国民 年金 いくら 払う。 【2020年】国民年金の金額はいくら? 免除や猶予の申請方法とは マネリー

誰がいつから払う?もらえる?国民年金 [年金] All About

国民 年金 いくら 払う

国民年金の加入は20歳以上の大学生も対象です。 保険料納付の猶予を受けられる「学生納付特例制度」や、親が年金保険料を負担すると節税メリットを受けられるお得な支払い方法を紹介します 学生なら未納ではなく「学生納付特例制度」を20歳になると国民年金に加入することになりますが、学生であっても例外とはなりません。 国民年金は、老齢年金、障害年金、遺族年金が受給できる、いざという時のためのもの。 学生であっても、未加入ということだけは避けたいものです。 国民年金の保険料は月額1万6540円(令和2年度)。 この金額を学生でも負担するのは厳しいところ。 こんな時に利用できるのが「学生納付特例制度」。 特に、一定の障害状態になれば障害年金を受給することができるので安心です。 保険料の納付が難しい学生は、この特例を必ず受けましょう。 追納は10年可能、余裕があれば保険料を追納した方が安心ただしこの「学生納付特例制度」は、あくまでも納付の猶予。 免除ではありませんので、将来受給する老齢年金の金額には反映されません。 この老齢年金額を増やしたい時には、社会人になってから猶予してもらった保険料を追納しましょう。 追納ができる期間は10年。 ただし、3年目以降は本来の保険料に加算額が上乗せされます。 追納をするかどうかの判断は迷うところ。 払う保険料と将来受け取る年金額を比べてみましょう。 現状では支払う保険料1カ月分は1万6540円(令和2年度の金額)。 一方で、40年間毎月(=480カ月)欠かさず保険料を支払った人が老齢年金として受け取れる年金額は、年間78万1700円(満額)。 ここから逆算すると、1カ月の保険料納付分の対価として受け取れる老齢基礎年金は1628円と考えることができます(いずれも令和2年度の金額)。 つまり、老齢年金を10年超えて受け取るのであれば追納するほうがお得というわけ。 ただし、この計算は現行の年金制度のお話。 とはいえ、保険料を払うと将来の年金額が増えることは確かです。 老齢年金は終身で受け取ることができるものですから、長生きのリスクを大きく軽減できるものです。 人生100年時代といわれる今、追納しておくと安心ですね。 大学院進学で4年特例、将来の年金額は1割減大学院進学などで学生時代が長くなり、この特例を受ける期間が延びる場合もあるでしょう。 例えば修士大学院2年間通うと、通常24歳になります。 となると、納付特例期間は4年間。 これは、少し将来の老齢年金額が不安になります。 というのも、将来の年金額は保険料を納めた期間に比例するからです。 本来40年間(20歳から60歳まで)納めるべきところを4年間納めていないとなると、将来の年金額は10分の1減るということ。 これは少し影響が大きくなります。 大学院時代は保険料を納める、社会人になってから追納をするなど対策を考えておくといいでしょう。 親が保険料負担なら、節税効果も実際には、学生である子どもの年金保険料を親が負担して支払うケースもあります。 この場合は、親の所得税、住民税が安くなります。 家族の年金保険料や健康保険料などを負担した場合、その金額を社会保険料控除とすることができるからです。 例えば、所得税率20%の親が子どもの年金保険料を負担したとしましょう。 年金保険料は年間19万8480円(令和2年度は月額1万6540円なので)。 となると、所得税と住民税あわせて30%、5万9500円ほどの節税が期待できます(復興特別所得税は考慮せず)。 保険料を支払うなら、付加保険料納付が絶対お得!保険料を納付するなら、ぜひ払ってほしいのが付加保険料。 これは、自営業者や学生などの第一号被保険者だけが加入できる、年金保険料のオプションのようなもの。 将来の年金額を確実に、それもお得に増やすことができます。 つまり、2年間年金を受給したら元がとれる制度です。 これはお得ですよね。 保険料を支払うなら、この付加保険料もあわせて納めましょう。 学生にとって年金は遠い世界のようにみえるでしょう。 しかし、年金は老後のものだけではありません。 今、事故などで障害状態になった時には障害年金が受給できます。 未納のままでは年金を受け取ることができません。 人生100年時代といわれる今、自分自身の老後の生活を見据える必要もでてきました。 国民年金制度をきちんと理解して、自分の将来をしっかり守っていきましょう。

次の

国民年金は20歳から 学生はいつから?親が払う?学生納付特例制度の追納とは?

国民 年金 いくら 払う

(写真=PIXTA) 「年金」の中には、国で行っているもの、企業で行っているもの、民間で行っているものなどがあります。 今回は、国の制度としての年金(公的年金)について見てみましょう。 公的年金の中には、老後にもらえる「老齢年金」、親や配偶者などの家族を亡くしたときにもらえる「遺族年金」、病気やケガなどで生活に支障が出るときにもらえる「障害年金」の3種類があります。 老齢年金は、さらに老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金(厚生年金)にわかれます。 国民年金は20歳から60歳までのすべての人が加入する年金で、会社員や公務員の方は、それに加えて厚生年金・共済年金にも加入しています。 そのほか、確定拠出年金、国民年金基金、付加年金など、希望して保険料を払えば、将来の年金額を増やせるという制度もいくつかあります。 (写真=PIXTA) 国民年金は40年間分の保険料を全額支払うと、65歳から満額の年間77万9,300円が支給されます。 だいたい1ヵ月当たり6万5,000円が受給できる上限ということですね。 国民年金の平均受給額は月5万5,000円 支給される金額は、保険料を支払った期間や支給開始年齢を前後にずらすかどうかによっても変わりますが、平均受給額は月5万5,000円となっています(厚生労働省「平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」より)。 厚生年金と国民年金を合わせた平均受給額は月15万円 会社員や公務員の方は、これに加えて厚生年金も受け取ることができます。 厚生年金には、国民年金と違って一律に決められた上限金額がありません。 前述の厚生労働省の年報によると、厚生年金と国民年金を合わせた平均受給額は月15万円となっています。 自分の年収だといくらになりそうか、下の表でチェックしてみましょう。 年金受給額のシミュレーション (写真=PIXTA) 企業に勤めていて、国民年金と厚生年金に加入している40代独身の場合、もらえる年金額の目安は以下のとおりです。 <国民年金と厚生年金に20歳から60歳まで、40年間加入した場合> 在職中の平均月収 国民年金 (老齢基礎年金) 厚生年金 (老齢厚生年金) 合計額 25万円 月額 約6. 5万円 月額 約7. 5万円 月額 約14. 0万円 30万円 月額 約9. 0万円 月額 約15. 5万円 35万円 月額 約10. 5万円 月額 約17. 0万円 40万円 月額 約12. 0万円 月額 約18. 5万円 45万円 月額 約13. 5万円 月額 約20. 0万円 <国民年金と厚生年金に30年間加入した場合> 在職中の平均月収 国民年金 (老齢基礎年金) 厚生年金 (老齢厚生年金) 合計額 25万円 月額 約4. 8万円 月額 約5. 6万円 月額 約10. 5万円 30万円 月額 約6. 7万円 月額 約11. 6万円 35万円 月額 約7. 8万円 月額 約12. 7万円 40万円 月額 約9. 0万円 月額 約13. 9万円 45万円 月額 約10. 1万円 月額 約15. 0万円 自営業や農業などのお仕事をされている方は、国民年金のみになります。 だいたいの年金額を知っておけば、老後の暮らしが年金だけで十分なのか、毎月いくらくらい不足しそうなのかが把握しやすいですよね。 もし「年金だけで暮らすのは難しそう」と思ったら、足りない分は退職金やそれまでの貯金で補うか、老後もほそぼそと続けられる仕事を考えておくなどして、事前に準備しておきましょう。 自分の加入歴や正確な年金額を知りたい場合は、日本年金機構から毎年送られてくる「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」をチェックしてみましょう。 しあわせな老後には「年金の知識」が必要! 年金制度は複雑でよく分からないという方も多く、もらえる金額や年齢が法改正などで変わることもあります。 とはいえ、ざっくりとでもいいので、制度の概要やもらえる金額の目安を知っておくことは、安心して老後を迎えるためにとても大切なことです。 お金がなくて苦しい晩年ではなく、穏やかでしあわせな余生を過ごすために、少しずつでも知識とお金を蓄えながら、早めにリタイア後の生活について計画しておきたいですね。 実際にiDeCoを始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる 創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい 簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利 お客様満足度94.

次の

2020年の国民年金保険料はいくら? 払わないとどんな末路が待っているか

国民 年金 いくら 払う

国民年金の仕組みをおさらい 日本の公的年金制度は、多くの方が「わかりにくい」と思っているでしょう。 これは、制度が複雑で、頻繁に改正が行われていることが原因だと思われます。 しかし、当然ながら全て理解をする必要はありません。 日本の年金制度すべてを完璧に理解している人はどこにもいない、といわれているほどです。 その中で押さえておくべきこととして、基本中の基本が次の2点です。 ・誰がいつから保険料を払ったらよいのか? ・誰がいつから年金を受け取ることができるのか? 今回は、国民年金について「誰が」「いつから」「払う」「貰える」のか見てみたいと思います。 20歳になると、自動的に国民年金に加入 国民年金の加入は単純に 「20歳から」となります。 日本国内に住所を有する人については、学生であっても、無職であっても20歳になると自動的(強制的)に国民年金に加入することになります。 国民年金に加入=保険料支払いのスタートとなり、学生であっても無職であっても原則的に保険料支払い義務が発生します。 現在の保険料は 月1万5250円(平成26年度)となっています。 会社員や公務員の方についても、20歳になれば国民年金にも加入することになるわけですが、保険料は厚生年金保険料、共済掛金の中に含まれることになるため直接保険料を払い込むことはありません。 また会社員、公務員以外にも、例外的に国民年金保険料を払わなくても良い人達がいます。 これらの人のことを「第3号被保険者」と言い、会社員や公務員の被扶養配偶者の方々が該当します。 保険料を払わなくても払ったことにしてもらえる「お得」な方々と言えますね。 国民年金は20歳から59歳まで40年間支払う 現在の国民年金の満額は約80万円。 繰上げると最大30%も減額されることになる。 国民年金の保険料は、会社員や公務員、第3号被保険者以外の20歳以上の人が、払う人ということになります。 日本国内に住所を有する人なら、国籍は問いません。 この国民年金保険料支払いは60歳になるまで40年間続くことになります。 なお、国民年金保険料を「払う義務がある人」が収入面で保険料が払えない場合に、 「免除制度」や「納付猶予制度」が設けられています。 「滞納」と「免除」、「納付猶予」では将来受け取れる年金額に大きな差ができるだけでなく、1円も受け取れななる可能性もあります。 ですから「免除や納付猶予」に該当する場合はぜひ免除や納付猶予の申請をしたいですね(詳しくはにて)。

次の