本能寺 の 変 信長 遺体。 本䏻寺の変ゆかりの地と織田信長公墓所 − We have no other way at Honnō

本能寺の変、死を覚悟した信長がとった最期の行動 織田信長「遺体」の行方は? 戦国時代の謎と真実に迫る(1/3)

本能寺 の 変 信長 遺体

Sponsored Links 本能寺の変で主君の織田信長を自害させた明智光秀。 しかし、信長の訃報を聞いて遠征先から引き返してきた羽柴秀吉との山崎の戦いで敗れました。 そんな彼の首や遺体はどうなったのでしょうか。 山崎の合戦 本能寺の変の11日後の1582年6月13日、明智光秀は新政権を築く暇もなく、同じく信長の家臣であった羽柴秀吉を迎え撃つことになりました。 場所は現在の京都府乙訓郡大山崎町と大阪府三島郡島本町山崎付近です。 戦いの決着は短時間で決まりました。 淀川沿いで羽柴方の池田恒興らの軍勢に迫られた明智軍は、パニックを起こし総崩れになり、明智光秀は勝龍寺城に逃げ込みました。 しかし、小さな平城であるこの城では、到底敵からの攻撃をかわすことができないと思い、光秀は夜が明けるのを待って、自身の妻子がいる近江坂本城に落ち延びようとしました。 光秀の最期 しかし、坂本城に向かう道中、山科の小栗栖 おぐるす)に差し掛かった時、光秀は落ち武者狩りの百姓がしかけた竹槍に刺されて重傷を負います。 これが最期と悟った光秀は、家臣の溝尾茂朝の介錯によって自害して果てました。 (竹槍によって絶命したという説もあります。 ) 光秀の首の行方 その後、光秀の首は近くの竹やぶの溝に隠されましたが、発見した百姓によって織田信孝 織田信長の三男)に届けられました。 そして、捕縛された後に六条河原で斬首された家臣・斎藤利三の屍(または首)と共に本能寺でさらされ、その後京都の粟田口の路地にさらされました。 しかし、光秀のものとして首実検に出された首は三つあり、さらに夏の暑さで腐敗が進み、顔面の皮がはがされたものでした。 つまり、本当に光秀の首だったのかは確証がないのです。 しかし、秀吉は自分の武勲をいち早く世に伝える必要があったため、光秀の首だと断定し、見せしめにしたのです。 光秀の首塚 光秀の首塚は首実検に供された首の数と同じく三つあります。 梟首された京都の粟田口に築かれた• 光秀を介錯した溝尾茂朝によって持ち帰られ、亀岡市宮前町の谷性寺に埋葬された(谷性寺は別称『光秀寺』と呼ばれる)• 娘・細川ガラシャの元に届けられ、細川家の旧領内である京都府宮津市喜多の盛林寺に埋葬された(光秀の位牌も祀られている).

次の

織田信長の遺体はどこへ消えてしまったのか 異説も存在

本能寺 の 変 信長 遺体

本能寺跡(京都、中京区) 戦国時代の最大のミステリーとも言われる 本能寺の変。 この事変は 天正10年6月2日( 1852年)に京都の 本能寺に滞在していた 織田信長を家臣の 明智光秀が 謀反を起こして襲撃、そして炎に包まれる中で信長は自害して果てたと言うのが通説。 でも、織田信長の遺体は見つからず… そして明智光秀は 羽柴秀吉との 山崎の戦いで敗れ、謀反人として汚名を、そして秀吉が天下人となり時代は進んで行きます。 現在は 本能寺跡として石碑だけが残っています。 京都市役所の近くに「本能寺」は現在もあります。 しかし、 1591年に 豊臣秀吉が 移転させたので、 要するに 「現在の本能寺」=「本能寺の変が起きた場所」ではない のです。 だから、観光で本能寺に行った時に「あぁ~ここで信長が…」なんて思っても場所が違うんですよね。 現在の本能寺と、信長が自害した本能寺のあった場所を地図で見ると… 下のような感じになります。 歩くと20分位の距離になります。 本能寺の変は謎が多く、その首謀者は明智光秀と言われているけど、実際は単独でなく、黒幕がいたんじゃないだろうか? 本能寺の変に関しては、様々な説が色々と囁かれていますね。 例えば、 羽柴秀吉説、 徳川家康説、 朝廷説など、歴史小説を読んでいると色んな角度で、話が流れて行くので「信長」に関する本は色々と呼んでいくと面白い。 個人的には加藤廣のとか面白かったです。 この小説を読んだら… きっと本能寺からの抜け穴が気になると思う。 南蛮寺が何処か?ってね。 あまり詳細を書くとネタバレになってしまうので、アレですが…小説の中では 本能寺から南蛮寺まで抜け穴があり、本能寺の変が起きた時、信長はその抜け穴から逃げようとする。 そして…、って感じですかね。 その先は本を読んで確認してください。 でも、上の地図をみたら… 本能寺跡の石碑の場所って、実は本能寺があったと伝わる場所の端っこだったのが分かりますね。 2019-03-15 18:11 さて、現在… この本能寺跡には 石碑と案内しかなく、当時の面影は全く見当たりません。 歴史に思いを馳せてやって来ても、ハッキリ言って興ざめしてしまうほど、何もない。 歴史に「もしも…」はないけれど、 明智光秀が信長を本能寺で急襲した時、もし信長の遺体が見つかり、 もし信長の首を光秀が手に入れていたら、歴史はどう変わっていたんだろうか?そんな事が頭をよぎって離れない。 1582年のあの日…、この一帯は兵馬と炎に包まれていた。 当時の 本能寺は石垣や堀のある 城郭寺院で、それなりの防御力はあったそうだ。 しかし、明智光秀の 1万以上の軍勢に対し、信長は 100人ほどの従者しか連れていなかったという。 そんなの勝てるわけがない。 信長は為す術がなかったはず。 だから、信長の選択肢は… 自害するのみ。 でも、信長は自分の首を渡さなかった。 これは彼の 最後の意地、 抵抗、 絶対に屈しないという怒り、 プライドだったんじゃないだろうか。 彼の遺体は火薬で吹っ飛んだとも、骨すらも焼けるほど燃え切ったとも、他には、誰かが遺体を隠した、運び出した、色んな説があります。 —————————- ここで余談ですが… グーグルマップを見ていると、「信長の首洗い井」という場所があります。 興味があり行ってきました。 それは病院の中庭にヒッソリと、でも今は何も残っていません。 このしています。 2019-08-06 14:44 —————————- いずれにせよ、結果的に信長の遺体は見つかっていません。 この本能寺の跡地に来て、しばらく佇んで当時の事を妄想していると、色んなシーンが頭に浮かぶ。 もちろん小説やドラマに影響されているわけだけど… もしも…、もしも…だよ。 信長の首が明智光秀の手に渡っていたら、歴史は大きく変わっていました。 だって、戦国時代は 敵の大将首を取る事が 勝利の証。 そして勝者が 敗者の首を晒す。 それは明智光秀が起こした謀反も例外ではなく、主君殺しも正当化できたはずだから。 そうなると、羽柴秀吉との戦は明智光秀が勝利していた可能性も出て来る。 つまり豊臣秀吉の天下はなかった。 関ヶ原の戦いもなく、江戸幕府もなかったかも…と。 信長は自分を裏切った 光秀に絶対に「お前に俺の首を渡すものか」と。 最後の最後に考えたんじゃないだろうか。 それが最後に出来る信長の唯一残された抵抗だったのかもしれない… 実際に、 秀吉は 山崎の戦い前に 「信長様は生きている。 一緒に謀反を企てた光秀を討とう」と言った 手紙を書いたという。 凄い戦略ですよね。 そんな手紙が届いたら、誰もが恐れるだろうし、絶対に光秀の味方にならないよね。 そして秀吉は山崎の戦いに圧倒的な勝利で終わります。 しかし、これも信長の首が本能寺で見つかっていたら、 全てが変わっていた可能性があったんじゃないだろうか。 そう考えたら歴史って全てが紙一重。 不思議なもんだなぁ~と。 本能寺址とポツンと残る石碑を前に、そんな思いにふけた。 本能寺跡 場所:京都市中京区元本能寺南町.

次の

本䏻寺の変ゆかりの地と織田信長公墓所 − We have no other way at Honnō

本能寺 の 変 信長 遺体

の遺体はいったいどこへ消えてしまったのか? 1582(天正十)年6月2日、早朝。 まだ夜が十分明けきっていない頃のこと。 明智光秀率いる1万3000余の兵が本能寺を取り囲む。 中には光秀が仕えたかの織田信長が眠っている。 謀叛を起こされた信長は、光秀軍の急襲によって周囲の者が次々と倒れていく中で行く末を悟ったのか、肘に鑓傷を負うと建物の奥深くに移り、納戸の入り口の戸を固く閉ざして割腹して果てました。 これは『信長公記』にて描かれた信長の最期ですが、信長の亡骸は光秀軍の必死の捜索にもかかわらず、ついに発見されませんでした。 では、彼の遺体はいったいどこへ消えてしまったのでしょうか。 実は手掛かりといえる証拠がいくつか残されています。 その一つといえるのが、静岡県富士宮市に建つ西山本門寺です。 地元に伝わる話によると、ここの境内の本堂奥の大柊の根本に信長の首を埋めたとされているのです。 信長の首を埋めたとされる大柊のある西山本門寺 (Wikipediaより) 本能寺の変が発生する全日、本能寺では囲碁の対極が行われていました。 そのうちの一人が本因坊算砂(ほんいんぼうさんさ)といい、彼は囲碁棋士であると同時に日蓮宗の僧侶でした。 その算砂が原志摩守宗安に指示して本能寺から信長の首級を持ち出し、西山本門寺へと運び出させたといいます。 西山本門寺は日蓮の高弟である日興の法脈を継ぐ寺であることから算砂との結びつきも不自然なものではなくなるのです。 ただし、信長の遺体の謎については異説も存在しています。 京都市上京区の阿弥陀寺には信長をはじめ、兄の信広や息子の信忠、家臣の森蘭丸ら、本能寺の変で死を迎えた人々の墓がありますが、同寺の僧侶・清玉上人が本能寺から信長の遺骨を持ち出しここへ葬ったといわれています。 信長の遺骨が持ち込まれたとされる阿弥陀寺(Wikipediaより) 本能寺の裏門から中へ侵入した清玉上人らは、織田方の武士が信長の遺体を火葬しようとしていたことから、それを見届け、本能寺の僧侶のふりをして遺骨を外へ運び出したという。 信長の菩提寺は京都市北区の総見院(信長の法名「総見院殿」からの命名)だが、ここに信長の遺体はない。 あるのは、遺体の代わりにやいたという木像と同様の木像(信長公座像)のみである。 信長の遺体は果たしてどこへ消えてしまったのか。 その謎を解くことが出来る人物は、これから先もあらわれないのかもしれません。

次の