ある日お姫様になった件について 英語。 気がついたら小説の中のお姫様に、韓国発の転生ファンタジーが連載&単行本化

ある日、お姫様になってしまった件について 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

ある日お姫様になった件について 英語

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、夢の中で、亡き母ダイアナの姿を見るアタナシア。 誰だかわからないので妖精のようなキレイなお姉さんだと思う。 2年後、アタナシアとクロードの距離感は縮まり、彼女は気兼ねなく彼の部屋を出入りするようになっていた。 クロードもそれを咎めることはない。 そんなクロードと仲のいいアタナシアに、アルフィアス公爵は自分の息子と仲良くさせて、ジェニットが失敗したときの保険をかけようとしていた。 断るアタナシア。 それならばと、今度はジェニットを友だちにどうかと薦めてくるのだが、自分の生死が関わることなので、これもアタナシアは拒否する。 頭の悪い子は嫌だと言って、どれだけ彼女が学問に秀でているのかを披露し、牽制するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」17話のネタバレ アタナシアは草影で、黒い小さな猫か犬のようなふわふわな生き物を見つけた。 その可愛さに一目で気に入ったアタナシアは、なんとか触ろうとするが、逃げられてしまう。 追いかけた彼女は、黒い尻尾のようなものを見つけ、クロ捕まえた、と手で押さえる。 しかし、その尻尾の持ち主はイテッ離せと言う。 なんとそこで昼寝をしていた、赤い眼の少年の黒い長髪を掴んでしまっていたのだ。 人形のように整った顔立ちの少年だが、何故ここの庭園の草影にいたのだろうか。 アタナシアはお兄ちゃん誰、ここは勝手に入ってきちゃだめだよと声をかけると、彼は先程の小動物を持ち、こいつ捕まえたけど、と言う。 お兄ちゃんが飼っているのと聞くが、初めて見るのかとよくわからない返事をされる。 そこへフィリックスがアタナシアを探しにきた。 少年が指をパチンと鳴らすと、アタナシアが近くにいても、フィリックスからその姿は見えないようだった。 フィリックスは再び彼女を探しに行く。 アタナシアは、今のは魔法なの、他にもできるの、と少年に聞くと、彼は指先からたくさんのシャボン玉を出した。 驚き喜ぶアタナシア。 だが、シャボン玉が割れる度にだんだん息苦しくなる。 アタナシアが苦しみ始めると、クロが唸った。 すると全部のシャボン玉が割れ、息苦しさから解放されるアタナシア。 少年はため息をつき、それしきの小細工で俺様の邪魔をしたのかと、クロを睨みつけた。 怯えるクロ。 獣の癖に生意気だ、殺すかと言う彼から、クロを奪うアタナシア。 クロをいじめるな、飼い主じゃないでしょと訴える彼女に、飼い主はお前だろうと言い返す。 魔法使いも神獣も初めて見るだなんて、田舎からでてきたのか、眼は直系なはずなのに本当にカイルムの娘かと言われるアタナシア。 彼女が否定すると、長く寝すぎたようだ、ではその息子のアエテルニタスの娘かと歴代の皇帝の名前をあげる少年。 現皇帝のパパの名前はクロードだと教えると、易姓革命でも起こったのかと大笑いされる。 彼は何かに気づき、いきなりアタナシアの顔を押さえると、彼女の眼を覗きこみ、こんなの初めて見た変わってるなと、赤い眼を光らせ興味深そうに言う。 面白いから生かしておくかと考える少年。 そして、クロはアタナシアの魔力で生まれた神獣だと話す。 神獣は、持ち主の魔力がその身体で押さえきれないほど溢れたときに生まれ、大人になると自然に吸収され元に戻るのだと言う。 だから本来であれば、主人から離れたがらないはずなのだが、恥ずかしがっているようだ。 じゃあ私は大魔法使いになれるのと、テンションが上がるアタナシア。 教えてくれてありがとうと少年に礼を言うが、何故かクロを取り上げられる。 私のものなのに何するのと彼女が聞くと、俺が見つけたから俺のものだ、どうしようが俺の勝手だと言う。 アタナシアは、返して、どうする気なの、と手を伸ばすが、身長差のせいで届かない。 彼は、目覚めたばかりで魔力が減っているから、クロを食べて回復するつもりだと言い放つ。 神獣はいなくても大したことない、今まで通り魔力無しで生きていけと言う彼に、それはそっちの都合、何故私の神獣を奪うの返してよと、必死にすがりつくアタナシア。 では彼女が大人になるまで一旦保留しようと提案する。 保留なんて納得できない、どういう意味かと彼女が聞くと、俺が今お前を見逃してやるのだと言う。 自分の立場をわきまえろ、今お前を消してこいつだけ連れて行くこともできるが、お前が気に入ったからそうはしないのだと。 黙る彼女に、俺は優しい魔法使いだ、保留している間に気が変わるかもしれないだろうと笑う。 アタナシアは、その代わりに私に何を望んでいるのかと聞くと、彼は何の心配もしなくていい、本当に小さなものだし、奪うのではなく勝手に貰っていけるものなのだと説明する。 そう言っておいて、あとで覆すのではと不安な彼女に、そんなことはしない、アタナシアには何一つ害のない条件だ、誓うよと言って、彼はクロを彼女に返した。 アタナシアは名前を聞かれるが、警戒して答えない。 じゃあ俺の名前から教えてやる、次に会う時は名前で呼べよと言って、ルーカスと名乗った彼は、指を鳴らしその場で風とともに消えた。 先程のなごりでそよぐ風の中、アタナシアは呆然と立ち尽くすのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」17話の感想 新しい登場人物ルーカスが現れました。 黒い長髪に、真っ赤な目が印象的な少年です。 少年と言っても、アタナシアより年上の14,5歳という感じでしょうか。 彼は魔法使いのようです。 魔法使いといえば、塔の魔法使いはその力があまりにも強いため、心臓を凍らせていると、2話目でリリーが説明していましたね。 ルーカスも相当力がある、しかも見た目と違いかなり長生きしているようなので、塔の魔法使いとなんかしらの関係があるかもしれないですね。 そんな彼は、アタナシアに興味を持ったようです。 宝石眼が歴代のものと少し違うのか、転生がやはり関係しているのでしょうね。 また会おうと言ってましたので、近々登場してくれるでしょう。 アタナシアの魔力の塊、神獣のクロも登場しましたね。 鳴き声は犬のようです。 とても可愛らしいですね。 怯えているとき、そのふわふわなしっぽを抱えていますし。 アタナシアの反応から、ルーカスもクロも、原作に登場しなそうな感じですよね。 今後どのように関わっていくのか楽しみです。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

韓国の転生漫画『ある日、お姫様になってしまった件について』翻訳コミックス1&2巻発売

ある日お姫様になった件について 英語

では開園記念としてに公開された。 続編に『』()がある。 には続編のTVシリーズ『』が開始した。 近年のディズニー作品としては珍しく、ではなくセリフやキャラクターの動き、で雰囲気を盛り上げる。 人情を持たない王族が因果応報で獣の姿にされ、元の姿に戻るまでに人の心を知るという構図は同じディズニー作品の『』()に類似しているが、そのような類似性を特に意識させることなく、単純にとして楽しむことができる作品となっている。 原題である『The Emperor's New Groove』は、の童話『』の英題である『The Emperor's New Clothes』のパロディとなっている。 「Emperor」は日本語でとするのが正確な翻訳だが、この映画の日本語タイトルは『』同様、様となっている。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年3月)() ある南米の奥深くにある国(風だが、時代考証はほぼ無視)で、クスコという若い王様がいた。 彼は富と権力と美貌を持ってはいたが、非常に傲慢で嫌な性格であったため国民からは全く信用されていなかった。 ある日、気まぐれで解雇したかつての相談役の魔法使いイズマに毒薬を飲まされ、の姿に変えられてしまう。 クスコはそのまま袋詰めにされ、城から追い出され、ある農村まで運ばれる。 登場キャラクター クスコ (Kuzco) 主人公。 南米の奥深くにある王国の若き王様。 17歳。 非常に傲慢かつ自分勝手でわがままの上に意地悪な性格で、そのため国民からの人望は皆無。 18歳の誕生日前に気分的にクビにした相談役イズマの手により毒殺されかかるが、毒と間違って盛られた薬で、ラマに変えられてしまう。 農民パチャと助け合うことで友情の大切さに気付き、イズマの薬で元に戻った後は今までの自分の態度を改め、パチャの家族や村人とも家族ぐるみの付き合いを始めた。 続編での女装しての登場は、「美味しい登場」を自称するナルシストで、テレビシリーズでもその面が出ている。 パチャ(Pacha) 気の良い農民で妻子持ち。 クスコに王宮へと呼び出され、自分の丘の上の家及び村が クスコリゾートというクスコの個人的なリゾート施設建築予定地になっていることを宣告され、断固拒否をするがクスコには相手にされなかった。 真面目で心優しいがガンコな面もあり、当初はラマになったクスコともこの件のこともあり、喧嘩ばかりだったが、一緒に旅をするにつれ、友情を築くようになる。 クスコがリゾートの建築場所を変更すると聞かされたときに空いていた隣の丘を勧め、リゾートで共に家族ぐるみで遊んだ。 イズマ (Yzma) クスコの元相談役である老婆。 クスコが幼い頃から相談役を務めていたが、クスコの気まぐれでクビにされる。 このことからクスコを恨み、得意の薬物調合でクスコの毒殺を図るが、クロンクのドジで誤ってラマに変えてしまう。 元主人であるクスコも性格に難があるが、イズマも陰湿な嫌な性格の持ち主である。 肌年齢はクスコ曰く「200歳」で、歯は磨いてない。 年のことを話題にされると不機嫌になるが、本人は自身の容貌を美しいと思っている。 最終的には薬でネコの姿になり、ヒトになる薬をクスコに飲み干され、元に戻れなくなった。 続編やテレビシリーズでは経緯は不明だが元に戻ったが、ネコの尾だけは残っていた。 今度はウサギに変身したが、ワシに攫われる。 クロンク(Kronk) イズマの手下。 筋肉質な大男で思考力は極めて低い。 しかし、料理の腕は高く、ボーイスカウトの先生役をやったり、リス語(というよりほぼ全ての野生動物の言語)を解するなどの意外な才能を見せる面もある。 彼が困ったときは心の中の天使と悪魔が言い争いを始めるが、どちらもあまり役に立たない。 得意料理ののパイを貶されたことで激怒し、天使と悪魔の意見も一致して、イズマの手下をやめるという根は善良で非常に純粋。 テレビシリーズではたまにクスコに協力することもある。 続編『 』では、主役になり、天使がやや役に立つ。 チチャ(Chicha) パチャの妻。 妊娠中だったが、後に超怪力な男の子ユピを産む。 チャカは大きな前歯がチャームポイント。 ティポは続編ではクロンクと同じように心の中に天使と悪魔が存在し、やはり天使の方がやや役立つ。 テーマソング・ガイ(Theme Song Guy) 物語の冒頭と終盤で、クスコのテーマソング(主題歌)を歌う。 キャスト キャラクター 原語声優版 日本語吹替 クスコ クスコ・ラマ パチャ イズマ クロンク チチャ () チャカ ケリアン・ケルソ ティポ エリ・ラッセル・リネッツ ルディ バート 不明 イピ 不明 マタ () 職員 () 不明 ハエ 不明 テーマソング・ガイ バッキー 原語版流用 スタッフ• 監督 -• 製作 - ランディ・フルマー• 脚本 - デヴィッド・レイノルズ• 音楽 - 、 ()、 日本語版制作スタッフ• 演出 -• 音楽演出 - 深澤茂行• 翻訳 - 佐藤恵子• 脚本 - ///• 訳詞 -• 録音・調整 -• 音楽録音 -• 録音制作 -• 制作協力 -• 制作監修 - 岡本企美子• 日本語版制作 - DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC. 評価 受賞 第28回(2001年)• Individual Achievement in Character Animation -• Individual Achievement in Voice Acting -• ndividual Achievement in Music - 、 () 第2回(2001年)• 歌曲賞 - 「My Funny Friend and Me」 脚注.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

ある日お姫様になった件について 英語

ゲーム『マリオシリーズ』の ピーチ姫に仮装した男性が話題になっている。 娘がマリオのコスプレをしたのにあわせ、父親がピーチ姫になったのだ。 その素晴らしい親子コスプレはネット上でも注目を浴びたのだが、同時にネガティブな意見も寄せられたそう。 そんな意見を目にした男性が、この度あるサイトで反論。 「ピーチ姫になった理由」と共に子育てに関する熱い思いを説明したところ、拍手喝采が集まっているというのだ。 ・ある記事でに取り上げられた男性 この反論は、ユーザーネーム thejohnblog さんが海外サイト『Imgur』に掲載したものだ。 とあるメディアが彼のピーチ姫姿を取り上げ、「娘とコスプレをするとき、父親は衣装を自由に選択できないようだ」と評した上に、読者からも 「(こんなコスプレをするなんて)勇敢な男性だ」「聖書では女装をしてはいけないことになっているはず」などの意見が聞かれたのだとか。 thejohnblog さんはそれらの意見に違和感を覚え、「子供を喜ばせるのは、難しいことではない」と反論を行った。 ・笑われても、批判を受けても、お姫様の格好をする 数カ月前に離婚した thejohnblog さんは、娘が変化やストレスで消耗してしまわないように最大限に気を配ってきたという。 2人で一緒にできることを楽しみ、彼女が望む独創的な思いつきも大切にしてきた。 もちろん甘やかしてばかりではなく、娘の人生を考えて叱るところでは叱りつつも、できる限り 娘の気持ちを最優先する彼は、ピーチ姫になるのもいとわないと話している。 「同僚に笑われても、ネット上で批判されても、私はお姫様の格好をする。 なぜなら、楽しいひと時を共有すれば、子供を喜ばせることができるから。 そしてそれは大した労力ではなく、大変なことではないはずだからだと彼はつづっている。 「親でいることは大変だ。 これまで経験した中で、最も大変な仕事だと思う。 でも子供を喜ばせることは、大変ではない。 だから私はドレスも着れば、人形ごっこだってするし、好みじゃないポップソングを一緒に歌いもする」 ・「私は30歳だけどあなたみたいな父親がほしかった」なんて声も もちろん、世の中には「子供を幸せにしたい、喜ばせたい」と強く願っても、様々な事情があって、実現できない人々もいるだろう。 だから「簡単だ」と一概に言い切れるものではないかもしれない。 それでも「娘を幸せな気持ちにできるのなら、世間の目は気にせずに喜んでピーチ姫になる」という thejohnblog さんの気持ちは多くの人に届いたもよう。 『Imgur』上には、「僕は30歳だけどあなたみたいな父親がほしかった」、「世間の戯れ言は気にしないで。 あなたは全ての子供にとって最高の父親だし、そんな父親を持てる子供は少ない」などの声があふれているのだった。 参照元:、(英語)、 執筆:.

次の