海外の反応 閉会式。 海外の反応のまとめ

【海外の反応】リオパラリンピック閉会式の日本演出に対する海外メディアの反応

海外の反応 閉会式

更新順• 海外の反応• com• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• com• com• com• com•

次の

海外の反応は?安倍首相マリオ姿「トーキョーショー」への海外メディア、ネットでの反応まとめ

海外の反応 閉会式

オリンピックの閉会式と聞くと、競技を終えた選手たちが、笑顔で自由気ままに入場する光景を思い起こす人も多いと思います。 実はこの入場方式、東京五輪閉会式のある出来事がきっかけで始まったと言われています。 想定外のハプニングがきっかけ?! 整然と始まった閉会式ですが予想を超える海外選手団が参加したため、列が乱れ始め最後には日本選手団の旗手・福井誠さんを肩車し、そのまま競技場を一周してしまったのです。 これは大会運営者も全く想定していない中で起きた出来事でした。 なぜ、このような出来事が起きてしまったのでしょうか。 東京オリンピック 1964年 閉会式 静粛に行われていた閉会式 そもそも閉会式は聖火の消灯式や五輪旗の引き継ぎ式など粛々と行っていました。 選手が参加すること自体、一般的だったわけではなく、実際に東京五輪の一つ前の1960年ローマ五輪では、各国の旗手だけしか参加しませんでした。 予想を超える参加者 1964年東京五輪では、閉会式への選手の参加は自由。 大会運営者も何人の海外選手が参加するか事前には分からなかったそうです。 当日になると、見込みをはるかに越える4000人以上が参加しました。 五輪全体の参加者数はおよそ5000人。 実に8割ちかい選手が閉会式に参加することになったのです。 ローマ五輪は旗手のみだったので、その差は歴然です。 アジア初のオリンピック開催、そして戦後復興を果たした日本。 大会期間中、選手たちをもてなす様々なイベントが各地で行われていたこともあり、はるばる訪れた東方の国を満喫しようという選手たちが、閉会式まで残ることにつながったと言われています。 お酒を飲んでいた海外選手団? 閉会式は各国の旗手が入場したあと、海外選手団が入場する予定でした。 開催国日本の旗手は、旗手行進の最後尾。 4000人を超える海外選手団の入場で列が乱れ始め、日本選手団旗手と海外選手団の差が徐々に縮まっていきます。 旗手を務めた福井誠さん(平成4年逝去)は、生前の講演会で、「海外の選手はお酒を飲んで酔っていた」と驚きの事実を語っています。 閉会式に参加した海外選手はお酒を飲んで、陽気な気持ちのままに入場したことが伺えます。 そして日本旗手を担いだ一行の後に続く海外の選手たちも、性別や人種に関係なく腕を組んで笑顔をはじけさせ、中にはマラソンのユニホーム姿で走る選手もいるなど、実に和気あいあいな雰囲気で入場は進み、会場は大歓声に包まれました。 担がれた旗手の福井誠さんは、担がれながら見た光景を「スポーツの中に平和を感じた瞬間」と振り返っています。 1968年のメキシコ大会では閉会式を静粛な雰囲気を保とうと、選手の参加を1つの国あたり6人までと参加を制限。 それでも選手たちは東京五輪の時のように、腕を組んで走りまわったのです。 東京五輪をきっかけに、選手たちの意思が自由な入場を作り上げたのかもしれません。 こうして自由な入場は五輪閉会式のスタンダードになっていきました。 現在も水泳教室で指導している竹宇治さんは子どもたちにも、試合が終わったらライバル同士、手を取り合うこと、喜び合うことが大事なことだと伝えています。 2年後、再びやってくる東京五輪。 (撮影・文)報道局映像取材部 寺田 慎平 動画は、「サンデースポーツ2020」で放送されたVTRを再編集したものです。 [総合]日曜日午後9時50分~(放送時刻変更の場合があります).

次の

【海外の反応】リオ閉会式での安倍マリオに対する海外メディアの反応

海外の反応 閉会式

「君が代」の歌詞を変えよう、と主張した音楽家もいた それでも思うのは、やはり「君が代」は変な曲だということです。 捉えどころがなく、気合が入るより、むしろ色んなことがどうでもよくなってしまう茫漠とした感情がわいてくる。 もっとも、筆者はそれも悪くないと思うのですが、中には 違和感だらけなので新しい国歌を作るべきだと主張した人もいました。 に出席した中田喜直(1923-2000)。 「夏の思い出」や「雪の降るまちを」などで知られる、日本を代表する作曲家です。 『国旗および国家に関する法律案』の審議に際し、専門家の見地から次のように述べたのです。 <要するに、一番問題は、歌曲、国歌というのは歌ですから、歌というのは歌詞とメロディーが合っていないといけないんですね。 (中略) 私は、ここにも書きましたように、子供のときに、小学校で君が代を書きなさいといったときに、「 きみがあよーわ」と歌うように書きました。 これは、「君が代は」と歌わなきゃいけないのに、「きみがあよーわ」、それから「ちよにいいやちよにさざれ」、さざれで切れちゃうんですね。 「いしのいわおとなーりて、こけのむうすうまーああで」、こういう歌ですから、間延びしているんですね。 > ゆえに 緊張感を欠くだけでなく、そもそもが歌いづらい。 だからメロディーに合った新しい歌詞をつけよう。 それが中田氏の意見だったのです。 なのに、いつも相撲の千秋楽で聴いているのは一体何なんだ、と思うほどの変わり様。 けれども、薄気味悪い静寂は確かに残っている。 となると、問題なのは歌詞ではなく、演奏方法や歌い方だったのではないでしょうか。

次の