プロ 野球 ベスト ナイン。 【プロ野球】歴代最強のベストナインを成績から考察!

野球レジェンドが選ぶ現役最強プロ野球選手ベスト9!スポーツ号外スクープ

プロ 野球 ベスト ナイン

どうもマツローです。 プレーオフでは残念な結果になってしまいましたが、主力はまだ若手メンバーが多くこれからも常勝チームとしての期待がかかります。 さてそんな素晴らしいシーズンを終えた西武。 現代、過去それぞれで名選手たちが活躍してきました。 昔から西武出身の選手は大成する傾向にあり、例えば清原和博さんや松井稼頭央さん、現在中日ドラゴンズで復活を遂げた松坂大輔選手等大物揃いです。 もちろん現役で西武の強さを支える選手も沢山います。 そんな西武の選手達でベストナインを組んでみました。 懐かしい選手の名前もありますよ。 またメジャーで活躍した選手は日米の通算を掲載しています。 外国人選手は日本での記録のみの掲載です。 スポンサーリンク Contents• 監督 監督「森祇晶」 通算成績=. 236・1341安打・81本塁打・582打点 キャリアハイ= 1965年. 277・134安打・5本塁打・58打点 監督成績= 785勝583敗・ リーグ優勝8回・ 日本一6回 西武の黄金期を作った森祇晶を差し置いて、他に誰が監督をするでしょうか。 実績を見ればかなりの名将であることが伝わってきますよね。 選手としても巨人のV9時代を支えた名捕手として語り継がれています。 選手への指導は大変厳しい方だったそうですが、反面選手のことを大切に思い信じて野球をさせていたので、監督と選手の信頼関係は非常に高いものだったそうです。 野手ベストナイン 1番:秋山翔吾(中堅手) 通算成績=. 301・1405安打・116本塁打・513打点 キャリアハイ= 2015年. 359・ 216安打・14本塁打・55打点 2015年に達成した 216安打が歴代の シーズン最多安打記録となって歴史に名を刻んだ秋山選手。 俊足と強肩を活かした広い守備範囲が特徴。 打撃面ではバットコントロールが非常に優れていてまさに走攻守三拍子揃った選手です。 2020年からはMLBに挑戦することが決まっており、海外での活躍も注目ですね! 2番:浅村栄斗(二塁手) 通算成績=. 285・1317安打・180本塁打・737打点 キャリアハイ= 2018年. 310・175安打・32本塁打・ 127打点 2019年シーズンから東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した浅村選手を2番で起用です。 元々は遊撃手をやっていたそうですが、色々と考慮された末、現在は二塁手として活躍しています。 楽天でも相変わらず勝負強い打撃でチームに貢献しています。 3番:松井稼頭央(遊撃手) 通算成績=. 285・ 2705安打・1048打点・ 465盗塁 キャリアハイ= 2002年. 残念ながら2018年シーズンをもって現役引退となってしまいましたが、その功績は素晴らしいものでした。 俊足・強肩といった非常に高い身体能力を武器にただ野球をするだけではなく、 魅せるプレーでファンを沸かせてきました。 2019年シーズンからは西武の2軍監督として指導育成にあたるそうなので、松井さんの野球理論を叩き込まれた名選手が生まれるのが楽しみですね。 4番:アレックス・カブレラ(DH) 通算成績=. 303・1368安打・357本塁打・949打点 キャリアハイ=2002年. 336・150安打・ 55本塁打・115打点 西武の助っ人外国人といえばカブレラさんの名前が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 2002年には当時の NPBシーズン最多タイ記録となる 55本塁打を放ち他球団の投手を震え上がらせました。 5番:清原和博(一塁手) 通算成績=. 272・ 2122安打・ 525本塁打・ 1530打点 キャリアハイ= 1990年. また本塁打を量産する為に必要なフルスイングも魅力の一つで、本塁打の多さと相まって1955三振しています。 これは日本プロ野球界の 歴代1位の記録になっています。 ちなみに 196死球も日本記録です。 6番:中村剛也(三塁手) 通算成績=. 256・1467安打・415本塁打・1166打点 キャリアハイ= 2009年. 大きな体から放たれる特大の本塁打が魅力で、 本塁打王獲得回数は 6回、歴代3位の記録を持っています。 体が大きいので鈍足と思われがちですが、一塁到達速度は4. 18秒となかなかの俊足。 さらに守備も華麗なので元チームメイトの平尾博嗣さんからは 「動けるデブ」と言われたそうです。 7番:秋山幸二(右翼手) 通算成績=. 270・ 2157安打・ 437本塁打・1312打点 キャリアハイ= 1987年. さらに人気だけではなく、能力もぴか一で俊足・強打・強肩と 走攻守三拍子そろった名選手として西武の黄金時代を支えてきました。 1986年の日本シリーズでは 「バク宙ホームイン」を披露し、ファンを沸かせるなどお茶目な一面もありました。 ちなみに1987年はあと2つ盗塁を決めていればNPB唯一の 「40本塁打40盗塁」の偉業を達成していました。 8番:和田一浩(左翼手) 通算成績=. 303・ 2050安打・319本塁打・1081打点 キャリアハイ= 2003年. 元々は捕手として入団しましたが当時は伊東勤さんがいたので、なかなかレギュラー定着とはなりませんでした。 ですが、東尾さんが監督をやっていた時に、松坂選手と開幕バッテリーを組ませてもらう機会がありました。 首脳陣にとても期待が持たれていたのでしょうね。 その後は外野手へ転向し、ベストナインも獲得しました。 9番:伊東勤(捕手) 通算成績=. 247・1738安打・156本塁打・811打点 キャリアハイ= 1990年. 281・103安打・11本塁打・43打点 名捕手の一人伊東さんを西武の捕手として起用しました。 現役時代は、 西武黄金期のレギュラー捕手として大活躍し、2379試合に出場しました。 実績豊富な伊東選手の巧みなリードも魅力の一つです。 投手ベストナイン 稲尾和久(先発) 通算成績= 防御率1. 98・ 276勝・ 2574奪三振・ 179完投 キャリアハイ= 1961年 防御率1. 抜群の制球力と切れのある変化球、無尽蔵のスタミナを武器に西鉄ライオンズの大エースとしてチームを支えてきました。 1957年の巨人との日本シリーズでは3連敗で後がない状況から全試合に登板 第4戦以降は4試合中3試合に先発 し、 奇跡の逆転日本一に貢献しました。 松坂大輔(先発) 通算成績= 防御率3. 53・170勝・ 2130奪三振・73完投 キャリアハイ= 2006年 防御率2. その世代を代表する投手として名を残しているのは、西武の 絶対的エースとして大活躍していたからですね。 近年は故障との戦いで苦しい日々が続いていましたが、2020年からは古巣西武ライオンズでプレーすることが決まっています。 工藤公康(先発) 通算成績= 防御率3. 45・ 224勝・ 2859奪三振・116完投 キャリアハイ= 1987年 防御率2. 41・15勝・ 23完投 現在、絶対的王者のホークスの指揮を執る工藤さん。 現役時代は西武へ入団し、サウスポーのエースとして活躍していました。 その証拠に工藤さんの 日本シリーズ通算最多奪三振は、 歴代1位という記録を誇っています。 牧田和久(中継ぎ) 通算成績= 防御率2. 93・303試合・56ホールド キャリアハイ= 2016年 防御率1. 60・58試合・28ホールド ネットの野球ファンの間で「牧田依存症」という言葉が生まれるほど、大車輪の活躍を見せていたアンダースローの投手、牧田選手。 適応力が非常に高く、先発・中継ぎ・抑えどこでも投げられる精神力も魅力です。 2020年からは東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーすることが決まっています。 豊田清(抑え) 通算成績= 防御率2. 99・157セーブ キャリアハイ= 2002年 防御率0. 78・38セーブ・ WHIP0. 61 東尾さんが監督を務めていた時に先発から抑えに転向し活躍した豊田さん。

次の

プロ野球ランキング「平成最強」ベストナイン&投手打者トップ7

プロ 野球 ベスト ナイン

初めまして。 クマオと申します。 このブログでは、各球団の歴代の名選手 現役含む を集めて 球団別最強のチームを結成させ、2016で遊ぶのが目的です。 選手選出のルールについては以下の通りです。 なお、一軍二軍の振り分け及びオーダーは、オートペナントで アレンジチーム書き出したものにしました。 詳細は下記の記事に載せました。 捕手は7人、は各ポジション5人ずつ、外野手は13人とします。 選手の能力については全盛期と判断したシーズンの成績を基に 自己査定したものとなります。 詳細は下記の記事に載せました。 選手能力画像は様の2016えでぃたんで作成したものを 使用しています。 リンクはフリーです。 ブログのサイドバー、「参考にさせて頂いたサイト 敬称略 」につきまして、 勝手ながら掲載させていただきました。 もし問題等ございましたら、 等でご連絡いただけましたら幸いです。 kumaoash.

次の

プロ野球セ・リーグ 歴代ベストナイン(1950年〜現在)【PRiVATE LiFE】データベース

プロ 野球 ベスト ナイン

プロ野球平成ベストナイン 平成はプロ野球界でも様々な出来事がありましたね。 シーズン本塁打の更新や、200本安打、さらにそれを塗り替える猛者たち。 平成唯一の三冠王、3度のトリプルスリーなど数多くの名場面が生まれましたね。 というわけで、ポジション別に平成ベストナインにふさわしい選手を取り上げていきます! 投手・松坂大輔 【平成に獲得したタイトル】 最優秀防御率2回 2003,2004 最多勝利3回 1999〜2001 最多奪三振4回 2000,2001,2003,2005 最優秀新人 1999 ベストナイン3回 1999〜2001 ゴールデングラブ7回 1999〜2001,2003〜2006 沢村賞 2001 平成を代表する投手といえば、当然「平成の怪物」と呼ばれた松坂投手! 高卒1年目の1999年に16勝を挙げ、最多勝利、最優秀新人などのタイトルを獲得すると、 そこから3年連続でパ・リーグの最多勝と日本を代表する投手に成長しました。 2006年の第1回WBCではMVPに選ばれる活躍を見せ、日本を初代王者に導きました。 その後メジャーに移籍し、レッドソックス時代の2008年には日本人投手史上最多のシーズン18勝を挙げるなど 世界的に注目される存在となりました。 「松坂世代」と言われる同世代の選手が現役を退く中、現在も中日でプレーしていて 令和の時代も平成を彩った投手として奮起したいですね。 捕手・古田敦也 【平成に獲得したタイトル】 首位打者 1991 最優秀選手2回 1993,1997 ベストナイン9回 1991〜1993,1995,1997,1999〜2001,2004 ゴールデングラブ10回 1990〜1993,1995,1997,1999〜2001,2004 正力松太郎賞 1997 平成の時代には古田選手のほか、城島健司選手や阿部慎之助選手といった名捕手がいましたが、やはり総合力では古田選手がナンバーワンでしょう。 2年目の1991年にセ・リーグ首位打者に輝くと、昭和を代表する名捕手の野村克也監督のもと、ヤクルトを三度の日本一に導きました。 また2005年に通算2000本安打を達成し、2006年からは選手兼任監督を2年間務めるなど、ヤクルト一筋20年と功績ある選手です。 一塁手・松中信彦 【平成に獲得したタイトル】 首位打者2回 2004,2006 本塁打王2回 2004,2005 打点王3回 2003〜2005 最多安打 2004 最高出塁率3回 2004〜2006 最優秀選手2回 2000,2004 ベストナイン5回 2000,2003〜2006 ゴールデングラブ 2004 一塁手部門では、平成唯一の三冠王となった松中選手。 2004年の成績は圧巻でしたね! 打率. 358、44本塁打、120打点で他を寄せ付けない数字を残しました。 翌2005年には、松坂投手から1試合3本塁打を放つなど平成プロ野球史に残る名シーンも生み出しました。 惜しくも名球会入りは果たせませんでしたが、平成最強のスラッガーとして今後も語り継がれていくことでしょう。 二塁手・山田哲人 【平成に獲得したタイトル】 本塁打王 2015 最多安打 2014 盗塁王3回 2015,2016,2018 最高出塁率 2015 最優秀選手 2015 ベストナイン4回 2014〜2016,2018 二塁手部門では、平成生まれの最強スラッガー山田哲人選手。 2014年に日本人右打者のシーズン安打記録を64年ぶりに塗り替える193安打を放つと、2015年には打率. 329、38本塁打、34盗塁でトリプルスリーを達成しました。 しかも、史上初の本塁打王と盗塁王、トリプルスリーと盗塁王を同時に成し遂げた選手となり、日本シリーズではプロ野球史上初の1試合3打席連続本塁打という快挙を達成しました。 そして、2016年には打率. 304、38本塁打、30盗塁で史上初の複数回のトリプルスリーを2年連続で達成します。 2017年は調子を落としたものの、2018年に打率. 315、34本塁打、33盗塁で自身の記録を塗り替える3度目のトリプルスリーを達成した、まさに平成を代表する右の強打者です。 三塁手・中村剛也 【平成に獲得したタイトル】 本塁打王6回 2008,2009,2011,2012,2014,2015 打点王3回 2009,2011,2015 ベストナイン6回 2008,2009,2011,2012,2014,2015 三塁手部門は「おかわりくん」こと西武の中村選手。 現役最多で平成最多6度の本塁打王に輝いた飛ばし屋です。 2008年に46本塁打、2009年に48本塁打で本塁打王をおかわりすると、2011,2012そして2014,2015とタイトルもおかわりしてきたスラッガー。 ここ数年は成績を落としていますが、平成でおかわりした388本塁打を令和の時代も積み上げていきたいですね! 遊撃手・松井稼頭央 【平成に獲得したタイトル】 最多安打2回 1999,2002 盗塁王3回 1997〜1999 最高出塁率 2015 最優秀選手 1998 ベストナイン7回 1997〜2003 ゴールデングラブ4回 1997,1998,2002,2003 坂本選手、鳥谷選手など様々な選手が功績を残している遊撃手ですが、平成最強という意味では松井稼頭央選手でしょう! 西武ライオンズ黄金時代の不動の遊撃手として、1997年には平成のパリーグで最多の62盗塁をマークし、そこから3年連続盗塁王。 2000年には21世紀初のサイクル安打を達成し、2002年には打率. 332、36本塁打、33盗塁でトリプルスリーを達成しています。 7年間のメジャー挑戦がありながらも、NPB通算2090安打を放つなど球史に名を刻んだ存在です。 2018年に古巣西武に復帰し引退しましたが、2019年は二軍監督に就任し、新たな時代に後継者を育てていきたいですね。 左翼手・松井秀喜 【平成に獲得したタイトル】 首位打者 2001 本塁打王3回 1998,2000,2002 打点王3回 1998,2000,2002 最高出塁率3回 1998,2000,2002 最優秀選手3回 1996,2000,2002 ベストナイン8回 1995〜2002 ゴールデングラブ3回 2000〜2002 正力松太郎賞 2000 日米通算500本以上のアーチを描いた日本のゴジラ、松井選手。 NPB在籍は巨人時代の1993年から2002年までの10年間ながら、通算1390安打、332本塁打、889打点、打率. 304という堂々の成績を残しました。 2002年にはシーズン50本塁打を放ち本塁打王を獲得。 平成唯一の日本人シーズン50本塁打を放ったのが松井選手で、そのパワーは海を渡ってもメジャーの名だたるエースたちを粉砕してきましたね。 平成最強の日本人パワーヒッターと言えます。 中堅手・秋山翔吾 【平成に獲得したタイトル】 首位打者 2017 最多安打3回 2015,2017,2018 盗塁王3回 2015,2016,2018 ベストナイン3回 2015,2017,2018 ゴールデングラブ5回 2013,2015〜2018 平成生まれの安打製造機、西武の秋山翔吾選手。 なんといっても、2015年のNPB史上最多を更新するシーズン216安打を放った好打者です。 ライバルの柳田悠岐選手らを押さえて、やはり最多記録を塗り替えた平成を象徴する選手としてノミネートしました。 秋山幸二二世と呼ばれる入団しましたが、平成の時代は、秋山選手といえば秋山翔吾選手でしたね! 右翼手・イチロー 【平成に獲得したタイトル】 首位打者7回 1994〜2000 打点王 1995 最多安打5回 1994〜1998 盗塁王 1995 最高出塁率5回 1994〜1996,1999,2000 最優秀選手3回 1994〜1996 ベストナイン7回 1994〜2000 ゴールデングラブ7回 1994〜2000 正力松太郎賞2回 1994,1995 平成の日本野球界を支えてきた天才打者、イチロー選手。 オリックス在籍9年で7年連続首位打者、5年連続両リーグ最多安打など様々な記録を打ち立ててきました。 やはり、1番の功績は1994年のNPB史上初のシーズン200を達成し、その後210本まで伸ばしました。 イチロー選手を含む6選手がシーズン200安打を達成しましたが、イチロー選手はシーズン130試合の時代に達成しましたが、それ以外はシーズン140試合以上戦っていますから、イチロー選手の凄さがよくわかりますね。 日米通算ながら世界最多4367安打を積み重ねたイチロー選手。 メジャーでも19年間で3089安打を放ち、数々の記録を打ち立ててきました。 平成31年の3月に引退し、まさに平成の時代を戦い抜いた選手といえます。 DH・バレンティン 【平成に獲得したタイトル】 本塁打王3回 2011〜2013 打点王 2018 最高出塁率2回 2013,2014 最優秀選手 2013 ベストナイン2回 2012,2013 指名打者としては、平成最強のアーチスト、ヤクルトのバレンティン選手をノミネート。 ヤクルトではレストを守りますがNPB平成のベストナインのDHに当てはまるのかなと思いました。 なんといっても2013年にNPB記録を塗り替える60本塁打を放った選手ですから、当然平成ベストナインに相応しいでしょう。 怪我もあり1本塁打に終わった2015年以外はすべてシーズン30本塁打以上放っているというとんでもない怪物っぷりです。 2019年も本塁打を積み重ね、令和最初の本塁打王を狙っていきたいですね。 スポンサーリンク プロ野球平成ベストナイン【打順】 上記のプロ野球平成ベストナインでオーダーを組んでみました! 1番:イチロー 右 2番:松井稼頭央 遊 3番:松中信彦 一 4番:松井秀喜 左 5番:バレンティン 指 6番:中村剛也 三 7番:秋山翔吾 中 8番:山田哲人 二 9番:古田敦也 捕 1番から9番まで全員がタイトルホルダーという超攻撃的な夢のようなオーダーが完成しました! どの打順からでも得点を狙えます。 NPB最多安打の秋山選手、トリプルスリー三度の山田選手でさえも下位打線ですから平成にはこれだけの強打者が揃っていました。 各選手世代が違うわけですが、こういったメンバーが全盛期で侍ジャパンの同じメンバーだったら凄いことになりますね。 プロ野球平成ベストナイン【中継ぎ】 そんな平成のベストナインの中継ぎから2人の投手を選んでみました。 山口鉄也 【平成に獲得したタイトル】 最優秀中継ぎ投手3回 2009,2012,2013 最優秀新人 2008 平成を代表するリリーフ左腕の山口投手。 育成出身ながら、2008年から2016年まで9年連続で60試合以上に登板するなど鉄腕ぶりを発揮しました。 歴代2位の通算273ホールドの記録を残し、2018年に引退しましたが、実働11年で通算642試合に登板し、巨人のブルペンを支え続けました。 タイトルは抑えにまわった2004年の一度のみですが、2018年終了時点でデビューからリリーフのみで通算777試合登板という記録を打ち立てています。 2019年に古巣に復帰したベテランは自身のリリーフ登板記録をどこまで伸ばすのでしょうか? プロ野球平成ベストナイン【抑え】 そんな平成のベストイナインの抑えはやはりこの投手。 藤川球児 【平成に獲得したタイトル】 最優秀中継ぎ投手2回 2005,2006 最多セーブ2回 2007,2011 平成を代表する抑え投手といえば、火の玉ストレートで名を馳せた藤川投手。 ブレイク時は阪神の勝利の方程式「JFK」の一角を担うセットアッパーでしたが、2007年に抑えに転向すると、セ・リーグ最多記録に並ぶ46セーブをマークするなど最強の抑えとして打者をねじ伏せてきました。 オールスターではストレート宣言をして、カブレラ選手から空振り三振を奪うなど平成の球史に残る名シーンも演出しましたね。 通算セーブ数でいうと岩瀬仁紀氏の407セーブがダントツになりますが、当時の甲子園をみたらわかるのですが、9回のマウンドに登場してあそこまで華やかな投手は歴代でみてもなかなかいないのかな思います。 メジャー挑戦後は怪我で苦しみ、阪神復帰後も全盛期のようなストレートではありませんが、松坂世代の現役として、もう一花咲かせたいところ! まとめ というわけで、プロ野球平成ベストナインをまとめてみましたが、いかがでしたか? 今回は平成時代に活躍した選手でのラインアップとなり、その中での平成生まれは山田選手と秋山選手のみですね。 ただ、菅野投手、柳田選手、坂本選手などと平成生まれの超一流選手もいますから、平成に生まれた選手が新たな時代でさらなる飛躍を果たすことに期待しましょう! スポンサーリンク•

次の