センシティブ な ツイート 解除。 【解決】ツイッター「センシティブな内容が含まれている…」表示の解除方法! | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

Twitterの「センシティブな内容」を速攻で解除する方法

センシティブ な ツイート 解除

センシティブを解除する方法 まず、センシティブな内容のツイートはこのように表示されます。 このツイートをタップすると、「 設定を変更」が出てきますのでここをタップします。 TwitterのアプリからTwitterのWebサイトにとびます。 「プライバシーとセキュリティ」の設定画面になりますが、これがすべて英語表記になっています。 これではわからないので日本語表記に変えてみます。 Settingsの画面で「 Account」をタップします。 Account画面の中にある「 Language」をタップします。 画面下に出てくる言語の中から「 日本語」を選択します。 選択が完了したら「 Save」をタップして変更を保存します。 設定画面で「 プライバシーとセキュリティ」をタップします。 画面のようにチェックマークが入ったら設定は完了です。 Twitterのアプリに戻り、先程センシティブな内容が含まれている可能性があるというツイートを確認してみました。 何がセンシティブだったのか、このツイートではアプリの紹介がされているだけでした。 広告のようなツイートはダメなんでしょうね。 本当に不適切なツイートが表示されるのは嫌ですが、この程度なら問題ないと思います。 不適切なツイートを報告する センシティブを解除すると、センシティブ・不適切なツイートが流れてくる可能性があります。 この場合はTwitter社に問題を報告する手があります。 「問題を報告する」画面から「 センシティブな画像を表示している」または「 不適切または攻撃的な内容を含んでいる」をタップすればTwitter社に報告され、対応してもらえます。 まとめ 「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と出てくるツイートを表示できるように設定を変えてみました。 設定画面が英語だったので戸惑いましたが、言語を日本語に変えて、センシティブの解除設定ができました。 この解除設定で不適切な内容のツイートが多く表示されるようなら、Twitter社に問題を報告するかセンシティブの設定を戻せばよいと思います。 解除できない状況がよくわかりませんが、アカウントを複数お持ちですか? 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログイン・ログアウトして設定を変更してやればセンシティブの解除ができます。 センシティブの解除は基本的には次の手順になります。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 この手順でもう一度試してみてください。 宜しくお願いします。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 ヘルプセンターでご確認お願い致します。 神住 2件のコメントを拝見いたしました。 ご質問が同じような内容ですので、こちらのコメントに回答いたします。 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログインして設定を変更してやればサブ垢でもセンシティブの解除ができると思います。 基本的な手順は以下のとおりです。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 ログイン画面に戻って別のアカウントでログインします。 以下同様にアカウント別に設定を変更します。 この手順を繰り返して行えばすべてのアカウントでセンシティブを解除できると思います。 注意点として、一度ログインするとそのアカウントが残っていますので必ず「ログアウト」してから次のアカウントでログインしてください。 宜しくお願い致します。 神住 コメントを拝見しました。 基本的には、アプリからではなくTwitterのウェブサイトの設定で変更すればできるはずです。 TwitterのWebサイトは次のURLです。 スマホからこのサイトにアクセスしてお使いのアカウントでログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 それでも解除できない場合は、ウェブにアクセスしても自動的にアプリが開いてしまっていることが考えられます。 その場合は、ブラウザの検索画面からTwitterと入力して「Twitterにログイン」を選択してアクセスしてください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 センシティブだったツイートが見れないとのことですが、今一度セキュリティーの設定がオンになっているか確認してみてください。 アプリからでは設定がわかりませんのでブラウザからTwitterのウェブサイトにアクセスしてログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 チェックマークが入っていればOKですが、入っていなければ原因は設定が行われていなかったことになります。 次にチェックマークが入っているのにセンシティブだったツイートが見れないケースはアプリの不具合が原因かもしれません。 この場合はTwitterのアプリをリセットしてみてください。 リセットの仕方はiPhoneの場合で説明します。 Twitterアプリを立ち上げます。 電源ボタンを長押しします。 電源オフの画面になります。 ホームボタンを長押しします。 Twitterの画面に戻ればリセットは完了です。 Androidスマホの場合は、リセットの仕方を検索してみてください。 リセットでも解決しない場合は、再度ご連絡ください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 無事に凍結が解除できるといいですね。 解決できなければまたご連絡ください。 神住 カテゴリー•

次の

Twitterのセンシティブ解除ってどうやるの?2020年最新版|さよみみ部屋

センシティブ な ツイート 解除

Twitterセンシティブとは センシティブ=敏感、神経質などの意味があります。 Twitterでは不適切、不謹慎なツイートと判断された場合に「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。 」というエラー表示が出ることがあります。 はっきりとした基準はわかりませんが、恐らくアダルト系やグロテスクな内容など、他人が目にしたときに不快と感じる内容のものが、センシティブな内容と判断されるのでしょう。 もしこういった内容のツイートは見たくない…。 という方は、今回ご紹介するセンシティブ設定を行わないことをおすすめします センシティブ設定を解除する方法 センシティブ設定を解除するには、まず対象のツイート画面を開きます。 エラーメッセージの左下に[設定を変更]とありますので、こちらをタップして下さい。 Safari版のTwitterが開きますので、IDとパスワードを入力しログインをして下さい。 すると[プライバシーとセキュリティ]の画面が表示されます。 以上で設定は完了です。 Twitterアプリを再起動してツイートが表示されるか確認して下さい。 英語表記になってしまう場合の設定方法 Safari版Twitterを開くと、英語表示になってしまうケースがあるようです。 同じくSafari版から言語設定が行えますので、まずは設定を日本語に戻しましょう。 プロフィールアイコンをタップし、[Settings and privacy]を開きます。 次に[Account]を開いて下さい。 下にスクロールし[Language]をタップ、次の画面で言語の中から[Japanese-日本語]を選び[Sava]をタップしましょう。 以上で言語が日本語になっているはずです。 日本語になったら、上記で説明した通りプライバシーとセキュリティの項目からセンシティブの解除設定を行って下さい。 センシティブ設定しても見れない場合 設定したにも関わらずツイートが見れない!という方の原因として考えられるのが、アプリ内から間違った設定をしてしまっているケースです。 これは自身がツイートした内容がセンシティブな内容と判断された場合に、エラーを表示するという設定です。 つまりここにチェックをいれても他人のツイートはセンシティブな内容が~というエラー表示のままです。 自分以外のツイートを表示したい場合は、上記で紹介したSafariからの設定が必要です。 アプリ版からは分かりづらいため、こちらの設定を誤ってしてしまっている方も多いと思います。 最後に Twitterのセンシティブ設定解除方法と、設定してもツイートが見れない場合の対処法についてご紹介しました。 自由に好きな内容をつぶやくことが出来るTwitterですが、なかには不適切な内容も。 ユーザーを守るための機能ですが、表示されないツイートは内容が気になってしまいますよね。 ぜひ今回ご紹介した方法を参考に設定を行ってください!.

次の

Twitter「センシティブな内容」とは? 設定を解除して見る(表示)/非表示にする方法

センシティブ な ツイート 解除

Twitter(ツイッター)のタイムライン上で、 画像の代わりに、 『センシティブな内容が含まれています』 という文字が表示されるのをよく見ます。 ツイッターのセンシティブな内容って、 どんな内容なのでしょうか? 気になりますよね。 私は、見られない様に設定にしていますが、 センシティブな内容を表示させるための、解除方法と、 解除したのに見れないときの方法について まとめてみました。 ツイッターのセンシティブな内容ってどんな内容? そもそもTwitterが定めている 「センシティブな内容」とは下記のことを指します。 ・写実的な暴力描写 暴力的な犯罪や事故 ・成人向けコンテンツ ・強姦及び性的暴行に関するコンテンツ 性的行為に関連する暴力を描写 ・グロテスクなコンテンツ 暴力などを写実的に描写 ・ヘイト表現を伴う画像 個人画像を加工し、獣のような姿にする つまり「センシティブな内容」とは、 一般的に刺激が強いとされるものが該当します。 Twitterは世界中で利用されているSNSということもあり、 中には暴力的な描写などを好まない人が大勢いるのも事実です。 そのような人にまでセンシティブな内容が表示されないために、 画像や動画を非常時にする機能が導入されているのです。 ただセンシティブな内容の中には、 「そこまででもないような」といったケースもあります。 特に仲のいい友人のツイートや、 人気がありバズッたツイートで、 「センシティブな内容」が適用されるともやもやしますよね。 ツイッター センシティブの解除方法は? Twitterのセンシティブな内容のツイートは、 簡単に解除することができます。 この手順を踏めば、わずか5分で解除できます。 それでは、 Twitterセンシティブの解除方法についてご説明していきますね。 説明することは3つです。 簡単に英語表記から日本語に変更できる、裏技をご紹介します。 では次に、日本語表記に直す手順をご説明しますね。 Twitterのセンシティブ解除は、ipadもiPhoneも同じです。 設定は必ず、web版Twitterを開いて行ってくださいね。 お疲れ様でした! これでセンシティブな内容のツイートも見られるようになります。 次は、Androidの場合です。 そんな時は、 Web版Twitterで言語設定を日本語にしてから センシティブ設定を解除しましょう。 『自分のアイコン』をクリックする 2. 『設定とプライバシー』をクリックする 3. 『日本語』をクリックする 5. 『変更を保存』をクリックする 自分のツイートが表示されなくなった時の対処法 Twitterでは、デフォルトで、 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 は表示されません。 もし、自分のツイートが表示されない時は、 ツイートに以下の内容が含まれていないか確認してみて下さい。 ・暴力的な内容が含まれている画像や動画のツイート ・アダルトな内容を含む画像や動画のツイート ・差別などのヘイト表現を含む画像や動画のツイート また、自分のツイートを、 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 として設定している可能性もあります。 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 を解除する手順は、以下の通りです。 『自分のアイコン』をタップする 2. 『設定とプライバシー』をタップする 3. 『プライバシーとセキュリティー』をタップする 4. 「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」のチェックを外す Androidでは設定からセンシティブ設定を解除できますが、 iPhoneでは「設定を変更」をタップして、 Web版Twitterから設定を解除します。 自分のツイートが表示されない時は、 センシティブな内容がツイートに含まれていないか確認してみましょう。 ツイッター センシティブ解除したのに見れないときは? 設定したにも関わらずツイートが見れない! という方の原因として考えられるのが、 アプリ内から間違った設定をしてしまっているケースです。 これは自身がツイートした内容が、 センシティブな内容と判断された場合に、 エラーを表示するという設定です。 つまりここにチェックをいれても、 他人のツイートはセンシティブな内容が~というエラー表示のままです。 自分以外のツイートを表示したい場合は、 上記で紹介したSafariからの設定が必要です。 アプリ版からは分かりづらいため、 こちらの設定を誤ってしてしまっている方も多いと思います。 あとがき Twitterのセンシティブ設定解除方法と、 設定してもツイートが見れない場合の対処法についてご紹介しました。 自由に好きな内容をつぶやくことが出来るTwitterですが、 なかには不適切な内容も流れてくることがあります。 ユーザーを守るための機能ですが、 表示されないツイートは内容が気になってしまいますよね。 ぜひ今回ご紹介した方法を参考に設定を行ってください。

次の