パチョリ 香り。 【楽天市場】お香 パチョリ香 コーンタイプ /HEM PATCHOULI CORN/インセンス/インド香/アジアン雑貨 パチュリ(ポスト投函配送選択可能です/6箱毎に送料1通分が掛かります):香りの専門店 HAPPY HOUR

【楽天市場】パチョリ(PATCHOULI)の香り オウロシカアロマオイル / パチュリー パチョリ— ハーブ パチョリ油 アウロシカ auroshikha AUROSHIKHA(オウロシカ) お香 インセンス インド アジア エスニック:インド雑貨・アジア雑貨

パチョリ 香り

伊藤謙、伊藤美千穂、高橋京子「医療としての「アロマテラピー」の可能性を探る:吸入による芳香性生薬類の作用」『日本薬理学雑誌』第140巻第2号、日本薬理学会、2012年、 71-75頁、 :、。 Grieve, Maude 1995. Botanical. com. 2007. Yuwadee Trongtokit; Y. Rongsriyam; N. Komalamisra; C. Apiwathnasorn 2005. 19 4 : 303-309. 外部リンク [ ].

次の

パチョリってどんな香り?おすすめの香水&アロマオイル13選!

パチョリ 香り

Contents• パチュリとは? ラグジュアリーなオリエンタルノート インド原産の多年草の植物です。 採油の際は刈り取った葉を納屋でしばらく乾燥、発酵させることにより、 独特な香りが生まれます。 エキゾチックで個性的な香りは好き嫌いが分かれますが、 長く熟成させることで香りが深まる性質があり、やがてはローズにも似た芳醇な香りをかもしだします。 この香りには 防虫作用があり、原産国のインドでは虫よけとして広く用いられています。 かつてシルクロード交易の際には、この香りがインド産の高級な絹織物の証とされました。 また、ビクトリア朝時代のカシミア交易の際にも使われ、当時のヨーロッパではこの香りが 高級なイメージと結びついていました。 また60年代のヒッピー文化では、この香りがインドの宗教哲学的なイメージと結びついており、若者に大変人気があったそうです。 肌をいきいきと若返らせる インドでは絹織物の防虫として用いられたエピソードが有名ですが、マレーシア、中国などでは虫刺されや蛇にかまれたときの 解毒剤としても使用されました。 その他、香料産業や虫よけ、墨の香付け、お香などに使用されます。 催淫作用もよく知られています。 スキンケアにも大変有効で、 保湿作用、収斂作用、瘢痕形成作用、抗シワ作用などがあり、サンダルウッド、フランキンセンス、レモンバーム、ローズなどとブレンドするとより効果的です。 鎮静作用と刺激作用という相反する性質をもち、使用量や個人差によって反応に大きく差がでることがあります。 [スポンサーリンク] パチュリの効果・効能は? パチュリの効果・効能 *心への働き ・気持ちをおだやかにし 情緒を安定させる。 ・ 意識をクリアにし、判断力を高める。 *体への働き ・ 筋肉痛、腰痛を改善する。 ・ 催淫作用を促す。 *皮膚への働き ・ 皮膚炎、あかぎれ、シワを改善する。 注意点 特にありません。 ブレンドの際は香りが強いため少量ずつ加えてください、 原液使用について 希釈して使用するのをおすすめします。 パチュリの学名・成分・主な作用は? 学名・産地・採油方法 学名 Pogostemon cablin 科名 シソ科 おもな産地 インド、マレーシア、インドネシア 採油方法 葉の水蒸気蒸留法 主な作用• 鬱血除去作用• 強壮作用• 健胃作用• 抗炎症作用• 抗真菌作用• 抗菌作用• 刺激作用• 収斂作用• 静脈強壮作用• 鎮静作用• 瘢痕形成作用• パチュリもサンダルウッドも 皮膚を再生させる作用があります。 このふたつは非常にオリエンタルな香りになりますが、サンダルウッドの代わりに ローズやネロリなどでも大変よい香りになります。 緊張をほぐすアロマバス *パチュリ 1滴 *スイート・オレンジ 2滴 *はちみつ 15ml(大さじ1) はちみつにパチュリとスイート・オレンジを加え、入浴剤としてお湯に溶かします。 パチュリの個性的な香りはシトラス系の オレンジやレモンを加えることでやわらかくなります。 スキンケア効果の高いパチュリははちみつとともに肌の保湿力も高めます。 おすすめのメーカー 手に入りやすいもの 百貨店やネットで手に入りやすく、少量ずつ売られているため、初心者にもおすすめです。 以下のメーカーではオーガニックではないものを取り扱っているところもありますが、当サイトでは 体への作用、影響をふまえて、値段はやや上がりますがなるべく オーガニックのものをおすすめします。 人気の記事• 脳を活性化させ、集中力や記憶力を高めるとして知られるローズマリー。 やや強めの爽やかな香りには心身の疲労を和... 520件のビュー• ハーブティーでもおなじみの、りんごのような優しい香りが特徴のカモミール。 ローマン・カモミールとジャ... 236件のビュー• 多くの女性が好むローズの香りは、情緒を安定させ、傷ついた気持ちを癒やします。 またスキンケアにもすばらし... 177件のビュー• バラに似たフローラルな香りをもつゼラニウムは、女性にうれしいホルモンバランス調整作用や、スキンケア作用... 136件のビュー• 食欲をそそる香りで、イタリア料理にかかせないバジル。 香りが好きな方も多いのではないでしょうか。 イタリ... 125件のビュー• 甘酸っぱい爽やかな香りのグレープフルーツ。 ハッピーな気分になれるフレッシュな香りには、デトックス作用やダイエ... 108件のビュー• シダーウッドはマツやヒノキなどの針葉樹の一種で、深くて少しビターな香りをもつ精油です。 原料のシ... 107件のビュー• ガムや歯磨き粉にも使われる、スーッとする香りでおなじみのペパーミント。 強い清涼感はリフレッシュするだけでは... 94件のビュー• リツェアクベバは別名をメイチャンとも呼び、中国原産のコショウに良く似た木の実からとれます。 あまり聞き慣... 82件のビュー• オレンジの香りは、世界中で老若男女問わず愛されています。 アロマテラピーのスイートオレンジは誰にとっても馴染... 59件のビュー.

次の

パチュリの精油の効果効能 | アロマオイル効能ガイド

パチョリ 香り

産地はインド、マレーシア、ビルマ、パラグアイなどの東南アジアから亜熱帯地域にかけて。 オイルと葉の状態では少し香りが異なりますが、シソ科の中でも最も香りが強い植物です。 ローズやラベンダーなどはフローラルな香りですが、パチュリオイルを嗅いでみるとウッド系な香りがします。 花だけ見るとラベンダーのようですが、オイルは意外にも花の甘い香りはしないですね。 パチョリは葉と花から水蒸気蒸留という抽出方法で製造されます。 この方法は最もポピュラーな方法ですが、化合物が壊れやすいので低温低圧で行われます。 エッセンシャルオイルの選別方法についてはこちらも参考になさってください。 >> 藿香は生薬の一つ パチュリは和名が藿香(かっこう)と呼ばれ、生薬の一つになっています。 藿香は実は二種類あり、「広藿香」と「土藿香」があります。 原材料のパチュリの広藿香は熱帯地域でしか育たず、北方でも栽培できる類似のカワミドリで代用したと言われています。 こちらは土藿香と呼ばれ、主に日本や東アジアに分布するカワミドリというシソ科の多年草を乾燥させて使用します。 参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987. 引用元: 藿香は上記に書いてあるとおり、生薬としては解毒・解熱・鎮痛など消化器疾患の治療に用いられてきました。 シソ科で香りが強い植物ということは、スパイス同様、気の巡りを整えたり、体についた邪を発散させて体調を改善してくれるということです。 しかも日本のシソとはまた違い、どこかオリエンタルなエキゾチックな香りがするので最初は驚かれるかもしれません。 サンダルウッドというエッセンシャルオイルに香りが近いでしょうか。 墨汁の匂い、と表現する方もいます。 どこかスモーキーなのもパチョリの特徴です。 ベチバーというオイルにも香りが似ています。 濃厚で深みのある香りなので、好き嫌いが分かれるかもしれませんね。 ですが、香水としてはパチョリは年月が経つと香り高く深みが出るということで多くのパヒューマーたちに愛される香りでもあるのです。 日本は多湿、四季の温度変化が激しく、梅雨は湿邪、夏は暑邪など邪気が入りやすくなります。 そんな時の対策として、ネギやミョウガなどの香りが強く、五味では「辛」にあたるような薬味が重宝されてきました。 刺し身など生もののときは必ずシソや生姜が添えられていますよね。 香りの刺激は脳と直結しているので、それにより胃腸の働きを活発にしたり食中毒を予防したりと様々なメリットが有るのです。 藿香は臭い対策にもってこい パチョリの使い方としては、防虫効果、紫外線防止、ストレスや無気力、動物などの臭い対策としても有効です。 その高い防虫効果は、インドでは虫よけとして、防虫剤がわりに衣服や絨毯の香り付けとして利用されるほど重宝されています。 日本でも、藿香を袋に詰めて防虫香としてタンスにいれ着物の保存などに使われました。 特に今はペットの室内飼いが基本なので、どうしても部屋の中に臭いがこもりがち。 玄関を開けたとき、なんだかペット特有の匂いがする。 または、生ゴミなどキッチンからの匂いが気になる際には、パチョリをスプレーにして空間に一吹きするだけで解決してしまいます。 ただし、パチョリは香りが濃く持続性があるため使用量には注意が必要です。 また、猫や犬などがなめてしまうと命にかかわることもありますのでスプレーやオイルの置く場所に気をつけること、直接体に塗ったりはしないように気をつけてください。 生薬としてのパチョリ 先に上げた成分に書いてあるとおり、藿香は生薬の一つです。 主には暑邪を除去するものとして、五味では「辛」五性では「温」にあたります。 体の中にこもった熱や気を飛ばし発散させてくれるのですが、胃腸が弱い方でも体に負担がかかりにくいので生姜や胡椒などの香辛料よりも穏やかです。 また、シソ科ということで香りも高く、それにより胃腸を刺激して内蔵を活発にしてくれるので、ジメジメした梅雨の時期から夏にかけては藿香は大活躍することでしょう。 オイルのパチョリとしては、蕁麻疹や肌荒れなどの皮膚トラブル、肌ケアに非常に適しているのでお風呂に数滴垂らして沐浴などもおすすめです。 実は汗自体に匂いはなく、皮脂の汚れや汗腺の働きによりあの特有の匂いが生まれるのです。 最近では働く女性もストレスを受けたり外食による食事の変化により、汗が男性寄りになってきているというデータもあります。 藿香湯というものもあり、それはこのパチョリの特性を生かしたもので「悪気を去り心通を癒す」と重宝されてきました。 中国では熱中症の人にむけて 藿香正気散など、藿香をベースとしたものを服用するそうです。 パチョリと相性のいい精油 パチョリ単体だと少し癖がありますが、意外にもフェイシャルトリートメントに使われます。 ブレンドできるオイル一覧をあげると、ベルガモット、クラリセージ、フランキンセンス、ゼラニウム、ジンジャー、ラベンダー、レモングラス、ミルラ、パイン、ローズウッド、サンダルウッド。 また、アンバーと共に使われることも多いです。 中でもフェイシャルケアとしての組み合わせでおすすめなのはラベンダーやローズウッドです。 樹木の香りに花の香りが入ることによって、優しい印象に変わります。 パチョリを生活に取り入れる なかなか生薬としては手に入らない藿香。 ですが、アロマのパチョリはショップなどでも置いてあるので使いやすいのではないかなと思います。 パチョリの香りによる働き まずは、香りを楽しんでみてください。 パチョリは鎮静効果があり、気持ちを穏やかにしてくれます。 さらに、イライラや不安、緊張をゆるめてくれたりといった効果があるので、リラックスできるお風呂と一緒に組み合わせると効果的です。 また、イランイランと同様、催淫効果も期待されるので、寝室でアロマを焚くのもよいですね。 女性に嬉しいのは、パチョリは血液やリンパの詰まりを除去してくれることです。 女性特有の憂鬱なだるさ、月経不調などもボディートリートメントのオイルに入れて軽くお腹をなでてあげたり、股関節周りをマッサージすることで緩和してくれます。 ただし、パチョリの禁忌として 妊娠中・生理中・低血圧の人は使用を控えた方が良いとされています。 パチョリの独特な香りが、生活をリフレッシュさせてくれるでしょう。

次の