コクーン 座席。 ウィラーエクスプレス・コクーン車 座席・車内・シート・座り心地・乗り心地

VRと「コクーン型座席」で一変する映画館:日経ビジネス電子版

コクーン 座席

2019年10月、Bunkamuraシアターコクーンにてシアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol. 7『オイディプス』が市川海老蔵、黒木瞳、 森山未來という豪華キャストで上演される。 数々の海外戯曲の名作を国内外のクリエイターとともに手掛けてきたDISCOVER WORLD THEATREシリーズの第7弾は、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソポクレスが書いたギリシャ悲劇の最高傑作と謳われる「オイディプス王」を翻案した『オイディプス』。 主役のオイディプスには、2020年に13代目市川團十郎白猿の襲名を控え、歌舞伎界で革新的な活躍をみせる市川海老蔵。 現代劇への出演は2009年『海神別荘』以来、10年ぶりとなる。 そして、オイディプスの妻であり母であるという悲劇的な運命を背負う王妃イオカステには、黒木瞳。 宝塚歌劇団で娘役トップ・スターとして活躍し、退団後は舞台・映画・テレビ・MC・作家と多方面で才能を発揮。 Matthew Dunster 翻案と演出を手掛けるのは、今回が日本での初演出作品となるマシュー・ダンスター。 劇作家、俳優としても活躍する一方、最近では、映画『スリー・ビルボード』の監督・脚本で脚光を浴びたアイルランドの劇作家マーティン・マクドナーの舞台最新作『ハングメン』の初演を手掛け、ローレンス・オリヴィエ賞ベストディレクター賞にノミネートされるなど、英国演劇界随一の実力派とも名高い演出家だ。 美術・衣裳は2017年『危険な関係』(美術・衣裳)や2018年『ナイツテイル』(美術)の記憶が新しいジョン・ボウサー、振付にはマシュー・ボーン『白鳥の湖』への出演経験もあるシャーロット・ブルームと英国演劇界を牽引する注目のクリエイターたちが集結。 英国トップクラスの演出家と彼が信頼する精鋭クリエイターたち、そして魅力と実力を兼ねそなえた異ジャンル3人の贅沢な顔合わせと、〈ギリシャ悲劇〉〈歌舞伎〉〈ダンス〉が相まって誕生する『オイディプス』。 日本の演劇界と現代の観客たちに新たな可能性を投じることになりそうだ。 以前から表現者として注目している森山未來さん、また映像や舞台で活躍されている黒木瞳さんをはじめ共演者の皆さんと一丸となって、今までにない「オイディプス」を誕生させたいと思います、是非ご期待ください。 イオカステ:黒木瞳 コメント 市川海老蔵さんとご一緒できるなんて、夢のよう。 オイディプス王の愛と哀しみと憎しみを一心に受け止めるイオカステになるようにと、思っています。 森山未來さんとは、久しぶりの舞台での共演です。 変幻自在の才能を持つ未來くんとご一緒できるのも楽しみのひとつです。 イオカステを演じる重責もさることながら、英国演劇界のクリエイターの方々と舞台をご一緒できる新しい「オイディプス」に参加できることを光栄に思っています。 神官(コロスの中心人物):森山未來 コメント イギリス人であるマシュー・ダンスターの翻案と演出、伝統芸能の担い手の一人である市川海老蔵さんによって、古代ギリシャの物語「オイディプス」が日本の現在にどのような普遍性をもって蘇るのか。 最前列にかぶりつきで見届けられることを、今から楽しみにしています。 翻案・演出:マシュー・ダンスター コメント 私にとっての、日本での、そして日本語という言語での最初のプロダクションをとても楽しみにしています。 本当に素晴らしく特別なカンパニーの皆様にお集まりいただきました。 演劇、歌舞伎、そしてダンスの世界から名高いパフォーマーの皆様が集まってくださるという、日本でしか実現できないであろうプロジェクトです。 そして、デザイナーのジョン・ボウサー、振付家のシャーロット・ブルームに私と一緒にロンドンから参加してもらうことも楽しみです。 これまで私がこの2人のクリエイターと一緒に取り組み、一緒に楽しんできたスタイルやエネルギーをぜひ皆さんと共有したいと思っています。 こういったすべての要素を一つにあわせて、最も偉大な戯曲の一つである『オイディプス』を私達の解釈で創っていくことで、非常に多くの学びがあると思います。 ソポクレスの傑作作品は残忍なまでの力を持っており、絶え間なくドラマティックで感情的です。 観客の皆様にこの力をお届けし、そのドラマで皆様をワクワクさせ、その感情で皆様の心を動かすことができるように、私たちはベストを尽くします。 オイディプスは先王ライオスの妃イオカステ(黒木瞳)を妻に迎え幸せな日々を送るが、ほどなくしてテーバイ中に疫病が蔓延する。 神官(森山未來)を中心に、オイディプスに助けを求めるテーバイの市民たち。 オイディプスは国を救うために神託に従い、先王殺害の犯人を捜すが、やがて明らかになるのは恐るべき真実だった…。 残酷で悲劇的な運命がオイディプスに襲いかかる…。

次の

VRと「コクーン型座席」で一変する映画館:日経ビジネス電子版

コクーン 座席

A ベストアンサー 三階席は料金が安く設定されていることからもわかるように 舞台ははっきり言って観にくいです。 恐らくお芝居だと思うのですが、舞台で演じている人は一階席のお客さんに向かって演技をするものなので 二階よりは一階の方がお芝居が楽しめるものです。 一階席でもサイドの席(J、K列)は舞台を横から眺める形となるので できるだけセンターの平らな席を選ぶのがいいですが やはり端だと舞台が観にくくなるので、センターブロック(10~21番)を取るべきです。 端の席でしたら、逆に最前列なんかよりも少し下がった方が観やすくなりますね。 最前列は臨場感がありますが、舞台を観るためには首をのばさなければいけないので 観にくいといえば観にくいので、これはお好みだと思います。 あとコクーンで一番見やすいのは1FのD列センターだと 私は思ってます。 段差が一番最初にあるところで ほどよく舞台全体見渡せるから。 1Fは金額的に高いとなると2Fのセンターブロックにします。 freeml. チケットの席は気になりますよね。 先行予約に申込むと必ずよい席なのか 残念ながらNOです。 「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。 早い者勝ちの「先行」ではありません。 イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。 一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。 指定期間内に登録を行った者の中から「抽選で」チケットを割り振っていきます。 だから登録期間がスタートして直ぐに申し込んでも、よい席どころかチケットが手に入らない 落選 可能性もあります。 でも自分は一般発売の電話予約よりは格段に入手率は上がりましたよ!でも良い席だった事はほとんどないなあ~ 悪くないっていうレベルが2回ほど… 笑 問題は、「良い席」がどこに流れているか、です。 自分も色々本を読んで調べたりしたんですが、やはり良い席のほとんどが「ファンクラブ」に流れているようです。 そういう事って主催者がイベンターとかプレイガイドとかと相談して決めるらしいですよ。 きっと「この辺の席はAチケット、こっちはBチケット…」みたいな。 どこのプレイガイドでとってもスタンド席に当たった事があるので、極端な偏りはないでしょう ファンクラブでスタンドってのも経験あり ただ、どこでも一般発売の先着順なら、今もっている席の前の方から埋めて行くのは当たり前じゃないでしょうか? 要は「良い席は運次第」って事ですよ!自分もかなりの回数LIVEに行ってても一番前は1回だけ… LIVEはステージに近い遠いより、いかに楽しむかがカギですよ! こんばんは。 チケットの席は気になりますよね。 先行予約に申込むと必ずよい席なのか 残念ながらNOです。 「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。 早い者勝ちの「先行」ではありません。 イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。 一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。 指定期間内...

次の

豪華夜行バス「コクーン」販売終了へ 2列シート全廃、3列を強化するウィラーの事情

コクーン 座席

tags: , , , , ウィラーが夜行バスの豪華シート「コクーン」の販売を終了します。 1車両につき全席2列で配置され、シェルと呼ばれる大型のパテーションでプライベート空間が確保されるなど、豪華夜行バスの先駆けとなった商品です。 ウィラーのフラッグシップ ウィラーが高速バス「ウィラー・エクスプレス」の2列シート「コクーン」の販売を終了します。 すでに関東~関西便での取り扱いは2018年10月1日出発の夜行便をもって終了、最終運行は12月23日(土)、関東発名古屋行きの夜行便です。 プライベート空間が確保された2列独立シート「コクーン」。 座席は通路に向かって斜めに配置されている(画像:ウィラー)。 「コクーン」は2010(平成22)年に登場しました。 車両の左右に1列ずつ、しかも各席が進行方向に並行ではなく、通路側に向かってやや斜めに配置された2列独立シートで、シェルと呼ばれる大型のパテーションでそれぞれプライベート空間が確保されているというもの。 各席にはテーブルや電源コンセント、スーツ掛けハンガー、靴収納スペース、テレビや映画などを楽しめるプライベートモニターなどが設けられています。 「コクーン」専用車両で運行されており、1車両あたりの座席数はわずか19席。 運賃は関東~名古屋間で6630円~となっています。 全席個室タイプのシートを備えた豪華夜行バスの先駆けといえる存在であり、登場当時から現在に至るまで、マスコミなどでも取り上げられることの多い商品です。 ウィラー自身もフラッグシップと位置付ける「コクーン」、なぜ販売を終了するのか同社に聞きました。 「コクーン」は2010(平成22)年の導入から8年が経過しています。 シートのオーバーホールは定期的に行っているものの経年劣化があり、また、車両の安全装置も以前のものです。 当社では現在、最新の車両に入れ替えを行なっていることもあり、快適で安全なサービスの提供という観点で必要なことと考えております。 お客様からは「周りの音や視線が気にならない」「プライベートモニターがよい」といったお声があります。 「今後の革新的なサービスにも期待」といったお声も頂いております。 エグゼクティブ4席のMU612TAは車イス対応規制以前の排ガス記号のあるKC記号で、あれはパーキング内で事故して廃車にしたんでしたっけね? となると存続のエグゼクティブ3席の割りと新しいほうのMU66JSも先行して改造された二階建てバスと同じレストランバスになってしまうのでしょうか? 言われてみればコクーンの座席配置がよく当初に事前審査を通過したもんだと思いますが、輸送効率と最近の28年規制車の価格高騰を考えれば合理化も仕方ないかもしれないですね しかしながらJR東海バスや西日本JRバスも2003年式のMU612TX型にリニューアル工事を施した車両があるところは大量輸送の担い手としては今でも大御所といったところなのでしょうか?•

次の