未来 の アグリ。 未来アグリデザイン株式会社

農業生産法人 株式会社アグリファーム未来

未来 の アグリ

【市場拡大】スマート農業(アグリテック)の未来【投資で貢献】 今後伸びていくと考えられるスマート農業(アグリテック)へ関わっていくためには、いくつか考えられるかと思います。 まずはスマート農業に力を入れている企業への投資 特に元々農業をしていない方には、急 に作物を育てる等はハードルが高いですし、でも伸びていく市場なのであれば関わっていきたい、と思う方も多いのではないでしょうか。 そういった場合は市場拡大に寄与するためにも、企業に投資することで関わっていく事ができるのではないかと思います。 いくつか投資可能な上場企業を調べてみました。 簡単に投資「LINEスマート投資」 LINEのスマート投資に「アグリテック」のカテゴリがあります。 一番簡単に関わりを持てる手段なのではないでしょうか。 少額からの投資が可能なので手軽なのではないでしょうか。 ドローンを利用した農薬散布等、どちらかというと 人の作業を機械で肩代わりしていく等のロボティクス技術が優れているように思います。 また、青森を中心として オプティムアグリ・みちのくの動向に注目で す。 国の動向把握 農林水産省のページを確認しておくことは必須だと思います。 国の動向(補助金等)により大きく市場が拡大するので、情報をいち早くキャッチする事が大事かと思います。 国だけでなく地方公共団体でも活動が活発になってきているようです。 参考サイト データテクノロジー株式会社 : 事業者名次世代型統合環境制御機を活用したスマート農業と国土強靭化の融合 株式会社HACCPジャパン : 細菌数の迅速検査によるブランド向上プロジェクト 株式会社ルートレック・ネットワークス: 土壌環境の見える化とAI制御による土耕イチゴのかん水施肥技術の確立 ディーピーティー株式会社 : ハウス内環境測定制御装置導入による生産性向上 株式会社シェアグリ : シェアグリ(農家さんの人手不足解消と関係人口創出プロジェクト) 技術動向把握 大体 海外の技術が国内に導入されるので、海外の動向に注目をしておくのが良いと思います。 個人的におもしろいと思った内容を記載します。 Vegebot :イギリスケンブリッジ大学で研究されているAIによる作物(レタス)収穫ロボ World Food Building : スウェーデンの企業Plantagon社が手掛けている農業と高層ビルの共存 その他、スマート農業に欠かせない沢山の最新技術が必要となりますので、本サイトでも最新技術を紹介していくつもりです。 宣伝みたいですが、とりあえず以下に張っておきます。

次の

今話題の「アグリテック」って何?事例を一挙紹介|自然×地域社会×人に優しい農業の新しいカタチを生みだすスタートアップベンチャーに世界中が注目している!

未来 の アグリ

2019年5月に株式会社のエグゼクティブアドバイザーに就任した奥原正明氏と、株式会社オプティムの菅谷俊二社長との対談企画。 最終回となる第5回は、生産者と消費者にとっての「農薬」への意識とその違いについて、そしてこれから日本の農業が向かう道についてうかがった。 「農薬」をどう考えるか 編集部:私どもが「SMART AGRI」を運営していく中で、大きな反響を感じているのが、農薬に関する話題です。 いまの取り組みや、環境や人体に対する影響、農薬の使用に関する不安が、生産者さんに対して強い声で示されるようになってきています。 農薬散布のの画像を見て「農薬を撒くなんてナンセンス」という書き込みをする方がいることで、本来減農薬に役立てているはずの農業用ドローンの存在が、逆に「農薬が当たり前に使われているという事実」を表面化させてしまったように思います。 奥原:ドローンとによる画像解析を使っているからこそ、害虫が発生している場所にだけ少量を撒くことができているんですけどね……。 菅谷:消費者が農薬利用の実態について正しく理解することも重要なことだと思います。 食べ物は、普段口にするものですので、理解した上で口にすべきです。 また、正しく理解することで、生産者が丹精込めて、手間暇をかけて、減農薬や無農薬の農作物を作ることの価値を感じることもできます。 オプティムでは、の力を活用して、消費者に安心・安全な農作物を届けるにはどうすればよいか、また、生産者の手間を省けないか、と考え続けてきました。 そこから生まれたのが、です。 これは、AIが画像から病害虫の箇所を検知し、ドローンで検知箇所にだけ少量の農薬をピンポイントで散布することにより、全面散布に比べて、最大で99. 編集部:テクノロジーにより農薬の使用量を大幅に抑えることができるのは素晴らしいですね。 一方で、農薬に関する反響があるということは、農薬利用の実態を生産者や農業関係者は理解しているが、消費者は正確には知らなかったということなのかなと……。 実際、奥原さんが事務次官をやられていた時に、そういった意見をもらったことはありましたか? 奥原:ありました。 私自身もできるだけ農薬は使わない方がいいと思っていますが、農薬なしで必要量の農産物を安定供給できるかというと、それは簡単ではありません。 食品は、量の安定供給と安全性という二つの面で消費者のニーズに応えなければなりません。 だからこそ、私は、安定供給を確保しながら農薬の使用量を最小限にしようというオプティムの取り組みに賛同しているわけです。 ここはもっともっと丁寧な説明が必要ですね。 実際問題として、農産物の数量もある程度作らなければ、消費者への安定供給ができません。 一方で、できるだけ安全な農産物を供給してほしいというのも、消費者の求めることです。 そのために、生産者がなどを活用して農薬の使用量の削減に努力しているということを、消費者にもっとわかってもらいたいですね。 編集部:消費者というのは基本的にはワガママですからね。 農薬をゼロにして、おいしい農産物を、大量に作ってもらって、季節を問わずにいつでも安く購入したい、というふうに考えてしまうんでしょうね。 奥原:例えば、天候不順が長く続いてこの野菜が供給されないとか、よくテレビでも放送されるじゃないですか。 いろいろな工夫をしても、農業が自然環境に左右されるのは仕方ないことです。 むしろ、そういうものが農産物なんだと思ってもらわないといけない。 この野菜が取れなければ別の野菜パンを食べればいいと柔軟に考えてもらって、農業はこういうときは仕方ないと理解することも大事なことですね。 消費者がこの点を理解していないと、販売業者側は足りなくなったら困るから輸入する、輸入するからもう国内の生産者からは購入しなくていい、という話になってしまう。 これが一番よくないですよね。 農産物というものが環境に左右されるものだと理解していただいて。 そのような世界に消費者も協力することが、本来のSDGsの世界ですから。 編集部:SDGsが広まることで、だんだんと理解も進んでいきそうですね。 輸出を念頭に置くなら、より安全性の高い農作物が前提となる 編集部:その話の延長線上にあるのが、や農薬不使用の農産物というマーケットです。 オプティムとしても不検出の「」を販売しており、年々販売数もアップしていますが、そういった有機農産物の価値も高まり、ニーズも増えているということも実感しています。 奥原:その話の延長線上にあるのが、有機野菜や減農薬の農産物というマーケットです。 オプティムとしても残留農薬不検出の「スマート米」を販売しており、年々販売数もアップしていますが、そういった、より安全性の高い農作物の価値も高まり、ニーズも増えているということも実感しています。 特に、有機栽培・減農薬栽培にしないと欧米の国にはなかなか輸出できない状況になってきています。 ヨーロッパはSDGsの発想が日本よりはるかに強いですから、日本も野菜の普及・拡大についてもっと真面目に考えないといけません。 菅谷:彼らが求めていることはまったく間違ってはいないんです。 奥原:危険かどうかで言えば、例えば水だって危険ですよね。 大量に飲んだら死んでしまうわけですから。 あらゆる食べられるものに量の限界があって、そこをちゃんと科学的に判断してやっていく。 自然由来だったら安全ということでもないですから。 農薬の使用量の話や残留農薬の話も含めて、データを前提に科学的にきちんと検証していくということをもっと定着させなければいけません。 原発事故のあとも、放射線物質の基準値を決めて、分析値がそれ以下であれば流通させるという判断をしました。 それは欧米もチェルノブイリの後、みんなそうやってきているわけです。 この数字なら大丈夫ですよ、という指標を過去のデータなどから科学的に決めて、その数次以下のものは流通させないと、食べるものがなくなってしまいます。 「全部安全」もおかしいし、「全部危険」もおかしい。 これは科学的に分析するしかない世界です。 編集部:そういう意味で、農水省が許可を出している農薬というのは、定められた使用量を守っていれば人体にリスクはないと考えていいのでしょうか? 奥原:そうなんですが、農薬の取り締まりの法律制度そのものが、欧米と違っている点もあったので、2018年の法律改正ではそこを修正しました。 科学的な知見というのは何年か経てば当然進みます。 その時に、新しい考え方でもう一回点検しないといけないんです。 以前は「この農薬は使用可能」と言っていたものが、現在の知見から言うと「これは危険だからやめさせる、あるいは使用量を減らさせる」ということが必要になることがあります。 これまでは一度許可されたものを期限が来たら自動的に更新していて、何年も使えるようになっていたんです。 これを、一定の登録期限が切れたらもう一度判断し直すという欧米型に変えました。 編集部:日本も少しずつ、環境や人体への影響に関して配慮が進んできているんですね。 日本の農業の未来 編集部:そろそろまとめていきたいと思います。 「未来のスマート農業」について、今後スマート農業がさらに普及していくと、日本の農業はどうなっていくでしょうか? 奥原:スマート農業の完成までには、まだやるべきことはいっぱいあるような気がします。 農業機械、あるいは肥料・農薬といったすべての要素を、を活用して最大限効率的に活用する。 そのための方法、実践できる体系をきちんと作ってやっていく。 そこまでいかないと、スマート農業は終わりません。 コスト面でいっても、生産者から見て、これなら十分ペイするという値段で供給してもらわないと、生産者はついてこない。 先ほどもあったように、規格が統一されていないからハードウェアのメーカーが異なるとどうしようもない、というのでは困ります。 生産者から見て一番使いやすくて最大限効率化された仕組みになるまで追求していくということですね。 先日の「OPTiM INNOVATION」で、「スマート農業プロフェッショナルサービス」というものを発表させていただきました。 生産者個々が今から機械を買って試して、どの機械がいい、どのセンサーがいい、どのドローンがどれだけ効果があるからここのメーカーにしよう、と選ぶのは大変です。 オプティムが、そうしたスマート農業に関わる、あらゆるハードウェア、ソフトウェア、RTK-GPSといったセンサー、環境構築も含めて、ワンストップでお受けできるサービスが「スマート農業プロフェッショナルサービス」のイメージです。 我々がこれまで「」で扱ってきた作物に関しては、どういう組み合わせがオススメできるかもご提案できます。 その生産者が望むのならば、全てのメーカーのものをお取り寄せして提供できるものを始めていきます。 そういったところから、生産者の方があまりわずらわしいことを考えずに、適正な価格でスマート農業に関する機器が手に入るようにすることを、まず会社として始めていきます。 その中で、先ほど奥原さんにご指導いただいたようなシェアリングサービスというものも強化して参ります。 編集部:最後に、この先10年くらいの未来の日本の農業はどうなっているか、予想をお聞かせください。 奥原:能力のある経営者が思う存分経営して、農業がどんどん成長して輸出産業になり、地域産業も引っ張っていく。 そういう存在になっているといいですね。 菅谷:で働く従業員の方々には季節に応じた大型の休暇があり、台風リスクとかも考えず、育てている作物によってはロングバケーションも取れてハワイにもヨーロッパにも行ける……本当にそういう世界なんじゃないですかね。 そうなればみんな働きたくなるでしょう。 従業員を惹き付けるため、魅力ある職場環境をつくるために、経営者はITの技術も活用する。 そのために合理化を進める。 それは巡り巡って生産者にも届きます。 先ほどもお話ししながら思ったのですが、現在は町医者が町の小さなクリニックで手術をしているようなものなんですよね。 監査も入ってもきちんとしている大病院、つまり農業生産法人が大きくなってくれた方が、多分消費者も安心できると思います。 農薬も使わず、生産者間も統率が取れてくれば、やっぱり安心じゃないですか。 そういう世界になっていくんじゃないかと思います。 編集部:長時間ありがとうございました。 また10年後にぜひ、本日の予想の答え合わせをさせていただければと思います。 (終).

次の

総合カタログ『TOOL CATALOGUE VOL.37』 未来のアグリ

未来 の アグリ

「アグリテック(以下、スマート農業)」という言葉が聞かれて久しいが、その理想型に今の社会はどれほど近づいたのだろう。 年表でこれまでの歩みを振り返るとともに、「スマート農業」に関して深い知見をもつ渡邊智之さんに見解をうかがった。 農業者の意識変化で 「スマート農業」は完成する 2009年、農林水産省主催で「農業分野における情報科学の活用に係る研究会」が開催された。 この研究会は、高度な農業技術のスムーズな伝承などを目的としたもので、計4回にわたる議論の末、「農業者をサポートするAIシステムの構築」「農業生産技術体系の確立」がおもな目標に据えられた。 これらを起点に、国内の農業をスマート化する流れが加速している。 以降、各メーカーより圃場センシング技術や農業用ドローン、農業データの蓄積サービスといった先進的なツールが次々とリリース。 これにより、農作業や事務作業の一部が効率化されたのは確かだ。 しかし、ツールを導入した時点で「スマート農業」が達成されたわけではない。 例えば、ただ農作業や圃場に関するデータを蓄積したところで、それがすぐに役立つわけではない。 農業者が蓄積されたデータを読み解き、新たな栽培計画や経営戦略を立てることで、初めてデータが活きたといえるのだ。 ロボットをはじめとするIoTも、使いこなすためには相応のスキルと知識が必要となる。 つまり、農業者が膨大なデータを扱う能力やITスキルを身につけることが、「スマート農業」を実現するうえでの最重要課題なのだ。 反対に、これらの課題が解消されれば、農業は高度なテクノロジー産業へと生まれ変わるだろう。 これに伴い、農業者はあらゆる重労働から解放される。 同時に、精緻な栽培管理によって生産物の品質が向上するため、農家はより多くの年商を得られるようになるだろう。 農業におけるテクノロジーは、すでに十分進化している。 今後、農業者の意識が、農業の未来を左右するはずだ。 スマート農業と 今後の予想 <2009年> <先進機器・サービスのリリース> ・リモコン式自走草刈り機が市販化 ・農業用アシストスーツ発売 ・小型エンジンを搭載したリモコン操作式除草ロボットを製品化 ・水田の水管理自動制御システム発売 ・圃場の低層リモートセンシングに基づく可変施肥技術の開発 ・自動運転アシスト機能付コンバイン発売 ・作物の生長に合わせ潅水施肥を自動実行する養液土耕システム発売 <内閣府などによる方針・法案> ・日本型の超省力・高生産なスマート農業モデルの実現を目標とした「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)・ 次世代農林水産業創造技術(アグリイノベーション創出)」 研究開発計画が発表 ・「未来投資戦略2018」が閣議決定され、スマート農業実現への取組が推進される ・農林水産省が「スマート農業技術カタログ」を公開 ・「農業分野におけるデータ契約ガイドライン」を策定.

次の