ハードディスク データ 消去。 2019年版ハードディスクデータ消去ソフトウェア6選

富士通Q&A

ハードディスク データ 消去

データを完全消去するソフトウェアを利用して HDD のデータを完全消去したい場合、何回上書きをすれば良いのか悩むところです。 上書きする回数が多いほど何となく確実にデータを完全消去できそうな気がしますが、上書きする回数が多くなるほど時間がかかります。 昔は上書きが1回のみでは不十分でしたが、今では1回の上書きで十分のようです。 には、以下のとおり書かれています。 フロッピーディスクの場合、1回のみの上書きを行った消去手法が処された状態においては、残留磁気探索によってデータの析出を行うことができる。 しかし、現在のハードディスクにおいては同様ではない。 ハードディスクにおいて1ビットを記憶している領域は、フロッピーディスクに比べて遥かに小さく、記憶領域がトラック中心からずれている事を利用して残留磁気を検出するということは、ほぼ不可能である。 アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が2006年に発表したSpecial Publication 800-88の7ページでは、次のように述べられている。 『2001年以降の(15GBytes以上の)集積度の高いATAハードディスクにおいては、データの完全消去はディスク全域に1回のみ上書きすれば事足りる』[4][7]。 また、Center for Magnetic Recording Researchは、次のように述べている『データの完全消去はディスクに対する1回の上書きのことである。 アメリカ国家安全保障局も推奨要綱にて、同相信号除去比(CMRR)試験をした結果、複数回の上書きは何ら安全性の向上に優位な差をもたらさず、1回の上書きで十分であることを認めている』[8]。 昔の HDD と違って現在の HDD の記録密度は高く、上書きを1回行えば残留磁気探索によりデータの復旧を行うことはできないようです。 そのため、データを完全消去するソフトウェアにて1回上書きを行えば十分のようです。 には、以下のとおり書かれています。 結論を言うと、今のHDDは材質や磁気の記録方式、その他ありとあらゆる部分において、一度でも上書きしてしまうと復元はほぼ不可能になっている。 しかし、昔のものであればある程度は可能だった。 この10年ほどの間に製造されたほとんどのHDD製品、最近なら記録容量が2テラバイトや3テラバイトもあるHDDでは絶対に不可能である。 最新のHDDの外観は昔のHDDとたいして変わらないが、筆者が初めて自費購入したPCのHDDの記録容量は170Mバイトだった。 つまりは見た目が同じでも、最新のHDDは昔のHDDの何万倍という記録密度を実現している。 前述の通り、材質も記憶方式も、ファームウェアもソフトウェアもハードウェアもそれらの全てがとても復元可能な状態にないのだ。 この記事からも、昔の HDD と違って現在の HDD では、上書きを1回行えばデータを完全に消去できることがわかります。 この記事によると、HDD に1回上書きすればデータ復旧できなくなる要因には、HDD の記録密度の向上だけでなく、詳しくは書かれていませんが HDD の材質や記録方式等にも要因があるようです。 同記事によると、非常に稀なことですが、1回の上書きでは正確にデータが上書きされないことがあるそうです。 そのため、国家機密に相当する非常に機密性の高いデータを完全消去するには、念のために2回上書きすると良いそうです。 当時は不可能であったことが今では技術進歩により可能となることがありますが、 には、以下のとおり書かれています。 はい、世界中のデータ復旧業者は1回上書きされたHDDからの復旧にチャレンジしていますが実現しておりません。 この記事の公開年月日は2013年4月26日です。 もし1回上書きされた HDD にてデータの復旧を実現したら話題になると思いますが、特に聞いたことがありませんので、今のところ不可能に変わりはないと思われます。 2018年11月18日時点.

次の

完全ハードディスク抹消17

ハードディスク データ 消去

「DiskRefresher3 SE」v3. 01 (株)アイ・オー・データ機器は12月19日、自社製外付けHDDのユーザー向けに無償提供していたデータ消去ソフト「DiskRefresher(ディスクリフレッシャー)3 SE」を他社製外付けHDDでも利用できるようにしたと発表した。 昨年12月に発覚した神奈川県の行政文書流出問題などをうけ、廃棄HDDのデータを確実に消去したいというニーズが高まっていることに応えた格好だ。 HDDに記録されたデータは、実は通常のファイル消去やフォーマットでは完全に消去できない。 そのため、市販のファイル復元ソフトで廃棄・譲渡したHDDのデータを回復すれば、個人情報や企業の機密情報が漏洩してしまう。 「DiskRefresher3 SE」は、そうした問題を未然に防止するためのツールだ。 HDDなどに残されたデータを完全に消去し、ファイル復元ソフトでも復元できないようにすることで、情報の漏洩を防ぐ。 OSがインストールされた起動ディスクでは利用できないが、それ以外の内蔵HDDでも利用できる。 さらに製品版の「DiskRefresher3」であれば、SCSI接続のHDDでも利用可能。 米国国防省方式など強力な7種類の消去方法が選べ、CDから起動することにより、システムドライブの完全消去にも対応する。 価格はパッケージ(CD-ROM)版で1ライセンス9,000円(税別)。

次の

Windows標準機能でHDDのデータを完全消去する方法

ハードディスク データ 消去

「DiskRefresher3 SE」v3. 01 (株)アイ・オー・データ機器は12月19日、自社製外付けHDDのユーザー向けに無償提供していたデータ消去ソフト「DiskRefresher(ディスクリフレッシャー)3 SE」を他社製外付けHDDでも利用できるようにしたと発表した。 昨年12月に発覚した神奈川県の行政文書流出問題などをうけ、廃棄HDDのデータを確実に消去したいというニーズが高まっていることに応えた格好だ。 HDDに記録されたデータは、実は通常のファイル消去やフォーマットでは完全に消去できない。 そのため、市販のファイル復元ソフトで廃棄・譲渡したHDDのデータを回復すれば、個人情報や企業の機密情報が漏洩してしまう。 「DiskRefresher3 SE」は、そうした問題を未然に防止するためのツールだ。 HDDなどに残されたデータを完全に消去し、ファイル復元ソフトでも復元できないようにすることで、情報の漏洩を防ぐ。 OSがインストールされた起動ディスクでは利用できないが、それ以外の内蔵HDDでも利用できる。 さらに製品版の「DiskRefresher3」であれば、SCSI接続のHDDでも利用可能。 米国国防省方式など強力な7種類の消去方法が選べ、CDから起動することにより、システムドライブの完全消去にも対応する。 価格はパッケージ(CD-ROM)版で1ライセンス9,000円(税別)。

次の