パウパトロール 車体番号。 Санаторий каменная гора

日産・パトロール

パウパトロール 車体番号

【RAIN-X】 レインエックス カーカバー M・L・XL サイズ 3層構造でUV加工がされており、水はけが良く湿気に強い、 高品質な自動車カバーです。 (セダン用) ボディと接する裏地はとても柔らかいソフト素材で、 大切なお車を傷めないよう配慮されてます。 装着しやすい2点のストラップ付きで、 装着後のカバー離脱も防げます。 カバー保管袋付き。 8cm x 152. 4cm x 121. 9cm(例:ヴィッツ、リーフ、マーチ、S2000) L:505. 4cm x 154. 9cm x 129. 5cm(例:プリウス、フィット、スィフト、レガシー) XL:581. 7cm x 149. 9cm x 129. サイズがギリギリの場合、幅が広い車だと足りなくなる場合がありますので、 少し余裕を持ったサイズをお選びください。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は西濃運輸でお届けいたします。 ・ご注文確認後(前払いの場合はご入金確認後)2営業日以内の発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前][午後]です。 再配達ですと細かな時間指定が可能です。 領収書は同封いたしておりませんので、保証期間内はご注文内容メールを削除されません様にお願いいたします。 領収書ご希望の場合は必ずご注文時に備考欄よりお申し付け下さい、商品と共にお送りさせて頂きます。 有料にてラッピングや熨斗を付けるサービスも行っております。 コストの削減分は商品価格にてお客様に還元させて頂いております。 なにとぞご理解下さいます様、お願い致します。 贈り物にご使用でお困りの場合はご相談下さい。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 店舗連絡先:ajmart shop. rakuten. rakuten. メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

【楽天市場】【RAIN

パウパトロール 車体番号

概要 [ ] 「レスキュー・アクション・アドベンチャー」をテーマとして、人間の少年・ケントと「パウ・パトロール」と呼ばれる様々なアイテムを搭載した6匹 の子犬による活躍が描かれる。 原案は「」のキース・チャップマン。 2013年8月よりで放送されて以降、世界160か国以上の国や地域で放送され、視聴率1位を記録している。 のために日本語吹き替え版は2019年4月放送開始。 日本語吹き替え版ではエンディングにりゅうせいお兄さん(演:龍井一磨)がパウパト・ダンスをレクチャーするシークエンスが組み込まれており、各地の幼稚園を訪問し園児と共に踊る回もある。 登場人物 [ ] パウ・パトロールの仲間 [ ] 各自専用のビークル(乗り物)を担当している。 子犬たちのビークルは普段は犬小屋になっていて、出動時にビークルに変形する。 子犬たちは背中にパウパックというリュックサックを背負っていて、子犬ごとに異なる能力を有している。 アドベンチャーベイでトラブルが発生すると、街の住民から彼に連絡が入り、すぐに駆け付けて解決する。 パウ・パトロールの子犬たちの招集、出動の指示をするほか、一緒に現場に赴いて指示や対応を行う。 担当するビークルは「ダッシュバギー」。 車体番号は01。 地形に応じてジェットスキーやスノーモービルに変形する。 テーマカラーは青。 パウ・パトロールの子犬たちのリーダーで、ケントに招集された際には「パウ・パトロール全員集合したぜ!」と報告を行う。 警察犬のように嗅覚を生かした捜査を行うことが多いが、のため猫や羽毛の匂いを嗅ぐとくしゃみが出てしまう。 日本語吹き替え版の決め台詞は「俺の正義が騒ぐぜ!」。 パウパックからは「チェイスメガホン」「ネットランチャー」「サーチライト」が出てくる。 担当するビークルはの「ポリスカー」。 車体番号は02。 ウィンチを使って重いものを引っ張ることができる。 シーズン2からはスパイの装備も使うようになる。 スパイ仕様時のパウパックからは「ジップライン」とライトが出てくる。 スパイ仕様時のビークルは「スパイクルーザー」で、カメラ付きのドローンを搭載している。 テーマカラーは赤。 おっちょこちょいなムードメーカー。 招集時や出動時に転ぶことがお決まりになっている。 日本語吹き替え版の決め台詞は「パウパウ!燃えてきたぁ~!」。 パウパックからは「ウォータージェット」が出てくる。 担当するビークルはの「ファイアートラック」。 車体番号は03。 放水したりはしごを伸ばしたりすることができる。 シーズン2からはレスキュー隊員仕様の装備も使うようになる。 レスキュー隊員仕様時のパウパックからはレントゲンスクリーンと救命道具が出てくる。 レスキュー隊員仕様時のビークルは救急車のレスキュートラック。 テーマカラーはピンク。 バク転が得意。 日本語吹き替え版の決め台詞は「ビュビューンとひとっ飛びよ~!」。 パウパックからは「フライウィング」が出てきて、空を飛ぶことができる。 担当するビークルはの「フライングヘリ」。 車体番号は04。 テーマカラーは黄色。 元々はパウ・パトロールのメンバーではなく、ジェイクの救助活動に協力した手柄を認められてパウ・パトロールに入隊した。 クモが苦手。 日本語吹き替え版ではで喋る。 日本語吹き替え版の決め台詞は「ブルッと任しとき!」。 パウパックからは「パワーショベル」が出てきて、土を掘ったり、物を運搬することができる。 担当するビークルはの「パワーブルドーザー」。 車体番号は06。 バケットで岩などを運んだり、ドリルで穴を開けたりできる。 テーマカラーは緑。 不要になったものをリサイクルして役立てるのが得意。 日本語吹き替え版では語尾に「~であります」をつけて喋る。 水に濡れることが嫌い。 日本語吹き替え版の決め台詞は「くるくるくるくるリサイクル!」。 パウパックからは「マジックアーム」が出てきて、物をつかむことができる。 他にも「ラチェットアーム」など様々な工具が出てくる。 担当するビークルはの「クリーンクルーザー」。 車体番号は05。 バケットの中には様々なリサイクル用品が搭載されていて、事件解決のための道具を制作する。 テーマカラーはオレンジ。 主に海の救助を担当する。 日本語吹き替え版の決め台詞は「ノってノってノっちゃうよ!」。 パウパックは空気ボンベになっているほか、「プロペラスクリュー」が出てきて、水中で素早く移動することができる。 担当するビークルは水陸両用車の「」。 車体番号は07。 水上を走行でき、救命浮き輪を搭載している。 シーズン2からはサブマリン 潜水艦 モードの機能が追加される。 ロボドッグ(Robo-Dog) ケントが開発した子犬型ロボット。 本物の犬のように穴を掘ったり、ジェットで空を飛ぶことができる。 リモコンで操作されるが、尻尾型のアンテナが壊れると制御不能になり暴走してしまう。 メスの。 元々は雪原に暮らす野良犬で、ジェイクを助けた手柄を認められてパウパトロールへ入隊した。 日本語吹き替え版の決め台詞は「超超超超がんばるっしょ!」。 担当するビークルは雪上車の「スノーキャット」。 車体番号は09。 チカレッタというニワトリを飼っている。 本名はボレイショ・タルボット。 の観察をよく行っている。 フランソワ・タルボット(声 - )という名の従兄弟がいる。 カリという猫を飼っている。 ポーターさん(Mr. アレックスの祖父。 農場には牛のベティーナやニワトリたちがいる。 運転士 声 - 列車の運転士。 ウォーリー(Wally) 海に住む。 食いしん坊で人懐っこい。 その他 [ ] ライバール市長(Mayor Humdinger) 声 - スタッフ [ ]• 原作 -• 制作協力 -• アニメーション制作 - Guru Studio(カナダ)、Spin Master Entertainment(アメリカ)• 日本語版製作 - パウ・パトロール製作委員会(タカラトミー、小学館、、、テレビ東京)• 日本語版の連載 - 「」「」「」「」「」、「最強のりものヒーローズ」 日本版実写エンディングスタッフ [ ]• 出演者 - りゅうせいお兄さん(龍井一磨)• ディレクター - 西島一石• プロデューサー - 田島基宏 放映リスト [ ] シーズン1(2013年 - 2014年) [ ] 話数 サブタイトル 原題 放送日 1 7b パウ・パトロールしゅつどう! Pup a Doodle Do! 8b マーシャルのちょうせん Pups Fight Fire! 2 1a フラウンダーごうをすくえ! Pups Make a Splash! 4a せんろでききいっぱつ! Pup Pup Boogie! 3 18 イースターのたまごをさがせ! Pups Save the Easter Egg Hunt! 4 3 こねこといっしょにおおさわぎ! Pups and the Kitty-tastrophe 2013年 ケイティからのSOS Pups Save a Train! 5 4b とうだいのあかりをつけろ! Pups in a Fog 8月19日 5a マーシャルとモッフィー Pup Pup Goose! 6 7a ぞうのエリーをさがせ! Pups Save the Circus! 8月21日 8a アレックスをとめろ! Pups Pit Crew 8月26日 7 12b ウォーリーをすくえ! Pups Save a Walrus! 19a ミラクルラブルさんじょう! Pups Save a Super Pup! 2014年 8 19b ロボドッグだいぼうそう! Pups Save Ryder's Robot! 13a くいしんぼうはだれだ? Pups Save the Bunnies! 2013年 9 13b おしゃれコンテストへのみち Pup-tacular! 14a きれいなうみをまもれ! Pups Save the Bay! 10 14b どうぞうはどこ? Pups Save a Goodway! 15a カウボーイだいさくせん Pups Save a Hoedown! 11 15b アレックス・パトロールしゅつどう! Pups Save Alex! 16a きえたあかいリュック Pups Save a School Day! 12 16b チェイスのサプライズバースデー! Pups Turn on the Lights! 17b パウパウサーカスがやってきた! Circus Pup Formers 13 20 ついせき! おさるパトロール Pups Go All Monkey! 2014年 たすけて! ふうちゃんのママ Pups Save a Hoot! 14 17a たいへん! プールのみずがない! Pups Save a Pool Day! 2013年 10月30日 12a はじめましてラブル! Pups Get a Rubble! 9月17日 15 2a がんばれ! うみがめのあかちゃん Pups Save the Sea Turtles! 21b はいしゃさんなんてこわくない! Pups Save a Toof! 2014年 16 22a パウ・スカウトでキャンプ! Pups Save the Camping Trip! 5b ドタバタ! ききゅうレース Pup Pup and Away! 2013年 8月22日 17 22b カメさんのおひっこし Pups and the Trouble with Turtles 2014年 2月22日 6a ゆきやまでパウ・レスキュー! Pups on Ice 2013年 18 2b きゅうしゅつ! クジラのあかちゃん Pups and the Very Big Baby 8月20日 23a アレックスとまめのき Pups and the Beanstalk 2014年 19 23b タルボットせんちょうのいとこ Pups Save the Turbots! 6b モンスターをおえ! Pups and the Snow Monster 2013年 9月9日 20 24a あらしのダンスバトル Pups and the Lighthouse Boogie 2014年 9a おやつだいピンチ! Pups Save the Treats! 2013年 21 24b ケントをすくえ! Pups Save Ryder! 2014年 3月8日 9b ゆきやまであそぼう! Pups Get a Lift! 2013年 9月12日 22 1b パウっとしゅうかくおてつだい Pups Fall Festival 8月27日 25a パウパウ! しょうがいぶつレース Pups Great Race 2014年 23 10 ゆうれいせんとハロウィン Pups and the Ghost Pirate 2013年 24 25b パクっと! ケーキコンテスト Pups Take the Cake! 2014年 3月15日 21a まいごのコウモリ Pups Save a Bat! 2月15日 25 11 サンタクロースのおてつだい Pups Save Christmas! 2013年 26 でんせつのだいかいぞくあらわる Pups and the Pirate Treasure 2014年 シーズン2(2014年 - 2015年) [ ] 話数 サブタイトル 原題 放送日 27 きえたさかなのなぞをおえ! Pups Save the Penguins! 2014年 げんきいっぱい! イルカのあかちゃん Pups Save a Dolphin Pup! 28 こんばんはうちゅうじん! Pups Save the Space Alien! ジャンプジャンプ スマイリー! Pups Save a Flying Frog! 29 32 あたし、エベレスト! The New Pup 30 29 どうくつでパウ・レスキュー! Pups Save Jake! パウパウパレードはおおそうどう! Pups Save the Parade! 31 30 かいていだいぼうけん! Pups Save the Diving Bell! ビーバーパニック! Pups Save the Beavers! 32 31 イタズラおばけをつかまえろ! Pups Save a Ghost! アーサーおうとパウのきし Pups Save a Show! 33 のろわれたいせき Pups' Jungle Trouble にげたヒツジをおえ! Pups Save a Herd! 34 ツルっとたいへん! おおゆきのひ Pups and the Big Freeze パウっとけっせい! バスケチーム Pups Save a Basketball Game! 35 とべ! エースのひこうき Pups Save an Ace! ユミとアルのけっこんしき Pups Save a Wedding! 36 パウ・バンドけっせい! Pups Save a Talent Show! ポップポップ! ポップコーン Pups Save the Corn Roast! 37 マーシャルのおるすばん Pups Leave Marshall Home Alone!? ツルツルきゅうしゅつさくせん Pups Save the Deer! 38 まいごのオウムをさがせ! Pups Save the Parrot! ミツバチのおひっこし Pups Save the Queen Bee! 39 まほうのよるに… Pups Save a Mer-Pup! 40 バナナだいさくせん Pups Save an Elephant Family! ニャン・パトロールしゅつどう!? Pups and the Mischievous Kittens 41 マーシャルのいえで Pups Save a Friend! こおりのうえでだいぼうそう! Pups Save a Stowaway! 42 ふたごのめっちゃかくれんぼ Pups Adventures In Babysitting こぶたとはなびとなつのよる Pups Save the Fireworks! 43 かぜひきパウ・パトロール Pups Save a Sniffle! まるたごやのオバケ Pups and the Ghost Cabin 44 パウ・スカウトでたきび! Pups Save an Adventure! パウ・パトロールのたいへんないちにち Pups Save a Surprise! 45 もえよ! パウパウけん Pup-Fu! 46 グッドウェイしちょう めざせいちばん! Pups Save the Mayor's Race! どろぼうのたからもの Pups Save an Outlaw's Loot! 47 ウォーリーはどこ? Pups Save Walinda! はっくつ! きょうりゅうのほね Pups Save a Big Bone! 48 フランソワとまぼろしのしろクジラ Pups Save a Floundering Francois! ペンギンとおいかけっこ Pups Save the Pop-Up Penguins! 49 トラブルいっぱい! スノーボードレース Pups Save a Snowboard Competition! せんすいかんをとりもどせ! Pups Save a Chicken of the Sea! 50 パウパウ! ピザパーティー Pups Save a Pizza! スカイをすくえ! Pups Save Skye! 51 ロックン・パウライブ! Pups Save the Woof and Roll Show! チカレッタがおちちゃった!? Pups Save an Eagle! 52 きょうりゅう だいパニック! Pups Bark with Dinosaurs! テレビ東京 2019年3月5日. 2019年3月7日閲覧。 電撃ホビーウェブ. アスキーメディアワークス 2019年2月27日. 2019年3月7日閲覧。 小学館 2019年12月19日. 2020年1月19日閲覧。 龍井一磨(りゅうせいかずま) 2019年8月9日. 2020年1月19日閲覧。 www. tv-tokyo. 2020年1月19日閲覧。 2019年11月16日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語) 前番組 番組名 次番組.

次の

パウ・パトロール

パウパトロール 車体番号

同エンジン番号打刻 (26年)9月、が完成。 同年に行われたの要請による小型トラックのに加わり、の生産車であるに敗れ、その後、の道に活路を見出した経緯は(以下BJ型)と同様である。 車両の構成もBJ型と非常に近く、に、前後・と、大型用を組み合わせる手法を採っている。 エンジンは3. 7LのA型系(NA)で、基本型の最大出力は82psであったが、程なくNT85(日産トラック85)型の通称を持つ、85psのものに変更された。 00-16でジープと同じであり、プライ数のみが異なる。 ホイールは4. 駆動系は3ポジション(4WD・ニュートラル・2WD)のを介して動力を分配し、でフロントに伝達するで、リアへはトランスファーのメインシャフトと同軸でプロペラシャフトが伸びる、フロントオフセット・リアセンタースルーのドライブレイアウトとなる。 を省略した構成は、やはり大での大きなエンジンを持つ、BJ型と同様である。 この種の車両としては重要となる、などの各種作業に対応するため、の装備も可能となっている。 トヨタとの違いはフロント周りで特に顕著で、BJ型は長いエンジンをほぼフロントアクスル後方()に収めるが、4W60型ではアクスルにオーバーハングする形を採っており、全長に対する有効スペースは僅かながら大きい。 そのため、フロントとの干渉を防ぐため、エンジン搭載位置はやや高くなっており、は薄く、フロントデフキャリアにも「逃げ」がある。 また、両車のエンジンが直列6気筒であることも共通だが、がのコピーで4ベアリング・であったに対し、日産・NA型はに米グラハム・ペイジ()から原設計を買い取って作られた7ベアリング・である。 唯一、水平方向としたラジエータカバーの長穴に、かろうじてオリジナリティーが見て取れる。 エンジン高の関係から、ボンネット全体はジープはもとよりトヨタ・ジープBJ型のそれに比べても高く、量産型では干渉を防ぐため、フードの中央はさらに一段高くされた。 主にに納入された経緯や、車が設定されていた点もBJ型と同様である。 組み立てはに委託され、資本提携を開始した新日国工業(現・)の他、生産が本格化した4W61型からはも参加している。 (昭和30年)? には改良型のB型(NB)エンジンを得て、4W61型となる。 民間用としてふさわしいデザインへの試行も行われ、エンジンフード中央が一段と高くされたほか、平面であったラジエターカバーが中折れ形になり、の装飾も加えられた。 当時、日産と新日国工業はジープの顔を持つ乗用車として異彩を放った(節約・倹約の意)の生産も行なっており、と共に上陸したジープが日本の工業界に与えた衝撃の大きさがうかがえる。 (昭和33年)10月、エンジンの排気量が4. 0Lに拡大されたC型(NC)となり、4W65型となる。 (昭和34年)、C型の発展型である4. 0Lの(160系サファリ登場の際に一部改良が行われP40型と改称)が搭載され、型式が4W66型となる。 先代のジープ亜流を脱し、Sr I - Sr IIA にも通じる、大きな箱形フロントを持つスタイルへ変更される。 トヨタ・ジープBJ型の後継であるは、(昭和47年)からを別型式(別系列)としたが、パトロールはや車型に関わらず、全てが同じ型式系列であった。 は「ファイヤーパトロール」の名で販売され、やにとどまらず、大排気量エンジンを生かしたA2級ポンプの放水能力を買われ、広く全国に配備されていた。 一方、ポンプへの動力を断続するレバーはすべてのファイヤーパトロールに備わる。 これとは別に、通常の幌型パトロールもとして、都市部を含む多くの消防署に配備されていた。 、三代目パトロール(日本名;)の発表に伴い、生産終了となった。 には配備の車両は殆どが車に更新され、その後は山間地や地のでもキャブオーバー車の配備が進み、後継のサファリ消防車やランドクルーザー消防車など、ボンネット型消防車の採用は減っていった。 また、へのルートができたことで、国内の旧い四輪駆動車や消防車は急速に数を減らし、ファイアーパトロールは限られた消防団と事業所(内)のの配備車や、が所有する程度しか日本国内に残存していないと推測される。 ショート:2,200mm• K60• ロング:ホイールベース2,500mm• ソフトトップ• G60• ハードトップ• KG60• VG60• WG60• 消防用シャーシ• G60改• スーパーロング:ホイールベース2,800mm• VH60• 消防用シャーシ ファイヤーパトロール• FH60 エンジン• P型 3,960cc (標準車)• PF型 3,960cc (消防車) PF型エンジンは、標準のP型エンジンに消防仕様として以下のような変更点が見られる。 (比較参考にしたのは1975年式消防車と1971年式標準車)• の急激な変動(空気を吸った場合など)に対し、エンジンの過回転()を防止する(ガバナー)が取り付けられている。 これはからベルトで駆動させ、過回転を検出するメカニカルガバナーと、それによって操作され、強制的に吸気通路を閉じて回転の上昇を防止する、第二のバルブ(との間に設置される)で構成されている。 に、上記のガバナーから駆動される機械式が設置されているが、これには回転数表示のほか、エンジンメンテナンスの目安となる積算計が装備されている。 この積算計は等で一般的な「時間」を基準としたアワーメーターではなく「累計回転数」であるのがユニークである。 運転席計器盤にが設置されている、この為には油温が取り付けられている。 (発電機)も標準車の35から45Aに強化され、それに伴い、運転席計器盤に装備のアンメーター()もスケールの大きなものに変更されている。 外部電源による冷却水(寒冷地仕様など一部の車両については用も)の保温用ヒーターが取り付けられている。 これは現在の車と違い、これらの装備がない場合、夏季であってもが完了するまで息つき等を起こして、まともに走ることがままならないという事情から、即動を要求される消防車では必須装備であった。 消火作業中は走行風による冷却が期待できないことから、放水用ポンプから導いた水を用いた水冷式エンジンオイルクーラーと、サブを追加装備している。 これらの冷却に使われた水は車外に排出される垂れ流し式である。 については、標準車は1973年(昭和48年)以降は乾式フィルターになったとされているが、消防車については従来どおり、のようなオイルバス式(湿式)が選択できた。 トランスミッション• 4輪駆動:3速• 2輪駆動:3速MT 消防車には、ギアの冷却用に、放水用ポンプから導いた水を利用するギアオイルクーラーが装備される。 トランスファー• 4輪駆動:リア・オフセット、フロント・オフセット型、2速付き。 2輪駆動:トランスファーなし。 アクスル・ディファレンシャルギア• 4輪駆動車はフロント、リア共にオフセット式アクスルを採用。 4輪駆動車に関しては、フロントアクスルは軽荷重(積載量400Kg)、重荷重(積載量750 Kgか、消防車)共に共通のビルドアップ式で、はC216型であった。 リヤアクスルについては、軽荷重仕様と重荷重仕様があり、構造が異なる。 前者がビルドアップ(組み立て型・デフキャリアにパイプを差し込んでホーシングを形成している都合、デフキャリアとホーシングは一体構造)式アクスル(デフはC216型)、後者がバンジョー(成形されたホーシングに、別部品のデフキャリアをボルトで組み付けてある)式アクスル(デフはH260型)であった。 同じP型エンジン搭載の四輪駆動車でも、より重荷重・高負荷で使われるはスプリット(左右分割)式• 4輪駆動車に関しては、ファイナルギヤレシオ(最終減速比)は、車体重量が1. 7トンクラスである標準車での使用を考えてもやや高めの 1:4. 111 の一種類しか設定されなかった(似通ったガソリンエンジンを積む FJ40系では、さらに高い 1:3. 363 - 3. 700、消防用シャシで 1:4. 1111 の設定)。 消防車の一部に設定される2輪駆動にはトラック的な低いファイナルギヤレシオが与えられ、ローレンジを持たないハンディを補っている。 サスペンション• フロント、リヤ共にリーフ・リジッド式で、前後に式を持っていた。 リーフスプリングは乗り心地を考慮して両端に行くほど板厚が薄くなる様に加工されたテーパードリーフを採用しているのが特徴となっている。 このコストがかかるスプリングは、トヨタ・ランドクルーザーでは使われたことがない。 サスペンションストロークを大きく採る目的で、リーフスプリングのスパン(長さ)がフロント1,100ミリ、リヤ1,300ミリと当時のこのクラスとしては破格に長い物となっており、同年代のランドクルーザー40系が前後共に同じスパン(数値的にはパトロール60型のフロントよりもやや短く、結果サスペンションストロークも小さい)のリーフスプリングを採用していたのと対照的である。 歴史 [ ]• (昭和43年)12月頃が仕上げの3x3本スポークから、全被覆の2本スポークへ変更された。 (昭和48年)頃、法規に適合させるため、それまでの白色でとクリアランスを兼用したランプから、のターンランプと白色のクリアランスランプの、独立したものに変更された。 合わせてもそれまでのストップ・テール・ターンシグナル共用の丸形赤一灯式から、に使われているものと同じ、アンバー・赤・白のレンズを持つ矩形横長のコンビネーションランプに変更された。 1973年(昭和48年)頃、法規に適合させるため、フロントフェンダーに回転突起物(フロントハブ部)対応のエクステンション(オーバーフェンダー{初期のものは木製であったという説があるが、1975年(昭和50年)式消防車の実例では鉄板の品であった}、通称))が装備された。 これは元来フロントアクスル先端のハブ部が極僅かであるがフェンダーよりはみ出していたものが、法規の改正で認められなくなった為の処置。 このフロントアクスルがネックとなって全幅が1. 7メートルを越えてしまう都合、仮にをラインナップしたとしてもランドクルーザー40系のように維持費の安い(小型貨物自動車)登録は不可能であった。 (昭和49年)頃?にクラッシュパッドが追加された。 (昭和50年)頃?法規に適合させるため、全幅(車体後部の幅)が広いファイアーパトロールの光軸間隔が広げられる。 フロントフェンダー前端との干渉を避けるため、前照灯自体が前方に突出している。 1975年(昭和50年)頃?が2本から3本となり、払拭面積が拡大した。 (昭和54年)9月、昭和54年適合となり、型式が「J-G61」、「J-FH61」となる。 この際前席足元の(スカットル)(通称蹴飛ばし窓)が廃止された。 その他 [ ]• の場合は型式の先頭「L」が付与される(例:LKG60)。 では「ジョンガ」()の名でまでおよびが行われ、にも納入されていた。 (平成27年)8月、は、(平成28)年度をもって(平成10年)5月に導入以来、実に18年間に渡って販売が続けているY61型系の販売を全て終了することを発表。 ディーゼルエンジン搭載のヘビーデューティ用途にはをベースとしたワゴンタイプを導入して対応する。 6代目 Y62型系 (2010年 -) [ ] 日産・パトロール(6代目) Y62型 販売期間 - 8人 5ドア 駆動方式 7AT、6MT 全長 5,170mm 全幅 1,995mm 全高 1,940mm 3,075mm 車両重量 2,780kg 2月発表。 Y62型系は主になどのの向けとして開発され、同時に日産SUVのと位置づけられ、堂々かつ洗練されたスタイルとなり、内外装の高級感も増している。 車体寸法と室内容積も大幅に拡大している。 初めて背面を廃した。 3代目(のちにQX80に改称)と共通設計でもあり、従来モデルとは性格が大きく変わっており、ディーゼルエンジン、キャブシャーシ、ショートボディの設定は無く、それらが必要な市場向けには、従来のY61型系が継続販売される。 本モデルより生産がに移管されている。 また、日産車初採用となる「」()は、車線変更やコーナリング時のを抑え、舗装路での快適な乗り心地となどの悪路での安定性を確保する。 エンジンはにも搭載されている新開発の5. 排気系の設計やとのセッティングはサファリに合わせて重視とされ、最大出力400ps、最大トルク56. 1kgmとなっている。 組み合わされるトランスミッションは7速ATのみである。 「」、「」、「」、「」の4モードに切り替えが可能で、やなども採用され、オフロードでの運転操作が容易になっている。 北米市場においては、より2代目としても販売されるため、QX50、パトロールとともに3兄弟体制となった。 車名の由来 [ ] 「パトロール」はの「」、「」、「」、「」、「」、「」を意味する。 なおでもの仕様車をの名で(昭和30年)から(昭和32年)まで製造していた。 脚注 [ ] 注釈 [ ] [].

次の