安生洋二。 【悲報】プロレス安生洋二の現在の仕事…(画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

“Mr.200%男”安生が引退試合でゴールデンカップス再結成!三本勝負で三本とも敗れる 引退セレモニーには桜庭、長州も駆け付け、安生は「もう何も残ってねぇ。0%だよぉ」

安生洋二

来歴 少年期 - UWF時代 幼稚園の年少の時より小学校4年生の頃までで過ごす。 中学生の頃にを見て魅了されるが、本格的にプロレスに興味を持ったのはでのの試合を見てからで 、卒業後、UWFに入門。 7月8日、での星名治戦でデビュー。 同年末、第1次UWFが興行活動を停止後、UWF軍としてに参戦。 、新日本プロレスのに出場。 のの設立に参加。 UWFインターナショナル時代 の第2次UWF解散後はに加わる。 安生いわく「()も()も嫌だった、意地があった、それまで高田さんについていくだけだったが、お膳立てじゃなく自分たちで時代を作る」と決意していたとのこと。 選手として戦う傍ら、として団体経営にも携わるようになる。 特に、堪能な英会話力を生かして、外国人レスラーとの折衝にあたった。 また、道場での強さを評して「ラッパ先生」と呼ばれた。 グレイシー道場破り事件 UWFインターナショナルに所属していた12月7日、のヒクソン・グレイシー柔術アカデミーへに行き、に挑戦。 非公式試合ながら多くのヒクソンの弟子たちが見守る中、なすすべなく倒されを浴び、で失神させられた。 その1か月ほど前「ヒクソンには200%勝てる」と公言し、前夜も朝方まで忘年会で浴びるほどに酒を飲むなどの余裕を見せていた挙句の敗北であった。 この行動は、ヒクソンと対戦交渉を進めていたUWFインター側が、なかなか結論を出さないヒクソンを挑発するために行った外交交渉の意味合いがあった。 その使者()として送り込んだのが、当時道場でも一番の実力者とされた安生であったという。 良くも悪くも、結果的にこの事件によりUWFインターは業界で大きな注目を集め、3年後に(ヒクソンvs高田延彦戦)が企画されるきっかけにもなった。 詳細はのリンク先を参照。 ただしグレイシー道場破りの失敗は安生本人にとって格闘家人生のトラウマとなり、後に「面と向かって高田さんの前に立てなくなった。 自殺も考えた」と語っている。 ゴールデン・カップス からは、新日本プロレスとの対抗戦に出場。 高田延彦に次ぐUWFインターNo. 2として、、といった大物と対戦した。 」などと言われるほどの負けっぷりであった)、伝説の「10・9」から数日後のUインター主催の蝶野戦ではメインイベントで変形 通称:グランドクロス200 で大金星といえる勝利を飾る。 試合後、控室で「(頭を指差しながら)ここの差だね。 ちなみに、この蝶野戦での試合後のインタビューでは当時が保持していたのへの挑戦を匂わせるコメントを残していたが、これは実現しなかった。 約2ヵ月後に行われた再戦 新日本主催 では蝶野にバタフライロックで敗れている。 また、「UWFはとかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言するなど、そのビッグマウスぶりが話題になる。 その後はMr. 200%を名乗り、山本健一(現・)と「」を結成する。 ちなみに1995年10月9日のにおける安生戦での長州の試合後のコメントが、かの「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。 一方の安生は長州戦後、「今日はあんまり無理はしなかった」「次回できるもんなら無理してみますよ」「これで僕も心を入れ替えて、謙虚な男に生まれ変わりますよ! 」「謙虚イズベスト! 」などとふざけたコメントを残し、記者達を爆笑させた。 1月4日、新日本の東京ドーム大会で実現したとの試合では、冬木のが臭いとの公言どおり、デオドラントスプレーを持参しリングインし、ボディーチェックの際に「にスプレーしろ」と強要するものの逆に口にガムテープをぐるぐる巻きにされた上、ラリアートを浴び敗戦。 また、同年夏まで続いた冬木軍対ゴールデン・カップスの抗争は、ガムテープ以外にも、パンティー、生卵、生きたタコ等が凶器として使用されるハチャメチャなものだった。 後に冬木とはタッグを結成。 1996年7月20日、声優のとゴールデン・カップスの共同名義で、CDアルバム『OHTACO』をリリース。 記者会見では「今年のに出る」と宣言するも、出場はできなかった。 1996年6月30日には力道山メモリアル()にも参戦しと対戦(両者リングアウト)。 また、同年8月17日にはで高田延彦と「Uインター頂上対決」を行うも、キックの連打の前にTKO負け。 1996年末にUWFインターナショナルが解散。 翌にを設立するもののまもなく活動停止に追い込まれた(3月)。 その後はなどに参戦する傍ら、やにも出場。 K-1ではと対戦するもTKO負け。 全日本プロレスではにとのタッグで第44代を獲得した他、やにも出場した。 には長州力が設立したに参戦。 ハッスル時代以降 からはプロレスイベント「」で、のアン・ジョー司令長官として参戦していた。 この年は道場破りから10年となる節目の年でもあり、同年12月31日の『』ではのと対戦。 敗れはしたものの一区切りをつけた。 ハッスル消滅後はプロレスの表舞台から一時姿を消し、格闘技イベント「」や「」の裏方として活動。 一方で元UWFインター代表のが経営するの串焼き屋に就職した。 3月19日にラストマッチを行い引退。 引退後は引き続き前述の串焼き屋で働くという。 ハッスルでの立場 ここでは安生洋二との違いを主に記載する。 主にハッスルでは高田モンスター軍に属しており、の側近として活躍する。 アン・ジョー司令長官と安生洋二の関係は、高田総統と高田延彦、島田工作員とのそれに近い。 アン・ジョー司令長官 ハッスルでは鬼教官の異名を持つ。 ニックネームは、 Mr. 高田総統の「ビターン」により、様々な姿に変身する。 主な言語はである。 も話すが、一部の単語は英単語を用いる場合が多く、基本的に日本語文を読むことはできない。 ファイトスタイルは安生洋二とほとんど同じであるが、対戦相手に応じて攻撃パターンが異なり、新人や若手レスラーに対しては拷問刑に近い技を繰り出し、怪我が完治していない相手に対しては怪我の部位を徹底的に攻略するなど、頭脳プレーも時折見せている。 2004年の「ハッスル・ハウス クリスマスSP」ではモンスター軍全敗の責任を負い、降格こそ免れたが(がNo. 2に昇格したため、実質的には降格となった)、インリン様に腕を折られるという制裁を味わった。 アン・ジョー之助 アン・ジョー司令長官に高田総統が「ビターン」を注入した姿であるが、アン・ジョー司令長官自身はアン・ジョー之助とは別人と主張している。 とタッグを組むことが多い。 主に竹刀を持って登場し、相手に対して攻撃する姿はに酷似している。 スパーリング中に相手の鼻・口の上に乗ることにより息をさせなくする安生の得意技があり、練習生が必死に息をしようとするとその音がラッパを吹いているように聞こえることに由来する。 - 東京スポーツ・2014年12月20日• -ファイト-デイリースポーツ online• 鈴木健『最強のプロレス団体 UWFインターの真実』エンターブレイン、2002年、pp. 20-22• 「疑惑の男FILE1 前田日明」『別冊宝島274 プロレス謎読本 リングのタブーを解き明かせ! 』宝島社、1996年、p. 182• 「<略式命令>元プロレスラー殴り負傷させたプロレスラーに罰金」『毎日新聞』2000年1月5日• 182• UWFやハッスルでは通訳も兼ねていた。

次の

安生洋二の「事件」の噂検証

安生洋二

5安生 洋二 安生洋二、旧UWFに入門。 そのいきさつから、トンパチ丸出し。 実家は名家、帰国子女で実は英語がペラペラ。 兄二人は東大出身。 しかし彼だけは異色だった。 旧UWF入門を決意するのである。 Uに入門する前は、実戦を積まねばならないと考え、深夜の公園に毎晩出没し、喧嘩を売られるのを待っていた。 実際にはあまり売られなかったようだが、その姿勢は既にプロレスラー。 その後道場にちょくちょく赴き、勝手にトレーニング。 しまいにはバイクに布団持参で勝手に住み込む。 この堂々ッぷりに、藤原も前田もどちらかが入門を許可したものと思いとがめなかった。 その後まもなく、旧Uは崩壊。 新日の前座戦線に殴りこみ、当時若手の船木や野上たちと名勝負を演じた。 前田が新日から追放されると、後を追い新生Uに参加。 89年のU-COSMOSでは、ムエタイのチャンプアとシュート戦を演じ、引き分ける。 当時から既に道場での強さは知れ渡っていた。 船木がモーリス・スミスと戦った後に、語ったコメントでもうかがえる。 当時専門誌では伏字だったが、船木は日本人プロレスラーでモーリスにキックボクシングで唯一対抗できる男として、その名をあげていた。 新生Uでは日の目を見なかったが、崩壊後のUインターでは実力を買われ、ポリスマンとして活躍。 そっち方面での高田の片腕となり活躍。 桜庭、金原、田村、高山たちの兄弟子でもある。 ゲーリー・オブライトは彼の傑作だった。 そして、最強を標榜していたUインターには、運命の時が訪れる。 グレイシー一族の登場。 安生が200%勝てるのコメント共に単身渡米。 (実際には現地の笹崎氏と2人) 本当に行くとは当時私は全く思っていなかったが、突然専門誌に顔面血だらけの安生の写真が掲載された。 一族最強と謳われたリクソンの道場へ向かい、叩きのめされた。 実際は道場破りに行ったのではなく、興行に引っ張ってくる為の交渉に出向いただけ。 そのため二日酔いのまま飛行機に乗り込み、コンディションなんて作っていなかった。 なぜ戦うことになったかは忘れたが、そういういきさつだった。 そんな状態では勝てるはずもなく完敗。 当時のUインターのフロント陣も戦うとは全く思っておらず、たった一人で渡米させてしまった。 しかし、ショックだった。 最強のはずのUインターがこうむった被害は甚大で、まもなくUインターは崩壊。 安生は一時責任を感じ、引退すら覚悟した。 業界からは、A級戦犯と叩かれた。 その後キングダムを経て、高田がリクソンと戦うこととなる。 高田が人柱となるきっかけを作ってしまったのである。 結果はご存知のごとく惨敗。 プロレス幻想の崩壊へとつながった。 PRIDE1では安生が高田のセコンドに付いていた。 リングに上がる際、安生と高田が抱き合い耳元で何かをささやくシーンに胸が熱くなった。 (実際には足裏に、松脂=滑り止めを塗る時間稼ぎだった。 ) 時を経てちょうど10年。 公の場で自身がグレイシーの姓を持つ男と巡り会うチャンスがめぐってきた。 安生の心に残る唯一の汚点。 プロレスラーとしての誇りを取り戻す為、本当にレスラー生命をかける戦い。 ゆえに記者会見で涙した。 だからこそ、絶対勝ってくれよ。 どんなしょっぱくてもいい。 判定も許す。 グレイシーに土を付けてくれ! 安生自らが。

次の

No.5安生 洋二

安生洋二

来歴 少年期 - UWF時代 幼稚園の年少の時より小学校4年生の頃までで過ごす。 中学生の頃にを見て魅了されるが、本格的にプロレスに興味を持ったのはでのの試合を見てからで 、卒業後、UWFに入門。 7月8日、での星名治戦でデビュー。 同年末、第1次UWFが興行活動を停止後、UWF軍としてに参戦。 、新日本プロレスのに出場。 のの設立に参加。 UWFインターナショナル時代 の第2次UWF解散後はに加わる。 安生いわく「()も()も嫌だった、意地があった、それまで高田さんについていくだけだったが、お膳立てじゃなく自分たちで時代を作る」と決意していたとのこと。 選手として戦う傍ら、として団体経営にも携わるようになる。 特に、堪能な英会話力を生かして、外国人レスラーとの折衝にあたった。 また、道場での強さを評して「ラッパ先生」と呼ばれた。 グレイシー道場破り事件 UWFインターナショナルに所属していた12月7日、のヒクソン・グレイシー柔術アカデミーへに行き、に挑戦。 非公式試合ながら多くのヒクソンの弟子たちが見守る中、なすすべなく倒されを浴び、で失神させられた。 その1か月ほど前「ヒクソンには200%勝てる」と公言し、前夜も朝方まで忘年会で浴びるほどに酒を飲むなどの余裕を見せていた挙句の敗北であった。 この行動は、ヒクソンと対戦交渉を進めていたUWFインター側が、なかなか結論を出さないヒクソンを挑発するために行った外交交渉の意味合いがあった。 その使者()として送り込んだのが、当時道場でも一番の実力者とされた安生であったという。 良くも悪くも、結果的にこの事件によりUWFインターは業界で大きな注目を集め、3年後に(ヒクソンvs高田延彦戦)が企画されるきっかけにもなった。 詳細はのリンク先を参照。 ただしグレイシー道場破りの失敗は安生本人にとって格闘家人生のトラウマとなり、後に「面と向かって高田さんの前に立てなくなった。 自殺も考えた」と語っている。 ゴールデン・カップス からは、新日本プロレスとの対抗戦に出場。 高田延彦に次ぐUWFインターNo. 2として、、といった大物と対戦した。 」などと言われるほどの負けっぷりであった)、伝説の「10・9」から数日後のUインター主催の蝶野戦ではメインイベントで変形 通称:グランドクロス200 で大金星といえる勝利を飾る。 試合後、控室で「(頭を指差しながら)ここの差だね。 ちなみに、この蝶野戦での試合後のインタビューでは当時が保持していたのへの挑戦を匂わせるコメントを残していたが、これは実現しなかった。 約2ヵ月後に行われた再戦 新日本主催 では蝶野にバタフライロックで敗れている。 また、「UWFはとかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言するなど、そのビッグマウスぶりが話題になる。 その後はMr. 200%を名乗り、山本健一(現・)と「」を結成する。 ちなみに1995年10月9日のにおける安生戦での長州の試合後のコメントが、かの「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。 一方の安生は長州戦後、「今日はあんまり無理はしなかった」「次回できるもんなら無理してみますよ」「これで僕も心を入れ替えて、謙虚な男に生まれ変わりますよ! 」「謙虚イズベスト! 」などとふざけたコメントを残し、記者達を爆笑させた。 1月4日、新日本の東京ドーム大会で実現したとの試合では、冬木のが臭いとの公言どおり、デオドラントスプレーを持参しリングインし、ボディーチェックの際に「にスプレーしろ」と強要するものの逆に口にガムテープをぐるぐる巻きにされた上、ラリアートを浴び敗戦。 また、同年夏まで続いた冬木軍対ゴールデン・カップスの抗争は、ガムテープ以外にも、パンティー、生卵、生きたタコ等が凶器として使用されるハチャメチャなものだった。 後に冬木とはタッグを結成。 1996年7月20日、声優のとゴールデン・カップスの共同名義で、CDアルバム『OHTACO』をリリース。 記者会見では「今年のに出る」と宣言するも、出場はできなかった。 1996年6月30日には力道山メモリアル()にも参戦しと対戦(両者リングアウト)。 また、同年8月17日にはで高田延彦と「Uインター頂上対決」を行うも、キックの連打の前にTKO負け。 1996年末にUWFインターナショナルが解散。 翌にを設立するもののまもなく活動停止に追い込まれた(3月)。 その後はなどに参戦する傍ら、やにも出場。 K-1ではと対戦するもTKO負け。 全日本プロレスではにとのタッグで第44代を獲得した他、やにも出場した。 には長州力が設立したに参戦。 ハッスル時代以降 からはプロレスイベント「」で、のアン・ジョー司令長官として参戦していた。 この年は道場破りから10年となる節目の年でもあり、同年12月31日の『』ではのと対戦。 敗れはしたものの一区切りをつけた。 ハッスル消滅後はプロレスの表舞台から一時姿を消し、格闘技イベント「」や「」の裏方として活動。 一方で元UWFインター代表のが経営するの串焼き屋に就職した。 3月19日にラストマッチを行い引退。 引退後は引き続き前述の串焼き屋で働くという。 ハッスルでの立場 ここでは安生洋二との違いを主に記載する。 主にハッスルでは高田モンスター軍に属しており、の側近として活躍する。 アン・ジョー司令長官と安生洋二の関係は、高田総統と高田延彦、島田工作員とのそれに近い。 アン・ジョー司令長官 ハッスルでは鬼教官の異名を持つ。 ニックネームは、 Mr. 高田総統の「ビターン」により、様々な姿に変身する。 主な言語はである。 も話すが、一部の単語は英単語を用いる場合が多く、基本的に日本語文を読むことはできない。 ファイトスタイルは安生洋二とほとんど同じであるが、対戦相手に応じて攻撃パターンが異なり、新人や若手レスラーに対しては拷問刑に近い技を繰り出し、怪我が完治していない相手に対しては怪我の部位を徹底的に攻略するなど、頭脳プレーも時折見せている。 2004年の「ハッスル・ハウス クリスマスSP」ではモンスター軍全敗の責任を負い、降格こそ免れたが(がNo. 2に昇格したため、実質的には降格となった)、インリン様に腕を折られるという制裁を味わった。 アン・ジョー之助 アン・ジョー司令長官に高田総統が「ビターン」を注入した姿であるが、アン・ジョー司令長官自身はアン・ジョー之助とは別人と主張している。 とタッグを組むことが多い。 主に竹刀を持って登場し、相手に対して攻撃する姿はに酷似している。 スパーリング中に相手の鼻・口の上に乗ることにより息をさせなくする安生の得意技があり、練習生が必死に息をしようとするとその音がラッパを吹いているように聞こえることに由来する。 - 東京スポーツ・2014年12月20日• -ファイト-デイリースポーツ online• 鈴木健『最強のプロレス団体 UWFインターの真実』エンターブレイン、2002年、pp. 20-22• 「疑惑の男FILE1 前田日明」『別冊宝島274 プロレス謎読本 リングのタブーを解き明かせ! 』宝島社、1996年、p. 182• 「<略式命令>元プロレスラー殴り負傷させたプロレスラーに罰金」『毎日新聞』2000年1月5日• 182• UWFやハッスルでは通訳も兼ねていた。

次の