感謝以外の言葉。 「感謝の言葉」を英語で贈る!シーン別に例文・フレーズを紹介

「感謝の気持ち」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

感謝以外の言葉

「感謝の気持ち」を伝えるシーンは、ビジネスだけではなく、プライベートでお世話になった方へのお礼や周りの人、友達、先生などへの感謝の気持ちを伝えたい場合などいろいろあります。 ビジネスで「感謝の気持ち」を敬語で書面やメールなどで取引先や顧客などに伝える場合は、良く使われる言葉というがあります。 良く使われるフレーズをいくつか覚えておくと、ビジネス文書やビジネスメールを使う時に便利です。 また、冠婚葬祭に関し、列席者に感謝を述べるなど、敬語で「感謝の気持ち」を伝えるといってもさまざまなシーンで、それぞれ適切な言葉があります。 感謝を伝える相手や感謝を伝えるシーンに合わせて、その状況にあった感謝の気持ちを伝える言葉のフレーズを覚えておくと、とっさの場合も困らずに感謝の気持ちを伝えることができるので、その場にふさわしいフレーズをいくつか覚えておくと良いでしょう。 「感謝の気持ち」の敬語での使い方 敬語で「感謝の気持ち」を伝える場合、前の項目でもご紹介しましたが、ビジネス、冠婚葬祭、目上の人、恩師など、伝える相手や、伝える場面でそれぞれ適切な言葉があります。 また感謝の気持ちを伝える場合、言葉の違いで感謝の気持ちを表す言葉の重みが変わるため、挨拶のように感謝の気持ちを表す場合と、本当に心から感謝する場合で、感謝を表す敬語を使い分ける必要があります。 同じ感謝の気持ちを表す言葉であっても、言葉の持つ意味が異なるため、適切な言葉を選んで使うことが大切です。 敬語の種類 敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 感謝の気持ちを尊敬語で伝える場合は、伝えたい状況や相手によって、適切な言葉があります。 感謝の思いを表す言葉によって、感謝の気持ちの大きさが変わるため、重みのある言葉をあまり気軽に使い過ぎると、言葉の意味が軽くなってしまうこともあります。 同じ感謝の気持ちを表す言葉でも、言葉の持つニュアンスが異なるため、その状況にふさわしい言葉を選ぶようにしましょう。 使い方 感謝の気持ちを伝える場面は、前の項目でご紹介のように、「ビジネス」「冠婚葬祭」「知人、先生、友達」などいろいろあります。 「ビジネス」「冠婚葬祭」の場面では、良く使われるフレーズがありますので、そういったものを使うと良いでしょう。 また、知人、先生、友達などに感謝の気持ちを伝える場合は、あまり堅苦しい言い回しにしてしまいますと、よそよそしい印象になり過ぎてしまい、かえって気持ちが伝わりにくくなってしまうこともあります。 感謝の気持ちを伝えたい人との関係性を考慮して、言葉を選ぶようにすると良いでしょう。 感謝の気持ちを表すフレーズ例 感謝の気持ちを表す敬語の例としては以下のようなものがあります。 【例文】 ・貴社ますますご清栄のこととお喜び(お慶び)申し上げます 平素は、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます このフレーズは、ビジネス文書などで良く使われる言葉です。 「貴社がますます繁栄されていることをうれしく思います。 いつも、特別に心配りをいただいておりますことを感謝してお礼を言わせていただきます」といった意味の言葉です。 このような文面にする場合は、たとえばメールなどで「新商品説明会のご案内」などをするような場合に使うと良いでしょう。 また、頻繁にメールでやり取りをしている場合は、このような感謝の気持ちを表す文面よりも、「お世話になっております」といった言葉からメールを始めた方が良い場合もあります。 状況に合わせて使い分けると良いでしょう。 手紙での使い方 手紙で感謝の気持ちを伝えた方が良い場面は数多くありますが、現在では1人1台携帯電話を持つ人が増えたことで、電話やメールなどのツールを使い、手軽にお礼を伝える人も増えました。 しかし、手書きの手紙はもらう人はうれしいものですので、状況に合わせて電話ではなく手紙で感謝の気持ちを伝えることもおすすめです。 親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、たとえ親しい友人の間柄であっても、手紙で感謝の気持ちを伝える場合は、敬語表現にすることがおすすめです。 「厚く御礼申し上げます」や「深謝いたします」といった敬語表現では、よそよそしくなってしまいますが「お心遣いをいただきましてありがとうございます」といった敬語表現は丁寧な印象になります。 直接会ったときは、「ありがとう」でも良いのですが、手紙で感謝の気持ちを伝える場合は、敬語を使い、相手の人の存在を大切に思っているということを伝えましょう。 年賀状での使い方 年賀状は、基本的には昨年お世話になったことへの感謝の気持ちと、新年の挨拶を目的に書きます。 ハガキですのであまり長い文章になってしまいますと、感謝の気持ちが伝わりにくくなってしまうことがあります。 年賀状などで感謝の気持ちを伝える場合は、一般的な挨拶程度にして、個人的にお世話になった内容は年賀状ではなく手紙などで改めて伝える方が良いでしょう。 「感謝の気持ち」を敬語表現するときの例文 「感謝の気持ち」を敬語表現する場合、「感謝の気持ちを込めて」や「感謝の気持ちでいっぱいです」といった表現をすることがあります。 これらの言葉は、目上の人や年上の人に対して、敬語表現として使うことができるのでしょうか。 それぞれについてご紹介します。 を込めて 「感謝の気持ちを込めて~」というフレーズを敬語表現として使う場合は、感謝の気持ちを伝えるために何かを贈り物をする場面で良く使われています。 「感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品をお贈りいたしました」、「日頃の感謝の気持ちをこめて贈ります」といった使い方をします。 こういったフレーズは、言葉の言い回しを敬語にすることで、目上の人や年上の人に使うこともできますが、「感謝の気持ちを込めて贈ります」といった言い回しにすることで、友達や仲の良い人に対して使うこともできます。 相手の方のとの関係性で使い分けてみましょう。 でいっぱいです 「感謝の気持ちでいっぱいです」というフレーズは、敬語としても、また冠婚葬祭の改まった席での敬語表現としても使うことができます。 「感謝の気持ちでいっぱいです」という言葉は、「ありがとうございます」や「感謝しています」よりも、さらに感謝の思いを伝えたいときに使えるフレーズです。 状況に合わせた言葉と組み合わせて使うと良いでしょう。 身近な人に感謝の気持ちを伝えましょう 身近で一番お世話になっている存在に自分の親がいます。 しかし、親子の場合、言葉にすることは照れもあり、なかなか感謝の気持ちが伝えられない、伝えたことがないという人も多いのではないでしょうか。 しかし、心の中で思っているだけではなく、言葉で感謝の気持ちを伝えることはとても大切です。 普段は、照れくさくて言えないという人は多いでしょう。 しかし、身近な人だからこそ、手紙やメールなどで感謝の気持ちを伝えてみましょう。 「ありがとう」という感謝の気持ちは、思っているだけではなかなか相手に伝わりません。 「ありがとう」の一言は、相手だけではなく、自分の気持ちも幸せにできる魔法の言葉です。 身近な人にこそ、意識をして感謝の気持ちを伝えましょう。 友達にも改めて感謝の気持ちを伝えてみましょう いつもそばにいてくれて、いつも味方でいてくれる友達に、心の中で感謝しているという人も多いのではないでしょうか。 普段、いつも一緒にいるので、なかなか改まって感謝の気持ちを伝えたことがないという人は、たとえば友達の誕生日をお祝いするのと同時に感謝の気持ちを伝えてみましょう。 人から感謝されるということはうれしいことです。 心の中だけではなく、1年に1回、お誕生日のお祝いといつもありがとうのメッセージを一緒に伝えてみませんか。 結婚式や葬儀などの際に、遠くから列席していただくことがあります。 また、多くに住んでいるため、式に列席することができないため、お祝いの品物や供物などを送っていただくこともあります。 このような場合、直接お礼を伝えることが難しいことがあります。 しかし、このような場合のときこそ、メールや手紙などを利用して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 お返しの品や返礼品をお送りすることもありますが、できれば品物だけを送るのではなく、手紙などで感謝の言葉を添えて送ることがおすすめです。 敬語の使い方などを悩んでしまいますと、つい品物だけを送ってしまう人もいますが、どんな言葉であっても直筆のメッセージを一言添えるだけで、感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。 「感謝の気持ち」の別の敬語表現例.

次の

「ありがとう」がマンネリな時に、代わりに使える5つの感謝の言葉。

感謝以外の言葉

ありがとうございます 感謝の気持ちを伝える「ありがとう」をよりに言う表現。 「ありがとうございます」は、 「ありがとう」に「ある」の丁寧な言い方である「ございます」を付けて、より丁寧に感謝の気持ちを表す言葉です。 気兼ねなく付き合える同僚や部下には「ありがとう」と言えばですが、 上司はもちろん、目上の人や取引先の方には「ありがとうございます」と丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。 「ありがとう」は「滅多にないこと」を意味する「有り難し」が語源の言葉であると考えられています。 メールの文面などで「有り難うございます」と漢字に変換する人もいますが、「ありがとう」は今ではひらがな表記をすることが一般的になっています。• 助かりました 読み: おかげさまでたすかりました 相手から支援を受けたり親切にされたりしたことによって、自分にとって良い結果を得られたということをより丁寧に伝えることができる表現。 「おかげさまで助かりました」は、 他人から受けた助力や親切に対して感謝の意を込めていう言葉である「おかげさま」に自分が「助かった」という結果の報告を付け加えて、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現 です。 「おかげさま」は漢字では「お蔭様」や「お陰様」と書かれることが多いですが、「蔭」も「陰」も「神仏の影」を意味します。 メールの文面などで「お蔭様」や「お陰様」と表記する人もいますが、今ではひらがな表記が一般的になっているので、「おかげさま」と表記するのが無難です。 また、「おかげさまで」を省略して「助かりました」とだけ言う人もいますが、人によっては無礼であると捉えられてしまうかもしれません。 上司などの目上の人には、「おかげさまで」を省略せずに「おかげさまで助かりました」と言いましょう。• これはこれはご丁寧に… 読み: これはこれはごていねいに… 真心を込めて自分に何かをしてくれた相手に対してより丁寧に感謝の気持ちを伝える表現。 「これはこれはご丁寧に…」は、 「これは」という詞を2つ重ねた上に、「ご丁寧に」と相手が自分に真心を尽くしてくれたことに対する感謝を表す言葉をつなげ、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。 一般的には、「これはこれはご丁寧に…」の後には「どうもありがとうございます」や「〇〇をしていただいて…」という感謝の言葉が続きます。 場合によっては、「これはこれはご丁寧に…」とだけ言って、残りの言葉を濁すこともあります。 2.ビジネスシーンで多用される感謝の言葉一覧• I your support. (あなたのサポートに 感謝いたします。 I am grateful for your kindness. (あなたの優しさに 感謝いたします。 ( とても助かりました。 Thank you for your. ( お気遣いに感謝いたします。 Please accept my deepest thanks. ( どうか私の深い感謝の気持ちを受け取ってください。 ( 感謝の言葉もございません。 ) 「感謝の言葉」に関する様々な英語表現を覚えてビジネスシーンで役立てましょう。 まとめ 「ありがとうございます」以外にも「感謝の言葉」があります。 その場にふさわしいを使って、相手に感謝の気持ちを伝えられるようにれば、社会人として1人前と言えるでしょう。 話し言葉で使える「これはこれはご丁寧に…」といった表現から、上司に使いたい「恐縮です」や、より丁寧な「感謝の言葉もございません」といった表現。 更には英語表現まで、様々な「感謝の言葉」をマスターして、ビジネスの場で役立ててくださいね。

次の

「感謝」より重い言葉は?

感謝以外の言葉

感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を築く上でとても重要なこと。 「ありがとう」という言葉ひとつで気持ちが救われることがあるのも事実です。 でも意外と抜けてしまっている人がいたり、自分では伝えているつもりでも相手にうまく心が伝わっていなかったりすることがあります。 なぜそんなことが起きてしまうのでしょう? 第一に、感謝の気持ちがない人や相手に伝えられていない人は、「してもらって当然」と思っているきらいがあります。 そう言われると「そんなこと思っていない!」と反論したくなると思いますが、言い方を少し柔らかくすると「相手の行為・好意に対する配慮が足りない」ということです。 例えばディナーの際に相手がお店を決めてくれた時、「決めてくれてありがとう」と言いいますよね。 ただ相手は、あなたの好みやお店の雰囲気、価格帯、家からの距離など様々なことを考えてそのお店に決めてくれたのかもしれません。 同じ言葉でも、相手の心遣いに気づけるかどうかで伝わり方も変わってくるものです。 疑い深い 人は誰かから恩を受けると、無意識のうちにお返しをしたいと思うもの。 これを好意の返報性といいます。 笑顔を向けられると笑顔になってしまう現象と同じですね。 誰かに感謝をすると、お礼に相手にとっていいことをしたくなります。 すると相手もまたいいことで返してくれます。 そうやって感謝は連鎖するのです。 この感謝の連鎖が続くと一体どうなるでしょう。 そう、あなたの周りには優しさが溢れます。 生易しい言葉に聞こえるかもしれませんが、これは事実です。 自分に対して優しい心で接してくれる人に、嫌な態度で返したい人はそうそういません。 そしてこの連鎖のきっかけになるのは、あなたからでいいのです。 感謝の気持ちを持つ方法4つ 1.感謝するような行動を相手に期待しない 相手への思いやる方法には、さまざまな形があります。 お礼の言葉ひとつとっても様々な言い回しがありますし、表現方法だって人それぞれです。 相手があなたを思いやってくれている方法が、必ずしもあなたにとってわかりやすいものとは限りません。 例えばあなたが忙しそうに仕事をしている時、ある人は「頑張ってね」「体に気を付けてね」と声をかけていきます。 またある人は差し入れを持ってきてくれます。 ある人は気分転換を促すために食事に連れ出そうとしてくれますし、またある人はあなたの邪魔をしないよう遠くから見守っています。 このように様々な気持ちの伝え方があるということを知っていれば、ありがとうと感じる心の感度は上がっていき、様々な人の心遣いに気づけるようになるはずです。 感謝の気持ちの伝え方6選 1.心からの言葉にして伝える 感謝の気持ちを贈り物として表現するのも、相手に心がきちんと伝わる良い伝え方。 ちょっとしたお礼に小さなお菓子を、いつもお世話になっているあの人へ誕生日にプレゼントを。 あなたの心が目に見える形で相手に渡せる、特別な方法です。 あなたが贈り物を用意するとき、関係性や好みなど相手のことをいろいろと考えますよね。 自分でそういう経験を重ねれば、誰かがあなたに贈り物をしてくれた時、相手の気持ちもよりしっかりと受け止められるようになるもの。 そして感謝している人に贈り物をすると考えると、きっとあなたも楽しみながら選べますね。 ありがとうを伝える小さなプレゼント選びには、ぜひこちらの記事をどうぞ。 もちろん感謝の言葉を記したカードを添えると、あなたの心がより伝わるはず。 とてもシンプルで、そして一番大切なこと。 あなたが笑っていなければ、言葉でも贈り物でも行動でも、相手の心に届きはしないでしょう。 あなたが心からの感謝の気持ちを持っていて、それをどんな方法であれ相手に伝えたいと思う時は、自然と笑顔になるはず。 その自然な笑顔をそのまま、相手にむけてください。 笑顔には不思議な力があります。 きっとあなたの心はまっすぐ、相手に伝わるでしょう。 ありがとうの連鎖はあなたから始まる いかがでしたでしょうか。 この記事があなたにとって、感謝の気持ちを伝える大切さを見つめなおすきっかけになれたらうれしい限りです。 なお今回ご紹介できなかった、感謝を表す花言葉の記事もぜひ見て行ってくださいね。 そして感謝の気持ちの伝え方は人それぞれ。 あなたらしくありがとうと伝えることができたら、あなたの周りには優しさが溢れるはずです。 それってとても、素敵なことではないでしょうか。

次の