ランドロス育成論。 【USUM】ランドロスの考察記事!おすすめの技や持ち物と性格【ポケモンウルトラサンムーン】

ランドロス

ランドロス育成論

しかし、今の主流は メガライボルト+霊獣ランドロスのライボランドの並びです。 (もちろん、 ライボギャラナットもまだまだ現役の構築です) メガライボルト+霊獣ランドロスの並びのいい点は、霊獣ランドロスがとんぼ返りを覚えるためライボギャラナットよりも サイクルを回し+負担をかけやすい点になります。 強み 強み:環境のトップメタ 環境の採用率の高いポケモン(ガブリアス、ゲンガー、メガガルーラ、ファイアロー、メガバシャーモ、メガボーマンダ等)に対して明確な処理ルートが存在する。 メガライボルトが有利なポケモン:(メガ)ゲンガー,ゲッコウガ,ナットレイ,スイクン,ボルトロス,ファイアロ- 霊獣ランドロスが有利なポケモン:メガリザードンXY,ヒードラン,ギルガルド,メガクチート などなどが有利なポケモンです。 強み:とんぼルチェンによる、負荷性能 ボルトランドともに、とんぼルチェンを搭載することで 有利対面を常に作り続けることができます。 ともにSが早いため先制することができ、どんなPTにも対処できる処理能力も強みです。 強み:広い攻撃範囲 メガライボルト 採用技:10まんボルト,ボルトチェンジ,かえんほうしゃ,めざめるパワー 氷 霊獣ランドロス 採用技:じしん,とんぼがえり,いわなだれ,ばかぢから という技構成が一般的です。 非常に攻撃範囲が広いため、レートで多く使われるほとんどの相手を上から等倍以上の攻撃で攻撃することができるのが魅力です。 弱み メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロスの並びの弱みを列挙します。 数値受けできるポケモンを誘いやすい メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロス両方を何とかできる、 クレセリア、ポリゴン2、カバルドンなど物理・特防共に硬いポケモンを呼びやすいです。 最近流行しだした、,ねむカゴスイクンも重たいのが特徴 数値受けできるポケモンが多い受けループも突破ができない。 積み構築に弱い 上から殴れる素早さを持つ2匹でサイクルを回す強みを生かしきれなくなるため、 積み構築に弱いです。 起点ポケモンを止める手段がない場合、多くの場合負けてしまいます。 メガライボルト育成論 メガライボルトはこれ以外の型は存在しないと言ってもいいくらい、テンプレな型です。 メガライボルトの動かし方は、が非常に参考になるのでオススメします。 霊獣ランドロス育成論 霊獣ランドロスも、スカーフテンプレ型の配分です。 スカーフミラーを意識して、メガライボルトと一緒に採用するときは陽気最速にするプレイヤーもいます。 理由は、メガライボルトで見れないポケモンを倒すことを意識です。 サイクルを回すためには、受けだしする必要があるので タイプ相性が優れるポケモンを積極的に採用する必要があります。 もしゴツメ枠に、ブリガロンを採用した場合は 相性補完に優れるヒードランを採用することでPT全体での補完が取れます。 ゴツメ枠 ゴツメ枠は、ライボランドのキモになるため絶対必要です。 水・氷を半減できるため、クッションにもなります。 クレセリア 最強のゴツメ枠。 ブリガロン 宿り木の種で、数値受けポケモンを処理しつつ、ライボランドを回復させてやることもできる。 ギャラナットライボ構築でいう、ナットレイ的なポジション。 草タイプなので、粉無効なので キノガッサにも強い。 運げ対策枠 ラム持ちを1匹入れるだけで心が穏やかになります。 ラム枠 最近の流行りは、、、ラム+剣の舞ガブリアスといったところ 挑発持ち 挑発持ちのポケモンを採用することで、受けループ・運ゲに強くなれます。

次の

【ポケモン育成論まとめ】ランドロスの調整と対策 USUM

ランドロス育成論

フォルムが通常の化身フォルムと特殊アイテムを使って変化させる霊獣フォルムの2つありますが、今回は特性 いかくを活かし耐久型で採用しているので霊獣フォルムのランドロスを紹介します。 霊獣ランドロスは、特性のいかくが優秀であり、いかく込みでガブリアスやメガガルーラに後出ししながら持ち物の ゴツゴツメットで削るのがランドロスの仕事になります。 とにかくいかく込みでの物理耐久が高く、はちまきを持ったガブリアスのげきりんも2回耐えるまでの耐久になり、 A種族値も無振りでも145と非常に高く、また死にかけでも温存しいかくを撒けるだけで活躍できるところからとても腐りにくい安定したポケモンです。 しかし、いかく込みで物理耐久が高く、Aも高くがんせきふうじなどのサポートもできる万能なポケモンな反面、おにびを受けてしまうと厳しいと思うので注意が必要であり、また有名で対策されがちでマンムーやゲッコウガなどにはまず勝てないので パーティに入れる際は対策が必要です。 耐久参考としてはちまき持ちのファイアローのブレバが確定3発、はちまき持ちのガブリアスのげきりんが超高乱数3発、メガガルーラのねこだまし+れいとうパンチは耐えられる程です。 回復技がない分物理相手に何度も出せるようなタイプではありませんがゴツメにより削りたい相手、繰り出したい相手はじっくり選出時に決めておく事が大事だと思います。 また、このポケモンはゴツゴツメットだけでなくスカーフやチョッキも同じ割合で使われており有名なので 読まれにくい所も強みになります。 対策しないと止めらず崩壊させられるガルーラ、ガブリアス、ファイアロー、ランドロス、バンギラスといった高火力エースに安心して後出しして流し、削りができるこのポケモンは採用の価値ありです。 ランドロス:ほうじょうポケモン 努力値について 努力値ですが耐久の底上げのため B252から入り、 Sを実数値が123になるよう振っています。 その理由はがんせきふうじを採用しているので、これによりがんせきふうじを打つ前でも準速のキノガッサやパルシェンを抜け、がんせきふうじを1回打つことにより、115族を抜くことができるので一番有用なためこの調整にしています。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 じめん じしん 100 100 いわ がんせきふうじ 60 95 いわ ステルスロック ー ー むし とんぼがえり 70 100 じしん ランドロスの唯一のタイプ一致技でありメインウェポンになり、こいつがないと削りができず、他の技は威力がないためほぼ必須でいいでしょう。 今回は物理に繰り出せると紹介しましたが、タイプ上でんきにも出せるため役割遂行のためにも是非欲しいところです。 がんせきふうじ この技があるだけでサポート役もこなせます。 威力が乏しいですが、ファイアロー、ボルトロスに刺さり、かつ相手のS1段階下降と強力な効果を持つためよく入れられています。 がんせきふうじがあることによって死に際で役割を失っても打てる事で非常に役に立ってくれる便利さがあります。 ステルスロック この技もサポート役でありランドロスと相性がとても良く優秀な技です。 相性の良い理由は、いかく+とんぼを使えるのでステルスロックを撒き、物理相手に繰り出して交代先にとんぼがえりを打っているだけで相手パーティが崩壊するという場面もよく見るという所です。 とんぼがえり 特性のいかく+とんぼがえりのシナジーがとてもよく安定しています。 威力はそこまで高くない技なわめダメージこそ期待はできませんが交代先を見られるのと、苦手な相手に削りながら逃げられるので非常に万能な技なので是非入れたい所です。 その他の技 じわれ とんぼがえりのように物理相手に繰り出して交代してきた相手に打っているだけで脅威となる技です。 あまり読まれないので1度打つと、当たらなくても容易に交換ができなくなるという所も強みだと思います。 ばかぢから デメリットこそありますが、ゴツメダメ2回とばかぢからでメガガルーラを確定で倒せるため入る余地はあります。 バンギラスにも刺さるので範囲は広いです。 はたきおとす この技もランドロスによく見られる技であり、流し性能も高いランドロスと合っており、この技自体が強化されたので必須でもいいくらいだと感じました。 相手の拘りアイテムなどを落とせるので非常に強力な技です。 また交代先に打ってアドバンテージを稼げ、威力が上がったので削りも期待できるようになりました。

次の

【USUM】ランドロスの育成論!シングルレートの削りもトドメもこなす便利屋【ポケモンウルトラサンムーン】

ランドロス育成論

しかし、今の主流は メガライボルト+霊獣ランドロスのライボランドの並びです。 (もちろん、 ライボギャラナットもまだまだ現役の構築です) メガライボルト+霊獣ランドロスの並びのいい点は、霊獣ランドロスがとんぼ返りを覚えるためライボギャラナットよりも サイクルを回し+負担をかけやすい点になります。 強み 強み:環境のトップメタ 環境の採用率の高いポケモン(ガブリアス、ゲンガー、メガガルーラ、ファイアロー、メガバシャーモ、メガボーマンダ等)に対して明確な処理ルートが存在する。 メガライボルトが有利なポケモン:(メガ)ゲンガー,ゲッコウガ,ナットレイ,スイクン,ボルトロス,ファイアロ- 霊獣ランドロスが有利なポケモン:メガリザードンXY,ヒードラン,ギルガルド,メガクチート などなどが有利なポケモンです。 強み:とんぼルチェンによる、負荷性能 ボルトランドともに、とんぼルチェンを搭載することで 有利対面を常に作り続けることができます。 ともにSが早いため先制することができ、どんなPTにも対処できる処理能力も強みです。 強み:広い攻撃範囲 メガライボルト 採用技:10まんボルト,ボルトチェンジ,かえんほうしゃ,めざめるパワー 氷 霊獣ランドロス 採用技:じしん,とんぼがえり,いわなだれ,ばかぢから という技構成が一般的です。 非常に攻撃範囲が広いため、レートで多く使われるほとんどの相手を上から等倍以上の攻撃で攻撃することができるのが魅力です。 弱み メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロスの並びの弱みを列挙します。 数値受けできるポケモンを誘いやすい メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロス両方を何とかできる、 クレセリア、ポリゴン2、カバルドンなど物理・特防共に硬いポケモンを呼びやすいです。 最近流行しだした、,ねむカゴスイクンも重たいのが特徴 数値受けできるポケモンが多い受けループも突破ができない。 積み構築に弱い 上から殴れる素早さを持つ2匹でサイクルを回す強みを生かしきれなくなるため、 積み構築に弱いです。 起点ポケモンを止める手段がない場合、多くの場合負けてしまいます。 メガライボルト育成論 メガライボルトはこれ以外の型は存在しないと言ってもいいくらい、テンプレな型です。 メガライボルトの動かし方は、が非常に参考になるのでオススメします。 霊獣ランドロス育成論 霊獣ランドロスも、スカーフテンプレ型の配分です。 スカーフミラーを意識して、メガライボルトと一緒に採用するときは陽気最速にするプレイヤーもいます。 理由は、メガライボルトで見れないポケモンを倒すことを意識です。 サイクルを回すためには、受けだしする必要があるので タイプ相性が優れるポケモンを積極的に採用する必要があります。 もしゴツメ枠に、ブリガロンを採用した場合は 相性補完に優れるヒードランを採用することでPT全体での補完が取れます。 ゴツメ枠 ゴツメ枠は、ライボランドのキモになるため絶対必要です。 水・氷を半減できるため、クッションにもなります。 クレセリア 最強のゴツメ枠。 ブリガロン 宿り木の種で、数値受けポケモンを処理しつつ、ライボランドを回復させてやることもできる。 ギャラナットライボ構築でいう、ナットレイ的なポジション。 草タイプなので、粉無効なので キノガッサにも強い。 運げ対策枠 ラム持ちを1匹入れるだけで心が穏やかになります。 ラム枠 最近の流行りは、、、ラム+剣の舞ガブリアスといったところ 挑発持ち 挑発持ちのポケモンを採用することで、受けループ・運ゲに強くなれます。

次の