クリスタ トーン。 クリスタ パターントーンの基本的な使い方

【クリスタ】デジ絵トーンの貼り方

クリスタ トーン

トーンレイヤーの準備 商業誌に限らず同人誌でも 60線数の10番のスクリーントーンがオーソドックスなトーンとされ、俗に言う「影トーン」などもこれに当てはまります。 それでは早速設定してみましょう。 まず、「影トーン」から準備していきましょう。 「レイヤー」から「新規レイヤー」の「トーン」を選択します。 「簡易トーン設定」のダイアログが出ます。 影トーン用に、 線数:60. 0 濃度:10% 種類:円 角度:45度 に設定します。 【線数】 60(オーソドックスな線数)、50、30、10線数が良く使われる線数です。 線数の数値が少ないほどドットが大きくなります。 10刻みずつ設定するのが一般的です。 【濃度】 10%、20%、30%と、こちらも10ずつ上げるのが一般的。 影濃度は10%がオススメです。 20%以上の濃度のトーンはとても濃いので、髪の毛や服に使いましょう。 【種類】 円は丸ドット、ノイズは砂目柄、他にも色々な形があります。 ノイズを使う場合モニター上では見えていても、印刷してみると薄すぎる傾向にあるので必ずテスト印刷を忘れずに! 【角度】 45度が一般的です。 45度のトーンに違う角度のトーンを重ねると、 モアレが出やすいので45度のままが無難です。 OKを押すと、トーンレイヤーが生成され、先ほど設定した線数、濃度のトーンが全面に張り付けられた状態で表示されます。 全面にトーンが貼られた状態では作業がしにくいので、一度トーンを消去しましょう。 「編集」から「消去」を選び、トーンを消去します。 影トーンの「網の位置」の設定を変更します。 影トーンの「レイヤープロパティ」をご覧ください。 上の画像で赤丸でくくった、「網の位置」のXとYの数値を「2,2」と数字を変更しましょう。 もう一枚髪の毛用のトーンを作ります。 「60線数、濃度20%」で作ったら、「網の位置」を「4,4」に設定します。 今回は、影トーンの網の位置を「2,2」、髪の毛トーンの網の位置を「4,4」にしたので、この 二枚を重ねてもドットがずれ、影として見えるようになります。 これは髪と服のトーンが重なることがない為、同じ網の位置で問題ない、ということになります。 網の位置はお好みの数字を試してみて下さい。 トーンの貼り方 トーンの準備が出来たので、髪の毛のトーン(濃度20%)から貼ってみましょう。 「髪の毛」トーンレイヤーを選択し、「塗りつぶし」ツールで髪の毛の部分をクリックし塗りつぶしていきます。 トーンの塗り残しはレイヤープロパティの「トーンアイコン」をクリックすると確認しやすいです。 必ずオン・オフして塗り残しがないように確認しましょう。 塗り残しがあった場合、ペンツールで塗り、はみ出したら消しゴムで消していきます。 作業が終わったらトーンアイコンを「オン」に戻します。 髪の毛、服トーンなど必ず貼る必要のあるトーンから作業しておくと効率的です。 影トーンの貼り方 作業はベタと同じで囲ってトーンを塗りつぶしていきます。 先に貼っておいたトーン、顔の中を描いた線画レイヤーを非表示にします。 「影トーンレイヤー」を選択し、Gペン(黒選択)で影トーンを入れたい箇所を囲います。 そして、「塗りつぶし」ツールの「ほかのレイヤーを参照」を選択し、塗りつぶします。 塗り残し確認はツールプロパティの「トーンアイコン」のオンオフで確認します。 描き足しはGペン(黒選択)、はみ出した個所は消しゴムで消しましょう。 グラデーショントーンの使い方 グラデーショントーンは60線数で網の位置は「0,0」なので、影、髪、服トーンと重ねても全てのドットがずれているのでどこに重ね貼りしても問題ありません。 グラデーショントーンを貼りたい箇所を選択範囲指定します。 「選択範囲」から「クイックマスク」を選択しましょう。 「塗りつぶし」ツール貼りたい箇所を塗りつぶします。 赤い色がついている個所が選択個所になるので、塗りつぶしきらなかった箇所はGペンで塗り足しましょう。 はみ出した個所は消しゴムで消します。 クイックマスクレイヤーの左側にあるアイコンを「CTRLを押しながらクリック」します。 赤い部分が選択状態になりました。 赤い色が邪魔な場合、クイックレイヤーの目玉アイコンをクリックして非表示にしましょう。 「黒」色選択状態で「グラデーション」ツールの「描画色から透明色」を選択します。 ツールプロパティで各種設定します。 【形状】 直線(直線的なグラデーション) 円(円の形状のグラデーション) 楕円(楕円の形状のグラデーション) 【端の処理】 繰り返さない、繰り返し、折り返し、描画しない、が選べます。 【角度刻み】 45度のままが無難です。 【描画対象】 「グラデーションレイヤーを作成」と「編集対象のレイヤーに描画」から選べます。 「グラデーションレイヤーを作成」のままで問題ありません。 グラデーションレイヤーが自動生成されます。 【不透明度】 好みの濃度を設定できます。 グラデーションレイヤーを選択状態で、レイヤーパレット右上の不透明度の箇所でも濃度調節ができます。 【合成モード】 「通常」のままで大丈夫です。 各設定が終わったら、選択範囲箇所にドラッグするとグラデーショントーンを貼りつけられます。 クイックマスクレイヤーを選択し、「編集」から「消去」を選択してクイックマスクを消去し、新たにグラデーショントーンを貼りたい箇所を選択し、トーンを貼っていきます。 同じ個所を何度も選択したい場合は、「選択範囲」から「選択範囲をストック」を選択しておきましょう。 使い方はクイックマスクと同様ですが、上書き保存で消えることはありません。 クイックマスクは トーンを重ねたい方は重宝するので、オートアクションやショートカットにキーを割り当てておくと便利です。 モアレとは 最後におまけとして、デジタルトーンにおけるトラブルの一因としてよく挙がってくるモアレについて説明したいと思います。 上の画像の右側のように意図しない斑紋が出てしまうことをモアレといいます。 重ねたトーンの「線数」や「角度」の不一致が主な原因です。 モアレが発生すると、 意図しない模様が浮かんで汚く見えてしまうので、作品のクオリティにも関わります。 印刷する前にモアレが発生していないかしっかりと確認するように心がけましょう。 特に、トーンの重ね貼りをする際には入念にチェックを! 同人誌印刷で、オフセット印刷とオンデマンド印刷がありますが、 70線数以上の細かい網目のトーンを貼った作品を印刷した場合、オンデマンド印刷ではモアレが出やすいので注意が必要です。 入稿前に必ずテスト印刷をしてモアレが出ていないか、トーンアイコンのONにし忘れがないかよく確認する習慣を身につけましょう。 デジタルトーンの仕組みを知り、設定方法を把握して更に事前に設定を作っておくことで、トーン作業の時間は大きく短縮することが出来ます。 ぜひ活用してみてください! [著・画:天川詩月(あまかわしづき)] pixiv Twitter 2002年12月からフリーランスのCGイラストレーターとして活動。 過去にアナログで漫画を描いていた経験を活かし、2013年からCLIP STUDIO PAINT EXを使い始めました。

次の

トーン化書き出し設定|摩耶薫子|note

クリスタ トーン

トーン素材を使用せず、クリスタのレイヤー設定でトーン化する場合は、作成したトーンレイヤーにマスクを設定してあげてください。 素材用のフォルダを作る ここでフォルダに名前をつけておいても良いです。 フォルダの中にトーン素材を配置 キャンバス全面にトーンが表示されている状態になります。 トーン素材と言いましたが、画像素材でも大丈夫です。 よく使うロゴとか、覚えづらい・描くのがめんどくさい紋章とか、ちょっと大きめのサイズの画像素材を準備して入れておいてあげると使い回しやすいです。 マスクを削除 素材を配置したら、赤枠の中(マスク)をクリックしてデリートキーを押すと、以下のようにマスクのアイコンが真っ黒になります。 トーンの名前もつけておきましょう。 このマスクアイコンが真っ黒になった状態では、キャンバスにトーンは表示されません。 必要なだけトーンや画像素材を追加する あまりトーンを追加しすぎると動作が重くなりますが、私の本はだいたい自カプしか出てこないので、自カプ用トーンは1つのフォルダにまとめてしまっています。 素材として登録する 素材登録の仕方は簡単です。 トーンフォルダを閉じて素材パネルに放り込むだけ。 フォルダ内がトーン素材だけだと、全部非表示になっているためアイコンがない状態になります。 気になる方は、一番上に推しカプの絵でも描いておくと、素材パネルのなかで見つけやすくなるかもしれませんが、毎度アイコン用の絵を削除しなくてはならないため多少面倒でした。 実際にトーンフォルダを使う 素材登録したフォルダをキャンバスに配置したいときは、素材パネルでトーンフォルダを選択し、以下の赤枠のアイコンをクリックするだけ。 トーンの適用の仕方 トーンを流し込みたい範囲を選択します。 使用したいトーンのマスクアイコンをクリックし、塗りつぶしをします。 塗りつぶす色は何色でも大丈夫です。 あっというまにトーンが貼れます! 若干トーン作業が楽になります。 この記事で使用しているトーン素材 市乃様の「アナログトーンと同じ番号のアミトーンセット」のシリーズがわかりやすくて好きで、ずっとこれを使っています。

次の

【マンガの描き方】デジタルでトーンを貼る方法を解説!

クリスタ トーン

使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver. CLIP STUDIO PAINTではマンガでよく使用される網点や万線などの基本的なトーンを貼ることができます。 今回はトーンレイヤーの基本的な使い方を紹介します。 [1]トーンレイヤーとは? CLIP STUDIO PAINTには、 [トーンレイヤー]という、トーン専用のレイヤーがあります。 トーンレイヤーは、画像ではなく、べた塗りレイヤーに「線数」「濃度」「種類」「角度」などの「トーン化」の設定を付けたレイヤーです。 はじめから網点で作成された画像素材の場合は、後から網点の種類や濃度を変更することはできませんが、トーンレイヤーの場合は、線数や網点の形状などの設定をデータでもっているので、後から変更することができます。 また、トーンレイヤーは全面がべた塗りされたレイヤーですが、トーンレイヤーと同時に作成される[レイヤーマスク]によって表示範囲を調整します。 [2]基本的なトーンの貼り方 基本的なトーンの貼り方を2通り紹介します。 素材パレットのトーンを貼る はじめに[素材]パレットからトーンを使用する方法を紹介します。 CLIP STUDIO PAINTには、あらかじめ使用されることの多い線数・濃度のトーンが登録されていますので、初心者の方はまずこちらから使用してみましょう。 [素材]パレットからトーンを貼る場合は、あらかじめ[自動選択]ツールなどでトーンを貼りたい範囲を選択しておきます。 [素材]パレットの[単色パターン]の中には、マンガでよく使用する、網点、万線、砂目、グラデーション、柄トーンなどのトーンがあらかじめ用意されています。 このとき、選択範囲を設定しない状態で、[素材]パレットからトーンをドラッグ&ドロップすると、キャンバス全体にトーンが貼られます。 また、[素材]パレットの[素材の貼り付け]アイコン 下図赤枠 をクリックしてもドラッグ&ドロップと同じようにトーンを貼ることができます。 選択範囲ランチャーからトーンを貼る 選択範囲を作成してからトーンを貼る方法は同じですが、貼る前に自分でトーンの詳細を設定できます。 トーンを貼る作業に慣れてきたら、こちらを使用することが多くなるかもしれません。 [3] トーンを貼り足す、消す、削る 1. トーンを貼り足す はじめに作成したトーンを別の場所にも貼り足したいときは、[マジック]や[ペン]などの描画系ツールを選んで、透明色以外の色で塗るとトーン描画部分を足すことができます。 トーンを消す 貼ったトーンを削ったり、消したりしたい場合は、トーンのマスクを[消しゴム]ツールで消します。 また、描画系ツールを使って、透明色で消すこともできます。 POINT トーンレイヤーの貼り足し・消しは、[塗りつぶし]ツールで塗りつぶすこともできます。 一度部分的にトーンを貼った後、同じレイヤーに[塗りつぶし]ツールでトーンを塗っていきます。 [塗りつぶし]ツールのサブツールで[他のレイヤーを参照する]を選び、他のレイヤーに描かれた線画を参照しながら描画色で貼り足しや、透明色ではみ出したところを消していくと便利です。 トーンを削る トーンをアナログのカッターで削るような効果を出したいときは、[デコレーション]ツールを使用します。 [デコレーション]ツールの、[カケアミ]に入っている[トーン削り用]や[雲ガーゼ]等のブラシを使用し、透明色で削るようにストロークします。 [カケアミ トーン削り用 ] [雲ガーゼ] [5] トーンを調整する 貼り付けたトーンは、[レイヤープロパティ]パレットで、トーンの濃度や形状など、細かな設定の変更等を行うことができます。 よく使う設定を紹介します。 数値が小さいほど網が大きなトーンになり、数値が大きくなると、網点が小さく細かなトーンになります。 スライダーを移動して、自由な数値を設定することができます。 また、プルダウンからマンガでよく使う線数を選ぶこともできます。 数値部分をクリックすることで、直接数値入力することもできます。 数値が大きければ大きいほど、濃いトーンになります。 スライダーを移動して、自由な数値を設定することができます。 また、数値部分をクリックして、直接、濃度を指定することもできます。 網の他に、万線やノイズ、アスタリスクなどにすることもできます。 ノイズのサイズでは、数値が小さいと細かいノイズに、数値が大きいと大きなノイズになります。 ノイズの係数では、数値が上がるほど、ノイズの形が変化します。 Xで横方向に、Yで縦方向に移動します。 網点の位置を移動したり、トーンを重ねたりするときに便利です。 [あり]に設定すると、ぼやけたブラシで階調がつきます。 印刷するときは、階調は[なし]に設定します。

次の