クレア の 秘宝 伝 眠り の 塔 設定 判別。 クレアの秘宝伝2 |設定判別・設定差・高設定確定演出 解析まとめ

クレアの秘宝伝 〜眠りの塔とめざめの石〜 設定判別・設定差・解析・評価・感想

クレア の 秘宝 伝 眠り の 塔 設定 判別

0 高設定ほどボーナス確率が優遇されていますが、僅かな差なので2,000~3,000G程ではそんなにアテにならないレベルの設定差です。 6 スイカA+ボーナス確率に大きな設定差ありますので、一日に2回以上出現で高設定の期待がグンと高まります。 スイカAは斜め揃いのスイカです。 6 通常時のベルとチェリーは設定差が明らかにあるのでカウントしましょう。 強チャンス目も必ずカウントすることで、複数回の出現が確認ができた場合は、高設定の期待がグンと高まります。 ただし、強チャンス目はもともと確率が重いフラグなのでそこまでアテにせず、他の判別要素も併せて設定推測していきましょう。 23 ベルとチェリーのどちらかが良くて、どちらかが悪いなどの、判断が付きづらい場合には合算確率を参考にすると良いでしょう。 設定1・2は近い確率ですが、設定5・6はそれぞれに差がありますので、設定1・2の近似値から小役確率がしばらく動かなければ危険信号です。 88 RT中のハズレ確率にわずかな設定差があります。 短時間での設定判別材料にはならないレベルなので、参考程度にカウントしましょう。 REG中の登場キャラ パターン 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定期待度アップ 金 高設定期待度アップ 赤 設定5以上確定 REG中は出現キャラと色の種類で設定示唆があり、【銅<銀<金<赤】という順で高設定を示唆。 特に赤は設定5以上確定となるので悶絶です。 1回のREGで5回キャラカードが出現するので、必ずカウントしましょう。 REG中のキャラでの設定示唆 パターン 示唆内容 全て銀のカード 設定5以上濃厚 現状分かっているのは全て銀のカードが設定5以上濃厚の演出となっていますので、設定推測に役立てていきましょう。 RT終了画面 パターン 示唆内容 パターン1 基本パターン パターン2 偶数設定示唆 パターン3 高設定期待度アップ パターン4 高設定期待度アップ パターン5 設定2以上確定 パターン6 設定5以上確定 パターン7 設定6確定 基本パターン、偶数設定示唆パターンはよく出ると思いますので、初めのうちは覚えておきましょう。 ちなみに RT中に当選したREGの終了画面も同様の画面となりますので、『RT終了画面1回』としてカウントは必須です。 【クレアの秘宝伝3】打ち方(通常時・ボーナス中) 通常時の打ち方(順押し) 左リールの上段or中段に白BARを目押し。 下段チェリー停止時は、中・右リールに青いピラミッド図柄を狙い、中・右リール共にピラミッド停止でチャンス目となる。 左リールにスイカ出現時は、中・右リールピラミッド狙いでスイカは獲得可能。 通常時の打ち方(中押し) 中リール枠2コマ上付近にピラミッド狙い。 停止形パターンは下記を参照。 BIG中の規定枚数内なら何度でもチャレンジできるため、積極的に実践していきましょう。 RT中の打ち方 通常時の小役狙いと同様。 ボーナス判別手順 下記手順だと最長2Gで全ボーナスを判別可能。 熱い状況なら積極的に実践するほうが良い。 ボーナス確率のみで見たら、5,000G以上回っていてやっと少しアテになるかな、といったレベルの設定差です。 ですので、小役確率・小役重複率・REG中のキャラ・RT終了画面、あたりをメインに設定判別できればと思います。 要するに、自身で打ってみないと分かり辛いってことですね。 機械割が高い機種ではないので、イベントの際にでも高設定が入りやすく、十分に狙える機種だと思います。

次の

【完全版】クレアの秘宝伝2 設定判別ツール・設定差・高設定確定演出まとめ

クレア の 秘宝 伝 眠り の 塔 設定 判別

目次(タップで該当箇所に飛びます)• キラキラカード出現率 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 5回目以降は繰り返しで9回全て成功すると「ねぇすごいでしょ」が発生。 なお、「RT中ボーナス成立後のハズレ」と「BIG成立後の強チャンス目」はサンプルから除きましょう。 天井は存在しません。 前作同様、プチRTが存在します。 チャンス目成立時の一部で移行し、継続ゲーム数は5G固定。 「高確率<超高確率<極高確率」の順にボーナス期待度がアップします。 高確率 通常時のチャンス目から突入するプチRT状態。 RTの純増は約0. ノーマル機の時代が来る来ると言われていましたが、この流れはまさに本流ですね。 本機は評判が高かった前作の基本要素をそのまま踏襲しているようです。 クレアの秘宝伝の代名詞と言えば、「プチRT」。 プチRTの存在により、強小役出現後の次ゲームに「ノーチャンスの出目」が出現し、演出が台無しということがない点は評価できるポイントだと思います。 出玉率を含めたスペックも魅力ですよね。 設定6は超積極的に狙いたいレベル! ノーマル機種の中でも最高峰の出玉率となっています。 ホール登場が非常に楽しみな機種です。 クレアの秘宝伝2 PV・動画 公式PV.

次の

【完全版】クレアの秘宝伝2 設定判別ツール・設定差・高設定確定演出まとめ

クレア の 秘宝 伝 眠り の 塔 設定 判別

9 98. 1 99. 2 104. 0 108. 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵 新台のクレアの秘宝伝3には天井が搭載されてません。 天井狙い目 今までのクレアの秘宝伝シリーズと同じく天井が搭載されていない以上、 天井狙いは不可能です。 ゾーン振り分け スロット「クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡」は、天井を含めて規定ゲーム数到達時(ゾーン)に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。 ゾーン狙い目 ボーナス当選に関わるゾーンは存在しないため、 ゾーン狙いはできません。 やめどき 通常時かつボーナスが成立していなければいつやめてもOKです。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BAR狙い。 角チェリー停止時は、中&右リールに ピラミッド絵柄を狙う。 上段スイカ停止時も、中&右リールには ピラミッド絵柄を目安にしてスイカをフォロー。 上段ピラミッド絵柄停止時も、中&右リールは ピラミッド絵柄を狙えばOK。 下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ちで消化する。 チェリーフラグは中&右リールの中段にピラミッド絵柄が止まるかどうかで判別でき、どちらかにピラミッド絵柄が止まればチャンスチェリーとなります。 スイカに関しては右下がりに揃うスイカがスイカA、中段に揃うスイカがスイカBとなっており、スイカハズレはチャンス目。 ピラミッドハズレもチャンス目となり、ピラミッド揃いは強チャンス目となります。 ボーナス察知(最速入賞)手順 1. ボーナス成立を察知したら、右リール中段付近に BAR狙い。 中段BARorクレア絵柄停止時は、左&中リールは適当打ちで消化。 枠下BAR停止時も、左&中リールは適当打ち。 下段BAR停止時は左リール上段付近に 赤7を狙い、停止形に応じて中リールを打ち分ける。 左リール上段or下段にBAR停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 中段赤7停止時は中リールに スイカを狙い、次ゲームで REGを揃える(狙う)。 右リール上段にクレア絵柄停止時は、左リール上段付近に 赤7狙い。 スイカテンパイ時は、中リールにも スイカを狙う。 角チェリー停止時は中リールは適当打ちで消化し、次ゲームで クレア揃いBIGor 赤異色BIGを狙う。 下段赤7停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 ボーナス中の打ち方 【BIG中】 1. 1手順を 2回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 【REG中】 1. 1手順を 1回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 技術介入回数に注意 クレアの秘宝伝3のボーナス中には簡単な技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで10枚役を獲得できます。 REG中に関しては技術介入を1回成功させれば枚数調整が完了し、最大枚数を獲得することができますが、 BIG中は技術介入を2回成功させなければ最大枚数を獲得できない点に注意してくださいね。 強チャンス目は設定差が大きいですが、分母が大きくサンプルを集めづらいのがネックになりますね。 また、RT中のハズレ確率にも設定差が付けられており、設定が上がるにつれて段階的に出現率がアップします。 9 設定判別要素 クレアの秘宝伝3のボーナス確率は、設定1と設定6の差は約1. 2倍と大きくはないので、ボーナス確率だけを参考に設定を絞り込むのは難しいです。 6 クレア頭ボーナスは偶数設定で、赤7頭ボーナスは設定5で出現しやすいといった特徴あり。 設定1のみ出現率が均等となっている点には注意しなければいけませんが、ある程度サンプルを集められれば補助的な奇数or偶数設定判別要素として活用できますね。 各ボーナス確率解析は「」を参照。 7 チェリー、スイカA、強チャンス目とボーナスの同時成立確率に設定差あり。 なお、スイカAは右下がりに揃うスイカです。 設定差のある小役確率 設定狙いの際にはベルとチェリー確率を要チェック! ベル確率はサンプルを集めやすく設定1と設定6では 約1. 1倍の差が付けられており、チェリー確率は設定1と設定6で 約1. 2倍の差が付けられています。 小役確率の詳細解析は「」を参照。 設定示唆演出 ・クレアの秘宝伝3では、REG消化中のキャラカードやRT終了画面で設定を示唆。 REG消化中 REG中のキャラクターカードの色で設定を示唆しており、赤カードは出現時点で 設定5以上確定。 キャラカードの詳細解析は「」を参照。 RT終了画面 RT終了画面には複数のパターンが存在し、中には出現時点で特定設定以上が確定となる終了画面もあり。 終了画面の詳細解析は「」を参照。 通常時 スロット「クレアの秘宝伝3」の基本的なゲーム性は前作と同じ。 チャンス目成立を契機に移行する プチRT【高確率】は健在で、高確の種類によってボーナス期待度が異なる点も引き継がれています。 高確率 ・チャンス目を契機に突入する、クレアの秘宝伝シリーズではお馴染みのプチRT状態。 ボーナス スロット「クレアの秘宝伝3」のボーナスは、大きく分ければBIGボーナスとREGボーナスの2つ。 ただ、BIGボーナスは揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いと赤7揃いの獲得枚数は最大302枚、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いの獲得枚数は最大203枚となっています。 また、全てのボーナス中に技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。 REG終了後にはRTに突入しないのも、前作と同じですね。 BIGボーナス ・揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いor赤7揃いなら最大302枚獲得可能、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いは最大203枚獲得可能。 ・消化中には技術介入要素あり。 ・消化後はRTに突入する。 ・BIG突入時にはストーリーBB、ミュージックBBのいずれかを選択可能。 REGボーナス ・最大105枚獲得可能のボーナス。 ・消化中には技術介入要素あり。 REG中のキャラカード カードの色 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定示唆(弱) 金 高設定示唆(強) 赤 設定5以上確定 オール銀以上 設定5以上濃厚 クレアの秘宝伝3のREG中は、前作までのようにキャラカードの色によって設定を示唆します。 赤カードに関しては、1度でも出現すればその時点で 設定5以上確定です! また、カードの出現はシナリオで管理されており、 1回のREGですべて銀以上のカードが出現した場合は設定5以上濃厚となります。 ハイモードは設定5以上でのみ選択されますが、どちらのモードでも全て銀カードが出現する可能性があるため、設定5以上が確定するのは赤カード出現時のみ。 しいて言えば、通常モードの5G目に出現することのある神秘の秘湯の選択率は、低設定と高設定で2倍の差が付けられているため、確認できるほど高設定期待度が上がりますね。 また、5G目に教授が出現すれば設定6期待度が大幅アップします。 通常モード 通常モード・1G目 設定 子供 クレア (通常) 大人 クレア (通常) オールド レオン (通常) 1 19.

次の