高校生 小遣い。 高校生の金銭感覚を育てるお小遣いとは?おすすめのルールもご紹介!

高校生がバイト禁止でも家で稼ぐ11の方法と考え方【2020年】

高校生 小遣い

高校生のお小遣いの平均を知りたい! 高校生になると、親の目が届かなくなっていきます。 今までは家から地元の近い学校へ通っていてどこで何をしているのかなんとなくわかっていることが多かったですよね。 でも高校は電車やバスに乗って遠くに通ったり、バイトに予備校にと、行動範囲が広がるので帰りにどこへ寄っていて何をしているのかわからないことが増えてきます。 何かするとなると必要なのがお金です。 お金をあまり多く持たせすぎたら、余計な事に使ったり、悪いことに使ったりするかもしれないと不安になります…。 そう思うとお小遣いは少なくしたいと思いますよね。 でもそれって子供を信用していない事にもなってしまいますよ。 子供だってちゃんと真っすぐ育って高校生にもなれば、良い事と悪い事の判断くらいつきます。 それに高校生って社会に出る前に、実際にお金の使い方を覚える良い時期なのです。 何が無駄使いなのか、何が有意義な使い方なのか自分で実践してわかっていきます。 ここで実践していないと、大人になってから大変なことになるかも。 賭け事に全財産使ったり、ブランド物をたくさん買ってしまったり金銭感覚がわからなくなってしまいます。 会社で同僚や上司とのやり取りで、「この人の金銭感覚おかしくない?」って思われてしまうのも困りものですよね。 その意味で、お金の使い方をしっかりと自覚させるためにお小遣いってとても有効です。 でも一体高校生にとって必要な金額っていくらなのでしょう? もうだいぶ昔の話ですが、私の場合は1万円でしたね。 友達も7千円~1万円くらいが多かったです。 1万円を超えると、「たくさんもらっている」という認識だったと思います。 夏休みや仏休み限定でバイトもしていて、バイト代は貯金していました。 ただ学校の場所柄、お金持ちの子供が多かったので、一緒に遊ぶのにお金が掛かりました。 高校生なのに洋服はブランド店やセレクトショップで買うのが当たり前でしたからね(笑) 学校によって友達の感じも違うので、お小遣いには差がありそうですね。 またバイトをしている子の中には、親からお小遣いを全くもらっていないという子もいましたよ。 一体平均はいくらなのでしょうか? スポンサーリンク 最近の高校生のお小遣いっていくらくらい? 自分たちの世代と今では物価も変わっているので、お小遣いも変わりました。 親的に私はこの金額で十分だった!と思っても、今の子供からしたら少ないかもしれません。 また、子供が、友達は〇千円もらっている!と言う事も信用しがたいです。 今の時代の子供がお小遣いをいくらもらっているのかと言うと、平均5300円なんです。 しかしこのお小遣いは本当に自由に使える物です。 お弁当を持たされない子はプラスお昼代をもらっています。 また交通費も別で貰っているので、自由に使えますね! 使い道で1番多いのが、食べ物、2番目が外食、その後は、漫画、プリクラ、カラオケと高校生らしい使い道でした。 携帯でも無料でゲームができたり、可愛い写真が撮れる時代なので、意外にお金を使わなくても楽しめます。 最近は学割を色々なところでやっているので、5000円あれば十分楽しめるようですね! ただバイトをしている子は、親からお小遣いをもらっていない子が多いよう。 きっと教育の一貫として、自分で使うお金は自分で稼ぐ!というようにしているのでしょう。 部活をしている子はバイトをする時間が無いし、遊ぶ時間も無いのであまりお金を使わないという意見も多かったです。 また高価なものを買う時はお年玉を利用している子が多いです。 中には毎月お小遣いを貯めて使う子もいるようです。 意外にみんな計画的なんですね! 私の時代は今のように携帯もみんながみんな持っている時代ではありませんでした。 私自身、携帯は持っておらず、携帯代を気にせずお金を自由に使っていました。 今の時代、携帯代は自分のお小遣いの中から払っているのでしょうか? それとも親が払ってるのでしょうか? 高校生の携帯代はお小遣いから払わせる? まず、結論として高校生の携帯代は親が払ってくれているというケースが多いです。 ただしバイトをしている子は、バイト代で払っているということが多いようですね。 スマホを買う時に未成年なので親の承認が必要ですよね! そんな時、引き落とし口座の設定や家族割りなどがあるので、親の口座から引き落としになり、そのまま親が払っているということが多くなるのです。 そうすると、金額を気にしなくなってしまい、ゲームの課金や、長電話したりデータを使いすぎたりしてしまうことも。 もし親の口座から引き落としの場合、毎月いくらまでは払ってあげるというリミットを設けてもいいですね。 私の周りでは、基本使用料は親持ち、アプリなどの課金は本人持ちという家庭も結構多いです。 通話料に関しては、家族や塾との電話は親が、それ以外は子供が払うのが原則って感じです。 今や、高校生にスマホを持たせないっていう選択肢はあまり現実的ではありません。 携帯は高校生にも絶対なくてはならない存在になっていて、持ってない子ってほぼ居ません。 友達関係云々っていうのももちろんありますが、電車通学や塾の行き帰りで何かあったときのためにやはりスマホがあるだけで親も安心できますしね。 また目の届かない場所へ行く時期なので、持たせておいた方が逆に監視 !? できるというメリットも 笑.

次の

高校生のお小遣いの相場や使い道別の平均金額はいくら?【管理方法・渡し方など】

高校生 小遣い

各家庭で異なる「 お小遣い事情」 まず、お小遣いをもらっているのか、いないのか。 そして「Powl」では、調査にご協力頂いた方にポイントを付与しており、そのポイントは 「現金」 や「ギフトコード」などと交換することができます。 お小遣いをもらっているのは中高生ともに約半数!もらう頻度は「月に一回」がスタンダード。 はじめに、「お小遣いをもらっているのか」を中学生145人、高校生301人に尋ねました。 中学生の 52. 続いて、「もらっている」と回答した人に「どのくらいの頻度でお小遣いをもらいますか?」と尋ねたところ、「月に一度」と回答した人が中学生で85. そしてお小遣いを貰っていない人は、決まったお小遣いはないものの、相談して買ってもらう、お年玉をやりくりするなどして欲しいものを購入するようです。 中高生のお小遣いの金額と使い道は…!?使い道の第4位には時代が現れている? 次いで、「お小遣いをもらっている」と答えた中高生にその金額を尋ねました。 中学生は「1,000〜3,000円未満」が56. 高校生はばらつきが見られましたが「3,000〜5,000円未満」が35. 高校生になるともらえるお小遣いの金額が上がっていることがわかります。 さらに「もらっているお小遣いの使い道」について尋ねたところ、中学生、高校生ともに1位は交際費、次いで飲食代や漫画などの娯楽品の購入となりました。 「その他」を選んだ中高生の女性からは「コスメ・化粧品を買う」という回答が見られました。 〈中学生〉 〈高校生〉 そして、中学生、高校生ともに4番目に多く見られたのが「貯金」という回答でした。 そこで、「貯金」と答えた人に貯めたお金の使い道を尋ねました。 中学生 欲しいものができた時に使う 13歳女性 ライブや旅行に使う 15歳女性 欲しいゲームが出た時に買えるように 12歳男性 高校生 友達や家族への誕生日プレゼント 18歳女性 大学に行ったら一人暮らしをするため 16歳女性 将来のため 18歳男性 貯金をしている中学生、高校生の多くは「使い道はまだわからないが、貯金している」という回答でした。 中には「老後のため」という回答も。 現在の景気動向などから経済的不安を抱く若年層が多いという話を聞きますが、10代の頃から将来に漠然とした不安を抱くような回答が見られるのはこの時代ならではと言えそうです。 また、若年層の「 」も行ったので是非ご覧になってください! 高校生のアルバイト事情! さらに、高校生に焦点を当ててアルバイトに関するアンケートを実施しました。 現在アルバイトをしている高校生は、全体の19. 学期末だということもあり、現在アルバイトしている人は少ないようです。 高校生や、大学生のアルバイト経験率や職種など、改めて調査したいと思います。 そして、「アルバイトをしている」と答えた人に月の収入を聞いたところ アルバイトをしている高校生の34. 「どんなアルバイトをしていますか?」と尋ねると 、最も多かった回答は「飲食店」、次いで「コンビニ」、ファストフード店やスーパーのレジ、居酒屋という結果となりました。 「高校生歓迎」のアルバイト募集をしている飲食店が多いこともこの結果の背景にあると言えそうです。 他には「農業」「歯医者」「ブライダル関係」など、将来につながるためのバイトをしているという回答もありました。 また、弊社テスティーでも調査にご協力頂くことによって、 お小遣い稼ぎをすることができます! 「スキマ時間でお小遣い稼ぎをしたい」「テスティーの調査に協力したい」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ「Powl」をして弊社の調査にご協力頂けると幸いです! 家庭別のルール。 「お手伝い」で「お小遣い」 最後に、「家庭でのお金に関するルール」について尋ねました。 こちらは様々な意見が見られたので、中学生と高校生それぞれの家庭のルールをご紹介します。 中学生 :欲しいものがある時 高額のものは相談する 13歳女性 必要性があれば良いと言ってくれる 15歳女性 一緒に買い物に行って買ってもらう 13歳女性 :ルール なんでもお手伝い1回50円 12歳女性 お風呂洗いや掃除で10円 15歳女性 マッサージ1分10円 15歳女性 高校生 :欲しいものがある時 高価なものはお手伝いが条件で、買ってもらう 18歳女性 本当に必要か考えてから相談する 16歳女性 :ルール お小遣い帳をつける 18歳女性 貸し借りをしない 17歳女性 テストの結果によってボーナス制 17歳女性 中高生ともに、「学業に関するものは買ってもらえるけれど、欲しいものがあった時はまず自分でよく考えてから相談する」との回答が最も多く、「欲しいものがあっても我慢する」という人もいました。 中学生は「月1回のお小遣い+足りない分はお手伝いをしてまかなう」、高校生は「月1回のお小遣い+テストの結果や勉強に絡めてもらう」というお小遣い制度がスタンダードであることが伺えます。 お小遣い あとがき 以上、中高生のお小遣い事情調査についてご紹介しました。 今回の調査では数が少なかったため取り上げなかったものの、お小遣いをもらうほかに「フリマアプリ」や「ポイントサイト」を活用している中学生、高校生もいました。 また、家庭のルールにおいては「 スマホゲームなどに 課金はしない」「アプリの課金は相談する」など、スマホ世代ならでは回答も見られました。 弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。 そして「Powl」では、調査にご協力頂いた方にポイントを付与しており、そのポイントは 「現金」 や「ギフトコード」などと交換することができます。

次の

高校2年生(16歳)のお小遣いはいくら?金額は?5000円以上あげてる家庭が多数!部活も関係ある?

高校生 小遣い

回答失礼致します。 自分は現役の高校生ですが月5千円頂いています。 五十嵐柊さんと同じでバイトは禁止ですのでやっていません。 通学費(所謂定期代)、教科書・文房具代、授業料等高校に通う為に必要なお金、部活動費、文化祭費用等の学校関連のものは全て払ってもらっています。 お小遣いで賄うものは服や本やCD等から普段遊ぶ時のお金やライヴ等のチケット代(其れに伴った交通費、食事代なども)や衣装代等の自分の趣味のものです。 ライヴなどのイベント事に伴った臨時収入はありません。 月5千円とお年玉やクリスマス等に頂くお金で全て賄っています。 個人的に、毎月1万以上貰うのは高校生には出過ぎた行為かと。 友人や先輩にもいますが、お金が余ってるからと、高校生がそれはどうなの…?と思う程遊んでばかりです(しょっちゅうディズニーランドに行ったり長期休暇には泊まりがけで海に行ったり……)。 将来の事を考えても普段は5千円くらいでイベントなどの時に臨時収入(自分はこれを貰っていませんが、流石に凄くきついですから貰える場合は貰った方が良いかと;;)をというくらいで、ちゃんとお金のやりくりをしていった方が良いと思います。 今金銭面であまり楽をしても将来良い事は無いと思いますので。 あと、親にはどこまでお金を出してもらえて、お小遣いで賄うべきものは何かをはっきりしてから決めた方が良いと思います。 長文乱文失礼致しました。 とお答えしたのですが、バイトが不可との事ですので5000〜7000円が妥当かと思われます。 参考書、定期代、問題集等の学校関連の費用は私 親 がもち、その他の学友との付き合い 部活の打ち上げや個人的な交遊 費、雑貨 お洋服、化粧品、文房具 費等はお小遣いから賄って貰う形で手を打ちます。 友達が一気に増え付き合いが増えるのが高校生活です。 部活などに入れば先輩からの強制的な断れない遊びの誘いなどもあります。 その上コスをするとなると厳しいお値段かもしれませんが、私個人的の意見として16歳のお小遣いはこれが妥当だと思います。 総合的に考えて、私が貴女の親御さんなら6500円を渡します。 ちなみに私基本的にお小遣いは貰いませんでした。 でもお昼ご飯代や通学費は出して貰っていましが。 学校関係の資金は親が出してくれるという約束でしたので、月5千円でした。 それとは別に、携帯代を月5千円まで払ってもらっていたので、トータル1万円でしょうか。 携帯代が5千円超えると翌月の小遣いが減る仕組みです。 携帯代が1万円以上になると小遣いも没収の上、差額を自分で出さねばなりません。 高校2年の途中まで運動部でしたので、遠征費などはすべてもらっていました。 それとは別にお弁当がない時のみ、昼食代として一日500円もらっていました。 高校はバイト禁止の学校でしたが、運動部をやめ文化部に入部するとほぼ同時にバイトを始めました。 ちなみに当時週4〜5日勤務で長期休暇以外の通常月で3,4万稼いでました。 本格的に同人やコスを始めたのは高3の終わりごろなので基本的に自分のバイト代で同人やコスをしていたようなものですね。 それまでは漫画・雑誌・CD等に使っていました。 (某アイドルグループのファンでしたので) うちはお年玉は基本的に親が徴収し、子供にはこないので(長年の子供たちの交渉の結果、学年に応じて4分の1〜半額をもらえることになりましたが)、お小遣いがすべてでした。 臨時収入をもらうためなら家事を手伝うことは当たり前でしたね。 さて、質問主様へむけてのアドバイスとしては、どこまで払ってもらえるのかは最初に決めておいたほうがいいです。 交通費や携帯代、食事代などですね。 私の従兄弟は遊びに行くのに電車で1時間は出ないと何も出ない場所に住んでいたため、 そこまでの交通費は出してもらう(ただし学業・部活以外での外出は月2回まで)という約束でした。 小遣いは私と変わらない金額でしたが交通費が倍以上かかったための措置でした。 友人の中には遊びにいった時の食事はレシート提出すれば払ってもらえる子もいましたし、 当方のような携帯代の払い方や、従兄弟のような交通費の処理もあると思うのです。 なので本当に妥当な金額、というのはわかりませんが、私ならば1万円が上限かな、と思います。 学業部活での交通費・雑費は出しますが遊びでの交通費はお小遣いの中から、でしょうか。 食費は上限を決めて払うと思います。 質問主さま、ご家族皆様納得のいくお話しあいができるといいですね。 回答失礼します。 はしたの250円は「消費税 5% 分は必要経費だと思います!」と言って土下座して上げてもらったぶんです。 私もバイト禁止の学校だったので、それでやりくりしていました。 携帯は母親が自分で稼げるまでは持たせないという方針だっだので、高校卒業してバイトができるようになるまで持っていませんでした。 おそらく5000円もあれば携帯代をださなければ十分にやっていける金額だと思います。 そのかわり、遊ぶお金やケータイは基本的にお小遣でやりくりしています。 4月で高3になったら11000円に値上がりする予定です。 文房具や参考書などの学業系の物や、お弁当を買った時は親にレシートを渡して確認をとってもらってから経費としてお金がかえってきます。 またテストで100点をとった時に小テストは500円、定期テストは10000円と賞金がでるようになってますww 親以外からお小遣をもらった時は所得税(?)として3割親にとられます。 祖母に5000円もらったら、1500円は親へ3500円は手元へって感じです。 うちのお小遣制度は特殊だと思いますww 参考になればさいわいです。 乱文失礼いたしました。 こんにちは、気になったので回答させていただきます。 私は高校時代のお小遣いは5,000円でした。 私は高校の頃はコスプレをしていなかったうえ、公立高校だった為、携帯代は親から出してもらう代わりに、お小遣いから部費やノートなどの学用品は自分で出していました。 病院に行ったりするお金などは出してもらいましたが、自分の身の回りのものなどは自分でやりくりしていました。 校則が厳しく、バイト禁止だったのでどうしても足りない場合は読まなくなった漫画や小説、ゲームなどを売ったりしていました。 それでももう少し…という場合は家事手伝いを積極的にやって頑張りを認めてもらったり、特殊な場合は年上の兄弟がいたので引越しの手伝いなどについていって日銭を稼いだりしていました。 社会人と違い高校生はまだ子供の範囲に入るので、それを最大限に活用してご褒美と言う形で貰えるようにしてもらえばどうでしょうか? 参考になれば幸いです。 参考までに回答失礼いたします。 高校からは月10000円貰っていました。 ただし約半分は食堂代、バス代、部活費等でした。 なので実質のお小遣いとしては月5000円で、極力自分で毎朝弁当を作る、自転車だけで通学するようにしていました。 自分の場合は中学も高校も部活に明け暮れており、イベントにはあまり行かず家コス中心であったり、自作派のためやりくりしていれば何も不満はありませんでした。 なお、私の高校は長期休暇中のみバイト可で部活の無い日のみ短期バイトをしたりしていました。 お小遣いとお年玉の他に両親からお金を貰うことは教科書代等を除くと無いです。

次の