川上 洋平 夢 小説。 川上未映子

[ALEXANDROS]川上洋平が語る。人間は死にゆく、だから今を踊る

川上 洋平 夢 小説

10月27日に全国ロードショーされる『ライ麦畑で出会ったら』に、上白石萌音や[ALEXANDROS]の川上洋平ら著名人が絶賛コメントを寄せた。 本作は、世代を超えて愛されているJ・D・サリンジャーの青春小説『ライ麦畑でつかまえて』に心をば割れた青年の成長を描いた青春映画。 1969年、アメリカ・ペンシルベニア州を舞台に、ある日『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受け、演劇として脚色することを思いついた、学校一冴えない高校生のジェイミーが、舞台化に必要な許可を取るため、作者であるサリンジャー探しの旅に出ることを決意する。 メガホンを取ったジェームズ・サドウィズ監督の実体験が基になっている本作。 主人公のジェイミーを『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 』のアレックス・ウルフが演じるほか、『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』のステファニア・オーウェン、『アダプテーション』のクリス・クーパーらが出演している。 今回、公開に先駆けた本作を鑑賞した著名人計12名からのコメントが到着。 上白石や川上らが作品に対する思いを綴っている。 著名人コメント一覧 上白石萌音(女優) 「好き」をピンポイントに刺激されて、終始くすぐったい気持ちでした。 優しく、美しく、心に訴えてきて、気づけば一緒に笑って泣いていました。 本と舞台と映画を愛する、全ての人に。 川上洋平([ALEXANDROS]) 学生時代に戻りたいと思った映画はたくさんあるけど、学生になりたいと思った映画はこれが初めてです。 彼ほど真っ直ぐになれる自信はないけれど。 何となく今の気分にぴったりの素敵な映画でした。 南沢奈央(女優) 失敗をして落ち込んで、また進んで、転んで、立ち上がって、……こうして大人になっていくんだよなぁ。 胸がチクチクしながら温かい気持ちになりました。 わたしもこんな瑞々しい冒険と逞しい旅をしてみたい…! 谷村志穂(作家) クランプトン校の生徒たちみんなが、サリンジャーの描いた子どもたちに見えた瞬間があった。 青山南(翻訳家) ホールデンはぼくだ、と共感する主人公の言動のひとつひとつがじつにホールデン的で、まるで『ライ麦畑』を観ているよう。 かの名作はこういうふうに映画にすることもできたのか、と感銘。 隠遁者サリンジャーの登場にもびっくりだ。 東紗友美(映画ソムリエ) ーライ麦畑の風が全身を吹き抜け、私を解放した。 人はいつの間にか大人になり、冒険心は氷が溶けたオレンジジュースのように薄まって、どんどん日常に埋没していくけれど。 この映画の力を借りれば、大胆な挑戦ができる気がする。 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト) 少年や少女が大人になるのは、性体験だけではないという、アメリカ映画の新機軸に心が浄化されました。 何かに夢中になっている男子からはフェロモンが出ています。 中江有里(女優 作家) 青春時代にきっと誰もが抱えた孤独、後悔、焦燥、そして夢……そんな感情をまざまざと思い起こした。 主人公ジェイミーがサリンジャーを探し求める旅にひたすら胸打たれる。 都甲幸治(翻訳家・早稲田大学教授) 誰も会えない作家、サリンジャーを探して高校生が見つけたのは、自分の心の真実だった。 夢のように美しい田園を車で旅しながら、彼は愛や死に向き合い、大人になる。 そのまっすぐな力に、僕は大きな勇気をもらった。 歌人・小説家 加藤千恵 どんな一冊も、一ページも、一行だって、青春や人生を変えるきっかけになる。 あるいは本じゃなくたって。 好きなものによって、もっと遠くまで行けるのだ。 それをジェイミーがわたしたちに教えてくれる。 加藤るみ(タレント) いつの時代も女の子は男の子よりちょっぴりオトナ。 ウブすぎる男の子にやきもきしちゃう。 無我夢中に憧れを追いかけたあの頃。 むず痒い青春の痛みを包み込んでくれる、優しい映画。 山崎まどか(エッセイスト) サリンジャーを探すティーンのロード・ムーヴィはもはや、アメリカ青春映画の一大ジャンル。 中でもこの映画はハートウォーミングな一本。 1カラー/PG12/原題:Coming Through The Rye 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES c 2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED 公式サイト:.

次の

あの川上洋平の……!?

川上 洋平 夢 小説

10月27日に全国ロードショーされる『ライ麦畑で出会ったら』に、上白石萌音や[ALEXANDROS]の川上洋平ら著名人が絶賛コメントを寄せた。 本作は、世代を超えて愛されているJ・D・サリンジャーの青春小説『ライ麦畑でつかまえて』に心をば割れた青年の成長を描いた青春映画。 1969年、アメリカ・ペンシルベニア州を舞台に、ある日『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受け、演劇として脚色することを思いついた、学校一冴えない高校生のジェイミーが、舞台化に必要な許可を取るため、作者であるサリンジャー探しの旅に出ることを決意する。 メガホンを取ったジェームズ・サドウィズ監督の実体験が基になっている本作。 主人公のジェイミーを『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 』のアレックス・ウルフが演じるほか、『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』のステファニア・オーウェン、『アダプテーション』のクリス・クーパーらが出演している。 今回、公開に先駆けた本作を鑑賞した著名人計12名からのコメントが到着。 上白石や川上らが作品に対する思いを綴っている。 著名人コメント一覧 上白石萌音(女優) 「好き」をピンポイントに刺激されて、終始くすぐったい気持ちでした。 優しく、美しく、心に訴えてきて、気づけば一緒に笑って泣いていました。 本と舞台と映画を愛する、全ての人に。 川上洋平([ALEXANDROS]) 学生時代に戻りたいと思った映画はたくさんあるけど、学生になりたいと思った映画はこれが初めてです。 彼ほど真っ直ぐになれる自信はないけれど。 何となく今の気分にぴったりの素敵な映画でした。 南沢奈央(女優) 失敗をして落ち込んで、また進んで、転んで、立ち上がって、……こうして大人になっていくんだよなぁ。 胸がチクチクしながら温かい気持ちになりました。 わたしもこんな瑞々しい冒険と逞しい旅をしてみたい…! 谷村志穂(作家) クランプトン校の生徒たちみんなが、サリンジャーの描いた子どもたちに見えた瞬間があった。 青山南(翻訳家) ホールデンはぼくだ、と共感する主人公の言動のひとつひとつがじつにホールデン的で、まるで『ライ麦畑』を観ているよう。 かの名作はこういうふうに映画にすることもできたのか、と感銘。 隠遁者サリンジャーの登場にもびっくりだ。 東紗友美(映画ソムリエ) ーライ麦畑の風が全身を吹き抜け、私を解放した。 人はいつの間にか大人になり、冒険心は氷が溶けたオレンジジュースのように薄まって、どんどん日常に埋没していくけれど。 この映画の力を借りれば、大胆な挑戦ができる気がする。 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト) 少年や少女が大人になるのは、性体験だけではないという、アメリカ映画の新機軸に心が浄化されました。 何かに夢中になっている男子からはフェロモンが出ています。 中江有里(女優 作家) 青春時代にきっと誰もが抱えた孤独、後悔、焦燥、そして夢……そんな感情をまざまざと思い起こした。 主人公ジェイミーがサリンジャーを探し求める旅にひたすら胸打たれる。 都甲幸治(翻訳家・早稲田大学教授) 誰も会えない作家、サリンジャーを探して高校生が見つけたのは、自分の心の真実だった。 夢のように美しい田園を車で旅しながら、彼は愛や死に向き合い、大人になる。 そのまっすぐな力に、僕は大きな勇気をもらった。 歌人・小説家 加藤千恵 どんな一冊も、一ページも、一行だって、青春や人生を変えるきっかけになる。 あるいは本じゃなくたって。 好きなものによって、もっと遠くまで行けるのだ。 それをジェイミーがわたしたちに教えてくれる。 加藤るみ(タレント) いつの時代も女の子は男の子よりちょっぴりオトナ。 ウブすぎる男の子にやきもきしちゃう。 無我夢中に憧れを追いかけたあの頃。 むず痒い青春の痛みを包み込んでくれる、優しい映画。 山崎まどか(エッセイスト) サリンジャーを探すティーンのロード・ムーヴィはもはや、アメリカ青春映画の一大ジャンル。 中でもこの映画はハートウォーミングな一本。 1カラー/PG12/原題:Coming Through The Rye 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES c 2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED 公式サイト:.

次の

[ALEXANDROS]川上洋平の信念 「世界一のロックスターになる」という途方もない夢

川上 洋平 夢 小説

水戸洋平の静かなる陰謀。 その頃、桜木花道は考えていた。 台所に立ち、卵を割りながら考えていた。 昨晩のことだ。 よくよく考えてみりゃ 俺に素面でキスしやがったのは洋平を除いて四人だな…と、今更ながら気づいたのであった。 そう、洋平は悪酔いしていたのだ。 …ということは、やっぱり洋平は洋平だ、と。 だが、それでもやっぱりキスしたことは変わりなく、思い出すだけで身震いするくらいドキドキしてしまうけれど。 でも、洋平は親友なんだ。 そうだ、洋平は家族みてえなもんだ。 それに…流川や、ミッチーや、リョーちん…それにセンドーだって! …ライバルだし、仲間だ。 センドーは敵チームだけど! 変な意識したらなんかオレサマがへんなやつみてえだぜ。 と桜木はブンブンと首を横に振った。 まるでやましいことを脳内から消し去るようにして。 「ふんふふーん。 」 桜木は鼻歌を歌いながら 炒飯 を作っていた。 水戸も笑っていたが、三井とは対象が違っていた。 水戸が笑っていたのは 流川だった。 三井が騒がしいのを我慢出来ないといった様子で気づかない三井を睨んでいる。 それもう思い切り。 なのに三井はTVに夢中だ。 この不毛な戦争 ? に、水戸はケラケラと笑っていたのであった。 数分後、桜木がリビングにやってきた。 「オイ、おめーら!できたぞ! 天才手作り、スペシャル炒飯デラックスが!!!」 得意げにおぼんに皿を4つ乗せ 持ってきた桜木花道。 3人は腹を鳴らし、涎を垂らしそうになった。 …すごーくいい匂いだったからだ。 三井に至ってはTVを消してしまうほどだった。 それくらいこの炒飯に集中したいのだろう。 周りから見るとこの豹変ぶりは少し可笑しいものだ。 「イタダキマス」 四人はご丁寧に手を合わせ、合掌した。 そしてガツガツと桜木の手料理を我先にと食い始める三井と流川。 それを見ていた水戸は 必死だなあ とクスクス笑いながら手を進めていた。 「うまいかね、キミタチ!はっはっは!」 その3人の様子を見るなり ご機嫌の桜木は高笑いをしながら自信満々に胸を張っている。 「うまいよ、花道。 」 ガツガツと炒飯に夢中のふたりを置いて 水戸がニコリと桜木に優しく微笑んだ。 「花道が作った料理が一番好きだぜ。 」 「…そ、そうかね、はっはっは!」 少しばかり耳の赤い桜木。 …それを見逃す水戸ではなかった。 水戸は、いい男だ。 優しくて頼りがいがあって、何より大人っぽくて…かっこいい。 整髪料とタバコの匂いが交じるチョイワルイケメンだ。 身長は桜木より少し低いが、それでも一般的に言わせれば高い方だ。 桜木が高すぎるのだ。 190近くある。 そんな男、水戸洋平は ひとつ…作戦を進行していた。 それは桜木花道を落とすこと。 桜木花道をラブの意味で手中に収めることだった。 その計画は既に半分を終えていた…それを知る者は本人、つまり水戸しかいなかった。 残り半分…終幕を迎える頃、 彼の描くゴールは、甘い甘い花道とのあまーい夜。 はな…もう親友だとか友達だとか 言わせねーからな。 彼はひとり、不敵に微笑むのであった。

次の