サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします。。 Chromeから「パスワード情報が漏洩しました。」と言われる原因と対処法

Chromeで「データ侵害によりパスワード情報が漏洩」と警告が!対応方法は?

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします。

Google ChromeのVER79(12月19日時点の最新版)から、 「パスワードがどこかで流出した場合、警告してくれる機能」が追加されました。 (設定でオンオフは可能です) 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」という文字なので、「ウィルス?マルウェア?フィッシング?詐欺?」など驚いてしまうかもしれません。 でも、これはChromeの正式な機能ですので、落ち着いて・・・ ということはできず、「IDかメールアドレスとパスワードの組み合わせがどこかで漏洩したものであること」は間違いないので、パスワード変更・2段階認証・パスワード生成ソフトなどの対策をぜひ行ってください。 これから詳しく説明します。 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」というメッセージ ただこれは、Google chromeの正常なセキュリティ機能の動作です。 ここで、「パスワードを確認」ボタンを押すと、 ^ という画面が出てきて、この後、Googleアカウントのパスワード入力を求める画面が出てきます。 ・・・・フィッシング? と疑ってしまいますが、 と、 漏洩しているパスワード、安全ではないパスワードなどを教えてくれます。 ちなみに、各社・もしくは様々なルートでパスワード流出が確認された状況は、こちらでも確認できます・・・ (され、セキュリティ研究者のTroy Hunt トロイ・ハント 氏が運営しているサイトだそうです。 自己責任でご使用ください。 また、当サイトでは1passwordの使用や二段階認証、パスワードの変更を勧めています) 上記の機能は、Chrome79より本格的に導入された機能のようで、されています。 Chromeの設定画面にも、下記の上から2番目のように、「データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する」という表示があります。 ご安心を・・・とは言えず、この表示が出てくるサイトについては、様々なサイトでのパスワード流出被害があったものと同じID・パスワードということですので、取り急ぎログイン・パスワードの変更や利用しない場合は退会することをおすすめします。 そして、前掲のではこう書かれています。 サイバー犯罪者が手にした情報で何を企んでいるかについて、常に注意が欠かせない。 その前提で、最後にひとつだけアドバイスをしておきたい。 サイバー犯罪者がユーザーのパスワードを知っていると脅し、金銭を要求するメールを受信した場合、慎重に行動すべきである。 (中略)この場合、受け取ったメールのメッセージ内(件名か本文の最初の数行)には自分のパスワードが記載され、多額の支払いを要求していることがわかっている。 また、テスト的に音声解説版を作りました。

次の

「パスワードを変更してください」と表示された際の対策

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします。

Chromeで表示された「パスワードの確認(漏洩しました)」のポップアップ パソコンのChromeで、とあるサイトを表示したら、上のポップアップが表示されました。 パスワードの確認 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、 パスワード情報が漏洩しました。 なんだこれ、めちゃくちゃ怖い。 ちなみに「とあるサイト」っていうのは クレジットカードのサイトなので、「クレジットカードが不正利用されちゃうのかも~~~?」とより一層の恐怖です。 パスワードが漏洩した?怖すぎていろいろ調べてみた 本当にChromeからの正しい警告か? まず、こういうポップアップって、ダマシの場合もあるのでそこを調べてみました。 たまに上のようなダマシのポップアップが出てくることもあるんですよね。 悪意のあるサイトというか。 「パスワードが漏洩しました」はどうやら、本当にChrome(Google)が出している警告の様です。 「パスワードの確認」のポップアップの「確認」をクリックしてみると、 (ダマシのポップアップだとこのクリックで変なサイトに飛ばされるので注意が必要です) パスワードチェックアップ、というページにアクセスしました。 どうやら本当にGoogleのサイトに繋がっている様子。 「不正使用されたパスワードが2件あります」とありますね。 これが今回の「パスワードが漏洩しています」の原因みたいです。 「パスワードが漏洩した」について 僕の場合の、2件の「不正使用されたパスワードが2件あります」は、上の2サイトでした。 ぼかしていますが、この2サイトは、最初にポップアップが表示されたクレジットカードのサイトではありません。 なのですが、この2サイトとクレジットカードサイトのパスワードは同じ(一部同じ。 クレカサイトはパスワード等の入力が複数あってそれぞれ内容が違う)。 同じパスワードを使っているサイトを表示すると警告のポップアップが表示されるのでしょうか?もしかしてGoogleに保存したパスワードでログインした場合は漏れなくこのポップアップが表示されるとか? 恐らくですが、 「パスワードが漏洩しました」はイコール「このポップアップが出たサイトで不正アクセスされました」というわけではないみたいです。 僕の場合、今のところ不正にクレジットカードが使われている様子はありません。 Googleに登録されてる「メールアドレスとパスワード」の組み合わせにヤバいのがあるよ という大きめのメッセージなのかも知れません。 とりあえずパスワードは変更すること(使い回しはやめる) とりあえず、先ほどの「パスワードのチェックアップ」の画面で「不正利用されたパスワードがあります」に該当したものはパスワードを変更しておきましょう。 まとめ• パスワードの使い回しはやめる• 脆弱なパスワードは使わない• 警告のあったパスワードは全部変更する• クレジットカードやサイトの利用履歴におかしなものがないか確かめる• Chromeの「パスワードのチェックアップ」で分かる問題を全部つぶす 骨が折れそうですが、これくらいやれば安心なのかなーと思います。

次の

Chromeで「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワードが漏洩しました」と出た場合の原因と対処方法

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします。

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします ここでは原因と対処法をお教えます。 原因はChromeの仕様変更 このメッセージは パスワードが漏洩したサイトと「ID」と「パスワード」が同一のサイトにログインしたときに出てきます。 試しにこのメッセージが出たサイトと同じIDとパスワードを使っているサイトにログインしてみてください。 おそらくこのメッセージが出るはずです。 もう一度整理すると、 ・サイトAでパスワードが漏洩 ・サイトAと同じIDとパスワードを使っているサイトBにログインしたときにこのメッセージが出る。 ・ただし、サイトAもサイトBもChromeのパスワード保存機能を使っている場合のみ この条件が揃ったときにこのメッセージが出ます。 最近 Chromeがアップデートしたのでそれの影響でしょう。 ここからは推測になりますが、実際に漏洩したサイトAがあるのか、それともGoogleが独自判断で安易なパスワードがついているサイトの場合に注意喚起でメッセージを出しているのかはわかりません。 対処法 サイトAと同じIDとパスワードを使っているサイトの パスワードをすべて変更する必要があります。 対象サイトは簡単に見られます。 まずメッセージが出たら「パスワードを確認」を押します。 「パスワードを確認」を押します。 これによりChromeに保存されているパスワードを照合しにいきます。 数十秒から1分ほどかかります。 セキュリティのレベル別に出てきます。 重要度が高いのは「不正されたパスワード」の項目です。 クリックしてください。 漏洩したパスワード一覧が出てきます。 ここに掲載されているサイトのパスワードはすべて変更しておきましょう。 人によってはかなり面倒でしょう。 私も120件ありました。 再利用や脆弱性があるパスワードを含めると1,500件あります。 ここからは 自己責任となりますが、どうしても全部変えられないという方は、 せめて重要なサイト(情報を改竄されたくない)ものやクレジットカードを登録しているサイトは最低限変えるようにしましょう。 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」まとめ 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」のメッセージが出た場合は同じID、パスワードを使っているサイトはすべてパスワードを変更するようにしてください。

次の