台風 お 見舞い メール。 【文例付き】慰めや励ましの気持ちを伝える災害見舞いの書き方

「お見舞い申し上げます」に関連した英語例文の一覧と使い方

台風 お 見舞い メール

ご一同様にお怪我もなかったとのこと、何よりと存じます。 遠隔地ゆえお役にもたてず心苦しく思っております。 別便にて心ばかりの品を送らせていただきました。 当座のご用にお使いいただければ幸いです。 このうえはお力落としなく、一日も早くお立ち直りになりますようお祈り申し上げます。 不安な一夜を過ごされたことと思いますが、あなたさまのお宅に被害は及びませんでしたでしょうか。 また、ご家族のみなさまはご無事でしたでしょうか。 まずは、取り急ぎお見舞い申し上げます。 このたびの(地震/津波/豪雨/洪水/台風/火災など)で被災された方々には心からお見舞い申しあげます。 また、復興にご尽力されている皆様には、安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。 私どもにできることがありましてら、及ばずながらお手伝いをいたしたく存じておりますので、何なりとお申し付けくださいませ。 一日も早く平穏な生活に戻られることを心からお祈りいたします。 このたびの(地震/津波/豪雨/洪水/台風/火災など)において被災された多くのお取引様、関係各位、並びにご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 何か私どもにも出来ることがありましたら、及ばずながら応援をいたしたく存じておりますので、何なりとお申し付けください。 一日も早く通常営業ができますことを切にお祈りいたします。 まずは取り急ぎ、書面にてお見舞い申し上げます。 このたびの(地震/津波/豪雨/洪水/台風/火災など)で被災された皆様ならびにご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。 何か私どもに出来ることがありましてら何なりとお申し付けください。 及ばずながらお力になれればと存じております。 たいへんなご事態に、ご苦労も多いこととは存じますが、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 敬具 災害のお見舞い状と品物を別々に送る理由 災害のお見舞い状とお見舞いの品を別便にしなければならない理由 手紙は『信書』というものに該当し、宅配業者は「信書を扱うことはできない」ため、宅配便に手紙を入れて送ることは郵便法で禁止されています。 なので、災害のお見舞いの品に、封筒に入れた手紙やハガキなどを添えて宅配便で送ることは違法となります。 以上の理由で、災害のお見舞い状を品物に添えて一緒に送ることはできません。 災害のお見舞いの品に手紙を同封したい場合 自分の親や親しい友人などに贈るお見舞いの品などで、改まった送り状を省略したいと思うようなケースでは、メッセージ(文章)が2〜3行程度の簡潔な小さめの便箋やメッセージカードであれば、添え状として宅配便に同封することが可能です。 それより多くの文字数で書いた手紙(封書)やハガキを送る場合は、品物とは別に普通郵便で送りましょう。 宅配便ではなく、追跡サービスや保証のない『定型外郵便』であれば、品物と一緒に手紙を送る(添える)ことは可能です。

次の

【文例付き】慰めや励ましの気持ちを伝える災害見舞いの書き方

台風 お 見舞い メール

災害時のお見舞いメールどう気遣う? 昨今の直近の自然災害では台風、西日本豪雨等が記憶に新しいと思います。 多くの方がSNS等利用して見舞いの文言を目にされた方も多いのではないでしょうか? こうしたお見舞いを伝えることも珍しくなくなってきました。 確かに手軽ですし、災害時、電話回線はパンク状態です。 それに直接被害にあった方は、復興に向けて全力投球してる状況でもあります。 精神面でも、辛い日々を乗り越えながら戦ってる状況です。 電話1本で励ましてあげたい気持ちにもなりますし、 逆に気遣うあまり、相手が通常の精神状態に戻るまで 電話も控えて、落ち着いてから励ましの電話をしてみようとも考えてしまいます。 皆さんも直接被害にあってなくても 災害お見舞いの言葉を伝える機会がこれまでにもあったのではないでしょうか? では、こうしたお見舞いは、 どのようなタイミングでどのように伝えればよいのでしょうか? 特定の個人の場合 知り合い、身内、会社関係取引先、親身にお付き合いされてる方へは 自分の言葉で問題ないと思います。 自然災害の多い日本では人とコミュニケーションを取っている以上、 企業、個人にとってはお見舞いメールは欠かせないコミュニケーションの一つです。 短い文章でも気遣っていることがわかるだけでも、 相手に対する感情は変わります。 くれぐれも、異常事態、非常事態です。 昨今問題になってる、「ガセ」「嘘」のメール等の配信は辞めましょう~•

次の

地震お見舞いメール》台風水害・災害見舞い・火事・連絡・文例・例文・文章

台風 お 見舞い メール

台風・豪雨・浸水などの災害時のお見舞い状 台風・豪雨・浸水・洪水・地震・津波・火災などの災害が起きた時に、被災された方に対し、お見舞いに伺う代わりに送るのが、災害お見舞い状です。 相手を思う気持ちを素直に表現するのが一番ですが、災害お見舞いの手紙においては、不幸が重なることを連想させるような縁起の悪い言葉は用いないように気を付ける必要があります。 「また」「再び」「重ねる」「重ね重ね」などが「忌み言葉」とされ、手紙はもちろんメールでも気を付けるようにしましょう。 知ったらすぐにでも連絡を取りたいと焦りますが、相手も被災直後は混乱の真っ最中です。 状況や間柄を考え、少し経ってから「その後いかがですか」という形で送るのもいいでしょう。 今回は、知人が台風被害にあったことを想定して、文例をご紹介します。 災害見舞は余計なことは書かない。 災害直後のお伺いは、短く簡潔に 災害見舞は、普通の手紙とは違います。 冒頭の時候の挨拶や自分の近況、そのほかの用件は一切書かないようにします。 お見舞いの言葉やいたわる言葉だけを書くようにしましょう。 災害直後はすぐに連絡を取りたいと思うでしょうが、状況が状況なだけに、直後の連絡は必要な内容をより簡潔にまとめるようにしたいものです。 それは、お手紙でもメールでも同じです。 では、文例です。 大変心配しています。 落ち着いてからでも、そちらの状況をご連絡いただければと思っています。 取り急ぎお見舞い申し上げます。 被害が把握できてからのお見舞い状も 手伝いの申し出も添えて 混乱している被災直後は連絡を控え、数日経ってから様子を伺うのもいいでしょう。 相手の様子をうかがい、体をいたわる言葉を添えましょう。 そして、ただ励ますだけでなく、何かお手伝いできることはないか申し出ましょう。 お手紙だけでも心にしみますが、被害が大きい場合はお見舞いの金品を添えるのもいいでしょう。 お見舞いの品は被害状況を確認し、当座に必要な生活用品や費用の一端となるお金を贈るといいでしょう。 今回は、お見舞いの金品を添える場合の文例をご紹介します。 なお、金品を贈らない場合は、下記例文から該当部分を削った状態を参考にしてください。 では例文です。 その地域はかなりの浸水があったと聞いています。 家の片づけなどご苦労も多いでしょうが、どうかご無理をなさらないでくださいね。 本来であればすぐにでも駆け付けてお手伝いをしたいところですが、まずはご様子をうかがってからと思い、お手紙を差し上げました。 ほんの心ばかりですがお見舞いのしるしも同封させていただきました。 何かにお役立ていただければと思います。 入り用の品、あるいはお手伝いできることがあれば遠慮なくお知らせください。 一日も早く元の生活に戻れるようお祈りしています。 まずはとり急ぎお見舞いを申し上げます。 相手の気持ちと状況を思いやった言葉は、きっと被災された方の励みになるはずです。 台風王国・日本。 明日は我が身かもしれません。 お知り合いで被害にあわれた方がいらっしゃったら、ぜひ一筆したためてみてください。

次の