シャドバ クルト。 【シャドバ】聖弓の使い手・クルトの評価と影響の予想【シャドウバース】

聖弓の使い手・クルト

シャドバ クルト

微課金エンジョイの視点なので、大会ガチ勢とかだと全然違う感想だと思われます。 教会ビショップのメリット 圧倒的な速さ 教会はとにかく展開が早く、だいたい5ターン程度で試合を片付けてくれる。 今のアンリミテッド環境は6,7ターンもあればどのリーダーもほぼ確実にリーサルルートをつかめている。 そのプランが整う前に確実に轢くのが教会だ。 僕史上最速の 先行4ターンリーサルを決めたのも教会だった。 シャドバに進化システムなんて無いんだ。 いいね? リタイアするタイミングがわかりやすい アグロデッキは1つ1つのの勝敗を大切にするのではなく、勝てない試合は早期リタイアをして回転数を上げ、「短時間で勝利数を稼ぐ」というスタイルに特化している。 そんな中で、この教会は基本的に「 教会を引けなければ負け」というシンプルさがある。 勝てないと踏んだときはさっさとリタイアし、次の試合に行く。 勝てる試合は速攻で片付ける。 負けるときもスピーディなのでミッション消化などが非常に捗る。 例えばこの時はだいたい15分で6試合回せてますね。 動きがシンプルで簡単 アグロデッキの性質上、ひたすら最高打点で顔を詰める動きをすればいい。 また、ターン数が短いため使えるPPが少なく、「警戒すべき敵の行動パターン」が非常に少ない。 コスト:1 効果: カウントダウン 2 ファンファーレ 自分の場にナテラの大樹があるなら、このアミュレットのカウントダウン を1進める。 ラストワード 森の参謀・ムニャール1体を出す。 教会をぶっ壊れに昇格させた犯人。 1コスで4点疾走が可能というやばいやつ。 割れるまでにタイムラグが有るものの、その間に教会を探しに行く余裕が出来る。 ナテラの大樹があるとカウントが早く進む。 しかし、他にナテラとシナジーするカードがない事、盤面の広さを優先したい事から手札にあっても置かないほうが楽に戦える。 「攻撃時相手リーダーに1点」という仕様上、守護を突破しながらダメ押し一点を顔に飛ばすという器用な立ち回りも出来て優秀。 ファンファーレで• 詠唱:聖なる願い• 詠唱:聖獣への誓い から1枚をハンドに加えることが出来る。 教会の場合、「聖獣への誓い」から出てくる虎が相対的に強くない。 多くの場合はアグロのリソース補充として聖なる願いを使っている。 ただし難しい点が、 教会を引くツールとしては「聖なる願い」では手遅れな事だ。 風熊経由で得られる「聖なる願い」は最速2ターン目に盤面に置ける。 これが割れるのは5ターン目だ。 しかし、どうも4ターン目までに教会を置けてないと敗北が濃厚なのである。 このため、聖なる願いで引きたいものはジャスティーやイミナなどの場合が多い。 その後、そのスノーホワイトプリンセスは能力すべてを失う。 その後、そのスノーホワイトプリンセスは能力すべてを失う。 ラストワードで自身を召喚し、進化させる。 雑に強いフォロワー。 当時「ビショップでなければ許されなかった強さ」と言われていたが、今ではそのビショップ自体がとても強く手がつけられなくなってしまった。 復活する効果から、 敵の処理リソースを消費させて味方をかばう仕事ができる。 教会が引けてないターンを凌ぐために置くことが多い。 ラストワード フラッグフェザーフォルク1体を出す。 特筆すべきポイントは2コスで 結晶化して使える点。 時間差があるが安く使える結晶化、即座に疾走で攻撃できる通常召喚で出すかは駆け引きの要素。 序盤に教会が引けてない時は結晶として置き、4,5ターン目に教会を引いてくるタイミングで割れるようにするのがベスト。 逆に序盤から教会を設置できている場合、確実に4ターン目の打点として使いたいため、結晶化せずキープするのが良さそう。 進化時 自分のリーダーを2回復。 ちまちまの絶傑。 シャドバユーザーが嫌いなカードの上位常連さん。 教会ビショでは小物を蹴散らすために使う場合が多い。 特に相手も教会を使うミラーマッチの場合、クルトでHPを削ることで結果的に敵の攻撃力を削ぐことも出来る。 また、自然のカードをジャスティーに融合させることでクルトの効果を発動させることも可能。 忘れがちだけどたまに役に立つ。 ファンファーレ 相手の場に狂信の呪具がないなら、相手のフォロワー(賛美の狂信像・イミナを除く)1体を狂信の呪具に変身させる。 自分のターンごとに1回、自分がカウントダウン を持つアミュレットをプレイしたとき、そのカウントダウン を4進める。 君臨者 かの星は堕ち 神は哭く 賛美の神。 ネタに見せかけて 非常に性能が高い。 敵1体をアミュレット化するというファンファーレを持つ。 単純な消滅と違い、無益なアミュレットとして 盤面を埋めさせる役割もあり、遅延性能が高い。 ヨルムンガルドをスマートに処理できるのが非常に強い。 教会下では自身のHPがそのまま火力に繋がるため、 敵を処理しつつも被ダメしないというのがとても偉い。 ちなみにメジャーカードではないため、この効果を知らずに攻撃してくる相手がわりといる。 そのままリタイアされることもある。 下手なフォロワーだと 進化しても処理できないという驚異の場持ち。 後4で置くときはファンファーレによる除去と進化攻撃による処理による2点取り。 返しの敵ターンでも 必殺以外で処理されづらく、敵のヘイトを強く引いてくれる。 5ターン目以降は進化による処理をしつつ、進化後の効果である「アミュレットのカウントを-4」を生かして立ち回りたい。 教会のデッキではムニャールやフォルクと言った低コスト疾走アミュレットが多く入っているため、 イミナ召喚の余りコストで無駄なく運用できる。 イミナの効果で守護を剥がしつつ顔を詰められるため強力。 包み込む願い コスト:3 効果: ・イリスの祈り ・ムニャールの躍動 このコストと同じだけ自分のPPを消費して、チョイス したカードとしてプレイする。 自分の場にアミュレットが2つ以上あるなら、チョイス ではなく、カードを2枚引く。 森の参謀・ムニャール1体を出す。 教会ビショがぶっ壊れた理由その2。 3コスチョイスで• 2枚ドロー• ムニャールを召喚 から選択できる。 教会がなければ探しに行く。 あるならばムニャールで顔を詰める。 どの場面でも絶対に腐らないつよつよカード。 さらに、盤面に2枚のアミュレットがあればこの効果が両方発動する。 このデッキの場合、• 教会+ムニャール• 教会+フォルク• ムニャール+フォルク• ムニャール+聖なる願い あたりが現実的な発動パターンになる。 イミナのアミュレットが返ってきた時や、エンジェルラットのナテラがある時などの例外はあるが、基本的にはこのパターンで両方発動が狙えると考える。 超レアパターンはこれ 再掲 盤面のイミナ様によってアミュレットが砕け、「盤面にアミュレット2枚」を満たせないという事故がたまに起こる。 信仰が足りない。 ———- 疾走 ファンファーレ 「これに融合 した枚数」が1枚以上なら、必殺 を持つ。 2枚以上なら、さらに守護 を持つ。 3枚以上なら、さらにドレイン を持つ。 ムーンライド!レディー・ゴー! かわゆいフィニッシャー。 進化で顔を7点詰めることが出来ると考えれば、かなりイカれた性能と言える。 アイテールで確実に引っ張り出してこれるのも強み。 ハンド消費が苦しいが「自然カード3枚融合」で守護ドレインをつけるとギリギリの戦いで1ターンの猶予が得られるかもしれない。 滅多に無いけど ハンド過剰の時に融合で減らすことが出来るのも優秀。 白翼の守護神・アイテール 最強の確定サーチ。 アイテールを召喚できる時点でサーチ先は確実にジャスティーやムーンアルミラージになる。 実質的にこれらのカードを多く積むことが出来る。 ジャスティーの枚数を増やすという意味では、アイテールの代わりにムーンアルミラージを採用しても近い動きが可能である。 ファンファーレ エンハンス 4; コスト1以下のフォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 効果は各自読んでください。 4コスト払うと山札から1コスフォロワーを追加で2体召喚してくる。 教会下では 攻撃バフが攻撃力に繋がらないため悲しい。 ちょっと自分のセンスでは採用理由が分かりませんでした。 サブプランとしての採用なんですかね? 教会ビショップのサンプルデッキ 現在自分が使用しているデッキをサンプルとして掲示する。 エンジェルラットが自由枠で、ユニコーンナイトを入れてる例もよく見る。 フィニッシャーの枚数はジャスティ3、アイテール1としている。 ガン回ればだいたいムニャールだけで勝ってしまうため、後半のフィニッシャーに関しては薄めにしている。 人によってはアイテールを3枚積み、 5,6ターン目の高火力で確実に押し込むスタイルもいるようだ。 トップスピードは他の追随を許さないデッキなので、少し後ろ寄せにして事故を防ぐほうが安定するという見方もあるみたい。 教会ビショップの立ち回り マリガン 教会を引かないと始まらない。 すべてのカードを返してでも教会を引きに行く。 低コストカードがほとんどなので 教会さえあれば事故は起きない。 「ムニャール登場」が出てしまった場合も、次のターンにトップから教会を引けた場合は巻き返せます。 盤面ロックしやすい強みを活かす 教会ビショップには「攻撃するときだけ攻撃力が高まる」という独自の強みがある。 教会ビショには基礎攻撃力1のフォロワーが多く採用され、敵のフォロワーが能動的に自壊出来ない 盤面ロックの力がある。 実際に分かりやすいのがこの画像の例。 相手はフラウロスを破壊することが出来ず、回復することが出来ない。 イミナによる強力な盤面圧迫も出来るため、敵を放置することで盤面が狭くなるように立ち回りたい。 まとめ 教会の圧倒的な火力に惚れ惚れし、その場で感想をまとめてしまいました。 僕がこの記事で書きたいのは1つ。 イミナはガチ。 以上です。

次の

聖なる弓使い・クルト

シャドバ クルト

【進化後】 自分のリーダーが回復するたび、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。 【進化時】自分のリーダーを2回復。 リペアモードを大量投入すれば中型横展開ぐらいまでなら一掃してしまえる強力なパワーを感じます。 ここにさらにリペアモードなどを投下すれば全体2点をさらに回数重ねることが出来るため、 邪眼の悪魔の上位存在みたいなヤバい生き物になっています。 元はリーダー回復時に相手のリーダーに2点飛ばす天狐ビショップのOTKパーツだったはずなのに、リーダーではなく盤面に殺意を向けるようになったのはどういった心境の変化なんでしょうね。 カード考察 単騎でもデッキインするカード 回復シナジーが強力で回復シナジーと共に使うのが勿論良いのですが、進化時効果が強力過ぎて他のデッキにも入りそうです。 もしSTR環境に聖弓の使い手・クルトがいたなら聖獅子ビショップあたりに進化能力のために積むなり、少しだけ回復に寄せた形が作られたりしたんじゃないかなと感じます。 ただ、RoGのビショップは絡みの構築一強だと思いますので、順当にこのカードを機械エイラに積むことになるでしょう。 ただ、気を付けたいのはエイラの進化時能力がシナジーの中心になりますので、進化をあまり軽々に切りたくないということです。 クルトに回復カードを投げるにしても、進化を切るにしても盤面は一気に覆せても続かない状況というのが多々あり得ます。 クルトの進化能力はある程度相手に好き勝手させても1ターンで逆転出来る非常に強力な効果ですので、 死なない程度にライフで受けるというのは重要なプレイングなりそうです。 このカードのせいで環境が歪んで逆に3投枠ではなくなる可能性などはあり得ますが、盤面ゲームを終わらせる壮絶にヤバいカードということでローテーション評価をSとしています。 一方、アンリミテッドでもここまでの盤面干渉能力は流石にオーバーパワーです。 中型級の一掃には進化を使いはしますが、天狐ビショップやエイラビショップでは低PPから使える少し小さなバハムートみたいなものですので、盤面デッキを1枚で壊滅させることが出来るでしょう。 進化は有限とはいえ、これ、もうテミスの審判要らないかもしれない 汗 エイラビショップはこのカードに一掃されてしまう弱点を抱えるので、回復持続アミュレットとの相性の良さも加味してどちらかというと天狐ビショップの方が相性は良さそうでしょうか。 スパルタクスには苦しいかもしれませんが、アグロ、ミッドレンジに対して圧倒的な優位を築けることが予想されるため、流石に高Tierになりそうです。 Tier1にならずとも環境を歪める程度の力は間違いなくあると考えているので、評価はSとします。 というか、このカード刷るならフォルテの制限明らかに要らんかったやろwww 今後の展望 最近のシャドウバースの流れを完全に破壊するカード ここ最近のエキスパンションでは比較的真っ当に盤面で戦うデッキが強かったのですが、このカードはそのような環境をぶち壊しにしそうです。 回復して理不尽なバフ量で殴り掛かって来るデッキから邪眼の悪魔が飛んでくるのに地上戦していて勝てるとは到底思えません。 ただ、地上戦デッキの壊滅は地上戦を得意とするリーダー特性を奪ってしまうものなので、これは流石に近いうちに待ったが掛かりそうです。 健全性の観点から明らかに一歩抜けて外れたカードだと考えられ、高確率でナーフ対象になると予想されるため、お気に入り登録はしておいた方が良いでしょう。 執筆者プロフィール.

次の

【シャドバ】豪風のリノセウス、ナーフならず!聖弓の使い手・クルト、ナーフならず!!荒れ狂うシャドウバースはどうなってしまうのか!?シャドバの未来を語る会。。。

シャドバ クルト

神々の騒乱で実装されたビショップのシルバーフォロワー。 聖神弓! 実装当時はへの採用が多く見られた。 やとの同時プレイでスタッツUPしながら顔面に2点叩き込むプレイが地味にいやらしい。 またとの組み合わせも強烈で、事前に結晶像を複数設置した上でさらにクルト複数設置するといとも簡単に10点以上を削っていた。 ただしCGSでローテーションが実装されがローテ落ち後はさっぱり出番が無くなった。 聖神弓! 再度注目されたのがDBN期にが実装されたタイミング。 ローテーションではそれほどでも無かったが、&が利用できるアンリミテッドで活躍。 そもそもフォロワーがいなければリーダーに弾が飛ぶTNKとテミスが相性良すぎるところに2コスのクルトがベストマッチ。 結晶像複数+天狐設置状態からテミスで盤面更地にしながらクルトを置くことでOTKに近いレベルのバーンダメージを一気に叩き出せるようになった。 DBN後期では第2の結晶像とも言えるが実装され、このコンボがさらにやりやすくなった。 聖神弓! 最盛期を迎えたのがBOS前期。 が実装されてTNKビショップがローテーションTier1に躍り出た。 しかしアンリミはもっとひどかった。 レフィーエ効果がリーダー付与のせいで盤面を消費しない結晶像が常時存在するようなものなので、当然クルトのダメージも加速。 圧倒的な盤面制圧力と唐突なテミスクルトによるバーンダメージでアンリミ環境を阿鼻叫喚の地獄に落とし入れた 聖神弓! が5コストへナーフされた後はTNKビショップ自体が減少したため見る機会は減っている。 しかし依然としてアンリミのTNKビショップであれば確定で3積みされる強力フォロワーとして活躍している。 聖神弓! ROGで。 こちらも非常に強力なフォロワーである。 また、の登場でエイラビショップが再興。 貴重な直接火力というだけでなく、に対しての強さから、アンリミで大活躍している。 聖神弓! かつては半ばネタ扱いだったクルトOTKもSTRから追加されたトークン、やROBで実装された、のおかげでガチに……というか、 普通のエイラに入れておけばOTKが狙える。 これで8T20点OTK。 盤面が維持できないランプドラゴンなどが見えたらリペアを温存しておくとか、そういう準備をしていくことが大切 聖神弓!.

次の