ブラスト トレーラー。 BLAST TRAIL ブラストトレイル|ボートトレーラー トレーラー専門メーカー

PWC Trailer|BLAST TRAIL(ブラストトレイル)|ボートトレーラー トレーラー専門メーカー

ブラスト トレーラー

BLAST TRAIL トレーラーブログ 2020. 23 New! ギャラリー 更新しました! 2020. 16 ギャラリー 更新しました! 2020. 4 ギャラリー 更新しました! 2020. 3 ギャラリー 更新しました! 2020. 21 ギャラリー 更新しました! 2020. 17 ギャラリー 更新しました! 2020. 11 ギャラリー 更新しました! 2020. 10 ギャラリー 更新しました! 2020. 9 アップしました! 2020. 2 ギャラリー 更新しました! 2020. 10 ギャラリー 更新しました! 2020. 25 ギャラリー 更新しました! 2020. 27 ギャラリー 更新しました! 2020. 16 ギャラリー 更新しました! 2019. 27 ギャラリー 更新しました! 2019. 16 ギャラリー 更新しました! 2019. 6 ギャラリー 更新しました! 2019. 28 中古トレーラー入荷しました! 2019. 7 ギャラリー 更新しました! 2019. 27 ギャラリー 更新しました! 2019. 24 ギャラリー 更新しました! 2019. 17 ギャラリー 更新しました! 2019. 26 アウトレットトボートを追加いたしました。 『BLAST-10 亜鉛メッキフレーム』 2019. 26 ギャラリー 更新しました! 2019. 22 アウトレットトレーラーがございます。 是非一度ご検討ください。 2019. 22 ギャラリー 更新しました! 2019. 19 ギャラリー 更新しました! 2019. 9 ギャラリー 更新しました! 2019. 8 ギャラリー 更新しました! 2019. 5 ギャラリー 更新しました! 2019. 3 ギャラリー 更新しました!.

次の

「軽カーゴトレーラー 【 ブラストトレイル T

ブラスト トレーラー

多くの人が年に数回程度経験している 「軽トラとか、荷物載せられる車を使いたいなぁ・・・」 「でも、借りるあてもないし」 そして、いざ借りるにしても 大人になると借りる前よりキレイにとか、 お礼とか色々ありますからね 基本的に貸す側だって本来貸したくない可能性だって多いので、 簡単&気軽というわけにもいきません。 ほんと、使いたい日など年に何回でもないんですよ だって回数の多い人は買いますから わが社にも軽トラはあるのですが、いかんせん畑で使っているので 僕のような潔癖な人が乗るのはムリ! そもそも、結構使用頻度も高いので借りれない だから最近はお友達から格安で借りていたんです。 快く貸してくれるのですが、もし自分が乗っている時に故障とかしたらってのもありまして、いずれはなんとかしないとなーっておもってました。 ちなみに皆さんが気になるトレーラーの値段と維持費ですがね このT33というトレーラーは 定価は228,000円(税別)ですが 乗り出しで40万弱くらいになります。 ショックアブソーバーとフルトンジャッキという大口径前輪でオプション26,000円くらい。 この時点で消費税もいれて283,000円。 (前輪は絶対大型タイヤが良いですよ。 砂利や土の場所で威力を発揮するし、転がりも軽いので押すときに楽です トレーラーの駐車スペースの微調整や連結作業は必ず手押しです) 送料ってのが今どきの運送代で、相当高いのですね あとは登録とかあって自賠責など経費色々で40近くになりそうです。 最初は228,000円(税別)だったから乗り出しで30マンかなぁ って思っていたんですが、 今の日本は新しいことをするときは大体予算の130%~150%、 その後軌道修正まで入れれば安定するまでに200%くらいかかるようになってます。 次に維持費ですが、 保険は当然単体でかけられますが、それだと高くなりますね。 3台以上同じ保険会社に任してあれば使う日だけかける方法もできます。 (借り物にも自分の名前でかけられます) ただ、この手のトレーラーには緩和措置がありまして トレーラーヘッドにつながっている時に限っては 対人と対物がヘッド側の保険 でカバーされます。 (車両保険は対象外) 連結を外すと無保険になるので、基本的にはつなげっぱなしが良いです。 車検 ・・・ エンジンがついていない、ブレーキもないブラストトレイルのようなリアカーみたいなトレーラーはほとんどの人がユーザー車検です。 灯火類だけなので 自賠責や税金を入れても2万以内ですみます 日常メンテ ・・・ 車輪に入れるグリスとあとは板バネやショックが壊れたら部品を買って交換する程度です。 電球切れや配線切れがたまにはあるかもしれません。 もろもろ入れても年間2万くらいの維持にでしょうか、 何もなければ1万ちょいですね 仕事でトレーラーを使っていて感じるデメリット トレーラーは駐車スペースや入れるお店の制限の他、 機動力がすごく下がるという点と 高速道路で一つ上の料金クラスになるので、割引が受けられなくなるという決定的なデメリットもあります。 また、積み荷が心配になるほど揺れがすごいとか、荷物を積む重量バランスもあるので万能ではありません。 高速道路でスピードを出しすぎれば危険です。 走行中のたわみ感や安定は タイヤを大口径にするとかなり改善されますので、これは納車されてからダメなら仕事で使っているタイヤとホイールに履き替えます。 本気で必要ならハイエースを買った方が良いです。 ただ、そこまでお金をかけたくない、 利用頻度が極端に少ないならその時だけしのぐには十分すぎるほど良いですよ プラスアルファの積載としてこの選択肢があるんだということです。 たとえるなら 仕事で正社員でなければいけない仕事内容なら ハイエースです 繁忙期の単発アルバイトでもOKな仕事なら 軽カーゴトレーラー それと同じです。 値段なりの仕事はこなします。

次の

「軽カーゴトレーラー 【 ブラストトレイル T

ブラスト トレーラー

多くの人が年に数回程度経験している 「軽トラとか、荷物載せられる車を使いたいなぁ・・・」 「でも、借りるあてもないし」 そして、いざ借りるにしても 大人になると借りる前よりキレイにとか、 お礼とか色々ありますからね 基本的に貸す側だって本来貸したくない可能性だって多いので、 簡単&気軽というわけにもいきません。 ほんと、使いたい日など年に何回でもないんですよ だって回数の多い人は買いますから わが社にも軽トラはあるのですが、いかんせん畑で使っているので 僕のような潔癖な人が乗るのはムリ! そもそも、結構使用頻度も高いので借りれない だから最近はお友達から格安で借りていたんです。 快く貸してくれるのですが、もし自分が乗っている時に故障とかしたらってのもありまして、いずれはなんとかしないとなーっておもってました。 ちなみに皆さんが気になるトレーラーの値段と維持費ですがね このT33というトレーラーは 定価は228,000円(税別)ですが 乗り出しで40万弱くらいになります。 ショックアブソーバーとフルトンジャッキという大口径前輪でオプション26,000円くらい。 この時点で消費税もいれて283,000円。 (前輪は絶対大型タイヤが良いですよ。 砂利や土の場所で威力を発揮するし、転がりも軽いので押すときに楽です トレーラーの駐車スペースの微調整や連結作業は必ず手押しです) 送料ってのが今どきの運送代で、相当高いのですね あとは登録とかあって自賠責など経費色々で40近くになりそうです。 最初は228,000円(税別)だったから乗り出しで30マンかなぁ って思っていたんですが、 今の日本は新しいことをするときは大体予算の130%~150%、 その後軌道修正まで入れれば安定するまでに200%くらいかかるようになってます。 次に維持費ですが、 保険は当然単体でかけられますが、それだと高くなりますね。 3台以上同じ保険会社に任してあれば使う日だけかける方法もできます。 (借り物にも自分の名前でかけられます) ただ、この手のトレーラーには緩和措置がありまして トレーラーヘッドにつながっている時に限っては 対人と対物がヘッド側の保険 でカバーされます。 (車両保険は対象外) 連結を外すと無保険になるので、基本的にはつなげっぱなしが良いです。 車検 ・・・ エンジンがついていない、ブレーキもないブラストトレイルのようなリアカーみたいなトレーラーはほとんどの人がユーザー車検です。 灯火類だけなので 自賠責や税金を入れても2万以内ですみます 日常メンテ ・・・ 車輪に入れるグリスとあとは板バネやショックが壊れたら部品を買って交換する程度です。 電球切れや配線切れがたまにはあるかもしれません。 もろもろ入れても年間2万くらいの維持にでしょうか、 何もなければ1万ちょいですね 仕事でトレーラーを使っていて感じるデメリット トレーラーは駐車スペースや入れるお店の制限の他、 機動力がすごく下がるという点と 高速道路で一つ上の料金クラスになるので、割引が受けられなくなるという決定的なデメリットもあります。 また、積み荷が心配になるほど揺れがすごいとか、荷物を積む重量バランスもあるので万能ではありません。 高速道路でスピードを出しすぎれば危険です。 走行中のたわみ感や安定は タイヤを大口径にするとかなり改善されますので、これは納車されてからダメなら仕事で使っているタイヤとホイールに履き替えます。 本気で必要ならハイエースを買った方が良いです。 ただ、そこまでお金をかけたくない、 利用頻度が極端に少ないならその時だけしのぐには十分すぎるほど良いですよ プラスアルファの積載としてこの選択肢があるんだということです。 たとえるなら 仕事で正社員でなければいけない仕事内容なら ハイエースです 繁忙期の単発アルバイトでもOKな仕事なら 軽カーゴトレーラー それと同じです。 値段なりの仕事はこなします。

次の