テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見。 テレビ朝日『モーニングショー』の玉川さんを見ていつも思うこと(週刊現代)

玉川徹の嫁や家族は?テレ朝モーニングショーで態度悪すぎと批判!

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

テレビ朝日本社(「」より) 4月2日放送の情報番組『 羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授とコメンテーターの 高木美保が新型コロナウイルスについて激論を交わし、話題になっている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都は都立高校などの休校延長を決定し、小中学校についても協力を求めている。 登校再開の目処が立たない現状について、岡田教授は「命が先なんですよ、ですから、この状況下では致し方なしだと思っております」と語り、続いて高木が以下のようにまくし立てた。 「確か、学校で手洗いとかうがいをきちんとやっていたので、前回の休校のときには、その子どもたちが家で過ごしていても、症状がない可能性もありますけど、コロナにかかったっていうことが明らかにわかった子どもは確か出なかったということで、学校でのコロナ対策は成功しているんじゃないかっていう話もありましたよね。 そうすると、子どもたちにどんなリスクがあるかというと、まわりの大人たちの感染が増えていくことで、結局子どもたちまで巻き込んでいくっていうことになってしまう。 そうすると、たとえばパチンコに行っている人とか、飲み会とかね、ゼミの打ち上げみたいなことやってる……なんとなく人間って、できる理由をわざわざ探して、これだからいいよねって、ちょっと自分の都合のいいように、感染症を広げてしまうような行動を自分に許して取ってしまう。 ちょっと都合のいい解釈があるなっていうのを、最近よく感じています」 この高木の主張を受けて、以下のようなやり取りが続いた。 岡田「子どもさんたちに関しましては、感染してないかどうかはわからないですね。 不顕性感染(症状が認められない感染者)のお子さんたちも多いわけでございまして、あんまり症状が出やすくないので。 ですから、学校で感染伝播が起きてないかどうかっていうのは、そういうデータは取られていないわけですね」 高木「じゃあ、メディアで出たのはなんだったんでしょう?」 岡田「症状が出なければ積極的には検査がないので、もしかしたらお子さんたちも感染してても症状があんまり出なければっていうことなんです。 ただ、これだけ市中感染率が上がってくると、今までとは違うフェーズになってくる可能性があるわけですよね。 ですから、文科省も都のほうも、そういうことを鑑みながら、今のところはすぐには再開っていうリスクは踏めないということだと思うんです」 高木「もちろん、すぐに登校を再開するという意味ではなくて、子どもたちをリスクに晒す責任っていうのは大人のほうにあるんじゃないかなということを言ったのであって、すぐに登校するべきだとは言っていないので、そこは先生と同じ意見です」 その後、同番組は1歳未満の女の子が新型コロナウイルスに感染し、肺炎の治療を受けているという状況を踏まえて、「年齢が低い子どもほど重症化率が高い」という話題になった。 そこで、高木が「先生に確認したいんですが」と岡田教授に語りかけ、こう切り出した。

次の

テレ朝『モーニングショー』ついに視聴者の怒り爆発「本当にゲスい」

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

かつて頻繁に『羽鳥慎一モーニングショー』出演していた田崎氏だったが 安倍政権の御用ジャーナリストの代表格、田崎スシローこと田崎史郎氏。 田崎氏にある異変が起きているのにお気づきだろうか。 と言っても、反安倍に転じたとかそういう話ではない。 河井克行・前法相と河井案里参院議員が買収容疑で逮捕された問題でも、「常識外れかも知れないですけれども、政治の世界ではあり得ることなんですね」「陣中見舞い、当選祝いのかたちなら許される」と正当化したり、河井夫妻と安倍首相は親しくないと吹聴したり、相変わらず安倍擁護活動を展開している。 ところが、そんな田崎スシローが最近、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)にめっきり出演しなくなっているのだ。 田崎氏といえば『ひるおび!』(TBS)への出演が有名だが、安倍政権に不祥事が発覚したり、批判の多い法案の審議中など、政権のターニングポイントになると決まって『モーニングショー』にも出てきて、官邸の意向を代弁、ありえない論理で政権を擁護し、玉川徹氏らと舌戦を展開してきた。 ところが、ここしばらくその田崎氏の姿がみられなくなってしまったのだ。 いったいどうしたのだろうか。 田崎氏といえば、昨年にも「桜を見る会」問題の最中、ジャパンライフとの癒着を理由に、一時期テレビ出演を辞退していたことがあった。 しかし今回は、上述のとおり、河井前法相夫妻逮捕や持続化給付金をめぐる電通との癒着問題などをめぐり、『ひるおび!』や『とくダネ! 』(フジテレビ)などに出ては政権を擁護している。 出演していないのは、『モーニングショー』だけである。 本サイトであらためて確認してみたら、緊急事態宣言発出された前後の4月第2週は毎日のように出演していたのだが、4月9日を最後に、もう2カ月以上も『モーニングショー』に出演していないのだ。 まず、考えられるのは、視聴者の抗議で番組側が田崎氏を降ろした可能性だ。 『モーニングショー』は玉川徹氏や青木理氏ら政権批判を厭わないコメンテーターも出演していることからもわかるように、リベラルからの支持が強い番組。 そのためか、田崎氏に批判的な視聴者の声が多かった。 とくに今回のコロナ禍で『モーニングショー』は安倍政権のコロナ対応批判をリードし、安倍政権の杜撰なコロナ対応に疑問や不満を抱く人々の支持を集めていた。 そのため、田崎氏の露骨な政権擁護に対して抗議や批判がいつも以上に巻き起こっていた。 たとえば、4月6日放送回では、コロナでの死亡者数が正確なのかという議論のなかで、田崎氏が「肺炎で亡くなった人のことをあとでCT検査をして、コロナかどうかいちいち判断している」という誰が考えてもありえないデマ解説をし、橋下徹氏にまで批判されていた。 また、9日放送回では、西村康稔コロナ担当相が休業要請の2週間先延ばしを自治体に求めた問題でも、大嘘が発覚している。 田崎氏は西村担当相に直接、電話で聞いたとして、「西村さんは専門家の意見として伝えただけ」と擁護。 その「専門家」として、厚生労働省のクラスター対策班メンバーの西浦博・北海道大学教授の名前を出したのだが、当の西浦教授がそうした発言をしていないと否定し、〈休業は補償つきで今すぐやらないといけません〉とツイートしたのだ。 こうした言動に対する抗議、批判の声を受け、きちんと政権批判をするために、『モーニングショー』は田崎氏を出演NGにしたのだろうか。 そう思っていたら、どうやら事情はまったく逆だったようだ。 「実は、田崎さんのほうから『モーニングショー』出演を断っているそうです。 テレ朝にどう説明しているかはわかりませんが、田崎さん本人というより、奥さんから出ないでほしいと言われたらしい。 田崎さんは、最近「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューでも、大学時代の半同棲生活や時事通信で干されていたときに奥さんに支えられた話などをしていましたが、愛妻家。 あの世代にはめずらしく、夫婦で仕事の話などもけっこうするようです。 ほかの番組と違って、『モーニングショー』では玉川徹などに激しく反論されてボコボコにされることも多いから、見ていられないってことなんじゃないのかな」(テレビ局関係者).

次の

テレ朝『モーニングショー』ついに視聴者の怒り爆発「本当にゲスい」

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

GoToキャンペーンの実施について、4月7日の臨時閣議では「新型コロナウイルス感染症の拡大が収束し国民の不安が払拭された後実施」と決まった。 おとといの全国の一日の感染者数は663人で先月19日の約11.8倍。 直近3日間の全国の状況を紹介。 緊急事態宣言以降、1日の感染者数が最多を記録したのは12都府県(栃木、埼玉、東京、神奈川、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都、奈良、福岡、長崎)。 群馬・山本一太知事は「地域で感染状況に違いがある。 地域の実情に合った形で地方公共団体と相談しながら柔軟に対応してほしい」。 東京都ホテル旅館生活衛生同業組合・須藤茂実事務局長はGoToトラベルの運営に疑問。 「東京から地方への感染を防ぐためなら都民が都内で旅行するケースは割引対象に含めていいはず」。 福岡・小川洋知事は政府に要請に対して「東京都のように他の地域で感染が拡大した場合は対象範囲、実施期間を機動的に対応していく必要がある」。 石原良純は「受け入れる側も行く側も混乱している」「今は人間対自然の闘いだが、これが人間対人間になっていくのが一番怖い」。 旅行予約サイト「skyticket」運営会社社長・中村俊一のコメント。

次の