オセロニア ラァナ。 【オセロニア】ラァナ|評価・ステータス・スキル

【オセロニア】日常ラァナ|評価と使い方

オセロニア ラァナ

このスキルは純粋に 与える毒のダメージが2. 6で3640に毒ダメージが跳ね上がります。 特にのスキルと組み合わせると、召喚駒1体当たり3000以上の毒ダメージを与えられことになるので、1ターンで計10000近くの毒ダメージを与えることが可能です。 自身は直接ダメージを与えられないものの、フィニッシャーとして非常に強力な駒です。 今後の毒デッキには必須の駒になるでしょう。 【進化】高火力かつ使いやすいコンボスキル 「ラァナ(進化)」のコンボスキルは、HPが減少するほど相手に強力な特殊ダメージを与えられる効果があります。 発動条件がなく最大で4500の特殊ダメージを与えられるので、 非常に汎用性が高く使い勝手が良いです。 スキルの毒バフで相手のHPを大幅に削った後に、このコンボスキルでフィニッシュする動きが強力です。 【闘化】持続力のある呪いスキル 「ラァナ(闘化)」のスキルは、盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン相手の手駒1つを呪い状態にする効果を備えています。 呪いスキルが3ターンの間発動するということから、相手に呪い状態の駒を置かれて即対処されてしまうということを防ぐことができるので、 持続的に相手の駒を呪い続けることができます。 このことから相手の駒を複数枚呪いやすくなるので、などの呪いスキルと非常に相性が良く、呪いデッキではエース級の活躍が期待できます。 ラァナのおすすめデッキ 進化:[魔性の接吻]ラァナ ラァナの入手方法 超駒パレード ガチャイベント「」で入手可能です。 コンボスキル はじける魔性 【効果系統】「ダメージ」 【最大Lv2】特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4500の特殊ダメージを与える。 進化素材 進化素材 必要数 闘化:[魂の支配者]ラァナ 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 ラァナから闘化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1957 1362 スキル スキル フォーリン・ラァナ 【効果系統】「呪い」 【最大Lv2】[リンク]呪い:自分のデッキの駒がすべて魔属性のとき発動できる。 盤面で表になっている3ターンの間、相手ターン開始時、相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にする。 コンボスキル ワンモア・ラァナ 【効果系統】「呪い」 【最大Lv1】[リンク]呪い:自分のデッキの駒がすべて魔属性のとき発動できる。 次の相手ターン開始時、相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にする。 コンボスキル はじける魔性 【効果系統】「ダメージ」 【最大Lv1】特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4000の特殊ダメージを与える。

次の

【オセロニア】毒スキルを凶暴化!!『毒バフスキル』のまとめ

オセロニア ラァナ

この駒の特徴は相手の手駒でATK最小の駒を呪える点。 序盤で相手のオーラ駒を呪ったり、後半でB駒などの相手が出したくない駒を呪ったりすることが可能です。 逆に言えば、相手が終盤に出したいフィニッシャーのS駒を序盤から呪うことは難しいでしょう。 相手のATK最小の駒が分かれば、手駒ロックにつなげたりできます。 魔統一デッキであればいつでも発動できる点も嬉しいですね。 【コンボスキル発動条件】 ・自分のデッキがすべて魔属性 【コンボスキル効果】 ・相手の手駒のATKが一番小さい駒を呪う コンボスキルもATK最小の手駒を呪うことが可能です。 スキルと組み合わせればオーラスキルに呪いを重ねがけしていくことができるかもしれません。 評価は5点中4. 5点にしました。 スキル・コンボスキルともにATK最小の手駒を呪うことができる点は嬉しいですね。 蘭陵王などのリーダー駒のATKが低いデッキ相手と相性がいいでしょう。 オセロニア 日常ラァナ 基本パラメーター.

次の

ゲーム「逆転オセロニア」で、自分は毒デッキを作ろうと思っているのです...

オセロニア ラァナ

この記事のもくじ• オセロニア ラァナ 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 ラァナ [進化] 4. 5点[闘化] 4点 特徴・使い方 超駒パレード限定のSランク駒。 進化と闘化が存在し、進化は毒効果アップのスキルとライフバースト系特殊ダメージのコンボスキルを搭載。 闘化はスキル、コンボスキル共に呪いスキルを搭載したキャラです。 進化、闘化ともに非常に優秀な性能で、 特に進化は毒デッキでは必須級の最強駒! ゲットできるチャンスは超駒パレード開催時のみとなります。 これはマジでゲットしたいキャラですね…… 【進化】[魔性の接吻]ラァナの特徴・使い方 超強力な毒効果アップのスキルは歴代キャラの中でもトップクラスの性能。 毒スキルのダメージが2. 6倍になるという表現のほうが伝わりやすいでしょうか。 発動条件は特にないので、いつでも使えるのも魅力的なポイント。 コンボスキルはライフバースト系の特殊ダメージスキルで最大4500のダメージがでます。 最大の4500というのはヴィクトリアと同じ性能ですね。 非常に優秀だと思います。 評価は5点中4. 5点にしました。 アバドンを持ってない方は何としてでもゲットしたい性能のキャラです。 2ターンの合計でのダメージを考えるとアバドンに軍配が上がりますが、1ターンだとラァナに軍配が上がります。 スキル性能的に毒デッキのフィニッシャーにピッタリ! しかし、ラァナはコンボスキルも優秀なので活かしたいところ。 コンボスキルのライフバーストでの火力も非常に優秀です。 毒ダメージだけでなく、状況次第では中盤に使ってコンボルートを確保しておくのも有効な使い方と言えるでしょう。 スキル性能を計算してみました。 毒ダメージ ラァナのスキルでの毒ダメージ上昇値 合計ダメージ 500 800 1300 1000 1600 2600 1200 1920 3120 1400 2240 3640 1600 2560 4160 1800 2880 4680 3600 5760 9360 このように数字で見ると半端ない性能です…… アズリエルに合わせるだけでもかなりの火力ですね。 ハロウィンアズリエルの2362に合わせると半端ない火力。 驚愕なのは、A駒の闘化ブランジェッタのスキルと合わせて使った時の毒ダメージ量です。 なんと、毒ダメージ合計9360! 毒デッキのエースとしてかなり活躍してくれるでしょう。 また、スキル、コンボスキル共に発動条件がないので、毒耐久デッキでも使用できます。 混合デッキの毒多めデッキでももちろん使えますので、いろんなデッキで使ってみたいですね。 【闘化】[魂の支配者]ラァナの特徴・使い方 闘化は呪いに特化したキャラですね。 初の置き型の呪いスキルを搭載しています。 盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1つずつ相手の手駒を呪います。 初の置き型呪いスキルですが、3ターンで合計3つの呪いをつけれますし、性能的に非常に面白く優秀ですね。 コンボスキルも呪いスキルとなります。 よくあるタイプのスキルで、相手の手駒を1つの呪い状態にします。 評価は5点中4点にしました。 スキル、コンボスキルともに魔属性統一デッキでないと発動することができません。 魔単デッキ以外のリンクがない点は使いやすく魅力的ですね。 魔属性統一デッキであれば、盤面の辺に置けば3つの呪いがほぼ確定するのは嬉しい性能です。 コンスタントに呪いをつけれる事ができるので重宝しそうですね。 2017年10月現在では呪いの対策は盤面に呪われた駒を出す以外は対策がありません。 呪いキャラも非常に増えてきたので面白い環境であると言えるでしょう。 進化、闘化、非常に迷うキャラですね。 出来れば、欲張って2体欲しいところです。 コンボスキル スキル はじける魔性 【進化前】最大Lv 1 【進化】最大Lv 2 効果:Lv1 特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4000の特殊ダメージを与える。 効果:Lv2 特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4500の特殊ダメージを与える。 盤面で表になっている2ターンの間、相手ターン開始時、相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にする。 効果:Lv2 [リンク]呪い:自分のデッキの駒がすべて魔属性のとき発動できる。 盤面で表になっている3ターンの間、相手ターン開始時、相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にする。 コンボスキル スキル ワンモア・ラァナ 【闘化】最大Lv 1 効果:Lv1 [リンク]呪い:自分のデッキの駒がすべて魔属性のとき発動できる。 次の相手ターン開始時、相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にする。

次の