ポケカ リザードン vmax。 【ポケカ】《リザードンVMAX》デッキを紹介。《ブルーの探索》で安定した攻撃を可能に!

【デッキ紹介】リザードンVMAX【ポケモンカード】|ななやま|note

ポケカ リザードン vmax

こんにちは。 Ryoです。 今回は、3月27日発売のリザードンVMAXのデッキ紹介をしていきたいと思います。 タイトルにもある通り、リザードンVMAXとチラチーノを組み合わせたデッキです。 早速デッキリストをば。 紹介用のリストなので、コンセプトを最大化したシンプルなリストになっています。 リスト内のリザードン2種がリザードンVMAXとリザードンVです。 どちらもワザでエネをトラッシュするので… それでは、詳しく説明していきましょう。 まずはリザードンVMAXについて。 リザードンVMAXは、ポケカ界のリザードンの例に漏れず、 大量のエネルギーを集めて300ダメージを出すポケモンとして誕生しました。 今後流行すると予想されるVMAXポケモンの300超えのHPにはぎりぎり届かず、 キョダイゴクエンを連発するには溶接工を撃ち続ける必要があるので、かなり良い調整だと感じます。 しかし300ダメージを素で出せるため、大きなお守りをつけたタッグチームのポケモンですら一撃で倒すことができます。 しかし、可愛いことにこのリザードンVMAXにも欠点があります。 それは、 キョダイゴクエンを連発しにくい ことです。 このことから、VMAXポケモンに対して2回攻撃して倒さなければならないという前提が、いろいろなハードルを上げているということが言えます。 エネルギー3つで100ダメージを出すこともできますが、結局2回攻撃するなら他のVMAXポケモンでも問題ありません。 タッグチーム主体のデッキに対しては一方的に有利だが、VMAX主体のデッキに対しては並みの性能 というのが、2020年3月15日現在のリザードンVMAXの評価です。 すごく良い調整ですよね。 VMAXポケモンはこれからもどんどん登場し、 恐らくそのほとんどがHP300を超えてくるため、 何らかの工夫を施してあげなければリザードンVMAXは勝ちにくいデッキになってしまうでしょう。 炎タイプは現在、エネルギー加速を溶接工に依存しています。 博士の研究やマリィやボスの司令を撃ちにくいという点、特定のサポートを引かなければならないという点は、今後炎タイプの課題になってくると思います。 そこで白羽の矢が立ったのが、チラチーノです。 特性によってデッキの回転を上げて溶接工を撃ちやすくしつつ、VMAXポケモン主体のデッキに対しては、 エネアシストでリザードンVMAXを育てながらキョダイゴクエンで倒しきれる圏内に持っていくことができます。 1進化ポケモンなのでリザードンVMAXとしんかのおこうを共有でき、 エネルギーをトラッシュするキョダイゴクエンとの相性も良いです。 溶接工軸のデッキはマリィによって壊滅することがありますが、チラチーノが場に残っていれば復帰の芽もあります。 また、リザードンVMAXはその高いHPから一撃で倒されることが少なく、 エネルギーをつけてあげられれば場に居座り続けても問題ないので、 既存のFTB ファイアツールボックス のようにジラーチを駆使してカードを集めるのに向いていないと思います。 その点チラチーノはベンチにいながらカードを集めることができ、いざというときは攻撃に参加することもできます。 サイド1枚のポケモンなのでリセットスタンプのためにサイド枚数を調整するのにも役立つ等、様々な役割を持つことができます。 いかがだったでしょうか。 VMAXのポケモンは、既存のデッキに何も考えずに入れて使ってあげるより、 0からデッキを考えて使ってあげる方が、良いデッキになりやすいと感じます。 良いデッキができたとき、一番の障害はいつも固定観念でした。 デッキが悪かったと感じたときは、柔軟な発想を失っていました。 自分の発想を大切に、常に可能性を模索し続けることが、強くなり勝ち続けるために必要なことだと思います。 その可能性のうちの1つとして、今回ご紹介したチラチーノリザードンが参考になれば嬉しいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 今回はここまで。

次の

リザードンVMAXスターターを改造しよう!(デッキレシピあり)

ポケカ リザードン vmax

どうもです。 今回はリザードンVMAXのデッキ紹介記事になります。 かっこいいですよね。 リザードン。 まさにチャンピオン。 サプライ素敵すぎる。 イラストだけでなく、テキストも強いです。 V,VMAXともに高火力高耐久。 エネ要求さえ解決すれば申し分ない性能。 で、エネ要求については特にストレスにならない形にまとまりました。 ちなみに、今回紹介するデッキはスマホロトムヤレユータンギミックを採用したものになります。 スマホロトムの考察については先日記事にまとめてありますので、そちらと合わせてご覧ください。 長いので今後は「さるぢえスマホシステム」と表記します。 では、長々と前置きを描いても仕方がないので早速中身に入っていきます。 基本コンセプト 4枚でよく分かるリザードンVMAXの強さ。 これを押し通すのみ。 THE チャンピオン。 使う枚数は多くても2匹なので3枚ずつ。 基本的には1匹しか育てないのがほとんど。 リザードンVは素引きしやすくするために4枚にしてたが、リザードンスタートのときは少しハードルが上がってしまうので3枚に減らした。 4枚入っていたが枠の関係で妥協してある。 ほんとは4枚にしたい。 こうねつばくはも強いワザなので常に選択肢に入れておきたい。 具体的には弱点込みでザシアンを倒せたり、後述のガラルジグザグマと合わせて火の玉サーカスズガドーンを処理できたりする。 フレアスターターすると山札はシャッフルされてしまうのでさるぢえをするときには注意。 3-2-1のプランを容易にしてくれる。 最初の5枚は1匹のリザードンVMAXで取れるので2匹目のリザードンVMAXを育てなくても勝てるようになるので非常に便利。 サイドを5枚取ったあとの最終ターンにしかワザを使わない予定なので、サイド落ちケアで増やす必要はない。 なぜならサイドを5枚取ってるので。 回収ネットやポケモンいれかえが入ったので序盤の上振れ要素、終盤のスタンプケアとして採用。 後述のガラルジグザグマや回収ネットを採用することを先に決めて、それならば回収ネットをより強く使えるためにジラーチを採用したという流れ。 デッキを回す核になるので2枚。 さるぢえスマホシステムがこのデッキにどのように相性がいいのかは後述。 回収ネットはプラスパワー。 こうねつばくはの足りない打点の補助もしてくれる。 とはいえ、序盤から2匹場に出すとベンチスペースは大変。 リザードンVMAXを呼ぶためというよりは、後1でポケモンをしっかり並べられるように増やしたという感覚。 かなり強い。 マリィケアできるのが地味に嬉しい。 さるぢえスマホシステムがこのデッキにどのように相性がいいのかは後述。 さるぢえを使いまわせたりもするし、フレアスターターの返しにやられなくなって邪魔になってしまったボルケニオンを回収したりもする。 また、後攻3ターン目が終わる時に無理やりベンチを開けて1エネズガドーンGXを構えながらキョダイゴクエンを使うと盤面で勝てる。 もともと4枚だったが回収ネットを入れるにあたり1枚妥協した。 もしかしたら、こちらを4枚にして回収ネットを3枚の方が良いかもしれない。 理論的にはエネは足りているはずなので、プレイングを磨けばエネは少し減らせるはず。 安定のために4枚にしたさは否めないが、使用感としては足りている。 トリプル加速に触れるように組んであるのでボスの指令を使う余裕も十分にある。 序盤に掘り進めば最終的に2枚でも触れる。 必要なマッチングのときはさるぢえで大切にしたい。 プレイング練度が上がると1. 2枚ならさらに減らせるかもしれない。 しかし、デッキコンセプト的には一直線に後々のケアなど考えずにひたすら盤面整えることだけを考えたいデッキなのでそういう意味では多めでも良いと考えている。 引きやすくするために4枚にしていたが、初手に確実に腐るので4枚目は抜いた。 キョダイゴクエンのエネルギー二個トラッシュはトリプル加速エネルギーを1枚トラッシュすれば達成される。 さるぢえスマホシステムとの相性 さて、このデッキのどこがさるぢえスマホシステムと相性が良いのだろうか。 1つずつ確認していく。 ・トリプル加速エネルギーへのアクセス手段 スマホロトム考察記事で書いた通りこのカードの1番の強みは特殊エネルギーに触りやすいこと。 ゆえにトリプル加速エネルギーへのアクセス手段が欲しいこのデッキとは相性がいい。 それならば、トリプル加速エネルギーを4枚にすべきではという意見も分かるのだがこのカードは1ターン目に必ず使えないカードである。 しかし、このデッキは1ターン目が何よりも大事なデッキである。 ゆえに、1ターン目に重きをおくためにトリプル加速エネルギーの数が減っている。 ・しんかのおこうの必要がない しんかのおこうは汎用性がない。 ゆえにリザードンVMAXへのアクセス手段のためだけに入れるのは抵抗感がある。 しかし、このシステムではトリプル加速エネルギーだけでなくリザードンVMAXにも触れうる。 ・溶接工に触れる 炎デッキはどうしても溶接工が必要なターンがあるのでポケギア3. 0を入れたくなりがち。 しかし、このデッキではポケギア3. 0を入れることなく溶接工に触れる確率をあげている。 ・そもそもさるぢえが強い 1ターン目に引いてしまったリザードンVMAXやトリプル加速を山札に戻しながら博士の研究を使用したりと非常に相性がいい。 また、ひたすら手札をトラッシュしながらたて引きするデッキだがさるぢえのおかげでボスの指令も十分に使える。 などなど、前回の記事で示した ・特殊エネルギーに触りやすい ・器用貧乏ながら汎用性なサーチ というさるぢえスマホシステムの特徴どちらとも噛み合っている。 三神を出さないプランを取られたとしてもリザードンVがザシアンをワンパンできるのはもちろんのことボルケニオンのこうねつばくはでもワンパンできるので焦る必要はない。 タンデムショックやビリリターンGXのまひを通してしまうと負け筋になるのでポケモンいれかえがどこに何枚あるかは確認しておきたい。 ガラルジグザグマが大切な対面なので、回収ネットの枚数は確認しておきたい。 最近スタンダードになりつつあるカラマネロが採用されていないドラパルトVMAXの場合、実はベンチにエネがついていないときにバトル場のドラパルトVMAXをワンパンできれば実質勝ち。 よほどのことがなければ逆転されることはない。 最終的には高耐久のリザードンVMAXを押し付けられたりすると理想だが、そこまで綺麗に回るかは諸説。 手札干渉カードを入れていないのでお互いがどれだけ噛み合うかゲーム。 仮にワンパンされなくても、サイドを3枚取れるポケモンがいない関係で2匹目のリザードンを育てなければいけないのでそこを特に意識しながら回したい。 他にも希望があれば追記します。 ミラー意識でなら採用していいかも。 あと、2エネで3エネ火の玉サーカスズガドーンを倒せる。 ボルケニオンの4枚目の方が強いとは思う。 ドラパルトと違ってスピードゲームをしかけるし、ミステリートレジャーもないので思ったより微妙だった。 わりと入れたい。 いかがでしたでしょうか。 リザードンVMAXのそのビジュアルと戦い方はまさにチャンピオンそのものです。 めちゃくちゃかっこいいですし、回しててめちゃくちゃ気持ちいいデッキですので是非遊んであげてください。 スマホロトムはレシピで見るよりも実際に形にして回した方が面白いカードなので、そういう意味でもぜひ。 それでは。 【7日目】.

次の

スターターセット「VMAXリザードン」収録カードリストと評価 予約最安値

ポケカ リザードン vmax

ポケモンカードの新商品が登場! ご協力ありがとうございます! 切り札となる《リザードンVMAX》は毎番300ダメージを出すことが出来るようですね。 全ての「TAGTEAM」を一撃で落とす火力は凄まじいです。 本編における「キョダイマックス」をした姿で収録されます。 『ツメできりさく』は無色3つで100ダメージと可も不可もない性能。 『キョダイゴクエン』を使った後のリカバリーとしても使えますね。 そして気になる『キョダイゴクエン』は、エネルギーをトラッシュするデメリットを持っていますが、「300」ダメージは超強力。 《ウルガモスGX》を組み合わせれば、合計で320ダメージを与えることも可能なので、「ポケモンVMAX」である《ドラパルトVMAX》や《ストリンダーVMAX》も1ターンキルの圏内に入ります。 「VMAXライジング」に収録されている《燃えるスカーフ》との相性も良いですね。 《リザードンVMAX》の進化元として収録。 性能も《リザードンVMAX》の廉価版といった感じです。 《ビクティニ》 よく収録されますね…。 「スターターセットV」の切り札にもなっていましたし、開発側のお気に入りなのでしょうか。 性能はいたって普通なので、他のカードとの入れ替え候補です。 《ジガルデ》 130ダメージを出せる点は強力ですが、4エネルギーなので動き出しが遅いです。 幸いにも、1エネルギーで30ダメージの『かみつく』があるので、序盤はこれで攻撃していきましょう。 《ケンタロス》 2エネルギーで60ダメージのワザを持っています。 《セキタンザン》の特性『タールジェネレート』を使えばすぐに攻撃出来るようになるのは魅力。 カードが揃ってきたら入れ替えましょう。 《スマホロトム》 山札の一番上を操作できるカード。 山札を切ることができる点、5枚山札を見て欲しいカードを山札における点を見ると、地味に《マリィ》に対して強いカードですね。 新規カードに期待していましたが、 「反逆クラッシュ」に収録された《セキタンザン》と進化元達が再録。 《リザードンVMAX》のワザ『キョダイゴクエン』は2つエネルギーをトラッシュするデメリットがあるので、そのデメリットを補える《セキタンザン》の特性『タールジェネレート』は非常に相性がいいです。 《クイックボール》 汎用的なのに、流通量が少なかった汎用カード《クイックボール》がついに構築済みデッキに再録。 リザードンの方には2枚入っています。 より手軽に手に入るようになったのでありがたいですね。 《ホップ》 新規イラストで収録。 お兄さんのエースと同じデッキに入っているので、さぞ嬉しいことでしょう。 《しんかのおこう》《ふしぎなアメ》《ポケギア3. 0》《ポケモンいれかえ》《ポケモンキャッチャー》《リセットスタンプ》 《クイックボール》以外にも、汎用的なグッズがズラり。 《リセットスタンプ》の構築済みデッキ収録は初めてです。 汎用カードを一気に入手できるチャンスです。 《シロナ》《ポケモンごっこ》《ヤロー》《博士の研究》 《ホップ》以外の再録「サポート」。 どれも扱いやすい性能かつ、汎用的なカードです。 強力なポケモンですが2進化ポケモンである為、場に出すまでに時間が掛かります。 《ふしぎなアメ》や《しんかのおこう》を使って、出来るだけ素早く場に出せるようにしましょう。 《クイックボール》は特に強力で、手札を1枚トラッシュするだけでたねポケモンをサーチできるので、どんなデッキにも入ります。 《スーパーボール》は運が絡むものの、ポケモンの種類を問わず手札に加えることが可能です。 まとめ 今回は「スターターセットVMAX リザードン」の収録内容や改造案などを紹介していきました。

次の