ボックスフレッシュは本当に匿名。 質問箱サービス『BoxFresh』とは?その使い方・Botの自動質問への対応・ログインできない場合など徹底解説!

Twitterの質問箱(Peing)の送り主特定方法は?IPアドレスでバレる?

ボックスフレッシュは本当に匿名

「BoxFresh」の危険性である誹謗中傷やセンシティブな質問やフォロワーとの関係性の悪化からアカウント乗っ取りなど具体例や本当に匿名で特定されないのか知りたい人に向け、危険性や特定されないポイントについてくわしく解説していきたいと思います。 まずは、 「BoxFresh」を利用していて危険性はあるのか・ないのかについて探っていきたいと思います。 「BoxFresh」を利用していると、さまざまな危険性が付きます。 アカウントやフォロワーや誹謗中傷やセンシティブな質問など危険性はつきものです。 そんな、「BoxFresh」の危険性を一つ一つ説明していきたいと思いますので、誹謗中傷やセンシティブな質問が嫌い、フォロワーと仲良くしていきたい、アカウントを安全に使って行きたいという人は、これから紹介をする、危険性は抑えておくべきです。 つづきましては、「BoxFresh」は 本当に匿名であるのか具体的に説明をしていきたいと思います。 「BoxFresh」は本当に匿名であれば、アカウントを特定されないので、言いたい放題質問者に質問をすることができます。 ですが、あまりにも誹謗中傷やセンシティブな質問をされる場合が多い場合は、バレる可能性があるのではないかという疑問も頭に過るかと思われます。 「BoxFresh」は本当に匿名で完全に利用することが可能なのか明確にしていきたいと思います。 それでは、「BoxFresh」の匿名性は高いのか、アカウントを特定することは可能であるのか、この2つについてフォーカスして説明をしていきたいと思いますので、参考にして利用することをおすすめします。 「BoxFresh」は本当に匿名であるのかですが、結論から申し上げますと 「基本的には匿名性は高い」ようになっています。 何故ならば、「BoxFresh」はアカウントのログインをせずに、直接質問をすることができますので、足が残ることはありません。 アカウント名や個人情報を「質問フォーム」に入力することなく、簡単に質問が可能な仕様になっていますので、匿名性は高く基本的に、質問を行った人を特定することは不可能となっています。 基本的には匿名性は高いのですが、あるポイントを覚えておけば、質問したアカウントを特定することができるのです。 そんな特定するポイントを次のステップでは、くわしく解説していきたいと思います。

次の

BoxFresh(ボックスフレッシュ)がダウンロードできない原因は?

ボックスフレッシュは本当に匿名

Instagram(インスタ)で質問箱のURLを貼り付けたい!設置や回答のやり方 公開日時 : 2020-01-02 11:25 更新日時 : 2020-06-10 18:42 インスタグラムでフォロワーが増えてきたものの、シャイな人が多いのか、なかなか交流できないもどかしさ。 コメントやDMだと恥ずかしいのかな? 本当はもっと私のことを知って欲しいし、質問とかメッセージをどんどんしてほしい! そんなあなたへ。 「Peing-質問箱-」ってご存知ですか? Peing-質問箱-はそのまんま、インスタをはじめとするSNSに質問箱を設置して、質問を募集・回答できるサービスです。 質問が欲しい人はPeing-質問箱-とSNSを連携してURLを設置したら、あとは質問が投稿されるのを待つだけ! 質問する人は匿名で送れるので、気軽にコミュニケーションがとれちゃいます。 インスタでも使えるので、さっそくあなたのアカウントにも貼り付けて、フォロワーと仲良くなっちゃいましょう! 目次• Peing-質問箱-とは Peing ペイング -質問箱-といって、匿名で質問をしたり質問を受けとれるアプリです。 ツイッター、インスタグラム、フェイスブックで使えますが、YouTubeやVoicyを使って動画や音声で質問に答えられるほか、 SHOWROOMなどの配信サービスで質問に答えたり、LINEやブログなどを使ってテキストでまとめて質問に回答することができます。 Peing-質問箱-の詳細 アプリストアに掲載されている情報によると… Peing-質問箱-は• 会員ユーザー数600万人突破!• 1日に160万人以上が利用中!• Twitter・Instagram・FaceBookなど様々なSNSと連携可能!• 全世界へ展開中!• アプリのみのオリジナル機能も実装予定! など、かなり大々的に展開されているようですし、無料でも使えるので使い勝手がよいアプリと言えます。 質問については誰でも匿名でできる 基本的に質問箱に登録している人なら誰にでも匿名で質問をする事が出来ます。 芸能人にも質問することができますが、匿名質問をブロックしている人には、匿名では質問できない場合もあります。 回答は好きなものだけ答えられる 友達や、フォロワー、その他の人からたくさんの質問が届きますが、質問に対する回答は、あなた好みの質問をだけでOKです。 連携しているインスタグラムなどのSNSにも自動でシェアされるので、たくさん回答すればそれだけ名前が売れるということに。 質問箱は5秒で作れる Peingの導入はすごく簡単です。 まずはアカウントを作ってみましょう。 1.にアクセス 2.インスタグラムで登録/ログインを選択 3.インスタグラムのアカウントにログイン 4.Peing-質問箱-のページへ移動 5.質問を「募集する方法」を選択 「Instagramで画像をシェア」「URLをコピーしてシェアしよう!」の選択肢がでてきますが、初めて使う方は「URLをコピーしてシェアしよう!」をタップ。 6.インスタグラムのプロフィールページに移動し、 「プロフィール編集」をタップ。 「ウェブサイト」に、さきほどコピーしたURLを貼り付けます。 7.インスタのページに質問できるリンクが設置される これでインスタグラムとPeing-質問箱-がリンクされました。 8.リンクをクリックすると、Peing-質問箱-「質問を送る」へ遷移 9.この画像をスクリーンショットで撮影、インスタのストーリーズでシェア 定期的にシェアすることで、質問が途切れず来るようになります。 かんたんスマホで完結 Peing-質問箱-はアプリをダウンロードしてスマホからも登録できます。 スマホでインスタグラムを使っている方は、スマホでPeing-質問箱-を使ったほうがスムーズですね。 Peing-質問箱-のアプリをインストールしたら、開いてみましょう。 自分のページがすでに作られているので、URLをコピーします。 次にインスタグラムを開いて、プロフィール編集画面へ。 ウェブサイトにURLを貼り付ければOKです。 パソコンで行ってもスマホでやっても、全く同じ作業です。 インスタグラムへPeing-質問箱-のURLを貼り付けると、インスタグラムのプロフィール欄に青色の文字でさきほどのリンクが表示されます。 関連記事はこちら Peing IDでログインも可能 Peing IDを作って登録することもできます。 PeingIDで登録する まずPeingIDで登録を作ってから、インスタグラムで使いたい方はアカウントを作りましょう。 IDを作ろう PeingIDを登録します。 このIDはログイン時に使用するほか、自分のアカウントページのURLに記載されます。 表示名を入力します。 インスタグラムのアカウントと連動させる方は、インスタの表示名と一緒でもいいかもしれませんね。 パスワードを入力し、登録するをタップします。 便利機能設定 便利機能設定画面になります。 メール通知機能を有効にする場合は、通知を受け取りたいメールアドレスを入力します。 生年月日を入力 生年月日が入力できます。 性別も入力できますが、正直必要な情報とは思えないので、未回答でもOKです。 気になるトピック 自分の趣味や嗜好に基づいて、気になるトピックをチェックすることもできます。 さっそく使ってみる 一通り「便利機能設定」が終わると、ようやくアカウントができます。 その下に、先ほど入力した気になるトピックがハッシュタグつきで表示されます。 ここからインスタグラムと連動 インスタグラムと連動するには右上のえんぴつをタップします。 設定画面へ移動します。 SNSを押し、 Instagram連携をクリックしましょう。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます インスタグラムで質問&回答 インスタグラムで質問と回答にチャレンジしましょう。 質問するには、質問したい相手のプロフィールを開きます。 記載されているPeing-質問箱-のURLをタップします。 「質問する」ボタンが表示されますので、タップして質問を入力します。 質問は匿名で送られる 質問は匿名で送られるので、誰が送ったのかはわかりません。 匿名性があるので、悪口でも中傷まがいのコメントでも送れちゃいそうですが、そういう質問はしっかりブロックされます。 逆にこうした質問があなたにくることもありません。 ブロックしてくれるからです。 ただ、よく読めば失礼な質問、不快になる質問などは、ブロックされないこともあります。 何が失礼にあたるのかはその人のとらえ方という面もありますが、一度読みかえして、それが失礼にならないのか。 よく考えてから質問をしましょう。 また、失礼な質問を送って来たユーザーから、質問が送られてこないようにブロックも可能ですが 一度ブロックすると解除ができないので、注意が必要です。 質問に答えてみよう! インスタグラム経由であなたに質問が来たら、ぜひ答えてあげてください。 やり方は簡単です。 まずPeing-質問箱-を開き、質問リストを見てみましょう。 すべての質問にも答えてよいのですが、中には答えたくないものもあると思います。 親切心で下手に回答してしまうと大変なことになる可能性も。 回答に対してまた質問がかえってきて、やり取りが続いて最後にケンカになってしまう。 そんなことになったら時間のムダですし、傷ついちゃうかもしれません。 匿名の人から来た質問なのに。 インスタグラム、嫌になって辞めちゃうなんてことにもなりかねませんから。 当たり障りのない質問に答えつつ、さりげなくほかの人にもアピールするような発展的な回答をしましょう! 回答は質問をタップすると回答ページへ移動しますので、質問を画像として保存し、インスタグラムのアプリまで持っていきましょう。 画像を長押しすればOKです。 そのままPeing-質問箱-で回答することもできますが、インスタグラムと連動させたい方はそれでは意味がないので、インスタグラムを立ち上げてから行いましょう。 ストーリー機能を使う インスタグラムで質問に回答するには、ストーリー機能を使います。 ストーリーをタップし、保存した質問画像に対する回答を入力します。 これでOK。 質問箱の設定を変えてより快適に Peing-質問箱-には設定をいじれる機能がついています。 鍵のマークをクリックすると出てくるので、適宜変更して快適に使いましょう。 お知らせ機能を駆使しよう ちなみに、質問が来たことを知らせてくれる機能はアプリでは通知設定、パソコンでは設定画面で調整できます。 デフォルトではすべてONになっているので、通知が来るのがイヤな人はOFFにしましょう。 投稿フィルターで不快な思いをしない 投稿フィルターをONにしておくことで、不適切な質問画像がブロックされます。 デフォルトではONなっているので、どんな質問でも誰からの挑戦でも受ける! という方は、OFFにしてみてもいいかもしれません。 匿名でのメッセージは禁止したい 匿名でのメッセージが送られてくるのをブロックしたい方は、こちらも通知機能と同じように設定から調整できます。 「匿名メッセージ受信許可」をOFFにすればOKです。 運営からの質問なんてイラナイ! 質問箱の運営事務局から、クリスマスの予定は?といった、なんてことのない質問が来たりすることもあります。 運営事務局からの質問はいらないという方は「バトン質問の受信」をOFFにしましょう。 質問一覧の背景色を変える テーマカラーという箇所が一番下にありますが、ここから質問一覧画面の背景色を選ぶこともできます。 好みなので、変えても変えなくても構いませんが、どうせならお気に入りの色に設定して 気分を上げておくのもいいでしょう。 まとめ ここまでインスタグラムに質問箱を設置するやり方、質問の仕方、回答の仕方などをご紹介してきました。 質問箱はツイッターやフェイスブックでも設置できますが、フェイスブックはそもそも実名での利用なのに、 匿名で質問されて怖い、といった感じで機能不全な気がします。 その点インスタグラムはメッセージ機能がない点で、ほかのSNSに設置するよりも有意義かもしれません。 また、SNS連携しなくても素朴な疑問や、悩みなども質問・相談できるので、ぜひ使ってみてください!.

次の

匿名質問サービス「BOXFresh」で質問相手を特定することは可能?詳細を徹底解説!

ボックスフレッシュは本当に匿名

『Amazon Hub ロッカー』とは 「Amazon Hub ロッカー」はAmazonが行っている「宅配ロッカー」のサービスで、駅やコンビニ、スーパーなどにそのロッカーが置かれています。 宅配ロッカーとは、宅配物を(自宅ではなく)ロッカーに配送してもらい、自分が好きな時に受け取れる、というものです。 宅配ロッカーとしては、ヤマト運輸系の『PUDO』が有名ですが、「Amazon Hub ロッカー」もそれと同様のサービスです。 (参考)宅配ロッカー「PUDO」 Amazonで商品を購入する際に、送り先をAmazon Hub ロッカーに指定しておくことで、好きなタイミングでロッカーから商品を受け取ることができます。 「Amazon Hub ロッカー」の魅力とは Amazonの画面から、配送先として「Amazon Hub ロッカー」を指定できる この点が「Amazon Hub ロッカー」の最大の魅力ではないかと思いますが、Amazonの購入画面で、配送先として宅配ロッカーを直接指定することができます。 現状(2019年9月時点)、Amazonの画面からPUDOのような宅配ロッカーを配送先として直接指定することはできませんが、「Amazon Hub ロッカー」であれば指定できます。 このことにより、自宅近くにAmazon Hub ロッカーがあれば、Amazonで購入したものを毎回ロッカーで受け取れるようになります。 そうなれば、自宅に不在で再配達をしてもらうようなことを避けられます。 「Amazon Hub ロッカー」の利用時間は? ロッカー自体の利用時間は24時間ですが、スーパーや駅などの構内に置かれていることが多いため、実際に利用できる時間帯は、その店舗の営業時間内に限られます。 「Amazon Hub ロッカー」の設置場所は? 現在のところ、東京都や神奈川県を中心に設置され、その数は次第に増えています。 ファミリーマート• 小田急電鉄の駅構内• スーパー「Fuji」の店内 のような場所に置かれます。 最新の設置場所についてはから確認できます。 「Amazon Hub ロッカー」の使い方 ロッカーでAmazonの商品を受け取るまでの流れ Amazonにて、商品をカートに入れた後、レジに進みます。 配送先としてAmazon Hub ロッカーを指定して購入を完了します。 (この部分の手順については、この後で解説しています) しばらくして、購入した商品が宅配業者によってロッカーに配送されると、メールが届きます。 そのメールで受取用のバーコードを表示できます。 参照: 自分が配送先に指定したロッカーに行きます。 端末のスキャナに受取用のバーコードをかざします。 商品が入っている扉が自動的に開くので、荷物を受け取ります。 Amazonの商品購入時に配送先として「Amazon Hub ロッカー」を指定するには• 対象となる地域の周辺に「Amazon Hub ロッカー」がある場合、検索結果に表示されます。 ロッカーを選択し、届け先として登録します。 なお、一度「届け先」として登録しておけば、次回以降はいちいち検索せずに、簡単に同じロッカーを指定できます。 ロッカーごとに変わった名前が付けられている ちなみに、ロッカーには名前が付けられています。 キンモクセイ• サンマ• コスモス こんなふうに、ロッカーにつけるにしてはちょっと変わった名前です。 魚、花、食べ物の名前が多いようです。 この名前は、Amazon Hub ロッカーの右上の端あたりに表記されています。 「Amazon Hub ロッカー」の利用で注意すべきこと 商品の保管期間は3日間 商品がロッカーに入ってから3日以内に引き取る必要があります。 保管期間を過ぎると、注文は返品されキャンセル扱いになります。 Amazon. jpが発送する商品のみが対象 Amazon Hub ロッカーでの受け取りは、Amazon. jpが発送する商品のみが対象となります。 出品者が発送する商品は受け取ることができません。 特定の商品は配送対象外となる 一部危険物や、重量・サイズが大きい商品、Prime NowやAmazonフレッシュなどの商品は配送対象外となります。 お店で荷物を受け取る『Amazon Hub カウンター』もある ロッカーではなく、飲食店や小売店などで商品を受け取れる『Amazon Hub カウンター』というサービスもあります。 こちらはコンビニ受け取りに近い形のサービスで、対象となる店舗にて店員にバーコードを示して荷物を受け取るものです。 自宅の近くにAmazon Hub ロッカーが無くとも、「Amazon Hub カウンター」の対象となっている店舗があれば、こちらを利用するという手もあるでしょう。 商品の保管期間が14日と長いことも特長です。 Amazon Hub カウンターの対応店舗についてはから確認できます。

次の