リップル 上がら ない。 仮想通貨リップルの価格は上がらない可能性がある!期待外れの結果が待っている!|始めよう仮想通貨『推しっプル』

【仮想通貨】リップル(XRP)はなぜ上がらないのか?今の状況と今後は?最新情報!

リップル 上がら ない

仮想通貨バブルと言われた2017年3月あたりよりビットコインの価格が上昇。 ですが、ビットコインドミナンスは下落。 これが何を意味しているか? アルトコインへの移動です。 みんなビットコインよりもリップル含めアルトコインの方が稼げると思ってビットコインを売りアルトコインを買いました。 全体が100だとしてビットコインが50だとしたらビットコインドミナンスは50%になります。 逆に仮想通貨暴落の2018年の2月からビットコインドミナンスは上昇。 もう分かるかと思いますが、今度は逆です。 リップル含めアルトコインが稼げないもしくは、怖いと思った方達が、安定のビットコインに交換しています。 そもそもの需要が減っているのです。 現在のビットコインドミナンスは、68%。 そのうちの10億XRPを55ヶ月に渡って市場開放することを2017年12月8日に発表しました。 これが、売り圧になるのではないか?と考えている投資達の参入を拒めている。 主に機関投資家ですね。 しかしながら、2017年12月8日から55ヶ月ですので、2020年7月8日には特に問題などなければ終了する予定です。 リップル XRP なぜ上がらない?有価証券の問題が「解決」していない リップルの「有価証券問題」とは2018年5月8日に原告ライアン・コフィー氏がXRPを購入したことによって被った被害(額はおよそ1万円ほど)から、リップルのXRPは有価証券であってトークンの販売はアメリカ証券取引法に違反するといった訴訟が行われた問題になります。 すぐに結論が出るかと思いましたが、そうは簡単にはいきませんでした。 現段階の最新は、3月25日の訴訟文に修正が加えられて、リップル社のガーリングハウスCEOが「長期間に渡ってXRPをホールドし続けていた」とするが、実際にはXRPを「売却していた」という内容が付け加えられたまま裁判は、継続中です。 リップル XRP なぜ上がらない?募金や寄付金として売却されている リップル社は最近ですと、コロナ給付金として医療団体や研究団体企業などにXRPを寄付や募金として配布をしました。 過去にもXRPを利用しているパートナーシップなどにリップル社の投資部門のXpringからXRPを事業支援という形で数千万という規模で配布を行いました。 しかしながら、 配布されたらXRPは売却されて市場に解放されますので、これも売り圧になっていると考えられています。 もちろん長期的に見れば、こういった活動はリップル社の信用になりますので良いのですが、短期的に見るとやはり投資家達にとっては売り圧として捉えられるでしょうね。 9円ではじまり、年末までには85. 6円になるという分析をしています。 同じく、海外仮想通貨分析サイトSkewは2020年第2四半期 4月〜6月 は、37. 16円になります。 FXSTREETでは、独自のチャート分析もしていて、XRPの急騰は、1年の上昇、2年の停滞を繰り返していると分析。 68円を推移すると分析。 海外仮想通貨価格AI分析サイトWalletInvestor. 7円まで上昇と分析。 海外仮想通貨価格AI分析サイトTRADINGBEASTS. やっさんの予想分析 僕は、先日も解説させて頂きましたが、やはりこちらのskewの分析ですかね。 Q2 4月〜6月 は毎年大幅なプラス。 単なる偶然でしょうか? 僕はそうには思いません。 ですので、3月末に購入して、6月末に売るって戦略もひとつの方法かもしれませんね。 今回は、ビットコインの半減期とコロナウィルスの影響もありますので、多少イレギュラーな年にはなってくるかと思いますが、どう転じるか楽しみですね^^ 本日は以上になります。

次の

リップル(XRP)が上がらないと言われる4つの理由+将来性がないと思う前に知りたい1つのこと

リップル 上がら ない

個人的な意見にはなりますが、仮想通貨取引でコインの特性、取り組み、性質などを真剣に調べて取引している人はほとんどいないと思います。 9割の人は、 「ビットコイン買っておけば大丈夫でしょ」 「このアルトコインなんか上がりそうだから買っておこう」 という人ではないでしょうか? 上記は、5月14日のリップルの公式ブログになります。 まずデフォで英語ですので、グーグル翻訳が必要です。 とても良い内容が書かれているのですが、翻訳してもテクノロジー1とか、ニッチ市場とかレガシー企業とかローエンド市場、アーリーアダプターなど専門用語が出てきてとてもじゃないと理解できません。 僕みたいな情報発信者であれば、その言葉をさらに検索して理解しにいきますが、 一般の方がそのようなことするでしょうか? すぐ離脱するかと思いますね。 つまり、難しすぎて理解が追いつきません。 チャートがヨコヨコ 上記は、2017年5月にXRPが2倍の42円まで高騰したときのことなのですが、このときは、リップル社のロックアップ計画が発表されたときでした。 しかしながら現在はヨコヨコ ビットコイン BTC は上がっていってます。 ここで、かつてのホルダーは疑心暗鬼になります。 そして、 ・XRPは単なるブリッジ通貨だから価格は上がらない。 ・上がっても100円いけば良いほう。 ・チャート見て分かるようにXRPはダメだ。 ・XRPはリップル社が儲かるようになっている。 ・送金テストでは実際はXRPは使われていない。 ・ホルダーはリップル社に良いように利用されている。 などなどの声が多く上がりました。 結果またこうなります。 それに加えて、仮想通貨を知っている古株の人は何も知らない新規さん達に、 「リップルはダメだ」 「あんなのリップル社が儲けるだけだから意味ないよ」 「他のコインにした方が良いよ」 「たとえばビットコインとか」 と広めていきます。 そしてリップル XRP は悪いイメージがついてしまいました。 というように、彼らはリップルの将来や可能性に興味があるわけではないくて、 今儲かるか? 儲からないか? をただ見ている、投機家なのです。 ただ、彼らはリップルで盛り上がっている人達をずっと見ています。 リップルはダメだと言い切りましたが、まだ疑心暗鬼なんです。 ・もしかしたらまた爆上げが来るかもしれない? ・まだ20円から動かないから、しばらくはこのままだと思うしちょっと様子を見ておこう ・また上がりそうだったら購入すればいいや などなど。 なぜ疑心暗鬼なのか? リップルの計画していることことの進展具合が大きいからです。 他のアルトコインと比べると、群を抜いて突き出ています。 だめだと言い切ったはずの通貨がどんどん先に進んでいるので、 「こんなはずはない。 XRPは無価値だ」 そう言い聞かせているようにも見えますね。 このように否定をしている人達は、リップル社の人間でもなければ銀行に携わっている訳でもありません。 ただの一般の投機家です。 もちろん内情を知ることもなく、自分の予想、考えだけで発言をしています。 当たれば、「ほら、やっぱりね」、はずれたら「まーそういうこともある」で終わりますね。 リップル社はリップルネットワークを広げるために開発とインフラ整備に一生懸命注力しています。 その甲斐もあってみなさんもご存知かと思いますが、様々な銀行との提携や、国際送金を実現しています。 あなたも長期的な視野で見つめ直してみてはどうでしょうか? 国際送金関係はこのあともどんどん実現しています。 2019年8月MoneyGramがxRapidを利用した国際送金を開始。 2019年8月アメリカのPNC銀行がRippleNetを利用した国際送金を開始。 2019年11月タイのアユタヤ銀行がタイとラオス間でRippleNetを利用した国際送金を開始。 2020年2月イギリスのAzimoがODLを利用したフィリピンへの国際送金サービスを開始。 2020年3月タイのDeeMoneyがRippleNetを利用した国際送金を開始。 2020年4月Azimoとサイアム商業銀行がイギリスータイ間でRippleNetを介した国際送金を開始。 本日は以上になります。

次の

リップル(XRP)が上がらない6つの理由!今後はどうなるの?【2019年最新】

リップル 上がら ない

Ripple(リップル)XRP上がる!上がらない理由の信者は今後も負け組 Ripple(リップル)XRP上がる!上がらない理由の信者は今後も負け組• 2020. 更新日:2020. Ripple(リップル)の仮想通貨XRPの価格がなかなか上がらないことが理由で不安になっていませんか? 誰かがネットに書き込んだ「XRPが上がらない理由」を信じてしまい、不安になっていませんか? 確かに、価格が上がらないXRPを見ていると不安になりますし、上がっている他の銘柄が羨ましくもなりますよね。 「結局XRPが上がらないなら、その資金で他の仮想通貨を購入しておくべきだった」、「そもそもXRPは価格が大きく上昇する仕組みになっていないのではないか」等、マイナス思考に陥り、ネット上で見かける不安要素ばかりが目に写るようになってしまうものです。 しかし、そういった不安要素を提示してくる情報源は本当に正しいのでしょうか。 このページでは、下記の内容を解説しています。 本当にあなたのことを思ってアドバイスしてくれる都合の良い人物は、そんなに多くいるわけがありません。 例えば、以下のようなものですね。 ・XRPに投資しないことが正しいと自分に言い聞かせたいから ・本当は買いたかったが、安値で拾えず、チャンスを逃したと後悔しているから ・過去に狼狽売りして大損したが、そのときの判断が間違っていたと認めたくないから ・XRP以外の仮想通貨に期待しており、嫉妬しているから ・XRPが普及すると困るから ・XRPを保有しておらず、高みの見物をしているから ・注目されたいから 挙げるとキリがありませんが、共通していることは、どれも自分本位な動機によるものということですね。 それらしい根拠を挙げ、いかにも正しい理論であるかのように示してきますが、そのまま信じ込んではいけません。 会ったことも見たこともない他人が流した情報を鵜呑みにし、それに影響を受けて自分の行動を変えていては、おそらく今後も大きなリターンを得られないまま終わります。 それでは、どのような情報源を信用すれば良いのでしょうか。 それだと運営側が詐欺であった場合、そのままストレートに騙されるだろうという反論があるかと思いますが、 そこで運営側を信じるか信じないか、あなた自身がフィルターとなるのです。 プロジェクトに将来性があって価格が上がる見込みがあるのかどうか、あなた自身が判断し、見込みがあるという結論に至ったのであれば、リップル社の情報を信用してください。 もっと言うと、リップル社の情報をチェックし続け、見込みがあるかどうか、その都度判断するという作業を繰り返してください。 例えば、次のような情報がリップル社のブログに掲載されていますが、この情報を見て信用できるかどうか判断します。 XRPの大量採用の時期への転換点は、常に近づいている 以下は、XRPを含む仮想通貨が一気に大量に採用され、広く普及する時期への転換点が近づいているという内容の記事になります。 It appears that digital asset markets are still undergoing a period whereby real-world utility and adoption are catching up with some of the speculative hype. XRP has boasted tremendous growth as a global payment asset in the last year or two, as elaborated above in this article. However, the growth potential of transformational technologies tends to unfold exponentially. Therefore, the markets tend to overestimate the impact in the short term, but underestimate it in the long run. As institutional-grade infrastructure continues to be built, and real-world problems are increasingly solved using digital assets like XRP, the tipping point to critical-mass adoption is constantly moving closer. <意訳> 大量採用の転換点 今日の仮想通貨市場は過去最高の流動性に達しているが、仮想通貨の価値は低いままです。 実用性や採用規模に伴う本質的な価格が、投機目的の誇大広告によってつり上げられた価格に追いつこうとしている段階にあります。 XRPはこの1〜2年でグローバルな支払手段を提供する資産として驚異的な成長を遂げましたが、革新的な技術の成長ポテンシャルは指数関数的に広がる傾向があります。 したがって、短期的には過大評価されている状態にあると言えますが、長期的には過小評価されている状態にあります。 インフラが整備され、XRP等の仮想通貨を使用して現実の問題が解決されるにつれ、大量採用への転換点が常に近づいています。 要約すると、「XRPを含む仮想通貨の現在の価格は、全体的に実質的な価値以上の価格を推移しているが、世の中を変える技術というのは指数関数的に、爆発的に普及する傾向にあり、仮想通貨においても大量採用への転換点が今後訪れることになる。 市場の評価というものは、短期的には過大評価してしまい、長期的には過小評価してしまっているものである。 」という趣旨になります。 このような情報を見たときに、リップル社のこれまでの動向も踏まえた上で吟味し、客観的にとらえ、あなた自身の判断で投資すべきかどうか決断を下す必要があります。

次の