ジャンプなんj。 ジャンプ作品のテーマパーク「J

ジャンプ+のやきう漫画、なんJに媚びるwwww : ジャンプ速報

ジャンプなんj

7800• 564• 416• 19391• 1743• 496• 387• 890• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1208 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

【鬼滅ブーム】今週のジャンプ、売り切れ続出wwwww

ジャンプなんj

「1回限り全話無料」でユーザー獲得 ジャンプ+では週刊の「ジャンプ」本誌と違い、連載中の作品は曜日ごとに更新されていくため、毎日何かしらの作品の最新作が配信されるのが特徴だ。 中には「終末のハーレム」のようなヒット作も生まれ、またジャンプ本誌のスピンオフ作品(ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミアILLEGALS-)、や、集英社の他誌連載作品の続編(花のち晴れ~花男 Next Season~)など間口は広い。 ジャンプ本誌同様に新人作家の発掘と育成も重視している。 マンガ投稿サービス「少年ジャンプルーキー」であれば、いつでもマンガを投稿できる。 配信開始当初から続けてきたことで、「新人作家の育成施策が順調に進んできた」とジャンプ+編集部も成果を認めている。 毎日更新という更新速度の速さに対して、19年4月に、ユーザーがアプリをインストールした後、オリジナル連載作品については1回限りで全話閲覧無料にするリニューアルを行った。 これによりライトユーザーでも連載中のストーリーに追いつくことができ、ジャンプ+の読者数の底上げにつながったと同編集部はみている。 閲覧数が上位の作品を、ライトユーザーが無料で読める相乗効果でヒット感を出し、話題性とヒット作をもたらす効果もあった。 もともとジャンプ本誌は読者アンケートを極めて重視する、結果至上主義の媒体。 その本誌をはるかにしのぐ掲載作品数が広いジャンルで読者を集め、自由な競争でヒット作が押し上げられ、活況を呈してきたというわけだ。 「達成」の基準になるのは... アプリリリース時、「少年ジャンプを超える」という野望を広告で掲げたジャンプ+。 ズバリ、ジャンプ本誌を超越するという目標は達成できているのか。 この質問に対しジャンプ+編集部は、 「まだ『ONE PIECE』級の作品を生み出せていないので、達成できていないと考えています。 今後も、『ONE PIECE』を超える作品を作るために努力していきます」 と答えている。

次の

なんで地球はすごい速さで動いてるのにジャンプしても壁にぶつからないの?

ジャンプなんj

「1回限り全話無料」でユーザー獲得 ジャンプ+では週刊の「ジャンプ」本誌と違い、連載中の作品は曜日ごとに更新されていくため、毎日何かしらの作品の最新作が配信されるのが特徴だ。 中には「終末のハーレム」のようなヒット作も生まれ、またジャンプ本誌のスピンオフ作品(ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミアILLEGALS-)、や、集英社の他誌連載作品の続編(花のち晴れ~花男 Next Season~)など間口は広い。 ジャンプ本誌同様に新人作家の発掘と育成も重視している。 マンガ投稿サービス「少年ジャンプルーキー」であれば、いつでもマンガを投稿できる。 配信開始当初から続けてきたことで、「新人作家の育成施策が順調に進んできた」とジャンプ+編集部も成果を認めている。 毎日更新という更新速度の速さに対して、19年4月に、ユーザーがアプリをインストールした後、オリジナル連載作品については1回限りで全話閲覧無料にするリニューアルを行った。 これによりライトユーザーでも連載中のストーリーに追いつくことができ、ジャンプ+の読者数の底上げにつながったと同編集部はみている。 閲覧数が上位の作品を、ライトユーザーが無料で読める相乗効果でヒット感を出し、話題性とヒット作をもたらす効果もあった。 もともとジャンプ本誌は読者アンケートを極めて重視する、結果至上主義の媒体。 その本誌をはるかにしのぐ掲載作品数が広いジャンルで読者を集め、自由な競争でヒット作が押し上げられ、活況を呈してきたというわけだ。 「達成」の基準になるのは... アプリリリース時、「少年ジャンプを超える」という野望を広告で掲げたジャンプ+。 ズバリ、ジャンプ本誌を超越するという目標は達成できているのか。 この質問に対しジャンプ+編集部は、 「まだ『ONE PIECE』級の作品を生み出せていないので、達成できていないと考えています。 今後も、『ONE PIECE』を超える作品を作るために努力していきます」 と答えている。

次の