ゼウス 評判。 ゼウスWiFiの評判と利用するメリット・デメリット

評判は?ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を使った私の口コミ評価とデメリットを全解説!

ゼウス 評判

決済収納代行会社のゼウスは、日本のカード会社が受けてくれない業界に対して強みのある会社です。 なぜならゼウスと提携している会社は、日本のカード会社ではなく、海外のカード会社ですから、 日本のカード会社では審査でNGの会社も引き受けてくれる決済会社でした。 本日は元決済代行会社出身の筆者が株式会社ゼウスについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。 ゼウスの由来・歴史 冒頭で述べたとおり、ゼウスは海外のカード会社と提携した背景があり、他の決済会社で審査がとおらなかった分野に強みがあります。 その背景には決済代行会社ゼロ(現在の株式会社AXES Payment)と一緒になった会社で、ゼロはそういった分野に強みのある決済代行会社の一つですから、合併することで強みがありました。 日本のカード会社が規制している分野は、海外ではNGではないことも多いです。 そういった分野の決済代行を行い成長した会社です。 もちろんこれは法的にNGなことではありません。 現在はSBIホールディングスに再編され、日本のカード会社の規制している分野などは、同じグループ会社の株式会社AXES Payment(旧:株式会社ゼロ)に移行され、整理整頓されました。 この辺はSBIホールディングスになった影響です。 ゼウスの特徴は? 先ほど解説したように、ゼウスは日本のカード会社の審査が通らないマニアックな分野の決済が得意です。 日本のカード会社は、日本の銀行がバックにいるため基本は保守的です。 ですから新しいビジネスモデルに、すぐには対応できないのです。 例えば、クラウドファインディングやCtoCの決済。 数年前「手抜きのおせち料理」で話題になったグルーポンのような新しいビジネスモデルの決済はいきなりは受け入れることはできないのです。 しかしこれらのビジネスモデルは海外では、先行しているビジネスモデルであり、海外のカード会社の審査は通ります。 そこで海外のカード会社と提携しているゼウスは、この手の日本のカード会社の審査が通らない会社を得意としているのです。 また、他の決済代行会社は銀行の影響を受けることが大きいのですが、ゼウスは銀行の影響を受けていなかったので、他の決済代行会社が嫌がる案件も受け入れることができたのです。 大手事例についてですが、大手の小売り業からはゼウスは選ばれていません。 その理由は手数料です。 大手の小売りとなると、手数料がより重視されますが、GMO-PGのような大手には手数料ではかないません。 だから大手の小売りにはゼウスは導入されていないのです。 だからゼウスは、手数料は大手にはかなわないものの、融通が利く決済代行会社という印象です。 現在は他の大手に対抗するべくSBIホールディングスグループの方針で動いております。 大手の決済代行会社と比べても、メニューが多いとはいえないので、ココが強みになっているとは感じません。 リアル店舗向けには、クレジットカード決済の端末とPOSレジの提供しているという特徴があります。 ただし、端末に関しては、昨今流行のスマホ決済でできてしまうし、レジについてもクレジットカード決済だけの対応となっているため、電子マネー系の対応する場合は、別途他の会社と契約が必要なので、サービスの強みとしては少し弱い印象です。 ですから、リアル店舗向けだと、それ以外の決済手段が必要になっているから、 他の電子マネーが使えるものや、POSにしても、エアレジが使えるリクルートグループが運営する Airペイが、幅広い決済方式に対応しているので、筆者としてはおススメです。 キャンペーンもやっているみたいなのでAirペイの公式で確認してみてください。 ゼウスの社内雰囲気は? 社員は真面目な人が多いです。 ゼウスのサポート体制は? 私の経験だと、ゼウスのサポート体制の評判は大手顧客がいなかったため、私の耳には評判が入ってきませんでした。 提携先が海外のカード会社なので、日本のゼウス社員で回答できる範囲はしていると思いますが、絶対的なジャッジができるのは海外のカード会社自身になりますので、その辺はジャッジ先が海外にあるデメリットがあると思います。 ゼウスの料金は? 大手にとってはゼウスは高い手数料と感じるはずですが、中小企業だと、他の決済代行会社とかわりがありません。 しかしゼウスの強みは、融通がきくところですから、他の決済代行会社で審査がとおらない案件もゼウスではとおります。 ですからゼウスは手数料金額に強みはありませんが、融通が利く会社なのです。 ゼウスのライバル企業は? 海外のJ-Payment(現:Cloud Payment)がもともとはライバル会社でしたが、現在はSBIホールディングスの資本が入り、方針がかわろうとしています。 ですからGMO-PG等の大手がライバル会社として意識していると思います。 ゼウスの決済が向いている会社は? 大手の決済代行会社では取り扱うことのできない案件は、ゼウスは実績が豊富です。 日本のカード会社は銀行の子会社のため保守的ですが、ゼウスの提携カード会社は海外ですから、融通がききます。 大手に断られた会社も、ゼウスに決済代行を申し込んでみると良いでしょう。 ゼウスのパートナー戦略は? パートナーとの提携には力を入れています。 例えばASPのECシステムで定期販売でナンバー1の「タマゴリピート」はゼウスがメインの決済代行会社ですし、大手のEC事業者が使うECパッケージ会社との提携はまだまだですが、中小の事業者が使うECシステムのASPには、ゼウスとのパートナーシップが入っているようです。 しかし、これはASPを使うEC事業者にとっては、審査が緩めのゼウスの方がありがたい話ですから、ゼウスがASPに浸透しているのは自然な事です。 ゼウスのまとめ 本日は決済代行会社のゼウスについて取り上げてみました。 ゼウスは業界では6位~8位くらいのポジションの会社ですから決して小さい決済会社ではありません。 手数料は高めですが、他の大手が取り扱うことができない決済も受けてくれます。 今後はSBIホールディングスの子会社として、大手決済代行会社と張り合っていく会社を目指していくでしょうが、大手小売りの実績がないため、ビジネスモデルをどのように転換していくは今後を見守ります。 なお、ゼウスで決済代行導入検討の方は、ゼウスを含めて一括問い合わせで、 複数社からアイミツをとってみてはいかがでしょうか?決済は一度導入してしまうと、 決済代行会社を変更するのは非常に面倒ですから、手数料を含め複数社から検討するのが良いでしょう。

次の

ゼウスWiFiって知ってるか?【通信速度を徹夜で100回測定してみた】

ゼウス 評判

給与水準:年に一度の賞与が規定されているが会社設立以来実績はないです。 利益が出ないと配らないほんとうの意味の賞与ではあるのですが。。。 特別手当が過去に支給されたことが有り 特定派遣における2次受け3次受けな為に利益が出辛い事もあり同業他社と比べると低い水準給与となります。 プロジェクトにおける業務評価が基本的に評価されないため資格ありきになります。 毎年査定がありますが、過去に数回昇給を見送った実績があります。 入社時の研修が手厚いので、ここで資格を取得し経験を積み転職をする社員が多いです。 口コミ投稿日:2015年08月 1日 勤務時間・休日休暇:働く時は働き、休む時は休むがはっきりしています。 また、出向先で働く社員としてなんといっても嬉しいのは、 リフレッシュ休暇制度。 zeus-enterprise. これだけあれば普段できないこともがっつり出来るし、 何と言っても休みの日に混んでいてなかなか満足に遊ぶことが難しいテーマパークなども空いている日に行けるのは嬉しいですね。 きちんと有給休暇も付与されるし、 働くものにとってありがたい限りです。 口コミ投稿日:2015年09月24日 給与水準:給与水準はネットワークや、サーバを扱う業界の中では低い方だと思います。 未経験者は支給額が16万円から始まり、2~3ヶ月後に2万円前後改定します。 他社に派遣で出向者して3か月たつと、一人暮らしの方には3万円至急されます。 賞与はありません。 報酬は出向先で自社の社員を紹介した場合、金一封が送られていました。 仕事の成果よりかは、会社で指定された複数の業界の資格(ITパスポート、CCNA、LPICレベル2)を取得し、3年以上働いてはじめて昇給します。 それ以外の昇給はありません。 いかに資格を取得するかで給与が変わりますので、出向先の仕事の成果や契約金に対して報酬は低いと感じます。 収入面に関して満足度は低かったです。 口コミ投稿日:2015年08月 1日 勤務時間・休日休暇:基本的には少ない方かと思います。 出向先においては残業を強要されることはなく、 現場で働き始めた初期は、担当する業務を時間内に終了さえることが出来ない 能力不足や効率が上がらないなどに起因する など、 それ以外では、出向先のお客様都合などにより残業が発生することはあります。 ですが上記のいずれも、 自身の技術力やマネージメント能力の向上、出向先でのコミニケーションなどでかなり減らすことができ、 実際の残業時間はかなり少なく出来ます。 口コミ投稿日:2015年09月24日.

次の

ゼウスWiFiの評判は?5個のメリットとデメリットもご紹介!

ゼウス 評判

決済収納代行会社のゼウスは、日本のカード会社が受けてくれない業界に対して強みのある会社です。 なぜならゼウスと提携している会社は、日本のカード会社ではなく、海外のカード会社ですから、 日本のカード会社では審査でNGの会社も引き受けてくれる決済会社でした。 本日は元決済代行会社出身の筆者が株式会社ゼウスについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。 ゼウスの由来・歴史 冒頭で述べたとおり、ゼウスは海外のカード会社と提携した背景があり、他の決済会社で審査がとおらなかった分野に強みがあります。 その背景には決済代行会社ゼロ(現在の株式会社AXES Payment)と一緒になった会社で、ゼロはそういった分野に強みのある決済代行会社の一つですから、合併することで強みがありました。 日本のカード会社が規制している分野は、海外ではNGではないことも多いです。 そういった分野の決済代行を行い成長した会社です。 もちろんこれは法的にNGなことではありません。 現在はSBIホールディングスに再編され、日本のカード会社の規制している分野などは、同じグループ会社の株式会社AXES Payment(旧:株式会社ゼロ)に移行され、整理整頓されました。 この辺はSBIホールディングスになった影響です。 ゼウスの特徴は? 先ほど解説したように、ゼウスは日本のカード会社の審査が通らないマニアックな分野の決済が得意です。 日本のカード会社は、日本の銀行がバックにいるため基本は保守的です。 ですから新しいビジネスモデルに、すぐには対応できないのです。 例えば、クラウドファインディングやCtoCの決済。 数年前「手抜きのおせち料理」で話題になったグルーポンのような新しいビジネスモデルの決済はいきなりは受け入れることはできないのです。 しかしこれらのビジネスモデルは海外では、先行しているビジネスモデルであり、海外のカード会社の審査は通ります。 そこで海外のカード会社と提携しているゼウスは、この手の日本のカード会社の審査が通らない会社を得意としているのです。 また、他の決済代行会社は銀行の影響を受けることが大きいのですが、ゼウスは銀行の影響を受けていなかったので、他の決済代行会社が嫌がる案件も受け入れることができたのです。 大手事例についてですが、大手の小売り業からはゼウスは選ばれていません。 その理由は手数料です。 大手の小売りとなると、手数料がより重視されますが、GMO-PGのような大手には手数料ではかないません。 だから大手の小売りにはゼウスは導入されていないのです。 だからゼウスは、手数料は大手にはかなわないものの、融通が利く決済代行会社という印象です。 現在は他の大手に対抗するべくSBIホールディングスグループの方針で動いております。 大手の決済代行会社と比べても、メニューが多いとはいえないので、ココが強みになっているとは感じません。 リアル店舗向けには、クレジットカード決済の端末とPOSレジの提供しているという特徴があります。 ただし、端末に関しては、昨今流行のスマホ決済でできてしまうし、レジについてもクレジットカード決済だけの対応となっているため、電子マネー系の対応する場合は、別途他の会社と契約が必要なので、サービスの強みとしては少し弱い印象です。 ですから、リアル店舗向けだと、それ以外の決済手段が必要になっているから、 他の電子マネーが使えるものや、POSにしても、エアレジが使えるリクルートグループが運営する Airペイが、幅広い決済方式に対応しているので、筆者としてはおススメです。 キャンペーンもやっているみたいなのでAirペイの公式で確認してみてください。 ゼウスの社内雰囲気は? 社員は真面目な人が多いです。 ゼウスのサポート体制は? 私の経験だと、ゼウスのサポート体制の評判は大手顧客がいなかったため、私の耳には評判が入ってきませんでした。 提携先が海外のカード会社なので、日本のゼウス社員で回答できる範囲はしていると思いますが、絶対的なジャッジができるのは海外のカード会社自身になりますので、その辺はジャッジ先が海外にあるデメリットがあると思います。 ゼウスの料金は? 大手にとってはゼウスは高い手数料と感じるはずですが、中小企業だと、他の決済代行会社とかわりがありません。 しかしゼウスの強みは、融通がきくところですから、他の決済代行会社で審査がとおらない案件もゼウスではとおります。 ですからゼウスは手数料金額に強みはありませんが、融通が利く会社なのです。 ゼウスのライバル企業は? 海外のJ-Payment(現:Cloud Payment)がもともとはライバル会社でしたが、現在はSBIホールディングスの資本が入り、方針がかわろうとしています。 ですからGMO-PG等の大手がライバル会社として意識していると思います。 ゼウスの決済が向いている会社は? 大手の決済代行会社では取り扱うことのできない案件は、ゼウスは実績が豊富です。 日本のカード会社は銀行の子会社のため保守的ですが、ゼウスの提携カード会社は海外ですから、融通がききます。 大手に断られた会社も、ゼウスに決済代行を申し込んでみると良いでしょう。 ゼウスのパートナー戦略は? パートナーとの提携には力を入れています。 例えばASPのECシステムで定期販売でナンバー1の「タマゴリピート」はゼウスがメインの決済代行会社ですし、大手のEC事業者が使うECパッケージ会社との提携はまだまだですが、中小の事業者が使うECシステムのASPには、ゼウスとのパートナーシップが入っているようです。 しかし、これはASPを使うEC事業者にとっては、審査が緩めのゼウスの方がありがたい話ですから、ゼウスがASPに浸透しているのは自然な事です。 ゼウスのまとめ 本日は決済代行会社のゼウスについて取り上げてみました。 ゼウスは業界では6位~8位くらいのポジションの会社ですから決して小さい決済会社ではありません。 手数料は高めですが、他の大手が取り扱うことができない決済も受けてくれます。 今後はSBIホールディングスの子会社として、大手決済代行会社と張り合っていく会社を目指していくでしょうが、大手小売りの実績がないため、ビジネスモデルをどのように転換していくは今後を見守ります。 なお、ゼウスで決済代行導入検討の方は、ゼウスを含めて一括問い合わせで、 複数社からアイミツをとってみてはいかがでしょうか?決済は一度導入してしまうと、 決済代行会社を変更するのは非常に面倒ですから、手数料を含め複数社から検討するのが良いでしょう。

次の