獺祭 種類。 【獺祭】純米大吟醸級が1,000円?買わなきゃ損!お買い得種類と値段 | 日本酒メディア

「獺祭」7種類を飲み比べ!精米歩合45%から23%まで日本酒メディア編集部がその違いを徹底テイスティング

獺祭 種類

獺祭とは 獺祭とは、山口県にある旭酒造が製造している日本酒のことです。 旭酒造では純米大吟醸しかありません。 日本酒の吟醸酒といえば「獺祭」というイメージが定着しているほど人気がある日本酒です。 獺祭を造っている旭日酒造の桜井会長は、日本酒造りにかける想いも非常に強く 「毎年獺祭は進化している」とイベントで語っていました。 獺祭を毎年飲んでいる人なら気づくと思いますが「少しずつ改良」されています。 獺祭の味は?本当のところ 獺祭は現在の「さっぱりとした柔らかで豊潤な口当たり」の日本酒の流行を作ったともいえます。 フルーティーで飲みやすくさっぱりとした喉越しで、女性や初心者の方でも楽しむことができる日本酒です。 また、一言でいうなら「飲みやすい」日本酒です。 合わせたい料理は、ずばり「高級で繊細な料理」。 高い料理(繊細)と獺祭は抜群の相性です。 高級な料理と獺祭が合う理由としては「雑味が少ない」ことが挙げられます。 また「すべて機械によって科学的に造られている」ため味が安定しています。 「味が安定」というと少し難しいですが、普通は「杜氏」と呼ばれる酒造りを統括する人が味をチェックして「これで行こう!」となります。 しかし獺祭は「特定の杜氏が造っていません」。 すべて「数字」によって管理されています。 そのため「味が安定」しています。 実はコレ、相当難しいのです。 獺祭の定価は?通販だと高いの? 獺祭の定価は磨き二割三分1. 8Lが10,584円(箱なし)、720mlが5,292円(箱なし)、三割九分では1. 8Lが4,989円、720mlが2,494円、純米大吟醸45では、1. 8Lが3,240円、720mlが1,620円となっています。 もし、プレゼント用に獺祭を購入を考えている人は、見栄えも良い木箱つきのものを選ぶようにしましょう。 通販で購入するときは、アマゾンや楽天で購入する人が多いと思いますが、以前、獺祭を製造している 旭酒造が広告で「高い獺祭を購入しないでください」というようなメッセージを出しました。 その甲斐あってか、 アマゾンや楽天などでも「ほとんど」定価のものが販売されています。 特にアマゾンは 「アマゾン本体が販売している」ことも多いです。 また、 正規の取引店もアマゾンなどで商品を出しているので、ぜひ、上記の定価と比較して購入してください。 「送料」にも注目して購入することをおすすめします。 獺祭のおすすめの種類はこれ! 獺祭 磨き三割九分 写真 名称 感想・口コミ 磨き三割九分 720ml 獺祭のなかでも「スタンダート」な商品をおすすめとしてピックアップしました。 理由としては、 磨き三割九分で「十分」だからです。 特に自分で飲む用として初めて購入する場合は、この三割九分をおすすめします。 磨き三割九分という意味は、「お米を39%まで磨いている」ということです。 クリアで豊潤な「獺祭の味わい」を存分に楽しむことが可能になっている商品です。 獺祭 磨き二割三分(木箱入り) 写真 名称 感想・口コミ 獺祭 磨き二割三分 木箱入り プレゼント用や飲み会などに持っていくときは上記の「磨き二割三分の木箱入り 720ml」をおすすめします。 三割九分のワンランク上の商品になっています。 また大人数の飲み会のときは木箱なしの1,8Lを持って行けば十分です。 【次の記事も読まれています】•

次の

『獺祭』の種類を徹底解説!獺祭通だけが知るレアな日本酒7選!

獺祭 種類

Contents• 獺祭 磨き三割九分 発泡にごり 獺祭は山口県岩国にある旭酒造が製造している日本酒です。 『 獺祭 発泡にごり』シリーズには50・三割九分・二割三分というものがありますが、これはそれぞれ精米して残った原料の割合のことです。 これはシャンパンと同じ製法となっていますが、獺祭のにごり酒はそれ以上の発泡性を感じることができます。 獺祭は米本来の甘みを忠実に日本酒へ移していて、もともと辛口のものであるにも関わらずにごり酒シリーズはスッキリとした甘さが特徴になっています。 また、甘いだけではなくスッと消えるような後口が人気で食前酒としての役割も果たします。 強い発泡性で女性の方にもアルコールを感じさせず、まろやかな飲み口のスパークリングタイプ。 飲む際にはフルートグラスに注いで、その気泡の流れも楽しんでみてください。 余分な雑味を削り落とした獺祭のほのかに香る吟醸香を、浮かび上がってくる気泡と共に体感できる商品となっています。 米本来の旨味や甘さを味わうことができます。 トロッとした口当たりが印象的で、あまりアルコールを感じさせません。 甘みは比較的抑えめですが、あとに残る獺祭特有の香りが非常にフルーティーで飲みやすさ抜群。 旨味が濃いので食事と合わせてもまったく負けないのが特徴的ではあります。 甘口である分、常温になると舌にその甘さが残りますのでなるべく冷えた状態で飲みきった方がいいでしょう。 ブルーチーズにはちみつをかけたものなどクセのある肴にも合いますので、ぜひ試してみてください。 『獺祭 等外』だからといって、けっしてその味わいが劣るということはなく、精米技術によってしっかりと山田錦の旨味を引き出しています。 『』などは生酒の一種になりますので、開栓後は早めに飲みきることが推奨されています。 もちろんそれが旨味として発揮されていますので、辛口でパンチのある日本酒を探している方にはおすすめの一本です。 通常の獺祭シリーズよりも後口が舌の上に残るのも特徴のひとつといえます。 基本的には開栓したらすぐに飲みきってしまうことをおすすめします。 冷蔵庫から出して、グラスに注いだらまずはそのまま飲んでください。 辛口フルーティーな日本酒の旨味が口の中で爆発するような感覚を味わえます。 その後、多少時間を置くとさらに酵母が活性化されて複雑な味わいをみせますので長い時間楽しむことができる商品といえるでしょう。 ほんのりと琥珀色に色づいた見た目が特徴的でシェリー酒のような甘みが口の中に広がります。 精米の歩合は50%で、ほどよく米の雑味を残した一本となっています。 限定商品となっていて手に入りにくいものですので、見かけたらぜひ一杯飲んでみてください。 辛口と甘口の中間といったところで、食前酒・食中酒どちらにも向いているタイプといえるでしょう。 非常に複雑な味ですが、奈良漬けやいぶりがっこといった匂いの強い食べ物に合わせやすい印象があります。 また、どちらかというと食事と合わせて飲んだ方が旨味を感じやすいかと思います。 『獺祭 古酒』は味わいが強いため、生魚よりかは西京焼きなど味にパンチ力のあるものをチョイスするとより風味が活きます。 しかし、過去に生産農家の手違いによってコシヒカリが納品されてそのまま日本酒を造ってしまったことがあるのです。 その際すでに出回っているものは回収できず、余ったお酒も膨大なものとなりました。 そこで旭酒造は酒造りにおける初心「明確な原料・品質の管理、安心安全なお酒造り」を忘れまいとして残りのブレンド日本酒 山田錦とコシヒカリ を「獺祭 初心」として販売をすることにしました。 失敗を教訓にして、その後の自社ブランディングを強化するきっかけとなったある意味貴重なお酒といえます。 ただし従来の獺祭とは異なり、立ち込める香りが少し弱いといった印象の「初心」 吟醸香自体は同じ酵母を使用しているため鼻に抜けますが、余韻は儚く消えていきます。 通常の獺祭とは違った原料が使われていますので、開栓後は風味が変わらないうちに飲みきることをおすすめします。 そのため、日本酒の新たな可能性のためにアメリカ産の米を使用したりもします。 その中で生まれたのがこちらの「試シリーズ」です。 獺祭を製造する際に小さくて使えなかった酒米・山田錦を活用したり、ほかの米とブレンドをして製造しているものが中心となっています。 限定販売で直営店でしか手に入らないので希少な獺祭シリーズといえるでしょう。 また、山田錦の削り残りを使ったものは甘みが少なくよりドライな日本酒といった印象です。 それぞれに特徴があるので飲み比べても面白いかもしれません。 味わいには少し獺祭の面影を残しています。 イタリアのグラッパと同じ要領といえるでしょう。 加水することで旨味を見つけることができますが、その味わいは非常に複雑で麦や芋といった焼酎とはまったくの別物。 しばらくするとインパクトのある酒粕の香りが鼻を抜けます。 もしくは氷を足して少しずつ溶けるのを待ちながら、味が変化していくのを楽しむのもいいかもしれません。 もしどこかで見つけたら迷わず買うことをオススメします。 獺祭通だけが知るレアな種類をぜひ堪能して見てくださいね! この記事を読んだ人に人気の記事! 『』 『』 『』 『』.

次の

普通の日本酒とは違う?プレミアム日本酒「獺祭」の魅力と人気の秘密を徹底解説

獺祭 種類

【精米歩合は発売当時日本最高の二割三分の純米大吟醸酒】 獺祭を造る旭酒造では、すべての銘柄が精米歩合50%以下の純米大吟醸酒です。 そして、獺祭は発売当時日本酒業界最高の磨きである「二割三分(23%)」のお米で造られた日本酒であり、純米大吟醸酒の中の純米大吟醸酒といえる日本最高峰の精米歩合を記録しています。 一般的な純米大吟醸酒が50%程であることから考えても、23%という数値がどれほど大きな挑戦であり果敢な挑戦であったかがお分かりいただけるはずです。 日本酒を造るために必要なお米の組織を壊すことなく二割三分まで精米するためには、熟練した蔵人さんたちの並々ならぬ高い技術が必要です。 実際に、米の磨きの日本最高峰に挑戦した当初、精米歩合23%のお米を造るために合計168時間をかけたそうです。 【業界初!獺祭の遠心分離システム】 二割三分の精米歩合に留まらず、獺祭では「遠心分離システム」を導入したことで業界の常識を覆したといわれています。 常、日本酒を造る過程では最後に圧力をかけて絞りだす方法が一般的ですが、獺祭の場合は日本初の遠心分離の技術を用いて一分間に約3千回の遠心力でもろみと生酒を分離させています。 この遠心分離システムの導入にはコストもかかりますし、一度に絞れるお酒も多くはありません。 しかし、遠心力を使うことで必要以上にお酒に負担をかけることなく、もろみ本来の甘みや香り、そしてふくらみといった純米大吟醸酒ならではの良さを残すことができるといった魅力があります。 このように、獺祭が国内に留まらず世界的にも認められる日本酒として成功を収めている秘訣、それは最高級のお酒を造ることを信念に誠実にお酒造りに取り組んできた「造り手の努力の賜物」が支えているといっても過言ではありません。 【日本酒造りのデータを活用した酒造り】 獺祭をこの世に送り出している旭酒造には、日本酒の醸造職人である「杜氏」がいません。 これは、旭酒造で働く社員全員が同じ志を持つ杜氏であるという考えがあるからです。 旭酒造の強みである一年を通して安定した日本酒造りを可能にしている背景には、「日本酒造りをデータ化」していることが挙げられます。 元々は、杜氏さんが辞めてしまったことがきっかけになり、杜氏さんの技術に頼らないお酒造りをするためにデータを活用するようになったそうです。 【洋食にも合うと欧米で高い評価を受ける大吟醸酒】 日本を代表する純米大吟醸酒「獺祭」は、欧米を中心に世界数十か国に輸出されています。 また、獺祭が度々話題に挙がるようになったのが、安倍総理が2013年にロシアのプーチン大統領に、2014年にはオバマ大統領に獺祭を贈ったことがきっかけでした。 他にも、世界的に有名なヱヴァンゲリヲン新劇場版を手掛けた同じく山口県出身の庵野秀明総監督が、登場人物が獺祭を愛飲している様子を描いていることでも話題になりました。 日本国内に限らず世界的にも認知度を上げた獺祭は、その後世界的に有名なフランス人シェフのジョエル・ロブション氏から「フレンチによく合う」と高い評価を受けています。 この評価を裏付けるためにも、日本を代表する純米大吟醸酒・獺祭は、日本酒や洋酒といった垣根を越えて、数あるお酒の中でも選ばれる最高級のお酒を造ることを目標に現在も精力的に世界への挑戦を続けています。 【今後もさらなる躍進が期待される日本酒「獺祭」】 日本市場に留まることなく、世界市場にも果敢に挑戦を続ける「獺祭」は、ミシュランの星がつくようなレストランを多く構える食文化の中心フランス・パリで浸透させたいと考えているようです。 海外では、日本酒といえば「DASSAI(獺祭)」と認識する方もいるほど、すでに世界の和食ブームに獺祭の存在は欠かせません。 海外用に味を改良することなく、獺祭ならではの味や香りをそのままに輸出しても受け入れてもらえるほど、本物のSAKE(酒)を飲みたいという日本通の方が世界中に増えていることも世界で獺祭が注目を集める理由なのではないでしょうか。 20年以上の正規取扱代理店としての強みをもとに、お客様に本当に喜んで頂けるような上質な商品や信頼いただける商品をお届けするよう心掛けております。 READ MORE もっと見る.

次の