テン タメ モニター。 トヨタの最新技術「パノラミックビューモニター」の特徴と搭載車種を紹介|中古車なら【グーネット】

ノートPCのモニター故障が直った♪~その意外な方法: テンメイのRUN&BIKE

テン タメ モニター

レコーディングスタジオに必ずあるYAMAHAのモニタースピーカー、NS10M Studio。 宅録派憧れのスピーカーですが、今は廃盤。 そのNS10Mを彷彿させるデザインのパワードモニタが登場しました。 廃盤となったテンモニ レコーディングスタジオには必ずあるモニタースピーカーのデファクトスタンダードl、YAMAHA NS10M Studio YAMAHAのNS10M Studioというスピーカーをご存知ですか? 通称テンモニと呼んでいるモニタースピーカーで、レコーディングスタジオにおけるデファクトスタンダードともいえるスピーカーです。 サイズ的には382 x 215 x 198 mmという大きさなのでコンパクトなスピーカー。 大きい口径のスピーカーを使って音を楽しむピュアオーディオユーザーからは、「何でそんなもの?」という声も聞こえてきそうですが、実際この世界はテンモニが標準となっているのです。 ところが、この人気のNS10M Studioもウーハースピーカのコーン紙の安定供給が難しいとの理由で2001年の3月をもって生産終了となってしまい、現在は修理もしくは、交換部品の供給のみ行うという状況です。 そのため、中古のNS10M Studioがネットオークションなどで高値で売り買いされています。 やっぱりみんなあのデザインが好き!? NS10M Studioの後継であるMSP10 STUDIOだがデザイン的には大きく異なる そのNS10M Studioはスピーカーのみという構成でしたが、YAMAHAはその後継機として、MSP10 STUDIOというアンプ内蔵の製品を発表し、これが普及しつつあります。 性能的にもよりよくなったMSP10 STUDIOではありますが、やはり導入に二の足を踏むユーザーも少なくないようです。 その理由はなんといってもデザイン。 そう、スタジオの顔、プロの証ともいえる、あの黒いボディーに白い丸いスピーカーというデザインに憧れている人が少なくないのです。 結果として、誰もがMSP10 STUDIOに移行するのではなく、JBLやFOSTEX、Roland、ALESIS、BEHRINGER、MACKIEなどのモニターに切り替えたり、新たに導入したり、という動きが加速しています。 NS10M StudioソックリなデザインのCLASSIC PRO EX10M ただ、中にはNS10M Studioソックリのデザインのスピーカーなんていうものも登場しています。 Sound Houseが販売しているCLASSIC PRO EX10Mというのがソレ。 実際に音を聞いていないので、どこまで似ているのかはわかりませんが、こんなものを買ってみたいという気持ちもわかります。 YAMAHA自らが復活させたテンモニのデザイン しかし、ここに来て、ついにYAMAHA自らがNS10M Studioのデザインを踏襲するパワードモニタースピーカーを発売しました。 NS10M Studioのデザインを踏襲した新しいパワードモニター、HS50MとHS80M HS50M、HS80Mというのがそれ。 完全に瓜二つというわけではありませんが、黒いボディーに白い丸いコーンというデザインコンセプトは踏襲。 また、カッコイイのが白いコーンの下にあるYAMAHAの音叉ロゴが白色LEDで光るというところ。 これにはなかなか惹かれます。 出力が70Wとなっています。 またHS80Mも2ウェイのバスレフ型で、LFは8インチコーン、HFには1インチドームを採用し、出力は120Wです。 双方ともにキャビネットは木製ではなく高剛性のMDFを使用で、しっかりした作りです。 HSはHome Studioの略 もっとも、このHS50MやHS80MがNS10M Studioの後継であったり、MSP10 STUDIOの新機種というわけではありません。 そう、このHSはHome Studioの略ということで、自宅でのレコーディングやDTMといった用途に開発されたパワードモニタースピーカーなのです。 そういう意味でも、NS10M Studio、MSP10 STUDIOなどと比較すれば、下のグレードではあるものの、実際かなり高音質です。 また、NS10M Studioの開発者でもある仲村昭氏のお墨付きももらっているとのことですから、品質的にも問題なさそうです。 気になる値段はS50Mが標準価格で26,250円/本、HS80Mでも47,250円/本と手ごろ。 これならDTMユーザーが利用するのでも、あまり抵抗はないでしょう。 入力はXLR、TRSフォーン。 音質補正スイッチも装備 なお、入力端子はアナログのXLRとTRSフォーンを併装。 EDIROLのMA-20Dなどのようなデジタル入力は装備されていませんが、ミキサーからの出力やアナログのオーディオインターフェイスと直接接続して、音を出すことができます。 HS50Mのリアパネル。 入力はアナログのXLRとTRSフォーンが、またEQなどの調整スイッチがある。 またHS50M、HS80MのぞれぞれにはROOM CONTROLスイッチというものが装備されています。 スピーカーの低音が強調されるのを簡単に補正し、正確な再生音でのモニタリングが可能となっています。 サラウンドスピーカーとしても活用できる このようにHS50M、80Mはステレオのモニタースピーカーとして最適ですが、5. 1ch、7. 1chといったサラウンドでの制作環境にも対応した音質設計にもなっています。 HS50M、HS80Mはサラウンドスピーカーとしての利用も可能で、これらと合わせて使うサブウーファー、HS10Wも用意されている この0. 1ch、つまりサブウーファーとしては、デザイン的にも統一されたHS10Wという150W出力のもの(標準価格:63,000円)も用意されており、これと組み合わせて使うこともできます。

次の

VZ239HR

テン タメ モニター

お子様など後席に乗せる方にはモニターがあると良いですよね! 後席モニターですと、フリップダウンモニター(天井に取付のタイプ)、ヘッドレストモニター、ヘッドレストブラケット取付タイプなどがあります。 ヘッドレストモニターは車検にNGなものがほとんどですので、カスタムで車検適合にする方には適切ではないでしょう。 そうなりますとフリップダウンモニター又はヘッドレストブラケット取付タイプが良いかと思いますが、 工賃で見ますと、ヘッドレストブラケット取付タイプが5,000円前後~、フリップダウンモニターが10,000円前後~でしょうか。 モニター価格に関しては、ヘッドレストブラケット取付タイプが15,000円前後~、フリップダウンモニターが35,000円前後からあります。 また、取付に必要な配線キットやブラケットが必要な場合もありますので、注意してお選びください。 モニターに関しては様々なものが出回っておりますが、国産メーカーがやはり耐久性で見ますと良いと思います。 安価な海外メーカーは初期費用は安価ですが、トラブルを良くお見受けしますので、「なんかあっても安いから・・・」と妥協出来るなら、 選択枝でも良いと思います。 私のオススメは、スマートに見せるなら、フリップダウンモニター。 安価に大画面なら、ヘッドレストブラケット取付タイプの9インチや10インチでしょうか。 ぜひご参考までにご検討してみてください! こんにちは!後席にモニターですね。 俗にいうヘッドレストモニターと呼ばれるのが一般的ですね。 ヘッドレストモニターには大体2種類あって、ヘッドレスト裏側に内蔵されているタイプとヘッドレストの後ろに設置する簡易タイプがあります。 内蔵タイプは配線が複雑で結構大変なんですが、簡易タイプの後ろに設置するタイプなら結構簡単かと思います。 価格は本体が1万円前後。 設置料金は5000円から15000円の範囲だと思います。 それ以上かかる場合は別の業者を探しましょう。 慣れている人なら3000円でやってくれると思います。 ちなみに後付けフリップダウンモニタータイプはとても面倒なので料金もそれなりに高いと思います。 その他普通に安いモニターを買って、後部座席にモニターを固定できる器具を買い、シガー12Vから電源を取り、 ナビの出力から配線を取れば10000円以内で本体と設置工賃込みでできるかなと思います。 時間は、混んでいれば預かりで1日もあれば十分です。 もし簡易タイプのなら2、3時間もあれば大丈夫かと思います。

次の

後付けで駐車をサポートする、画期的な商品を富士通テンがリリース!バックカメラが“見える”から“教えてくれる”カメラに。

テン タメ モニター

昨年末に「ECLIPSE(イクリプス)」の新製品として、AV一体型ナビとドライブレコーダーが合体した『録ナビ』をリリースした富士通テンが、画期的な周辺機器も新登場させている。 その名は『カメラ機能拡張BOX』。 これが一体、何であるのか、開発者への直撃取材を敢行した。 最初に、どのようにカメラ機能が拡張されるのかを解説しよう。 それは以下の3つだ。 一部の高級車にしか搭載されていないこれらスペシャルな機能が、このボックス1つで可能となる。 そしてお伝えしたい中心は、この『カメラ機能拡張BOX』の画期性だ。 ポイントは3つある。 しかしながら当製品では、センサーを取り付ける必要がない。 クルマがバックし始めた瞬間に画像の動きを読み取って、クルマがどう動こうとしているのかを計算できるのだ。 場合によってはバンパーを外さなくてはならないことも。 それでいて使い心地はセンサーで行うものにひけを取らない。 むしろ高性能である部分も多々ある。 また擬似的にカメラの視点を上げることで、視認性を向上させることができる。 カメラについては「ECLIPSE」製のカメラしか対応しないが、ナビ側は、ECLIPSEのナビに関わらず他のナビにも接続することができる。 (最新の「ECLIPSE」製ナビ以外では、「カメラ機能拡張BOX用汎用キット」を用いることで使用が可能となる)。 しかも、車種も選ばない。 初期設定で車両サイズやカメラ取付位置等を入力すればOKなのだ。 そしてなんと…。 ここまで高機能でありながら、実勢価格は2万5000円前後(税抜き、編集部調べ)、「カメラ機能拡張BOX用汎用キット」も同・5000円前後(税抜き、編集部調べ)。 コストパフォーマンスがすこぶる高い。 わかりやすく、的確に。 ここまで、この『カメラ機能拡張BOX』の利点と凄さを解説してきたが、それらをこと細かに教えてくれたのは、富士通テン(株)VICT技術本部 製品企画室の竹内茂人さんだ。 その竹内さんにさらに、このような常識破りの周辺機器が生み出された背景についてもお訊きした。 竹内「数年前から駐車時の事故が増えていることをニュースで見聞きして、実際のところはどうなのかと、いろいろと調べていたんです。 さらには、身の回りでもそれを実感することがあって。 欲しかったクルマをようやく購入して大切に乗っていたんです。 家族に貸したとき、あろうことか自宅の駐車場でリアバンパーをぶつけてしまって…。 後方の障害物を教えてくれる機能の必要性を、身をもって体験しました(笑)。 そんな折に、社内で開発が進められている先行技術の動画を見せてもらえる機会が訪れました。 その先行技術というのが、まさに障害物を画像認識だけで検知する、さらには自車の動きも予測できる、という技術だったんです。 これは使える、と検討メンバーが色めき立ちました。 AVNの新製品、『録ナビ』の企画開発が始まるよりも、かなり前から当製品の企画はスタートしています。 しかし、実際に開発のOKがでるまでに思っていたよりも時間がかかりましたね。 検討メンバーは相当に自信を持っていて、製品化を確信していたのですが、完全に我々にとっては経験のない分野(商品)であったので決定に時間を要した、という側面はあったと思います。 開発段階に入ると、検討メンバーと表示のさせ方、見せ方を、より詳細に煮詰めていきました。 検討するにあたってポイントだと考えたのは、わかりやすさと的確さ、そして合理性です。 技術的にはいろいろなことが可能なのですが、駐車サポートに必要なことを優先だって絞り込んでいきました。 当機が搭載されているデモカーで、各機能を確認したのだが、なるほど見え方は的を射たものになっている。 表示までのタイムラグは感じられない。 さらには画面上部に赤いラインを点滅させて、今が危険な状態にあることを教えてくれる。 ここまでの製品を造り上げたことへの手応えを、竹内さんにお訊きした。 竹内「初期設定で入力すべき項目にしても、見せ方にしても、簡略化できることはできるだけ簡略化させました。 しかしながら、危険物の存在を的確に伝えられていると思っています。 また、警告音の音量を選べるなど、使い勝手も極力高めました。 完成度は高いと自負しています。 やり切った感は強いですね。 前例のない製品ですのですべてがゼロからのスタートで、作業は困難を極めたのですが、その分やり甲斐は大きかったです。 検討メンバー全員がすごく熱意を持ってこれに取り組んでいて、その熱気にも刺激を受けて、モチベーションを高くやり遂げることができました。 本当の達成感は、これが市場に受け入れられて初めて味わえるわけですが…。 このような製品が存在していることを多くの方に知っていただいて、そしてぜひともご興味を持っていただきたいですね」 とにもかくにも、当製品の技術的な革新性、そして機能の有効度の高さを疑う余地はない。 でありながら、これを簡単に、どんなクルマにも取付ができる。 しかもリーズナブルな予算で…。 バック駐車をよりスムーズに行いたいと感じたことがあるならば、当製品の購入を検討して損はない。 『カメラ機能拡張BOX』を装着することで、バックカメラのバリューが、一気に向上する。 《太田祥三》.

次の