石鹸 洗顔 おすすめ。 固形石鹸のおすすめ人気ランキング9選

再ブーム到来!《固形石鹸》のおすすめ人気ランキング13選を紹介

石鹸 洗顔 おすすめ

メイクウォッシー 日焼け止めやパウダー程度の、ナチュラルメイク派の女性におすすめの洗顔石鹸。 「メイクウォッシー」の名前どおり、メイク落としもできる逸品です。 気軽に試せるプチプライスでありながら、メイクをするりと落とす高い実力が自慢です。 その秘密はシアバターやオリーブ果実油で、肌に負担をかけずにメイクを落とすのに力を発揮します。 また、ラベンダーやマンダリンオレンジの精油も含まれており、香りがいいのも人気の理由です。 心浮き立つフラワー・バスケットの香りで、スキンケアの時間がより一層楽しくなりますよ。 日本人の肌を研究した石鹸は、肌を清潔に保ちながら、しっとりとした洗い上がりを楽しめます。 実際にどの商品も「 cosme」等で、多くの女性から高く評価されています。 とくに石鹸は、多くの女性を虜にしている人気商品の代表格。 保湿効果を期待できる黒砂糖とハチミツを配合しており、乾燥肌のうるおいをキープするのに一役買います。 サイズも女性の手にぴったりで、簡単に濃密な泡を作れます。 洗顔石鹸ではありますが、ボディソープとしてもおすすめですよ。 おすすめの肌質:乾燥肌 内容量:100g 安全性:天然オイル使用 美容成分:黒砂糖、ハチミツ エリクシール ホワイト クレンジングソープ 100g 日本を代表する化粧品ブランド・資生堂が展開しているエリクシールのクレンジングソープです。 年齢を重ねた肌も、より健やかに整えてくれることから高い人気を誇っています。 美白を意識する女性にとって、日焼けによる肌荒れは困りもの。 その点、薬用の肌荒れ防止成分のひとつ、グリチルリチン酸塩が配合されているので安心できます。 はちみつエキスGLをたっぷり配合した石鹸は、保湿力の高さも自慢です。 肌の乾燥が気になる人も、ぜひ心地よい使用感を体験してみてください。 おすすめの肌質:普通 内容量:100g 安全性:アレルギーテスト済み 美容成分:はちみつエキスGL マイルド洗顔石けん・さっぱりタイプ 75g 食品から衣類、生活雑貨まで幅広いラインナップで、多くの人から支持されているブランドが無印良品です。 キャッチフレーズの「わけあって、安い」の通り、プチプライスでありながら高品質という点が注目を集めています。 こちらの洗顔石鹸もまた、比較的低価格なのにハイクオリティで人気。 無香料・無着色・無鉱物油・アルコール無添加と、ナチュラル志向の人も納得して使えます。 きめ細かく弾力のある泡は、肌に吸着するような感覚です。 泡で包み込むように洗えば、健やかな肌を実感できます。 おすすめの肌質:- 内容量:75g 安全性:無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリー 美容成分:あんず果汁 クイーンシルバー 135g 1972年、「女性の肌を健やかにしたい」という願いとともにクイーンシルバーは誕生しました。 アルソアの歴史はクイーンシルバーの歴史とも言えます。 アルソアの洗顔石鹸は、健やかな肌を実感できると多くの愛用者がいます。 「 cosmeベストコスメアワード2015」を受賞したことからも、ファンからの人気の高さがわかります。 伝統的な枠練り製法にこだわった洗顔用固形石鹸は、濃密な泡立ちが特徴。 温泉成分やハチミツ、ミネラル成分が豊富な炭など、天然素材を惜しみなく配合しています。 おすすめの肌質:- 内容量:135g 安全性:低刺激 美容成分:天然ミネラル アルソア(ARSOA) 洗顔石鹸を人気ランキング2020から探す 雪肌精 化粧水仕立て 石けん 100g 多くの女性に支持されている、「雪肌精」シリーズから誕生した固形洗顔石鹸です。 弾力のある泡立ちが特徴で、毛穴の奥まで泡でやさしく洗い上げます。 うるおいを保ち、肌を健やかな状態にしてくれる洗顔石鹸は、乾燥肌の人を中心に使用感のよさで人気です。 和漢植物エキスをたっぷり配合した化粧水仕立てで、肌のきめを整えます。 また、紫外線を浴びた肌はメラニンの生成が心配。 そこで、この石鹸の濃密な泡が古い角質をやわらかくし、そこに含まれたメラニンもいっしょにはがれやすくしてくれますよ。 おすすめの肌質:乾燥肌 内容量:100g 安全性:植物由来の石けん成分使用 美容成分:和漢植物エキス配合.

次の

市販(ドラッグストア)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

石鹸 洗顔 おすすめ

おすすめの洗顔石鹸が解る 洗顔石鹸をいくつかもポイントに絞って特徴を詳しく書いてあるので、自分の肌の状態などに合わせての石鹸選びができるようになる。 洗顔用石鹸のおすすすめな選び方 洗顔用石鹸にはおすすめの選びかたのポイントが存在するので、いくつかそのポイントを見てみましょう。 項目 選び方の解説 解説 選び方1 洗浄成分 カリ石鹸素地が理想で、加えてアミノ酸洗浄成分などが配合されていると補助的に役立つ 選び方2 保湿成分 適度に潤いを与えることができるので、保湿成分は入っているほうがよい 選び方3 肌を健やかに保つ成分 洗いながら菌などを抑制するような成分が配合されていると効果が上がる 選び方4 自分の肌質に合った石鹸を選ぶ 自分の肌質(乾燥肌やオイリー肌)に合った洗浄力の石鹸を選ぼう 選び方5 コスパで選ぶ 毎日使うものだからこそ、価格も大事 洗浄成分 洗浄成分はカリ石鹸素地がほぼ多くを占めますが、補佐的な洗浄成分としてベタインで中和していたり、アミノ酸洗浄成分が含まれている石鹸もあります。 純石鹸がよいという声もありますが、泡立ちなどの面で 補佐的な洗浄成分が配合されている石鹸のほうが使いやすいです。 保湿成分 洗顔用石鹸は余計な肌の角質を取るという面では、保湿成分はいらないと考えるのが普通かも知れませんが、保湿成分が配合されている石鹸のほうが肌にやさしくてよいです。 石鹸のから作った泡を肌に乗せてしばらくそのまま置いておくだけで汚れが取れるので、そのときに 保湿成分が配合されていると肌を守ってくれるでしょう。 石鹸で角質を取った肌というのはバリア機能が弱いので、保湿成分がそのバリア機能をサポートしてくれます。 肌を健やかに保つ成分 石鹸で洗っているうちに肌を清浄な状態に保つ成分が配合されていると、よりいろいろな悩みを解決できる石鹸です。 炎症を抑える成分や余計な菌の繁殖を抑える成分には注目しておいて損はないもの。 余計な雑菌はニキビなどの原因にもなりますから、洗顔でなるべく一緒に落としてあげるとよいでしょう。 自分の肌質に合った石鹸を選ぶ 一番これが重要になりますが、 自分の肌質に合った石鹸を選ぶことが大事です。 石鹸にはその肌傾向と口コミが載っているので、自分の肌質と合ったものを選びたいもの。 乾燥肌なら洗浄力は弱めで保湿成分が多い石鹸を選び、オイリー肌ならカリ石鹸素地のシンプルなものがよいでしょう。 敏感肌と混合肌などいろいろな肌質が存在しますから、その状態に合わせて石鹸を使い分けるとよいです。 コスパ コスパも大事なポイントで、価格は安いに越したことはないですが、泡立ちのよさなども加味して石鹸は選びたいです。 価格が高いものほどよいかというとそうでもないので、石鹸の成分と相談して、自分に合ったものでできるだけコスパのよい石鹸を選びましょう。 商品名 評価 洗浄成分 アシルグルタミン酸Naでアミノ酸系の界面活性剤 保湿成分 なし(肌と同じ弱酸性なので不要と判断したと思われる) 肌を健やかに保つ成分 アラントイン、グリチルリチン酸アンモニウム 肌質 敏感乾燥肌向け コスパ 価格も安くてよい 石鹸としては異色作 通常の石鹸はほぼアルカリ性なのですが、このミノンは 弱酸性で、アミノ酸系界面活性剤を洗浄成分に用いています。 弱酸性ということもあり保湿成分はほぼ入っていません。 炎症を抑える アラントインとグ リチルリチン酸アンモニウムで肌荒れなどに効果があります。 敏感肌や乾燥肌には弱酸性は大きなメリットで、人によって刺激はさまざまですが、総評すると刺激が少ない石鹸です。 商品名 評価 洗浄成分 パーム脂肪酸Na、ラウロイルグルタミン酸Naなどの成分でよい 保湿成分 アルガニアスピノサ核油、ゲットウ葉油など豊富な保湿成分 肌を健やかに保つ成分 セイヨウノコギリソウエキスなどの成分が肌を健やかに保つ 肌質 乾燥肌向け コスパ 価格ややや高め 保湿に特化している石鹸 成分から保湿に特化している石鹸であることが解り、洗浄成分は普通の石鹸ではなくパーム脂肪酸を使用しています。 他にもラウロイルグルタミン酸Naは洗浄成分としてはマイルドな作りで、皮脂を落とし過ぎることなく、潤いを保ちます。 アルガンオイルや ゲットウ葉油など有用な保湿成分も効果的。 セイヨウノコギリソウエキスは肌荒れを予防することでも有名で、乾燥などに対して手厚い作りです。 商品名 評価 洗浄成分 (アンクソープ)石鹸素地でしっかり毛穴まで落とせる 保湿成分 (アンクソープ)ホホバ種子油、パーム油などでよい (センシティブザイフ)ハチミツ、スギナ油などでさらによい 肌を健やかに保つ成分 グリチルリチン酸ジカリウム配合で炎症を抑える効果がある 肌質 2つの石鹸を使い分けるとどのような肌質にも対応可 コスパ 価格は高いが割り引きなどをつかうとよい 2個セットで非常に高い効果を発揮する石鹸 洗浄能力に優れているアンクソープと、保湿と肌のキメを整えることに優れているセンシティブザイフの2個セットで本来の効果を発揮する石鹸です。 アンクソープの洗浄成分は弱アルカリの石鹸素地で毛穴までしっかりと落とすことができます。 両方の石鹸共に保湿成分が豊富に配合されており、特にセンシティブザイフには ヒアルロン酸など有効な成分がたくさん。 炎症を抑える効果のある グリチルリチン酸ジカリウムを配合し、肌荒れなどにも向いています。 商品名 評価 洗浄成分 オリーブオイルとローレルオイルとアルカリのみでオイルクレンジングのよう 保湿成分 オリーブオイルとローレルオイルは保湿に作用する 肌を健やかに保つ成分 ローレルオイルの効能により血行促進や菌に対して強い肌を作るのでよい 肌質 オイリーな肌には少し合わないか コスパ 価格も成分を考えると安い オリーブオイルとローレルオイルだけで作った石鹸 中東のシリアに本店を構え伝統的な技術でシンプルにこの石鹸を作っています。 成分は オリーブオイルと ローレルオイルとアルカリだけで、洗浄力はアルカリで適度に保湿はしっかりしている石鹸です。 ローレルオイルは肌の血行促進や菌に対して強い肌を作るのに有用なので、保湿成分などに優れているオリーブオイルとよいバランス。 昔ながらの製法にこだわって丁寧につくっている石鹸はやはり優れものです。 商品名 評価 洗浄成分 カリ石鹸素地の洗浄成分は優れている 保湿成分 グリセリン、オリーブ油など優れた保湿成分 肌を健やかに保つ成分 ダイズ発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなどが肌を保つプラスコメエキスの効果が凄い 肌質 どのような肌質にも合う コスパ 価格は高い 注目はライスパワー この石鹸の大きな特徴は 肌のセラミドを整えるといわれているコメエキスの効果です。 人によって効果の感じかたは若干異なるようですが、あとから入る化粧水の効果を上げることができます。 洗浄成分も普通で保湿も特に特徴ある成分が配合されていませんが、2種の発酵エキスが肌の余計な菌などを抑える作用が期待。 どのような肌質にも合いやすく、効果を感じている人には価格も気にならないはずです。 商品名 評価 洗浄成分 普通の石鹸成分をコカミドプロピルベタインで緩和しておりよい 保湿成分 グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油などを配合しておりよい 肌を健やかに保つ成分 アンズ果汁、オタネニンジンエキスなどのエキス類の作用がありよい 肌質 どのような肌質にも合う コスパ 価格は高め きめ細かい泡と皮膚コンディショニング剤の効果が評価の分かれ目 洗浄力は石鹸素地やラウリン酸をベースにしており、刺激を弱めるためと泡立ちの関係上でコカミドプロピルベタインを配合して緩和してあるので、どのような肌質にも使える石鹸です。 保湿成分などは特筆すべきものは配合されておらず、普通によいもの。 皮膚コンディショニング剤の アンズ果汁と オタネニンジンエキスなどのエキス類が、どのくらい効果を出すかによって評価が割れる石鹸です。 商品名 評価 洗浄成分 カリ石鹸素地プラスの酵素泡で汚れを落とす能力が高い 保湿成分 グリセリン、ヤシ油でよい 肌を健やかに保つ成分 プロテアーゼのたんぱく質分解酵素は肌を清浄に保つにも役立つ 肌質 オイリーな人に特におすすめだが、肌質は問わない コスパ 価格は普通で、コスパも悪くない たんぱく質分解酵素の効果 この石鹸の大きなメリットは たんぱく質分解酵素であるプロテアーゼの配合でしょう。 石鹸素地の泡に溶け込み毛穴から汚れを、皮膚から余計な皮脂をしっかりと落とし肌を整える作用。 ただ刺激がその分強めになるので、敏感肌の人には注意が必要ですが、人によってはこの刺激は大丈夫な場合もあります。 シンプルな配合で石鹸としては普通ですが、この酵素の力がどのくらい皮膚に合うかで評価が分かれる石鹸。 合う人にはツヤツヤの肌が手に入り、ブースターとしても化粧落としとしても使える優れものです。 商品名 評価 洗浄成分 普通の石鹸にアミノ酸洗浄成分をブレンドしておりよい 保湿成分 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンなど豊富でよい 肌を健やかに保つ成分 チャ葉エキスが多少効果アリ 肌質 どのような肌質にも向いている コスパ 価格も安くコスパもよい 「 和」を意識した石鹸 洗浄成分にカリ石鹸素地とアミノ酸洗浄成分をブレンドしており、やや石鹸の刺激を弱めてあるような作りです。 保湿成分が豪華で ヒアルロン酸Naや 加水分解コラーゲン、 ホホバ種子油などがこれに該当。 茶葉エキスやグンジョウなど和を意識した成分も配合されており、効果的な面では解りませんが、肌を整える作用が期待できます。 商品名 評価 洗浄成分 石けん素地の普通の石鹸で濃密泡が特徴でよい 保湿成分 オリーブ油、グリセリンなどでよい 肌を健やかに保つ成分 特になし 肌質 ややオイリーな肌向け コスパ 価格は普通でコスパは悪くない 特殊な工程を経て濃密な泡を実現した石鹸 特殊な製造方法で成分面では解らない効果がある石鹸です。 まず濃密泡ですが成分面から解析するのは難しいですが口コミなどをみると泡についてが多いもの。 保湿成分に オリーブ果実油が配合されており、全体的なバランスを取っています。 ドラックストアで買える市販の石鹸の中では普通より上のシンプルな配合をしているものです。 商品名 評価 洗浄成分 ステアリン酸TEA、牛脂脂肪酸Naと植物性の界面活性剤は確かな洗浄力 保湿成分 グリセリンだけだが低刺激の洗浄成分のためよい 肌を健やかに保つ成分 特になし 肌質 オイリー肌、ニキビ肌におすすめ コスパ 価格も手ごろでコスパも悪くない 洗浄成分の数の多さは石鹸の中でも抜けている 洗浄成分は ステアリン酸TEA、牛脂脂肪酸Naと植物性の界面活性剤で11種類ブレンドしてあり、それぞれが得意な皮脂や汚れとくっついて落ちるため、低刺激ながら高洗浄力を誇る石鹸です。 その他の成分については保湿成分を除いて低刺激性を実現するために極力入れてない形。 ドラックストアで売っているものでも異色の存在価値があります。 商品名 評価 洗浄成分 ミリスチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸プラスアルカリとアミノ酸洗浄成分のブレンド、ベントナイトなどの泥で汚れをさらに落とす 保湿成分 ヒアルロン酸Na、サクシニルアテロコラーゲンなどの保湿成分も充実 肌を健やかに保つ成分 特になし 肌質 男性の肌にも女性のオイリー肌にもおすすめ コスパ 価格は普通でコスパは悪くない 泥石鹸 洗浄力がかなり強い成分を多く含んでおり、それを緩和させる成分との配合で適度な刺激に抑えてあります。 石鹸素材プラスアミノ酸洗浄成分、それに加えベントナイトなどの泥が毛穴に詰まった汚れや余計な皮脂などを吸着し、しっかりと落として行く形。 保湿成分も ヒアルロン酸と サクシニルアテロコラーゲンなど配合されており、洗浄力と潤いを両立しています。 商品名 評価 洗浄成分 ヴァージンココナッツオイルから取れる石けん素地とステアリン酸で十分な洗浄力 保湿成分 ヤシ油とヒアルロン酸Naで十分 肌を健やかに保つ成分 特になし 肌質 どのような肌質にも使える(女性向けの製品) コスパ 価格はやや高い ヴァージンココナッツオイルの効果によって評価が分かれる石鹸 植物性のオイルの場合には石けん素地といってもどのようなオイルで練られているかによって、肌に合う合わないがあり評価が変わります。 これは ヴァージンココナッツオイルを使っているので、それが合う人にはとてもよい石鹸。 ヒアルロン酸で保湿を補助している程度で、あとはヴァージンココナッツオイルとの相性だけです。 商品名 評価 洗浄成分 カリ含有石けん素地がきめ細やかな泡と確かな洗浄力を実現 保湿成分 ヒアルロン酸ナトリウム、ローヤルゼリーエキス、リピジュアなど配合でよい 肌を健やかに保つ成分 グリチルリチン酸ジカリウムの炎症を抑える成分には効果あり 肌質 ニキビ肌や乾燥肌におすすめ コスパ やや高い 保湿成分を沢山配合してきめ細かい泡を作る石鹸 成分では洗浄成分のカリ含有石けん素地よりも保湿成分が多く配合されており、保湿に優れている石鹸です。 カリ含有石けん素地はカリ石鹸素地の約4倍もの起泡性を誇り、きめ細かい泡を作ります。 保湿成分 ヒアルロン酸ナトリウムや ローヤルゼリーエキス、 リピジュアなどが肌の保水力を高め洗浄のきめ細かい成分は肌に浸透しやすいもの。 ダイズエキスは肌を整える作用としても有用で、男性では青ひげ跡などに作用するので、この石鹸では主力の成分です。 商品名 評価 洗浄成分 石けん素地を基本として高い洗浄力を誇る 保湿成分 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ハチミツなどの保湿成分も充実 肌を健やかに保つ成分 フルボ酸、セイヨウノコギリソウエキスなど有用な成分が多い 肌質 男性の肌向け(乾燥からオイリーまで) コスパ 価格は高め 毛穴からごっそり汚れを落とすキレート剤が特徴的な石鹸 毛穴からしっかり落とせるタイプで、特にキレート剤が充実している植物エキスたくさんの石鹸です。 洗浄力は石けん素地を主体としており、普通の刺激。 保湿成分が ヒアルロン酸Naや 加水分解コラーゲン、 ハチミツなど豊富にあり、洗浄剤の刺激を弱めます。 特徴的な成分である フルボ酸はキレート作用に優れており汚れを毛穴から取り出し、そのまま排出するというような性能です。 男性の皮脂が多めの毛穴からでもしっかりと汚れを落とすことができます。 商品名 評価 洗浄成分 カリ含有石けん素地とクレイミネラルズ、ベントナイトでしっかりと汚れを落とす 保湿成分 グリセリン、加水分解シルクなどしっかりと配合 肌を健やかに保つ成分 チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキスなど肌を健やかに保つ成分 肌質 ややオイリーな男性向けの製品 コスパ やや高い 洗浄力が強力な洗顔料 洗浄成分は カリ含有石けん素地を中心にして、 クレイミネラルズと ベントナイトです。 きめ細かい泡立ちに洗浄に有効な成分がしっかりと細かい毛穴まで入り込み汚れを包み込む形で落とします。 いろいろエキス類が配合されているのですが、注目は リンゴ果実培養エキスでしょう。 奇跡のりんごといわれていて、つややかな肌を保つことを期待できます。 その他にも保湿成分や肌を健やかに保つ成分もしっかり配合されており、抜け目がないです。 彼氏用に購入したが私も試しに使ってみると翌日のハリが違ってそれから私も使うようになった 泡の質に関しての口コミが多く、それなりに効果を実感しているようです。 肌荒れを直接的に治すような成分はないですが、エキス類のバランスがよく、まとまっているのでどんな人にでも合うと評判。 男性ではこれを化粧水だけあればケアのほとんどを可能にするので、できることなら一緒に買って使ってみましょう。 自分に肌に合う洗顔石鹸を使ってみよう いろいろ成分の効果を挙げてきましたが一番重要なのは自分の肌に合うか合わないかということです。 どんなによい口コミがあっても、自分の肌に合わない成分が配合されていると肌のトラブルの元。 年齢と共に変わる皮脂の分泌に適応する洗顔石鹸を見つけてみましょう。 いろいろ試してみて自分の肌傾向を知るという方法もあります。 刺激の少なそうな成分のシンプルなものから始めて選んでいくとより肌の状態を知ることができるでしょう。

次の

泡好きが教える!洗顔石鹸のおすすめランキングTOP12

石鹸 洗顔 おすすめ

洗顔用純石鹸のおすすめな選び方4つ 洗顔はスキンケアの基本とよく言われますが、ちゃんとした洗顔料を選ばないと肌トラブルの原因になってしまいます。 洗顔用の純石鹸はたくさんのメーカーから販売されていますが、どんな風に選べば良いのかをチェックしていきましょう。 成分を確認!正しい「純」石鹸をチェック 石鹸タイプの洗顔料の中でも、純石鹸というのは「脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上」と定義されています。 成分をしっかりチェックして、正しい純石鹸を選ぶようにしましょう。 「無添加石鹸」と同じものだと思われがちですが、全く別物です。 肌にやさしい!純石鹸のメリットをチェック 純石鹸は天然由来の成分でできているため、肌に刺激が少ないことが一番のメリットでしょう。 水に触れるとアルカリ性に変化してタンパク質を溶かすという性質があるため、強い洗浄力がある洗顔料を使わなくても古い角質などを取り除くことができます。 また、洗顔の際に肌にとって不必要な皮脂のみ洗浄してくれるため、肌の乾燥や肌のバリア機能を弱めるリスクを低減させることができます。 また、原料が天然成分ですので、排水溝に流しても環境に優しいというのもポイントですね。 知っておこう!純石鹸のデメリットをチェック 純石鹸は洗浄力が弱いため、濃いメイクを落としきれないというデメリットがあります。 そのため、アイメイクなどのポイントメイクは事前に落としてから洗顔をした方が良いようです。 また、自分で泡立てて使う仕様になっているため、ポンプ式で泡が出るタイプの洗顔料などに比べると泡を作る手間はかかるというデメリットはあります。 価格相場と買うべき値段をチェック 最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯 100円〜200円 300〜500円 1,000〜3,000円 純石鹸は一般的な洗顔料に比べて、比較的リーズナブルな価格の商品が多いです。 最安値だと、100円台で購入できるものもあります。 これから紹介する売れ筋価格帯の純石鹸も、そのほとんどが500円以内で購入できるため、気軽に購入しやすいでしょう。 容量も大きめのものが多く、リーズナブルなのも魅力的です。 高級価格帯のものは厳選した食品原料のみを使用して、口に入っても安全と謳われているほど人にも環境にも優しい製法で作られているものもあります。 純石鹸は価格に関わらず敏感肌やアトピー肌の人でも肌に刺激が起こりにくいため、肌荒れに悩む方には是非一度試していただきたい洗顔料の1つです。 洗顔用純石鹸のおすすめメーカー・ブランド 洗顔用の純石鹸は様々な企業から販売されていますが、注目のメーカーやブランドをチェックしてみましょう。 ねば塾 長野県佐久市発祥の「ねば塾」は、純石鹸をはじめ粉石鹸や化粧石鹸、ヘアケア商品などを製造している会社です。 また、障害者と健常者という概念を捨て、行政からの福祉的補助金を受けずに業務を行っていることでも注目されています。 ミヨシ石鹸 繊維石鹸の製造を開始したのは大正10年。 「せっけんのミヨシ」と、古くから親しまれてきた石鹸ブランドです。 質の高い脂肪酸へのこだわりを持ち、ピュアな無添加石鹸を製造しています。 カウブランド 創業100周年のカウブランドは、石鹸や化粧品などの製造を行っている会社です。 無添加であることはもちろん、長年の研究を重ねて肌トラブルで悩んでいる人でも安心して毎日使用できる「優しく、気持ち良い」商品を販売しています。 今回の商品の比較ポイント お待たせしました!これからママアイテムがリサーチして選出した優秀純石鹸を紹介していきます。 選定ポイントは以下の3つ。 ぜひ、購入時の参考にしてみてください。 内容量• 原産国• 石鹸のタイプ 今、編集部がおすすめする人気の洗顔用純石鹸はコレ! まずは、今一番ホットな純石鹸をチェックしてみましょう。 界面活性剤や防腐剤、アルコールや合成着色剤などが全てフリーで敏感肌やアトピーの人にも安心して使ってもらえます。 リーズナブルな価格帯のものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。 はるほのか お茶せっけん• 内容量:80g• 原産国:日本• 石鹸のタイプ:固形 繰り返すニキビや肌荒れにも効果的!手作り無添加石鹸 こちらは国産コメヌカ油に宇部市小野の良質な山口茶を高濃度に抽出し、ブレンドした石けんです。 保湿が高くお肌に負担をかけることなく不要な汚れを吸着し、しっとりとした美肌へ導きます。 なんと、販売実績は累計10万個を突破しました。 開発者である赤瀬直子さんは13年間悩み続けてきた地震の肌トラブルを改善するために開発しました。 もともとは自分で使用していたのですが、肌トラブルに悩む女性にも提供したいという思いからバザーに出店したところ、使い心地の良さや美容効果が口コミで話題に。 そのあと会社を設立し、本格的に製造販売を始めました。 自然な泡立ちで使い心地が良く、無添加で低刺激だからお肌に優しいです。 シャボン玉「無添加せっけん 純植物性シャボン玉 浴用」• 原産国:日本• 石鹸のタイプ:固形 愛用者続出!子供でも安心して使える純石鹸 おもに国産の牛脂を使用して作られた無添加石鹸。 酸化防止剤は一切無配合のこだわりの無添加石鹸です。 石鹸成分のみで作られているため、敏感肌の方はもちろん、小さな子供から大人まで安心して使える処方になっています。 洗い上がりはさっぱりしますが、天然の保湿成分が肌に潤いを与えてくれるため、洗い上がりの肌はしっとりします。 サイズは100gのタイプと155gの大容量タイプがあります。 家族で使用したい方にもおすすめです。 畑惣一郎商店「坊っちゃん石鹸 釜出し一番」• 内容量:100g• 原産国:日本• 石鹸のタイプ:固形 大正時代から親しまれている窯出し一番石鹸 坊ちゃんマークが特徴的な「坊ちゃん石鹸」は、肌へのやさしさへこだわって作られている純粋無添加石鹸です。 天然の牛脂とヤシ油を独自の混合比で使用。 着色料や酸化防止剤などの添加物は、一切含まれていません。 枠練り法という、石鹸分子の結晶化を進行させて製造する溶け崩れが少ない製法で作られています。 みずみずしい使用感のため、乾燥肌や肌トラブルに悩む方にもおすすめできる優秀な純石鹸です。 天使の石鹼「米ぬか純石鹼」• 内容量:130g• 原産国:日本• 米ぬかには、医療品として認められているガンマオリザノールという成分が豊富に含まれていて、シミなどの原因となる酵素の活性を抑えたり、紫外線を防止する働きがあります。 全身用としても、洗顔料としても使用できる優しい処方で、原料油に含まれているミネラル、鉄分をはじめ、ビタミンB1、B6などの栄養分が含まれています。 長時間乾燥させて熟成しているため、優しい洗い上がりが特長です。 通常より大きめな130gのため、コスパ面でもお得!赤ちゃんからご年配の方まで使えます。 寒い時期の乾燥が気になる方や、しっとり感を残して洗い上げたい方にもおすすめできる純石鹸です。 カウブランド「無添加せっけん」• 原産国:日本• 熟練の技術で約1週間かけて熟成された、こだわりの設計で作られています。 豊かな泡立ちが特徴で、肌に潤いを残しつつもすっきりとした洗い上がりを実感することができるでしょう。 また、皮ふアレルギーテストを実施して作られているため、肌が弱い方でも安心して使えます。 使用感の好みはあると思いますが、液体タイプはすすぎやすく量が調節しやすいというメリットがあるため、要チェックですよ。 Olive Drops「Olive Drops」• 内容量:250ml• 原産国:日本• オリーブオイルの脂肪酸は「オレイン酸」ですが、元々人の皮脂にも多く含まれる成分であるため馴染みが良く、乾燥しがちな肌に潤いを与えて乾燥などの外的刺激から肌を守ってくれます。 水溶性があり、ジェル状に変化する特徴を持つカリ石鹸は素早くすっきりと洗い上げてくれるため、肌にも負担がかかりにくいです。 洗顔用純石鹸を購入時の気になる疑問・質問 一般的にあまり知られていない純石鹸ですが「本当に肌に良いの?」って疑問に思う方もいるようです。 対して「無添加石鹸」とは、界面活性剤などの刺激性がある添加物が配合されていない製品のことを指します。 とはいえ、薬機法という法律では無添加石鹸の定義が決められていないため、中には添加物が入っているものがあり、判断がしにくいというデメリットがあります。 Q2:純石鹸を使って肌断食をするのはおすすめできますか? 肌断食とはメイク用品やスキンケアを一切やめて、肌を再生、活性化させるという美容方法のこと。 過剰なケアをすることによって疲れた肌を休める効果があるため、完全に無添加、且つしっかりと汚れのみを洗い流せる純石鹸はおすすめです。 ちなみに、肌断食のやり方にはいくつかの方法がありますが、中には純石鹸さえも使用しない方が良いという意見があるようです。 もしも肌断食を行いたい方は、しっかりやり方をチェックして、自分に合う方法を見極めることも肝心でしょう。 Q3:純石鹸で洗顔すると乾燥したりニキビができたりと肌に良くないと効きましたが本当ですか? 基本的に、純石鹸には界面活性剤などの科学物質が含まれていないため、肌に負担がかかりにくくニキビのリスクは少ないようです。 さらに、肌にとって必要な皮脂を残してくれるため、洗浄力の高いフォームタイプの洗顔料より肌に良いと言われています。 ただし、純石鹸の種類によっては肌の乾燥が起こってしまうこともあるようです。 純石鹸の中でもグリセリンなどの保湿成分が含まれているものを選ぶと、肌の乾燥を防ぐことができますよ。 Q4:牛乳石鹸は純石鹸ですか? 「青箱」や「赤箱」と呼ばれる牛乳石鹸は、純石鹸ではなく「化粧石鹸」と言われるようです。 牛乳石鹸の中には今回紹介した無添加シリーズもあるため、純石鹸をお求めの方は購入時に注意するようにしましょう。 Q5:純石鹸でメイクはクレンジングできますか? 普通のメイクや日焼け止めなら充分落ちると言われています。 しかし、ウォータープルーフタイプのメイクアイテムなどは落としきれない可能性もあるため、純石鹸を使用している場合には落とし切れる範囲のメイクを行うなどの工夫が必要でしょう。 また、メイクが落ちなかったからといって何度も洗い直してしまうと肌への負担となります。 どうしてもメイク落ちが気になるようであれば、肌に負担がかかりにくい乳液やクリーム、バームタイプのクレンジング料を併用すると良いかもしれません。 まとめ 究極の無添加とも言える「純石鹸」。 おすすめ商品を紹介してきましたが、コスパの良さはもちろん、中には赤ちゃんから使用できる処方になっているものもあるため、低刺激の洗顔料を探している方には自信を持っておすすめできる製品です! スキンケアの基本である洗顔料選びは美肌への第一歩!肌に優しい純石鹸、試してみる価値ありますよ。

次の