年金 生活 者 支援 金。 年金生活者支援給付金とは?

10月1日から『年金生活者支援給付金制度』がはじまります

年金 生活 者 支援 金

「給付金」の支給期間は、2020年3月分までで、4月分から「給付金」が支給されなくなるということはありません。 「給付金」の支給期間は、8月分から翌年7月分がひとつのサイクル期間となっているからです。 さらに、給付額は毎年度、物価変動に応じて改定される。 仮に平成30年中の「前年所得額」は「平成31年度の所得基準額(779,300円)」以下であったとしても、平成31年中は人手不足ということもあり、がんばって働いて、「前年所得額」(この場合、平成31年中の年金収入とその他の所得をいう)が、「所得基準額」(この場合、この「所得基準額」は2020年度・令和2年度の所得基準額であり、「779,900円」となる見込み。 )をオーバーし、85万円になったとしましょうか。 「前年所得額」85万円というのは、「所得基準額」を超えており、「老齢給付金」は受給できなくなります。 しかしながら、「補足的所得基準額」(879,900円)以下であり、他の受給資格要件を満たしているとすれば、「補足的老齢給付金」は受給できるということになります。 制度スタート時の2019年10月分から2020年7月分までは「老齢給付金」が支給され、2020年8月分からは「補足的老齢給付金」が支給されることになります。 なお、この2020年8月分から、「補足的老齢給付金」の支給を受けるために、新たな請求手続きは、いりません。 不要です。 しかしながら、「老齢給付金」や「補足的老齢給付金」を受給していた人が、いずれも所得基準額などで、受給要件に該当しなくなり、その後一定の期間を経て、該当するようになった場合については、あらためて、請求(「認定請求」)を行う必要があります。 何も手続きをしなくて、翌年の8月分から、自動的に金融機関の口座に、「老齢給付金」または「補足的老齢給付金」が振り込まれるということはありません。

次の

e

年金 生活 者 支援 金

年金生活者支援給付金とは? 2019年10月1日から 年金生活者支援給付金制度が始まり、所得が一定以下の年金生活者は給付金を受け取ることができます。 これは消費税の10%への引き上げを財源として支給されるものですが、一時的なものではなく恒久的な制度のため継続して受け取ることができます。 老齢年金生活者支援給付金• 障害年金生活者支援給付金• 遺族年金生活者支援給付金 給付金額や支給要件に違いはありますが、例えば「老齢年金生活者支援給付金」の場合は基準額が5,000円のため、年額6万円程度の給付金になるケースもあります。 ただし、あくまで基準額であるため、これよりも少ない金額になることもあります。 また、「老齢年金生活者支援給付金」はパートなどで働く高齢者で一定の収入があれば支給要件から外れてしまうこともありますが、「障害年金生活者支援給付金」や「遺族年金生活者支援給付金」では 収入に対する要件が緩めになっています。 上記の種類によって支給要件にそれぞれ違いがあるため注意しましょう。 「老齢年金生活者支援給付金」の支給要件 「老齢年金生活者支援給付金」の場合、基準額は5,000円のため、年額では6万円程度になり、また1回のみのではなく恒久的な制度となっています。 ただし、誰でも受け取れるわけではなく支給要件は以下のようになっています。 【 老齢年金生活者支援給付金】 (1)65歳以上の老齢基礎年金の受給者である。 (2)同一世帯の全員が 市町村民税非課税である。 このなかで(2)の「同一世帯の全員が市町村民税非課税」については、均等割も含めて非課税という意味です。 例えば、年金額が月5万円、パート収入が月6万円の場合、パート収入の給与所得は給与所得控除を差し引いてゼロになるためは非課税になり、合計額が60万円という計算になります。 このような場合は「老齢年金生活者支援給付金」をもらえる可能性がありますが、同一世帯の全員が市町村民税非課税といった条件についても考慮に入れる必要があります。 以前の臨時福祉給付金では、世帯分離していても課税者の扶養となっている場合などは対象外でしたが、今回は特にそのような要件は見当たりません。 また(3)については、公的年金等の「 収入金額」とその他の「 所得」となっていますので、に注意しましょう。 そのほか、「障害年金生活者支援給付金」や「遺族年金生活者支援給付金」については以下の支給要件となっています。 【 障害年金生活者支援給付金】 (1)障害基礎年金の受給者である。 【 遺族年金生活者支援給付金】 (1)遺族基礎年金の受給者である。 上記のとおり、「障害年金生活者支援給付金」や「遺族年金生活者支援給付金」の支給要件は緩めになっているかもしれません。 パートで働く高齢者は収入要件を要チェック 特にパートで働く高齢者の場合など、一定の収入がある場合には上記の給の対象から外れてしまう可能性があるため注意が必要です。 例えば、月5万円の老齢基礎年金しかないため、パートでも働いて月10万円程度のパート収入も得て生計を立てている高齢者の場合は 住民税が課税されてしまいます。 このような場合には老齢年金生活者支援給付金はもらえなくなってしまいます。 ) ほんのわずかな違いによって貰えるか貰えないかの違いが出てきてしまうため、パート収入がある高齢者の方は注意しておくとよいでしょう。 当サイト運営者の場合、母親を自分の個人会社の役員につけて厚生年金を払っていたため、70歳から年金額が月額5千円が増えたのですが、厚生年金の会社負担分や本人負担分などを考えると100万以上の負担をしてやっと月5,000円がアップした記憶があります。 かなり大変な思いをしてやっと年金額で月5,000円が増えたという印象があるため、月5,000円といえども、かなり大きな金額であると感じています。 収入でうっかり支給要件から外れてしまわないよう、よく確認しておくとよいでしょう。

次の

年金生活者支援給付金の手続き|日本年金機構

年金 生活 者 支援 金

2.だれが給付金を受け取れるのか 年金生活者支援給付金は、 すべての年金受給者に給付されるわけではありません。 給付金の種類が3種類あり、それぞれに要件があります。 また、支給の要件とは別に、不支給要件もあります。 順に説明します。 (4)不支給要件 仮に上記の要件を満たしても、以下のいずれかに該当する場合、給付金は支給されません。 日本国内に住所がない場合• 年金が全額支給停止の場合• 刑事施設等に拘禁されている場合 3.年金生活者支援給付金を受け取るには? 年金生活者支援給付金を 受け取るためには「認定請求」という手続きが必要です。 手続きをしないと給付金はもらえないので、注意が必要です。 ここでは、年金生活者支援給付金の請求手続きについて説明します。 手続は、2019年4月1日以前から年金を受給しているか、以後に受給を開始するかで分かれます。 どちらも認定請求を一度行えば、以降は請求する必要はありません。 年金と同様に継続して給付されます。 年金を受給開始している人 2019年4月1日以前から年金を受給している方で、支給要件を満たしている方には、 2019年9月頃に日本年金機構から手続きの案内が送られてきます。 添付書類などは原則不要です。 受給開始が2019年4月2日以降の人 2019年4月2日以降に老齢基礎年金を受給開始する方には、老齢基礎年金の 新規手続きの案内に給付金の請求書が同封されます。 老齢基礎年金の手続きをする際に、合わせて請求書を提出する流れです。 障害基礎年金や遺族基礎年金を新規で手続きする場合は、年金の手続きをする際に合わせて請求書を提出します。 4.「いくら」給付金をもらえるのか 給付を受けている年金の種類によって、もらえる給付金額が違います。 (1)老齢年金生活者支援給付金 月額5,000円を基準にして、保険料納付済期間等に応じて計算されます。 保険料納付済期間のほか、前年の年金収入額とその他の所得額の合計によって給付額が変わります。 (2)障害年金生活者支援給付金 障害等級が2級の方は月額5,000円、1級の方は月額6,250円です。 (3)遺族年金生活者支援給付金 月額5,000円です。 ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,000円を子の数で割った金額がそれぞれに支払われます。 国(日本年金機構)で決定される給付金額については、2019年9月頃に送付される手続きの案内の中に、見込額が記載されています。 また、新規に年金の受給を始める方については、給付金の請求手続きをすると審査結果の通知が届き、その通知書の中に支給金額が記載されています。 給付金の受領方法は、年金と同じく、偶数月の中旬に前月分までが振り込まれます。 ただ、年金と同じ口座、同じ日に振り込まれますが、年金とは別の振り込みとなり、通帳には2つの振り込みが記載されます。 なお、 夫婦2人とも給付金の支給要件を満たしていれば、2人とも受け取れます。 6.消費税増税に伴う景気対策とは 消費税増税に伴い、景気対策や救済策としていろいろな対策が予定されています。 来年度予算案では、総額で2兆円以上盛り込まれました。 その対策の一つが「年金生活者支援給付金」です。 他にも景気対策や救済策があり、本サイトでもそれぞれ解説しています。 年金生活者支援給付金以外にも、皆さんにとっても有益な対策があると思いますので、興味がある方は各記事をご参照ください。 2019年10月1日からの消費税率の引き上げに合わせて導入されます。 7.最後に 皆さんもご存知のように、2019年10月の消費税増税に合わせて、いろいろな景気対策や優遇策が実施されます。 その中の一つが年金生活者支援給付金です。 税金など国に支払うお金は無条件に国に取られてしまいますが、逆に、年金など国から受け取るお金については請求しないと受け取れません。 年金生活者支援給付金の受給も同じです。 皆さんが請求しないと給付金は受け取れません。 対象者には、2019年9月ごろに日本年金機構から案内が来ます。 その時、請求することを忘れないようにしましょう。 なお、年金生活者支援給付金の請求は、窓口から書面で請求書が届き、こちらが返送しないと給付金が貰えないという仕組みなので、構造的に「オレオレ詐欺」の構造に似ています。 そのため、新種の「オレオレ詐欺」に使われるリスクも想定されます。 少しでも「おかしいな」と感じたら、ためらわずに「ねんきんダイヤル」または「お近くの年金事務所」まで問い合わせるようにしてください。 Ad Exchange.

次の