引っ越し業者 見積り。 【引っ越し値引き交渉術】見積もり後に半額になる依頼のコツとは

引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引っ越し業者 見積り

だから、少しでも負担を減らしたい方に、業者選定基準としておすすめしたいのは 「引っ越し業者3社による見積り」だ。 引っ越し業者はたくさんあるのに、なぜ3社なのか。 それはずばり、メール対応、訪問見積りの日程調整、訪問見積りの営業対応、価格交渉、競合比較、その後のクロージング全てにおいてたくさん見積り依頼をし過ぎると、手間ばかりが多く、頭は混乱してくるし、値引き交渉の兼ね合いで、業者どころか、引っ越し日もなかなか決められず、そのほかの手続き全て何もできなくなるからだ。 仕事や家事、育児をしながら、引っ越し業者の相手なんてそうできるもんではない。 また、1,2社だけの比較の場合、一抹の不安というか後悔が残る場合がある。 金額とかサービス内容なんて気にしない、私はこの引っ越し業者が好き!という場合はもう何も言うことがない。 さっさと決めるに越したことはない。 私もそうでありたかった。 ただ、本人がそう思っていても家族がそれを許さない場合もあるから気を付けてほしい。 「どうしてもっと他から見積りを取らなかったの」 1人暮らしでも、親や友達に言われる可能性がある。 家族ならもちろんのこと、簡単にスルー出来る問題ではない。 引っ越し一括見積りサービスは便利だけど覚悟がいる 見積りの比較ができるわけではない 引っ越し の一括見積りサービスを利用したら、簡単に引っ越し業者が見つかると考えていたら、それはとんでもない間違いだ。 一括見積サービスというのは、「」や「 」などの引っ越し業者の比較サービスで、こちらの住所氏名、家族構成、引っ越し先、引っ越し希望日など入力すれば、複数ある引っ越し業者から、その地域で対応していて、ネット申込によって引っ越し代金を割引してくれる業者を選定してくれるサービスだ。 追記)引っ越し後「株式会社LIFULL」より「引越しお祝いキャンペーン」ということで500円のnanacoポイントがもらえるアンケートがきた。 引っ越し見積りや、引っ越しサービス云々ではなく、引っ越した家の満足度中心の簡単なアンケート。 ラッキーだ。 3月、4月の引っ越しシーズンを控え、「アート引越センター」など大手の引っ越し業者のCMに並んで、引っ越しの一括見積サービス会社もCMを打ってきており、知名度が上がってきている。 比較サービス業者に1つの情報を送るだけで、各社の見積りが提示されるという考えは捨てた方がよい。 「」に関しては、1人暮らしの同僚が「引越しネット予約サービス」という電話でのやりとりは発生しない方のサービスを選択して、見事、電話なしで業者を選定できたという。 荷物が少なく、口を出す家族がいない、1人暮らしならではの成果だったかもしれない。 引っ越し業者も引っ越し日も実にスマートに決まった。 ネットでカンタン申込み! 一番安い料金で引越しを予約できます 大量の電話とメールがやってくる 私は勉強がてら、「 」のセルフバックにて見積サービスを受けた。 なんと見積りを依頼しただけで1,100円が発生するのだ。 お金までもらえて、一定の情報を送るだけで業者を絞ってもらえて、周知いただけるのはありがたい。 お得で便利なのではあるが、いざ情報を送って送信したら最後、メールや電話が一斉にやってきてしまう。 訪問見積りが必要な場合が多い また家族の引っ越しということで、荷物の量を確認するため訪問見積りが必須ということだった。 そうすると「訪問見積日を決める」という作業が発生する。 これくらいはせめてメールでやりとりしたかったが、それができたのは「アート引越センター」だけであった。 「引越のサカイ」は電話もメールもじゃんじゃん送ってくるが、メールの返信をしても電話しかかかって来ない。 「アリさんマークの引越社」に関しては手違いだと思いたいが、メールで連絡をしても何の音沙汰もなかったのでこちらから電話をした。 引っ越し大手3社の訪問見積り比較 私は、大手以外の会社のサービスを知りたかったが、手間もかかるということで「アート」「サカイ」「アリさん」の3社の訪問見積りを受けることにした。 大手3社パンフレット 訪問見積り日の設定方法 訪問日を決める時、「引っ越し会社は時間指定はできないと言う。 「前日に担当の営業から時間を連絡します。 」という場合が多い。 そのため、同じ日に訪問見積りを3社まとめるのは至難の技である。 おそらくできないことはない。 けれど家に拘束されるため、外出もままならなくなるだろう。 各社の見積もり呈示の仕方 営業マンがやってくると、一通り引っ越しサービスの説明があり、家具の分量の計測が始まる。 「アート引越センター」の場合、引っ越しまでの手続きの流れのパンフレットをくれたり、引越のコースの説明、梱包が簡単で便利になっていることなど好感が持てる感じだった。 また家具や電化製品についてもいろいろ説明があり、1か月以内なら模様替え対応可能とのことだった。 なんてすばらしい。 そのあと、引っ越し日や時間の希望を伝え、見積り額の提示となる。 その場で数値を機会に打ち込みお見積りを印刷。 「アート引越センター」も 「サカイ引越センター」もそのように印刷をして見積りを出したが、「アリさんマークの引越社」だけは電卓での価格表示だった。 引っ越し大手3社の見積額と値下額 ここは結構重要なところ。 今回、わが家はサービス内容というより価格の安さを重要視している。 以前、単身で2つの県をまたいで引っ越した際に6万円程度だった引越料金。 今回、家族3人で同市内の近場引っ越しで出た最初の見積り額は? その後の交渉で下がった金額は右側に。 特に休日ではなく平日の午前などは安くなりやすい。 しかし、最初からこの条件を出すと値引きできなくなると思われる。 最初は希望を言う方がよいかも。 ということで、引っ越し会社は「サカイ」に決定しました。 同僚から聞いた話では「アリさんマークの引越社」は一番値下げしてくれた!と言うのだけど、営業マンによるのか忙しい時期で空いてなかったのか、まったく受注しようという雰囲気ではなかった。 私がおすすめする引越社はここ 3社しか訪問見積りを受けてはいないけど、私がおすすめする引越社は決まっている。 節約妻としたことが。 同僚の仕事できる人に聞かれたんだけど、「アートさん」を押しておいた。 ごめんよ私にはまだ余裕がない。 生活ぎりぎりの人は「サカイ引越センター」 こういう、値段をぎりぎりまで下げて人員に質や数を下げて薄利多売みたいな商売をしていては(安い価格を求めては)、引越会社も消費者も最終的には泥沼だということはわかっている。 こういう日本の体質が、給与が上がらない、残業がなくならない会社を生み出しているということも。 しかし、今の段階で引っ越しを頼むとして、少々荷造りが大変でも、より価格の安いところでお願いしてしまうのはどうしようもなかった。。 どこに謝ればいいのか。 ごめんなさい。 また同じような犠牲者を出してしまった。 次に、生活に余裕が出たら、アートさんにお願いしたい。

次の

引っ越しの見積もりをする

引っ越し業者 見積り

この記事の目次• 引っ越し値引き交渉と有利にすすめるコツ 見積もりを下げる基本は相見積もりです。 徹底して値切りたい場合は、手間はかかりますが 訪問見積もりを3社〜5社に依頼してください。 多ければ多いほど価格競争になるため引っ越し料金は安くなります。 ただし、同じような種類の引っ越し業者ばかり揃えないように気をつけてください。 大手ばかり4社を集めても金額に大きな差は出ません。 しっかり値切りたいのであれば、地元の小さな引っ越し業者や、中小の引っ越し業者などバラエティに富んだ選定を行ってください。 そうすることで意図的に見積もり金額にばらつきをつくることが重要です。 値引き交渉前に準備しておくこと 訪問見積もりをを行うのは引っ越し業者ですので、本来であれば引っ越しを依頼する側が準備することといえば掃除ぐらいですが、徹底して値切りたいならもっと細かい準備が必要です。 それは引っ越しに関する資料を作成しておくことです。 運ぶ荷物の選定とリスト(大型荷物や梱包を自分でするかしないか)• 引っ越し先の建物に関する情報(エレベータ有無など)• できれば引っ越し先の写真(地図や建物の外観)• オプション料金や注意してほしい点 引っ越し先の建物に関する情報や引っ越しに持っていく大型荷物のリストなど、分かる限りの情報を提供してください。 引っ越し先の写真まであるとベストですが、最低でもグーグルマップなどを利用して地図と建物の外観だけでも分かるようにしてください。 その他にも注意して欲しい点や要望をまとめて、引っ越し業者の担当者はそれと現場を見て確認するだけでいい状態を用意しておきましょう。 そうすることで営業担当は 「言った言わない」のトラブルを避けることができるため、安全を見て高めの見積もりをせずに、最初から安い見積もりを出してくれます。 相見積もりを行う方法• 即決カードを使う方法• 心理戦で値下げしてもらう方法• 訪問見積もりで競わせる方法 1. 相見積もりを行う方法 引っ越し一括見積もりサイトを利用することで「相見積もりですよ」と言っているようなものですので、あまり強く交渉できない人でもこの方法であれば簡単に見積もりを安くすることが出来ます。 また、引っ越しの値段を下げてもらう交渉をするのに 相見積もりは「絶対」です。 1社だけに依頼をして「高いからまけてください」と言ったところで「値下げは応じられません」の一言で片付けられてしまいます。 複数社で見積もりをしていることを伝えることで、引っ越し業者にできるかぎり、安い見積もりを提示してもらうのです。 引っ越し一括見積もりサイトを利用して見積もり依頼をすれば、 引っ越し業者は最初から相見積もり前提の見積金額を提示してくれるのであえて「相見積もり」を口にする必要もなくなります。 複数社から相見積もりをする 2. 訪問見積もりで競わせる方法 交渉が得意だという人は、先ほどお伝えした交渉術を使って複数社の訪問見積もりを行い、徹底的に値下げをあおりましょう。 相見積もりなのかそうでないのかによって、引っ越し業者の提示してくる金額がまったく変わってきます。 訪問見積もりの日程が決まったら、まずは1社目の見積もりをしてもらいます。 ポイントは「相見積もりになる」ことをしっかり伝えることです。 1社目は限界値ではないにしてもそれなりに安い金額を提示したうえで「即決なら更に安くします」と言ってきます。 その言葉に乗ってはいけません。 むしろ「まだ下げられる要素があるのだな」くらいに思っておきましょう。 「他社がここまで下げてきたけどどうしますか?」と金額を提示すると、可能であれば値引きの提案をもらえますが、引越業者からは「これ以上は無理です」という声も聞こえ始めるかと思います。 もし、「これ以上値引きはできません」と返された場合は、「似たような金額のところがあって迷っている…」「できることなら御社にお願いしたいのですが…. 」この2点を伝えるのも有効です。 とにかく粘り強さが必要で、時間がかかる交渉ですが、その交渉によって得られる利益はとても大きい物になります。 交渉に自信のある人はぜひ訪問見積もりを利用した交渉を行ってください。 例えば閑散期の家族の引っ越しだと 家族2〜3人の同一県内の引っ越しの場合、6万円〜7万円代が相場で10万円近いと高いと考え、逆に繁忙期だと10万円は仕方がないと考えます。 引越し侍で引っ越し相場を確認する 引っ越し業者側の提案に即決しない 一番注意したいのが、引っ越し業者側から営業トークで「即決してくれるなら〇〇円まで下げます」という風に即決を迫ってくるケースです。 確かに、引っ越し者の予算内に収まっていたり、相場より安ければ即決しても良い場合もありますが、同日で他社のほうが実は安かったという可能性も少なからず考えられます。 とにかく、「うちに即決してくれた安くします」という言葉にはすぐには乗らず、「他の業者の見積もりを見てから」というふうに断るか、逆に「即決するのでそれよりもっと安くなりませんか?」と 自分優位の交渉へ持っていくようにしましょう。 交渉のやりすぎに注意 先ほども少しお話しましたが、とにかく安くしようと、交渉をやりすぎると引っ越し業者にも従業員への給料を払わなくてはいけないので、利益のない引っ越しは断られてしまうこともあります。 また、あなた以外にも引っ越しをしたいという人がいることを忘れてはいけません。 見積もり書は引っ越しの予約ではないのでトラックの空き状況によって日々変わります。 返答はなるべく早く、できれば訪問見積もりの翌日には行うようにしましょう。 引っ越し値引き交渉は粘りもん勝ち ここまでしなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、値引き交渉で数万円も金額が変わるとわかれば紹介した交渉術でとにかく粘り強く交渉するしかありません。 訪問見積もりはその交渉を行うための数少ないチャンスですので、希望の値段になるまで粘り強く交渉を続けましょう。 交渉は苦手という方は、 引っ越し一括見積もりサイトを使ってインターネットで相見積もりをしてもらうか、訪問見積もりの際に「即決カード」を使いましょう。 交渉に自信がある方は、訪問見積もりの際の心理戦か見積り金額のループ作戦で交渉してみましょう。 そしてここが限界だと思ったら、気持ちを切り替えて交渉を終了させ、そこからは値引きしてもらった金額で気持よく引っ越し作業をしてもらいましょう。 ただし度を過ぎた交渉は相手にいいイメージを与えませんので、ほどほどで切り上げることも心がけてください。 無事、気持ちよく引っ越し作業が終わったあかつきには、引っ越しは人生でそう何度もあることではありませんが、「また機会があればおたくを利用したい」と安くしてもらった感謝の気持ちを伝えましょう。

次の

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引っ越し業者 見積り

提携業者数が多ければ最安値を見積りで見つけやすく、迅速に見積りを完了までの時間を調べてランキングしています。 尚、各サービス全て 無料で利用することが可能です。 無料引越し見積もりは 最短1分で完了。 2%がもう一度利用したいと答えたアンケート 自社アンケート 結果がある。 引越し費用とサービス内容の比較も可能で嬉しい。 現時点で既に2390万件の引越し見積もりを既に突破しているサービスだ。 引越し費用を安く抑えて新居に必要なモノを揃えることもできる。 何と 最大10万円のキャシュバックキャンペーンも実施。 当サイトでも 一押しの引越し比較サイト「引越し侍」 運営企業 株式会社エイチーム ズバット引越し比較 ズバット引越し比較では 全国220社の提携業者を比較して安い業者を無料で 最短1分で見積もれて探せるサービス。 業者ごとに違う相場を一括で比較見積りできるので 最大で50%も安くなることもある。 利用者実績は560万人を突破。 アート・サカイ・アリさん・ヤマト・日通など大手の業者が見積り提携している。 最短一分で220社からベストな業者を比較できるサービス。 運営企業 株式会社ウェブクルー 引越し達人セレクト 引越し達人セレクトでは 210社全国一括見積もり比較サービスは 最短30秒でその場で見積り額が 判明する。 サカイ・アリさん・アート・アークなどCMでもお馴染みの大手業者も提携。 引越しお祝い金最大6万円もらえるキャンペーンも実施。 更に荷造り1時間無料代行や引っ越しやる事ガイドも特典でもらえる。 サイト内に掲載の「引越し業者満足度ランキング」では見積りサイト利用者の生の声も知る事ができる。 運営企業 株式会社グライド LIFULL引越し LIFULL ライフル では全国の提携業者 130社から最短で45秒で見積もり比較が無料でできる。 更に引越し費用から最大で10万円のキャッシュバックも。 最大で50%安く引越しをする方法も詳しくサイト内で説明されている 公式。 休日or平日でどちらが安いか?等 一番安い業者が見積りで分って依頼もそのままできるサイト。 運営企業 株式会社LIFELL MOVE カシャっと引越し Hi! Move カシャっと引越し Hi! Move は スマホ専用の引越し見積もり。 他に類を見ない 画期的なサービス。 荷物の写真をアップして瞬時に見積もり完了する。 更に、「不用品をラクマ」に出品するサービスも同時に行っている。 引越し&お小遣い稼ぎを 同時にできるチャンス。 業者数は不明だったが他社にない見積りサービス展開をしている為ランクインした。 運営企業 株式会社グライド 引っ越しシーズンは、毎年決まって春ごろが最もピークで、一年の半数以上の住民票の移動がある時期なんだと知りました。 全国区 そして、引っ越しの見積りは、引越しが確定したらすぐにした方がメリットが 高く、寸前になって見積りをすると大きなデメリットがあることも知りました。 このサイトをご覧になっている方の中には、「見積りはもう少し後でいっか!」と、お考えの方もいるかもしれません。 ところが、「春」のハイシーズンだけは、そんな 悠長な事は言ってもいられないかもしれないんです。 こうなると、高かろうが依頼するしかなくなってきますよね。 これは個人的意見ですが、引越し準備は早期スタートに メリット多しと感じています。 引越し業者見積りランキング内容情報まとめ 引越し見積りサイト名 提携社数 見積り最短時間 公式サイト 1位 引越し侍 291社 1分 2位 ズバット引越し見積り 220社 1分 3位 引越し達人セレクト 210社 30秒 4位 LIFUL引越し 130社 45秒 5位 カシャっと引越し Hi! Move ー 例外系 ー 例外系 できだけ 早く、安く、確実に見積りを済ませて業者を抑えておきましょう。 というか、早め早めの行動は、準備万端かつ引越し費用も安く仕上がる素晴らしい事があります。 「相見積もり」は是非取りたいところですよね。 引越しって意外とお金を使いますから。 余談ですが、「 電話番号入力不要」の引越し見積りというのもあります。 一括見積りというのはどうしてもよく電話が鳴る状態になります。 それをを避けたい方は が良いと思います。 理由は電話番号入力は任意で利用できるからです。 スーモって部屋借りる時にお世話になるところでもありますね。 どなたかのお役に立てれば幸いです。 目次・読み飛ばし 引っ越し見積もりの種類とは? 引越し見積もり方法は3種類あります。 訪問見積もり• 電話見積もり• ネット見積もり 以上の 3種類の見積り方法があります。 それぞれ見積り方法ごとに特徴やメリット・デメリットがあるので 最もご自身にあった方法で引っ越し見積もりをしましょう。 見積り方法 メリット デメリット 訪問見積もり 最安値が知れる 複数見積もりすれば。 見積りの質は最も高い方法。 見積り時に自宅に他人が上がる 電話見積もり 引っ越し当日までは誰も家に上がらない。 散らかっていても安心。 全ての情報を電話で伝え見積もるので時間がかかる ネット一括見積り 迅速に完了し相場も複数社情報がすぐに知れる。 24時間対応で時間を気にしなくてよい。 業者をおさえるまでが早い。 見積り時に荷物量の申告漏れがあると費用が高くなる。 正確な情報は大切。 引っ越しは繁忙期に値上がりする?ってホント? 引っ越しのハイシーズン 繁忙期 は、新生活・新社会人・転勤・進学が全て重なる「 春」が最も件数が多いです。 一年の半分以上がこの時期の引っ越しハイシーズンに行われます。 引っ越し業者は一番の かき入れ時ですから、最大の人員やトラックを導入して作業をしますが、まったく 需要と供給のバランスが取れない時期も発生するそうです。 こうなると、業者は 価格を引き上げてでも引っ越しを希望する方を優先せざる負えなくなります。 ですから、繁忙期 2~4月 に関しては価格が高騰するのは 事実です。 見積りと予約をできるだけ 早めに行う事がとても大切だと覚えておきましょう。 一年間で住民票の移動は535万7000人程というデータがありますので、繁忙期には実に 1年間の30%近い数値の引っ越しが集中することになります。 *総務省データ参考 このことから、繁忙期には 引っ越し費用が値上げされる理由にもなっていますし、引っ越し難民が発生する理由です。 逆に、可能ならハイシーズンを避ければ引越し費用が安くなるという事になりますね。 引っ越し やること 引越しでやることはある程度時系列などで分類して目安を立てる事が可能です。 ここでは既に見積りを完了して、依頼する業者が決定しているという仮定で進めていきますね。 時系列順 引っ越し やること 上から順に• 役所系の手続き 転居・転入・転出・転校や転園手続き• ライフライン手続き ガス・水道・電気・インターネット• 自動車・バイクの手続き 住所変更や車庫証明• その他 手続き クレジットカード・保険・児童手当などの住所変更や契約変更 荷造りに関しては、引っ越しが確定し、業者が決まるタイミングで 開始すれば良いでしょう。 荷造りは早いほど 余裕が出ますので可能な限り早い方が良いでしょう。 個人的経験では、かなり早くはじめても問題なかった記憶があります。 逆に、不要品を処分するのに出品できるものがはけるまでの時間として使えました。 家財のトラブルはどうなる? 引っ越しは依頼した会社がいくらプロとはいえ荷物の破損などの可能性がゼロとは言えません。 家財が破損した場合は引っ越し後 3か月まで責任の追及が可能です。 破損が見つかると、対象家財は修理の為に一度手元を離れますのでその点も理解しておくと良いでしょう。 キャンセルは何日前までに? 引っ越し当日寸前でキャンセルをしなくてはいけない場合も想定できます。 体調不良や人事異動がなくなったなどキャンセルするケースも考えられる事項です。 この場合に、引っ越し会社には「キャンセル」を伝えますが引っ越し当日の 3日前まではキャンセルが無料で可能です。 それ以降は有料でキャンセルになるでしょう。 見積り時や依頼以降でも業者に電話などで確認するのが大切だと思います。 新しく住む物件を探す 先に引っ越しの繁忙期が3~4月で、一年の30%がこの時期に引っ越しをすると言いました。 つまり、物件を探す人口も急増します。 できるだけ引っ越しが確定したら早めに物件を探し始めることが大切です。 なぜならここでも「物件難民」になる可能性があるからです。 日本は上手に生き抜くコツが色々ありますね。 最悪の場合は物件の内覧をできずに転居をするケースも場合によって発生しうるそうです。 これでは安心できないですよね。 一連の行動のスタートは早ければ早い程良いでしょう。

次の