ベルランゴ。 【シトロエン ベルランゴ 新型試乗】瞬殺で完売した理由、そしてカングーとの違いは…中村孝仁

【比較試乗】「ルノー・ カングー vs シトロエン・ ベルランゴ」いまフレンチMPVを買うならどちら?

ベルランゴ

シトロエンの『ベルランゴ』とプジョーの『リフター』。 いずれも2列5人乗り/3列7人乗り(本国仕様)のミニバンに属する兄弟車で、本国ではロングセラーモデルとして3代目が2018年に登場、現在も好評発売中だ。 しかし、日本ではまだ導入されていなかったこともあり、国内でもまだ知らない人も多いはず。 そんなベルランゴとリフターだが輸入販売元のプジョー・シトロエン・ジャポンが、まず2019年10月18日に特別限定車としてリフターの販売を開始。 一方のベルランゴもその翌日の19日にオンラインで特別仕様車『デビューエディション』の予約注文を開始したところ……、午前9時の開始からたった5時間半で予約台数に達してしまったため完売! そして第二弾となる11月30日に開始した予約販売もほぼ同じ時間で完売と、引く手あまたの人気モデルとなっているのだ! なぜ、これほど大人気となったのか? 日本のミニバンと何が違うのか? シトロエンベルランド&プジョーのリフターと、ライバルのルノーカングー、日産NV200バネットと徹底比較し、人気の秘密に迫る! 文/野里卓也 写真/ベストカーWEB編集部 ベルランゴの兄弟車、プジョーリフターデビューエディションの価格は336万円 なぜ、日本でもこれほど人気を呼んだのか、プジョー・シトロエン・ジャポンの広報部によると、 「本国でベルランゴが発売されていたのを知っている多くのユーザーから『日本にも導入しないのか』と、相当数の問い合わせをいただいていました。 今年に入り特別限定車として導入できないかと本国にかけあったところ、ようやく発売することができました。 日本ではルノーのカングーがこの分野(インポートモデルでサイズ感も価格も含め)一人勝ちになっていますが、それに挑みたいですね」。 ただし、型式認定は受けておらず並行輸入扱いで導入したため、台数も数に限りがあるという。 具体的な台数については「お答えしてない」そう。 搭載されるエンジンは109ps/15. 3kgmの1. 6L、直4 そんなに人気のモデルとは一体どんなクルマなのか? まずはベルランゴとリフターのボディサイズを見てみよう。 比較車両としてルノーの売れ筋モデル「カングー」と、国産では日産のNV200バネットを取り上げてみた。 最大のライバルたるルノーカングーは1BOXタイプの形ではなく、 商用バンの箱(荷室部分)をくっつけたようなフルゴネットデザイン。 NV200バネットは商用バンでワゴンも用意され、5人乗り、7人乗りをラインアップ。 ボディサイドのウインドウ形状などはベルランゴ&リフターによく似ている。 多少の違いはあるものの、ベルランゴとリフターはほぼ同じ大きさだ。 NVバネットは全長4430mmと4車種最も長いが、全幅は1695mmと5ナンバーサイズにとどまっているのが特徴だ。 NV200バネットに比べ100万円高、カングーよりも50万円以上高い。 気になるベルランゴとリフターとの価格差は装備にある。 アドバンスドグリップコントロールとデザイン性の高いセンターコンソールはリフターのみ装備されている。 この違いについて、プジョージャポンは、 「プレミアムブランドという位置づけもあり、先進装備を搭載したモデルを用意している。 ルノーはエントリーモデルとも言うべき位置づけではあるが、国産車や他ライバルと比べても遜色のない装備を持っている」とコメント。 天井部分に収納できるスペースがあり非常に便利 さて、ベルランゴ&リフターともに装備でユニークなのは大開口のパノラミックガラスルーフとリアゲートにガラスハッチを採用したこと。 後席までガラスエリアが広がっているので、乗車するみんなが開放感にひたれることは間違いなし! ガラスハッチはリアゲートを開かなくても中の荷物が取り出せるという、使ったことが分かる人にはもの凄く琴線に触れる便利な装備! それと注目して欲しいのは収納スペースがふんだんにあること。 いずれのモデルもルーフに小物や衣類などを収納できるスペースを確保。 荷室のルーフには後席からもリアドア側の両方から開閉することができる収納スペースを装備。 60Lもの大容量を確保しているというから普段の使い勝手に大いに役立つはず。 もちろんフロントまわりにも収納スペースが随所に確保されている。 通常の5人乗り状態のラゲッジスペース 6:4分割可倒式リアシートを倒せば長尺物も積める 現在リフターの実車を展示中。 2020年夏には本格的に日本導入! プジョーリフターの実車を見てその魅力を体感しよう さて、なぜ、これほど人気が出たのか? 珍しい1BOXタイプの輸入車MPVであること、そして先進装備が付いているのにもかかわらず、輸入車としてはお手頃な300万円ちょっとという価格であったこと、そしてディーゼルエンジンと最新のAT、そして工夫いっぱいの収納スペース。 国産ミニバンは真新しいクルマもあまり出ず、飽和状態にあったところへ、個性派MPVが出てきた……、そんなストーリーではないか。 実車の展示についてはリフターのみ2019年12月7日から全国のプジョーディーラーでキャラバンがスタートするというので、購入を検討している人は直接店舗へ訪れるのも良いだろう。 また、リフターの予約販売も現在オンラインで受け付けているそうなので、完売となる前に手に入れたい人はお早めに。 なお、予約完売となったベルランゴについては第1回分の納車が2020年初旬、2回目の分が同年春頃を予定しているという。 最後に、もうひとつ気になる話題を。 「2020年夏には両モデルとも本格的に導入を目指しています」(プジョー・シトロエン・ジャポン広報)とのこと。 東京オリンピックを直近に控えたこのご時世に黒船が再襲来といったところ! 国産モデルはご用心、ご用心。

次の

日本上陸確定! オペル・コンボライフって何者? ベルランゴやリフターとともにカングーを完全包囲|MotorFan[モーターファン]

ベルランゴ

ウェブサイトからご予約注文 専用の予約注文フォームにてモデル選択した後、必要事項を入力して予約注文申込ボタンをクリックし、お申し込みを完了することで、ご予約注文申込をすることができます。 予約注文申込確認メールを受信 問題なくお車のご予約注文申込を行った場合、予約注文申込受付確認メールがお客様に送信され、同時にご予約番号をお知らせします。 お客様がご予約注文申込について担当ディーラーに連絡する場合は、ご予約番号を伝えていただくとスムーズです。 予約注文申込確認等をスムーズに行うためにご予約番号は安全に保管し、他の人にはお見せしないようお願いいたします。 コンタクトセンターよりご連絡 担当ディーラーとの売買契約書の取り交わしをスムーズに行うため、ご予約注文申込を受け付けた後、順次コンタクトセンターからお客様に連絡させていただきます。 ディーラーと売買契約書の締結 担当ディーラーよりコンタクトさせていただいた後、 14日以内に担当ディーラーと売買契約の取り交わしを行っていただくことで予約注文が成立します。 オンライン予約モデルについて• ご購入手続きについて• 予約注文申込み後の流れはどのようになりますか? 本サイト上の申込みフォームにて予約注文申込みが完了した段階では、車両の予約はまだ完了しておりません。 本サイトでお申込みいただくと、順次コンタクトセンターよりお客様にお電話にて連絡し、お申込み内容を確認させていただきます。 その後、ご指定いただいたシトロエンディーラーよりお客様にコンタクトさせていただき、お客様とディーラーの間で売買契約書の取り交わしをしていただくことで、車両の予約注文が成立いたします。 予約注文申込み後、 3営業日以内にお客様と連絡を取ることができなかった場合、またお客様と担当ディーラーとの間でご予約注文申込みから 14日以内に売買契約が締結されない場合は、お客様が予約注文申込みをキャンセルされたものと取り扱わせていただきます。 予めご了承ください。 予約注文申込みすると、売買契約になりますか? いいえ。 本サイトでは車両の予約注文の申込み(車両の押さえ)のみとなります。 売買契約は、予約注文申込みフォーム上でご指定いただくシトロエンディーラーと別途取り交わしていただく必要があります。 予約注文申込み後、キャンセルすることは可能ですか? はい。 予約注文申込みのキャンセルは可能です。 予約注文申込み時にご指定いただいたシトロエンディーラーまでご連絡ください。 売買契約の締結後、キャンセルすることは可能ですか? はい。 キャンセルをご希望される場合は、可能な限り速やかに、売買契約を締結したシトロエンディーラーへご連絡ください。 ただし、下記のいずれかのうち最も早い日 売買契約の成立日 以降はキャンセルの受付は出来ません。 1 自動車の登録がなされた日。 2 注文によりディーラーが自動車の改造、架装、修理に着手した日• 3 ディーラーがお客様に自動車を引き渡した日。 シトロエンウェブサイト上の車の画像、サイズおよび寸法を示すアイコンおよび表示は、説明のためのものです。 サイト上の画像は実物の車と若干異なる場合があります。 シトロエンウェブサイトにてモデル選択した後、必要事項を入力して予約注文申込ボタンをクリックし、お申し込みを完了することで、ご予約注文申込をすることができます。 シトロエンウェブサイト上でご予約注文申込をしても、お客様がお車をご購入したことにはならず、その予約注文が成立したことにもなりません。 お客様からオンラインで予約注文申込をいただいた後、担当ディーラーよりお客様にコンタクトさせていただきます。 予約注文申込後、 14日以内に担当ディーラーと売買契約の取り交わしを行っていただくことで予約注文が成立します。 ただし、予約注文申込後、 3営業日以内に担当ディーラーがお客様とコンタクトを取れない場合または 14日以内に売買契約の取り交わしが行われない場合は、ご予約注文申込をキャンセルされたものと取り扱わせていただきますので、予めご了承ください。 なお、何らかの理由によりディーラーがお客様のご予約注文申込を受け付けられない場合、担当ディーラーはお客様に通知を行います。 お客様のご予約注文申込に対してご予約番号を発行します。 ご予約番号はご予約注文申込順に発行されますが、納車の順番を示すものではありません。 ご予約番号はお客様のご予約注文申込受付メールに記載されますので、お客様がご予約注文申込について担当ディーラーに連絡する場合は、ご予約番号を伝えていただくとスムーズです。 お客様がシトロエンウェブサイト上で問題なくお車のご予約注文申込を行った場合、予約注文申込受付確認メールがお客様に送信され、同時にご予約番号をお知らせします。 担当ディーラーとの売買契約書の取り交わしをスムーズに行うため、ご予約注文申込を受け付けた後、順次コンタクトセンターからお客様に連絡させていただきます。 予約注文申込確認等をスムーズに行うためにご予約番号は安全に保管し、他の人にはお見せしないようお願いいたします。 ご予約注文申込後に選択したディーラーを変更したい場合は、シトロエンコール 0120-55-4106(年中無休 9: 00~ 19: 00)までご連絡をお願いします。 オンラインでは担当ディーラーの変更は受付できませんのでご注意ください。 オンラインでお車をご予約注文申込した後にご予約注文をキャンセルすることができます。 但し、キャンセルする場合、可能な限り速やかに担当ディーラーにご連絡ください。 但し、下記のいずれかの早い日以降のキャンセルの受付は出来ません。 1.自動車の登録がなされた日。 2.注文によりディーラーが改造、架装、修理に着手した日。 3.ディーラーがお客様に自動車を引き渡した日。 お客様がシトロエンウェブサイトでご予約注文申込を行う場合、午前 9: 00から午後 7: 00まで電話のサポート( 0120-55-4106)をご利用いただけます。 表示価格は 2019年 10月現在のメーカー希望小売価格 消費税込 で参考価格です。 価格は各販売店が独自に定めております。 価格には、保険料、税金 除く消費税 、登録料に伴う諸費用、リサイクル料金、オプション代、含まれません。 別途申し受けます。 価格、仕様、および外観は予告なく変更することがあります。 掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。 掲載内容の詳細については、販売店へお問い合わせください。

次の

日本で発売開始 シトロエン ベルランゴ BERLINGO 2019 写真・動画情報

ベルランゴ

納車から日が浅いのでまだ評価には不十分ですが、取りあえずファーストインプレッション。 先ずは乗り込む前から。 ドアは今時のスマートキーによる認証とドアハンドル内側にタッチすることでロック解除出来ます。 この辺は国産車と何ら変わりませんがカングーから比べるとだいぶ新しい感があります。 しかし、リレーアタックで狙われる可能性があるのでキーの保管等には気を付けたいところ。 ドアの開閉はスムーズで閉める時の音も静かでジェントルな音です。 スライドドアもカングーより軽くスムーズに開閉できます。 取りあえずシートとドライビングポジションに違和感はありません。 ペダルの位置も自然です。 エンジンをスタートして感じたのは同じエンジンを積んだプジョー308よりもエンジンノイズが室内に入ってくること。 低速域ではディーゼルエンジンを感じます。 ま、商業車ベースですから遮音性能は乗用車とは違うのかも知れませんが、ラジオ等のBGMを鳴らしておけば全く気になりません。 慣れない電動パーキングブレーキをリリースしてアクセルを踏むと発進します(パーキングブレーキはDレンジでアクセルを踏めば自動で解除されます)が、素直な反応でスタートします。 この辺はカングーのEDCよりもリニアな印象を受けました。 ステアリングはカングーのそれと比べると軽いです。 静止中の据え切りも軽々と回ります。 以前試乗したことのあるC4 CACTUSの感じに似ています。 CITROENはこういった味付けなのかも知れませんが全般的にルノーより軽い印象を受けます。 レーンキープやパーキングアシスト等の機能制御も必要な為に電動パワステのトルクが大きいのかも知れませんが、私は個人的にカングーの重さくらいの方が好きです。 ディーラーから家路の途中で通過した路面での印象。 乗り心地は悪くない。 でもピッチング方向の動きでダンパーの緩さが気になりました。 猫足と表現されることの多いフランス車であり、CITROENですが、かつての油圧制御ではない普通の金属スプリングとダンパーの組み合わせなので特別変わったところは感じません。 しかし、SACHSダンパーを組んでいた以前のカングーに比べると動きがうまく制御出来ていない印象です。 BERLINGOにもSACHSダンパーが欲しいと思ったのが正直なところ。 もしかしたら空気圧が足りていないのかも知れないので後日確認して変化をチェックします。 ブレーキはカングーに比べて一回り大きい径のローターでしっかりした剛性感が有り、効きはじめの感触も良いですが、これもサーボは強めなので個人的にはもうちょっと堅めのパッドにでも交換したいところです。 エンジンはたったの1. 5Lとは思えないほど実にトルクフルで8速ATと相まってとても扱いやすいパワートレインです。 驚いたのはアイドリングストップからの再スタート時のクイックさです。 ブレーキから足を緩めた瞬間にエンジンが掛かり、爪先がアクセルペダルに移動する前に走行可能な状態に戻ります。 これまで私が国産車で経験したアイドルストップは結構なディレイがあり、ストップ直後の出発がワンテンポ遅れ、アイドルストップ機能は積極的に使いたくないものばかりでしたが、この BlueHDi 1. 5L エンジンはそれを感じさせません。 取りあえず第一印象を書きました。 もしろん100点満点とはならず欠点もありますが、以前のカングーに比べれば安全装備も含めいろんな面で優位に立つ新しさや工夫があります。 ライバルであるカングーをしっかり研究して巧く整理して作り込まれたクルマだと感じました。

次の