つめは、ヘバーデン結節の指をつまむ方法。 確かに人は痛みがある箇所をなでたり、さすったり無意識にしてしまうところがあるので、ヘバーデン結節の指をつまむというのも案外効果があるのかもしれません。 ヘバーデン結節ができている指の第一関節を、横からつまんで骨を圧迫するような感じだそうです。 少ししてつまんだ指を離すと、痛みが少しらくになるというのです。 どちらも個人差があると思うので、やって効果を感じた場合は続けてみたら良いと思うので参考までに。 ちなみに私の知人はヘバーデン結節で、2つめの指をつまむ方法が痛みが少しらくになると言っていました。 ヘバーデン結節と関節リウマチは症状が似ているので、その違いや共通点について調べてみました。 関節リウマチは関節に炎症が起き、関節が破壊されていく病気です。 自己免疫疾患の病気です。 一般的に炎症は、手の指や手首などから起こりやすく、症状が進んでいくと全身の関節にも進んでいきます。 リウマチもヘバーデン結節もどちらも初期の段階では"朝方の指のこわばり"という症状があります。 ヘバーデン結節は指の第1関節にのみ起こる関節症ですが、リウマチの場合は全身の関節に症状が出ます。 体の他の関節にも痛みや腫れなどがある場合は、リウマチが考えられるので知っておくと良いでしょう。 病院でよくあるのは、指関節の痛みが続き、腫れもあるため、自分はリウマチではないかと思い病院に行ってみると、検査の結果、ヘバーデン結節だったというケースです。 ヘバーデン結節という初めて聞く不思議な名前に驚き、病院から戻ってからヘバーデン結節について、色々調べたり家族や誰かに相談することがよくあるようです。 詳しくは病院でのレントゲン検査により、リウマチとヘバーデン結節の違いを判断することが可能です。 骨の状態で判断もできますが、血液検査によっても確かな診断が可能です。 そのため整形外科の中でも、リウマチ治療も行っている病院が人気のようです。 ヘバーデン結節もリウマチも、指が変形してくるという症状があるのですが、指の曲がり方にも違いがあるようです。 また、どちらもなぜ起こるかという原因はまだわかっていないそうです。 その他の違いや共通点などもまた紹介したいと思います。 一般的にヘバーデン結節の痛みや炎症に対して出される薬について調べてみました。 もっともよくつかわれるのが、「非ステロイド性消炎鎮痛薬」です。 関節に起きている炎症を抑え、ヘバーデン結節の痛みを鎮めるなどの作用があります。 非ステロイド性の内服薬はよく使用され、ヘバーデン結節の痛みにも効果があります。 注意点としては長期間の使用を避けるということです。 副作用として胃が悪くなることがあります。 ヘバーデン結節の治療で飲み始めた薬で、胃が痛くなったり、潰瘍などができてはたまりません。 最近では胃にやさしい負担の少ないものもあるそうです。 一日2回では負担がかかるため、一日3回服用するものが一般的なようです。 どちらになるかは医師の判断による場合と、好みを聞かれる場合もあるようです。 内服薬よりも体への負担が少ない為、胃が弱い方などには外用薬のほうが良いかもしれません。 ヘバーデン結節は指にあらわれる症状なので、湿布や塗り薬は使いづらいという声もあります。 また、副作用として皮膚に合わない場合があり、かぶれたりすることもあります。 関節の痛みがとても強いときなどに使用されます。 飲み薬や貼り薬よりも、効果があらわれるのが早いです。 副作用は飲み薬と同じで長期にわたって使用すると、胃が悪くなることがあります。 これらの薬は一時的ですが、ヘバーデン結節の痛みがやわらぎ、らくになります。 そのためヘバーデン結節が治ったと思い、指を使いすぎて炎症がひどくなるということもあるそうです。 薬は痛みを抑えているだけのものなので、関節自体を治しているものではないということを理解しておく必要があるようです。 ヘバーデン結節には上手に薬を使い、副作用の知識も知って、長期使用は避けたほうが良いそうです。 ヘバーデン結節は高齢の方が多いように感じますが、実際はどうなのでしょうか? ヘバーデン結節の原因には、老化や指の使い過ぎによる負担が大きいということが言われています。 変形性の関節症であるヘバーデン結節は、関節にある関節軟骨の影響で痛みが表れるそうです。 関節軟骨自体はとても弾力があり、骨と骨がぶつからないようにクッションのような働きをしています。 ヘバーデン結節の場合、この関節軟骨に長い間をかけて負担がかかり、次第にすり減ってきます。 また少しずつ軟骨が欠けたりすることで、骨のトゲ(骨棘)もできるようになります。 そのためクッションが減ったことで、骨と骨が直接ぶつかるようになり痛みがでてきます。 高齢になると、関節軟骨は弾力を失ってくるのでよけいにもろくなるのです。 ヘバーデン結節が老化が原因と言われるのは、こういったことが関係しているのだと思います。 年齢でみると高齢者の方に発症するケースが増えていますが、最近ではヘバーデン結節という病名の認識度も高まり、年齢に関係なく患者数の増加が見られているようです。 老化と、指の使いすぎどちらもヘバーデン結節の原因の1つのようです。 ヘバーデン結節は手の指の第一関節に炎症が起きる病気です。 指の変形性関節症とも呼ばれます。 症状の表れは、一本の指に限らず、数本〜全ての指に症状が表れることもあります。 指に痛みを感じるもので最も多いのが変形性指関節症で、その中でもこのヘバーデン結節の発症が多いことが知られています。 ヘバーデン結節は圧倒的に女性に発症することが多いですが、男性にも発症しています。 年齢で多いのは40代以降の人となっています。 炎症が進行してくると、指が変形してくるのもヘバーデン結節の特徴です。 指の変形が止まると不思議と指の痛みはなくなる人が多いようです。 ヘバーデン結節の症状として考えられるものは、 朝の手のこわばり、指関節の痛み、腫れ、赤み、 患部が熱を持つ、水疱のようなものができる、 指のしびれ、不快感、指が動かしづらい、 手が握りづらい、指を動かすと音がする、 骨の変形、指の筋力低下、、、 など様々な症状があります。 ヘバーデン結節は、指の痛みだけでなく、関節の腫れ、進行後は骨の変形ととても不安な病気です。 しかし不安なことはそれだけではありません。 ヘバーデン結節は治療法がないということが、一番の不安要素です。 治療法がないというのは、進行していく指を眺めて過ごすしかないということです。 私の身近にもヘバーデン結節で悩んでいる人がいます。 みなさんはヘバーデン結節になって、どんな病院に行かれたのでしょうか? 総合病院、整形外科、形成外科、皮膚科、手の専門病院、リウマチ科、色々あります。 きっとどの病院でも「ヘバーデン結節は治らない」と同じ結論を言われたのではないでしょうか。 病院で主に行われる治療は、痛みなどの症状を和らげる『対処療法』です。 『対処療法』以外では、手術も1つの治療法として紹介されますが、実際はヘバーデン結節で手術までするケースは少ないそうです。 私は『対処療法』も大切な治療法だと思います。 指が痛くて針を刺されたように痛みが続くような時に、すぐにその痛みを和らげてくれる薬はとてもありがたいです。 でも『対処療法』と共に、ヘバーデン結節を『完治させる目的の治療法』もすごく必要だと思います。 両方の治療法を探しながら、ヘバーデン結節の情報を同じように悩んでいる人達に伝えたいと思います。 ヘバーデン結節は不安の大きい病気ですが、いつかきっと根治できる治療法が手術以外にもできてほしいと強く思っています。

次の