もこう リーグカード。 【ポケモン剣盾】バトルタワーの攻略

シャドバ人気プレイヤー・もこうインタビュー 「完全にYouTuberになった」

もこう リーグカード

ポケモンを愛してやまない実況者たちが、ポケモンカードで熱戦! ネット動画などで活躍している実況者8名が集結し、 ポケモンカードによる総当たりのリーグ戦大会を開催します。 優勝者には賞品として、11月2日に発売された 「ポケモンカードゲーム サン&ムーン ハイクラスパック GXウルトラシャイニー BOX」を2BOXプレゼント! 出演する実況者には放送日までにデッキコードを各自のTwitterでつぶやいてもらう予定です。 2s; transition: all linear 0. imgBox. imgBox. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. num-0, izanami-game-live-list li. imgBox. rank. num-1, izanami-game-live-list li. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. imgBox. rank. num-0 span, izanami-game-live-list li. imgBox. rank. num-1 span, izanami-game-live-list li. imgBox. rank. imgBox. rank. title. koushikigame. indexOf 'iPhone'! indexOf 'iPad'! indexOf 'Android'! indexOf 'Mobile'! api. nicovideo. fetch ; 初めてニコニコ生放送をご覧になる方へ ニコニコ生放送をお楽しみいただくには「アカウント新規登録」をクリックし、 会員登録の手続きをお願い致します。 本放送はプレミアム高画質でお送りします。 プレミアム会員になると回線混雑時に優先視聴、高画質映像でお楽しみいただけます。 エンジョイ勢からガチ勢まで……ゲームを深く考えたい貴方へ。 ゲームの過去から未来までを見通す独自記事を、平日毎日配信。 スマホで見る方はニコニコアプリをインストール!. prNicom. prNicom. appArea. prNicom. appArea. prNicom. appArea. prNicom. appArea. cdn. nimg. min. api. nicovideo. nicovideo. nicovideo. cdn. nimg. c10857. nicovideo. cdn. nimg. d74f90. denfaminicogamer. cdn. nimg. 33f86b. cdn. nimg. 9f5d68. apple. cdn. nimg. 98021b. google. nicovideo. cdn. nimg. 597eed. googletagmanager.

次の

限界まで語り尽くす! My Favoriteポケカ ~第11回 もこうさん~

もこう リーグカード

当日は対戦エリアでもこうさんとバトルも可能だった 有名プレイヤーのなかには、ニコニコ動画の王、そして先生とも呼ばれる もこうさんの姿も。 KAI-YOUでもたびたび取材を重ねてきた実況者・もこうさん。 今回は「シャドウバース」プレイヤーとして、そして「RAGE」をはじめとする競技ゲームの世界、e-Sportsについて語っていただいた。 でも今ではすっかり「シャドウバース」有名プレイヤーとして、大会やイベントにも引っ張りだこになってますよね。 もこう YouTuberになっちゃったな(笑)。 ゲーム系の仕事が増えたのはYouTubeがきっかけだったんです。 昨日の配信でもちょうどニコニコ動画の悪口を30分間言い切ったばっかりなんですけど、やっぱり投稿者目線だと、ニコニコ動画よりもYouTubeのほうが優れてるんですよ。 動画の画質や、そもそもの利便性とか見ていくと、ニコニコって劣ってる点がやっぱり多いから。 もこう 結局動画あげてる人って数字がほしいわけじゃないですか。 それは皆同じだと思うんですけれど、ニコニコ動画だと限界が見えている。 YouTubeはもっと可能性があるんですよね、ニコ動で伸びなかった動画がYouTubeやと何倍も伸びたとか、全然あるし。 そういうの見てると面白いし、反応が毎回新鮮なんですよね。 YouTubeのコメントだと、そういうのってないんですよね。 ちゃんとコメントから「面白いよ」っていうのが、伝わってくる。 だから投稿のモチベーションも維持しやすいんです。 「シャドウバース」にもその機能があったから、テスターの依頼で、最初は仕事としてはじめたんですよね。 もこう アナログのカードゲームってやる相手がいないんすよ。 だからコレクションして終わっちゃうことが多いですね。 「シャドウバース」はデジタルでいつでも対戦できるっていうのが、デカいじゃないですか。 もこうさんは以前のインタビューで「ゲームのプレイでみせれる実況者になりたい」とも言っていましたよね。 もこう 2月に「 ファミ通CUP」という賞金制のイベントがあって、Day1の予選を通過したんです。 その時、配信卓っていうのに映ったんですよ。 そこですごくいい試合もできたし、勝てた。 あれは気持ちよかったな。 シャドバで賞金400万のファミ通カップ当選しました^^; — もこう mokouliszt もこう あれからゲームの大会で大きな実績を残しているわけではないですけれど、やっぱり実況動画じゃなくて、ゲームのプレイングでも人が沸いてくれることに対しての快感も実際に味わうことができて。 引き続き大会もどんどん出て追求していきたいな。 ……でも、そもそもゲーム実況は『 』に対しての意欲だったんですよね。 ただ、今はぷよぷよ界自体があまり良くない流れになってるんです。 もこう やっぱりゲームがうまい。 常々言ってるんやけど、ゲームがうまいっていうのは、野球選手が野球がうまいというのと、ホンマ同じなんですよ。 ゲームの試合でみててすごいな! って思う感動はスポーツみて得られる感動と同じやと思ってるから。 実際、韓国とか、ほかの海外でもプロゲーマーがいっぱいいて、価値が認められてる世界があるじゃないですか。 ゲームホンマにやりこんで、うまい人って俺はすごい尊敬してるから、そういう人にもっと日の目があたるような感じになってくれればいいかなって思ってるんです。 「ぷよぷよ」トッププレイヤーが開発に関与しており、『ぷよぷよ』側からも開発許可を得て制作していたと説明するが、『ぷよぷよ』のセガは「許諾の事実はない」と述べた。 つまり山札から引く次のドローに賭けること、e-Sports力ですね。 そういう瞬間が面白いですね。 運ゲーと言われればそれまでやし、実際運ゲーなんですけど……。 結局、運が絡むからこそ盛り上がるんじゃないかって思いますね。 見てる人たちが予想つかないことが起きるからこそ、盛り上がれるんじゃないかなと。 急所もあるし、交代読みも言ってみたらじゃんけんなんで。 でも『ぷよぷよ』に関しては、強い人が絶対勝つんですよ。 50本先取もやれば、絶対強い人が勝つんで。 あれこそがスポーツなんかもしれへんな。 それが『ぷよぷよ』と「シャドウバース」の違いなんですよね。 『ぷよぷよ』は敷居高すぎて、新規が全然入ってこないゲームなんです。 その点、 「シャドウバース」は誰でも勝つ可能性がある。 だからこそ、ゲーム内の1つのシーンごとに盛り上がるんかなと。 醍醐味はトップ解決ですよ。 3コスト2/3の守護持ちという使い勝手の良いステータスでありながら、「相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 これを4回行う。 」という盤面一掃やフィニッシャーとしても優秀な能力をもち、大会でも活躍した。 同パックを代表するカードの1つ。

次の

【シャドバQ&A】もこう新カードの声優決定[No164891]【シャドウバース】

もこう リーグカード

プロフィール YouTubeなどでポケモン関連の動画をアップロードしている動画クリエイター。 2009年から動画投稿を開始。 YouTubeのチャンネル登録者数は104万人(2020年7月現在)。 歯に衣を着せぬ痛快な発言や、「ガチ両刀(耐久を下げて両刀に特化することの意)」といった特徴的な言葉遣いで人気を集める。 今日はよろしくお願いいたします。 さっそくですが、自己紹介をお願いします。 実況動画をとってます、もこうと申します。 よろしくお願いします。 小学生の頃からポケモンカードは集めていて、友達と対戦もしていました。 大阪で行われたポケモンカードの大会にも出ていました。 ポケモンカードGBというゲームでルールは覚えたんですが、それからずっとポケカやってませんでした...... (笑) が発売した時にに誘われて、そこから徐々にまたポケカに触れ始めました。 秋葉原のカードショップにいって拡張パックが売っていたらすぐに買ってましたね。 自分の周りもポケモンカードを始めていたので、情報を色々共有して、そこから再開した感じですね。 割とポケモンカードのブームに便乗した感はありますね。 面白かったんですよ。 読みが深かったり、一個一個考えることが多くて「思ったよりカードゲームだな」っていうのが率直な感想でした。 これは常々言ってるんですが、60枚のデッキで1枚挿しのカードを引くことができるカードゲームなので、その1枚のカードで逆転することができる。 これが一番の魅力だと思っています。 ポケカの1枚挿し強いなって感じましたね。 そうそう! デッキ構築めっちゃ面白いんですよ。 それも魅力だなって思いますね。 カードプールが広いから「このカード実は強いんじゃ?」みたいなこともあります。 ポケカ四天王のなんかは、発想が豊かで、大会でも独特なデッキで結果を残していて、そういう人がいるということがポケモンカードの環境を物語ってるんじゃないかなって思いますね。 選んだ1枚は何でしょうか。 そうなんですよ、好きなんですよ。 1番好きなポケモンです。 今回のヘルガーVはポケモンVということで、たねポケモンなのですぐに場に出せるし、HPも高いし、ワザの「おとしまえフレイム」って名前がかっこいいじゃないですか。 そう、すごく親近感を覚えて(笑) 「おとしまえちゃんとつけなダメだよ」っていう悪道を行くヘルガーだなと思って。 ワザもエネルギー3つで100ダメージに条件付きで200ダメージ、これ強いなって。 ダメカンの部分の条件はどう考えてますか。 それを考えてきたんですよ...... もちろん他の人の記事とか参考にはしたんですけど、いいヤツいるんですよ。 ワザ「れんぞくブレイズボール」の。 特性「たけるとうき」でダメカンを自分にのせます。 ベンチにを出して、次の番にでリザードンに進化させて、特性「たけるとうき」を使ったらそれだけでヘルガーVのワザ「おとしまえフレイム」に100ダメージ追加される条件は満たされると。 しかもこのリザードンがそもそも強いんですよね。 ヘルガーVとリザードンの2大エースで使うのがいいんじゃないかと考えました。 そうですよね。 ここから僕オリジナルの構築があって、ヘルガーVのHP210じゃないですか。 でものワザ「ドレッドエンド」の最高ダメージ270を耐えられるんですよ...... まずをつけてHP260、そこにをつけるとHP280まで伸びるんですよ。 ムゲンダイナVMAXのワザを一度受ける間に2回「おとしまえフレイム」を使えればムゲンダイナVMAXに勝てます。 しかも、タフネスマントとヒート炎エネルギーを手札に持ってこれるサポートとしてがあります。 これで簡単に揃えることができます。 どうですか。 はい、ちゃんと考えました。 ただ対戦で1回もやったことないです。 全部机上の空論です。 そうですね、「流行ってるデッキは使いたくない」みたいなところはありますね。 実際カードゲームは、その強さを知るために、強いと言われているデッキを使うべきだとは思うんですよね。 だけど、「俺は使わないから」「メタるから」って調子こいたこと言ってますね。 ゲームよりもポケモンカードの方が、そういったことができるんじゃないかとは思います。 それこそイトウシンタロウ選手が独特なデッキを使って勝つじゃないですか。 彼の様にはなれないですけど、自分の好きなポケモンを使って、強いデッキに勝てる構築をしようという意識はあります。 ありがとうございました! 最後に、もこうさんにとってポケモンカードとはどんな存在ですか。 ポケモンの教科書です。 ポケモンの世界、ポケモンのかわいらしさ、ポケモンのタイプや能力、どういう特性をもっているかっていうことが全部書いてある。 もちろん教科書という中にはカードゲームとしての一面も含まれていて、カードゲームとしてもポケモンカードは本当によくできている。 カードゲームの基礎であるリソースの使い方や、トレードの概念、プレイにおけるケア、読み合いといった対戦ゲームとしての魅力も全部詰まっているんじゃないかと思います。 コレクションとしてキラカードを集めてもいいですし、そういったことを一言で表すと「教科書」ですね。

次の