渡辺通 ゴールド免許。 福岡県警察、新型コロナ対策で運転免許証更新業務をあすから当面休止へ

【福岡】渡辺通優良運転者免許免許更新センターに行ってきた。

渡辺通 ゴールド免許

準中型免許の受験資格と教習日数 準中型免許は、18歳から普通免許がなくても取得でき、最短17日の学科教習及び技能教習によって取得可能です。 なお、普通免許の場合は最短の場合(合宿免許など)で教習期間は15日です。 初めて準中型免許を取得した人は、普通免許の場合と同様に、準中型自動車を運転するときには1年間初心者マークを付けなければなりません。 臨時適性検査制度 認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された高齢者は、違反の有無を問わず、臨時適性検査と呼ばれる医師の診断を受け、又は命令に従い主治医の診断書を提出しなければなりません。 これは平成29年3月に施行された改正道路交通法によって決められたものです。 渡辺通ゴールド免許センターでの免許更新手続の概要 所在地・電話番号 渡辺通ゴールド免許センター 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目1-1 サンセルコビル地下1階 TEL : 092-565-5010 対象者・受付日時 優良運転者・高齢者講習受講済者 月曜日、水曜日~金曜日(休日及び年末年始を除く。 )及び特定の日曜日 10時~13時、14時~16時15分 持ち物・必要書類• 更新連絡書(はがき)• 運転免許証• 高齢者講習終了証明書(70歳以上の人のみ) 備考 更新手数料・講習手数料 運転免許証を更新するにあたっては、更新手数料と講習手数料の両方がかかります。 通常は道府県の「収入証紙」(交通安全協会の窓口などで販売しています。 )を更新申請書に貼付し、一部の都府県では現金をもって納付します。 なお、金額は更新時講習の区分(優良運転者講習・一般運転者講習など)により異なります。 また、都道府県交通安全協会はドライバーの意思による任意加入のため、ここに掲げる手数料には含まれません。 更新手数料・講習手数料 講習区分 講習手数料 更新手数料 合計額 優良運転者講習 500円 2,500円 3,000円 一般運転者講習 800円 2,500円 3,300円 違反運転者講習 1,350円 2,500円 3,850円 初回講習者講習 1,350円 2,500円 3,850円 講習時間 運転免許更新にあたっては所定の更新時講習を受ける必要がありますが、その講習時間は講習区分に応じてそれぞれ異なります。 いわゆる無事故・無違反の人は「優良運転者講習」の対象とされ、講習の所要時間は他と比較して短くて済む一方で、前回更新時から今回更新までの間に交通事故や道路交通法違反を犯して「違反運転者講習」を受けることになった人は、運転適性についての診断と指導の項目が加わるため、所要時間が長くなります。 更新時講習の所要時間 講習区分 講習時間 優良運転者講習 30分 一般運転者講習 60分 違反運転者講習 120分 初回講習者講習 120分 🖿 > 🖿.

次の

福岡の優良ドライバーの方へ!渡辺通ゴールド免許センターの受付時間、混み具合、受付流れ徹底解説

渡辺通 ゴールド免許

優良運転者の(ゴールド免許)(2017年3月12日現在の様式) ゴールド免許は、の更新等をした時点で、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない 優良運転者に与えられる運転免許証である。 免許証の有効期限記載欄が金帯で表記され、黒枠で「 優良」の文字が付記される。 (6年)の改正で導入された。 ゴールド免許となる免許更新時に必要な講習は「優良運転者講習」となって、講習時間が30分と短い事から費用が安く、の様にでは無く、最寄りのなど「優良運転者免許更新センター(ゴールド免許センター)」による更新 や、他の都道府県を経由しての更新 も可能となる利点がある。 さらに、無違反を少なくとも5年間継続できた「リスクの低い運転手」であることの証明であるため、のうち全ての任意保険で、自動車保険料の割引制度がある。 対象となる「5年間」は、運転免許証の更新の場合、免許の有効期限年の 誕生日から41日前の日以前の5年間である。 ゴールド免許になるかどうかを判定する期間が、運転免許証更新年の誕生日40日前であり、この時点で交付される運転免許証が、ゴールド免許になるかが決定され、からの通知葉書に「優良」と反映される。 なお、別の種類の免許(を除く)を取得した場合は、 当該免許に係る適性試験に合格した日から過去5年間となる。 免許証の色の区分 [ ] 詳細は「」を参照 運転免許証の有効期限の背景色には3種類ある。 グリーン 初めて運転免許証を取得した場合。 次の更新の時、あるいは別な免許を取得した時点でブルーになる。 有効期間は、2年以上3年以内。 ブルー 免許歴が5年に満たない場合、あるいは更新前の5年間に点数の付く事故・違反があった場合。 有効期間は3年〜5年(年齢・違反歴などによる)。 ゴールド 更新前の5年間に、点数の付く事故・違反がなかった場合。 有効期間は5年(ただし、更新時の年齢が70歳の者は有効期限4年、同じく71歳以上の者は、有効期限3年に制限される)。 ゴールド免許の詳細 [ ] ゴールド免許は、5年間無事故無違反を続けるなどの条件を満たした後、免許更新または新規取得をした場合にのみ交付される。 したがって自動的に交付されるものではなく、仮に無事故無違反であっても、免許証を更新忘れなどで失効させてしまっている、いわゆる「うっかり失効」の場合、ゴールド免許の交付は認められない。 例えば、免許の更新前に上位免許(普通自動車免許の上位免許は中型・大型自動車免許)を取得した場合、この時点で条件をクリアしていればゴールド免許を交付される。 ちなみに、改姓・住所変更・や免許の条件など、裏面追記で済む手続きの場合、手続きの時点で前述の条件を満たしていても、ゴールド免許にはならない。 それは通常の免許更新ではないからであり、その後の免許更新の際に条件を満たせば、ゴールド免許に切り替わる。 違反歴と免許区分が異なる場合(いわゆる「金メッキ」) [ ] ゴールド免許保持者は一般的に無事故無違反と思われがちだが、仮に当該免許保持者が交通違反をして、無事故無違反でなくなっても、ゴールド免許そのものは一般の免許と同様、次回更新時まで有効である。 この状態が、「金メッキ」と呼ばれることもある。 これは、ゴールド免許自体が、該当する免許が更新された時点(正確にはその年の誕生日40日前)までの5年以内の期間が、無事故無違反だったことを証明することのみを目的としているからである。 したがって、ゴールド免許だけでは、免許交付後の違反歴は把握出来ない。 そのため、違反歴を確認したい時には、別途運転経歴の照会や、運転経歴に関する証明書の取得が必要となる(も参照)。 実際に運転をしているドライバーの中には、交通違反と認定されない物損事故を起こしているドライバーもおり、「無違反ではあるものの賠償責任の発生する事故履歴はある」というリスクを負ったゴールド免許保持者も存在する。 「金メッキ」免許は次の更新時にはブルー免許(3年または5年)になるが、その後 ゴールド免許に復帰できるのは最後に点数が加点される違反があった時点から5年以上経って迎える更新時であり、あくまで 更新時にゴールド免許の要件が適用されるかを判断するシステムとなる。 そのため、極端に言えば、無事故無違反が4年10か月あったとしてもゴールド免許の対象になることはない。 そこで、自動車保険料の割引等と免許証更新に伴う追加費用を検討した上で、新たな種別の免許を取得し、そこから無違反の5年を達成してゴールド免許を早期復活する選択肢が出てくる。 ただし紛失等を理由とした再交付では、紛失した免許と同じ条件の免許が交付されるだけで、再交付時点で過去の違反歴を参照してもゴールド免許が発行されるわけではない。 また、違反した場合、「違反運転者」 あるいは「一般運転者」 に区分けされることとなる。 その際、前者の方が不利益を被るような仕組みにはなっているものの、「違反運転者」であってたとしても、違反の内容次第では、更新の際にゴールド免許の条件を満たせる者がいる。 ゴールド免許の時期に• 「ゴールド免許の取得日から36か月以内に3点以下の軽微な違反2回以上かつ累積の違反点数が6点未満に止まり、37か月目以降から無違反であった場合」• 「ゴールド免許更新日から見て24か月以内に3点以下の軽微な違反2回以上かつ累積の違反点数が6点未満の場合」• 「ゴールド免許の取得日から36か月以内に3点以下の軽微な違反1回を発生させ、更新日から見て24か月以内に同等の違反行為1回を発生させた場合」 全ての事例は法律上では「違反運転者」として同等に扱われ、有効期間3年間のブルー免許へ更新されるが、ブルー免許での更新の際、判断内容が異なることとなる。 1は日数上、ゴールド免許の要件である「過去5年間の無事故無違反」を更新時に達成することとなるため、理論上ゴールド免許でない期間が3年で済むこととなる。 また、2は更新日の時点では「一般運転者」の要件に該当しないため、再び「違反運転者」として扱われるが、その2回目の「違反運転者」としての更新時から見て「過去5年間の無事故無違反」満たしていれば、理論上ゴールド免許を再取得できるため、期間としては6年で済むこととなる。 ところが、3はブルー免許の期間を無事故無違反で過ごしていたとしても、更新する際、2回目の違反の影響で次の更新内容は「一般運転者」に区分されることとなる。 その結果、ゴールド免許でない期間が8年継続してしまい、最後の3年間はゴールド免許の要件を満たしていながら、その恩恵を受けられない期間(「金メッキ」とは逆の状態)となる。 また、ゴールド免許から「一般運転者」(有効期間5年間のブルー免許)に切り替わった場合、ゴールド免許でない期間は5年で済むため、2および3よりは早くゴールド免許へ復帰できるものの、理論上その間に「過去5年間の無事故無違反」を満たせるため、その恩恵を受けられない期間が最大4年、最小1年間発生する。 そのため、違反行為を意図的に複数行うなどの道徳的観点の問題や自身経歴に傷がつくという点での不利益、免許証更新時の費用を考慮しなければ、理論上1の「違反運転者」の対象者が強引ではあるが最も早くゴールド免許を再取得することが可能という問題が生じることとなる。 そのうえ、「一般運転者」の場合、有効期間5年間という点では更新回数が少ないという利益は得られるが、ゴールド免許で得られるであろう(自動車保険任意保険のゴールド免許割引の有無などを筆頭にした)金銭的利益については「違反運転者」のほうが「一般運転者」を上回る可能性がある。 さらに制度の歪みとして、ゴールド免許になるかどうかを判定する期間が免許更新年の誕生日40日前であるということから、この40日間を含めて免許更新日までの期間に違反行為があった場合でも、交付されるのはゴールド免許となってしまう。 こうして免許証更新直近に違反があったにもかかわらず交付されてしまうゴールド免許は、違反歴を参照する期間と免許更新日の時差が生んだ「 金メッキ」状態と言える。 ただしこの状態は、運転経歴の照会により違反歴を把握することは可能である。 このため、などの運輸業界や自動車運転従事の職業を中心に、就業の際に運転免許証の色の検討の他にも、の提出が求められることも少なくない。 また、運転頻度が低いが自動車を所有している者の自動車保険任意保険が、ゴールド免許保持者について割り引かれるのは、運転の安全性と並んで運転の頻度を反映しているからでもあり、一定の保険契約期間内に事故に遭う確率を考えれば、一定の合理性は存在している。 一方で自動車保険任意保険を契約する際、あくまで免許証の色の区分で判別するため、近年は走行距離や事故歴などに応じて割引する型式もあるものの、運転頻度で判断するわけではない。 そのため、同居人や身内という前提条件はあるものの、前述の「違反運転者」や「一般運転者」であったとしても、ゴールド免許を保有するに契約させてゴールド免許での利益を得るという裏技もある。 免許更新時に参照される違反歴は、行政処分としての違反の点数を記録したものである。 そのため、その違反に対して反則金を納付せずに刑事裁判となり、判決が未確定であったとしても、行政処分としての違反歴は記録されている。 この場合、免許更新時点では優良運転者とはならず、ゴールド免許は交付されない。 係争中の刑事裁判の判決が違反の事実を覆す場合に限って、事後的にゴールド免許が交付されるにすぎない。 補足 [ ] 一種運転免許の取得後、1年を経過しない運転者は、(若葉マーク)を付けなければならないが、原付、二輪等、他の免許を取得して、ゴールド免許対象となる5年間無事故無違反の者は、新たに普通自動車免許を取っても、そのままのゴールド免許である。 しかし、普通自動車を運転する場合、1年間は若葉マークを付けて運転しなくてはならない点に変化はないので、二輪や原付や小型特殊を取得後5年経って普通自動車免許などを取得した場合、ゴールド免許の初心者というのもあり得る。 ゴールド免許と訴えの利益 [ ] 免許の更新の際にゴールド免許以外の免許証の交付を受けた場合に違反等はしていないなどと主張して、公安委員会に対し異議申立てや裁判所に対するができるか問題となる。 とりわけ一般運転者として扱われた場合には、更新期間がゴールド免許と同じ5年であるから、訴えの利益が認められるか問題となった。 この点、(21年)の最高裁判決は、更新時講習や経由地申請の点に相違があることについては手続上の要件の差異にすぎず直ちに訴えの利益を肯定できないが道路交通法は優良運転者の実績を賞揚し、優良な運転へと免許証保有者を誘導して、交通事故の防止を図る目的で優良運転者であることを免許証に記載するとともに、更新手続上の優遇措置を講じているとして優良運転者たる地位を法律上の地位として保護する立法政策を特に採用したものであるとして、一般運転者として扱われて更新を受けた者が、更新処分の取消しを求める訴えの利益を認めた。 脚注 [ ] []• 、2018年4月1日(2018年8月12日閲覧)。 「4点以上の違反行為1回または事故歴もしくは3点以下の軽微な違反が2回以上を起こしながらも累積の違反点数が6点未満に収まっている者」に該当するもの。 有効期間3年間のブルー免許へ更新される。 「過去5年間の違反行為が違反点数3点以下の違反1回のみ」に該当するもの。 有効期間5年間のブルー免許へ更新される。 車種を考慮せず、金額だけで見れば、違反の種類に応じて3千円から4万円と定められている。 そのため、本来得られたであろう自動車保険任意保険のゴールド免許割引の差額と反則金を比較し、前者が上回った場合、理論上「一般運転者」のほうが不利益をこうむることとなる。

次の

運転免許更新/コロナで福岡は期限延長できる?申請方法や郵送受付を調査!

渡辺通 ゴールド免許

スポンサーリンク 先日免許の更新に行ってきました! 福岡ではいくつか更新ができる場所があるのですが、 今回はゴールド免許での更新だったため、 薬院近くの「渡辺通ゴールド免許センター」 で更新をしてきました! 場所はこのあたりです。 ・最寄駅の、薬院駅・天神南駅まで電車で行き歩く、 ・天神博多駅方面から来る場合は、薬院行きのバス(100円) に乗り、薬院駅で降りてそこから歩く などが良いです。 (上は、博多駅前のバス停の画像です。 ) 受付日は、 月、水~金曜日及び第2・第3日曜日 受付時間は、 10時00分~13時00分 14時00分~16時15分 です。 ・ 優良講習対象の方(今回の更新でゴールド免許の交付を受ける方) ・ 高齢者講習等を既に受講されている方 だけしかこの場所では更新できませんのでご注意ください。 更新に行ったのが平日の月曜日で、午後の14時からの受付の 30分前に行って事前予約券を発行したのですが、 すでに10名ほどの方が待合室で待たれていました。 15分〜10分前になるとどんどん人が増え、 70名ほどの方が待っている状態でしたので、 30分前くらいに来ると後々手続きまでに待つ時間を減らせます。 その後、番号になって呼ばれると、 ・番号札 ・免許通知のはがき(なくても可能) ・新しい住所を示すもの(住所変更の場合のみ必要) を持って行き書類を作成してもらい、 記入後・更新の代金を支払い講習を受けるための部屋に入りました。 1部屋21名が定員で、満員になり次第始まります。 その部屋で、約30分の講習を受け、免許の交付を受けます。 スポンサーリンク 講義の内容に関しては、 最近多くなってきたサークル型の道路に関する説明や、 昨年から自転車の取り締まりが厳しくなったこともあり、 自転車についての説明が多くありました。 ちなみにですが他県に引っ越されて、 警察署に住所変更を届けていなかったり、 そもそも転勤や一時的転居で住所を変更していない場合、 自宅や元自宅あてに免許更新のはがきが届くと思います。 その際、他県での免許更新と免許の住所変更の手続きは、 同時にできないと記載されていると思いますが、 基本はできるみたいです。 私もできました。 同じ境遇にある方は、更新に行こうと考えている、 教習所や警察署に問い合わせてみてください。 余談ですが、国際免許証の発行も同日にできるところもあります。 「渡辺通ゴールド免許センター」もできます。 受付日 月、水~金曜日 受け付け時間 10時00分~17時45分 私は同じタイミングで取得しました。 必要な時間は、更新にかかる時間+15分ほどです。 (ただし待ち時間にもよります。 ) 縦5CM、横4CMの国際免許証専用の写真が必要となります。 パスポートの写真で代用できないか試みたのですが、 係りの方がサイズを測られてダメとやはり言われてしまいました。 ここの場所には撮影する機会もあり、800円で撮影できるので、 参考にしてください。 以上福岡県の免許更新でした。

次の