いかが され ます か。 「いかがいたしますか」は間違った敬語!「いかがなさいますか」に正そう

「いかがでしたでしょうか」に感じる違和感のお話。

いかが され ます か

A ベストアンサー 「~はいかがでしょうか」 1,相手の意向や意見を尋ねるものです。 A:日曜日はいかがでしょうか? B:日曜日はちょっと…。 ほかに約束があるんです。 2,勧誘の表現。 相手にアドバイスしたり勧める表現です。 例)DVDレコーダーはいかがでしょうか? これは動詞と結びついて「-してはいかがでしょうか」の形でよく使われます。 例)専門家に聞いてみてはいかがでしょうか? これらは「~はどうでしょうか」の改まった言い方です。 「~はいかがなものでしょうか」 1,「~はいかがでしょうか」と似た意味。 状態を尋ねたり勧誘したりする表現。 例)工事の進行状況はいかがなものでしょうか? この場合の「もの」は名詞で、状況や状態を意味します。 2,異常なことを非難する気持ちを表す。 「~は~ものだ」で理想的な状態を表し、話し手の忠告や勧めの気持ちを表します。 例)学生は勉強するものだ。 ここでの「もの」は形式名詞で実質的意味はなく、「~ものだ」で一つの文法的意味を表します。 その否定形は理想的でない、そうすべきでないという話し手の気持ちを表すことになります。 親は子供をなぐるものではない/親は子供をなぐらないものだ。 これを疑問詞を使って反問文にすると、 例)親が子供を殴るのはいかがなものか? 例)人の意見を聞かないで自分の意見ばかりを言うのはいかがなものだろうか? 例)医者が金儲けばかり考えるのはいかがなものでしょうか? となり、そうすべきでないという話し手の気持ちを婉曲に伝える役割をします。 他にも 親が子供を殴るのはどうかと思う/いかがかと思う でも同じ表現ができます。 「~はいかがでしょうか」 1,相手の意向や意見を尋ねるものです。 A:日曜日はいかがでしょうか? B:日曜日はちょっと…。 ほかに約束があるんです。 2,勧誘の表現。 相手にアドバイスしたり勧める表現です。 例)DVDレコーダーはいかがでしょうか? これは動詞と結びついて「-してはいかがでしょうか」の形でよく使われます。 例)専門家に聞いてみてはいかがでしょうか? これらは「~はどうでしょうか」の改まった言い方です。 「~はいかがなものでしょうか」 1,「~はいか... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

「いかがいたしますか」は間違った敬語!「いかがなさいますか」に正そう

いかが され ます か

[副]• 1 状態・意見などについてたずねるさま。 どのように。 「御機嫌如何」「この件は如何いたしましょうか」• 2 事の成り行きについて疑問をさしはさむ気持ちを表す。 どんなもの。 「その案は如何かと思う」• 3 相手を誘ったり、相手に勧めたりする気持ちを表す。 どうですか。 「お一つ如何」「あなたも御一緒に如何」• 4 疑問を表す。 どのように…か。 5 反語の意を表す。 どうして…か。 6 どう言ったらよいかわからないほどの意で、強調する気持ちを表す。 どんなにまあ。 さぞかし。

次の

ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

いかが され ます か

進捗状況を表す単語は"progress" ビジネスを行う上で、進捗管理は欠かせない業務のひとつです。 仕事の進み具合などを確認するメールを送る機会は少なくないので、フレーズを覚えて活用しましょう。 進捗状況を英語で表現すると"progress"です。 "progress"は経過や進行を意味するため、状況を表す"status"と組み合わせて、"progress status"「進捗状況」と表現することもあります。 また「現在の」という意味の"current"と合わせて、"current status"で「現在の状況」と表現したり、"status"と同じ意味を持つ"situation"を使った"current situation"といった表現もあります。 メールでのやり取りの場合、件名は見ただけで内容がわかるものが好ましいので、プロジェクト名などを入れて次のような件名にすると良いでしょう。 Progress Status of 〇〇 Project 〇〇プロジェクトの進捗状況 Inquiry about 〇〇 Project 〇〇プロジェクトについてのお問い合わせ 関連記事: 進捗状況を確認するフレーズを紹介 「~をお知らせください」 「~をお知らせください」を表すフレーズとして"Please tell me ~"、"Please let me know ~"があります。 この2つは命令形の"tell me"、"let me know"「私に知らせて」に"please"を付けて「~してください」と丁寧な表現にしたものです。 「お願いします」を意味する"please"が付いていますが、命令形の要素を含んでいるので「~していただけますか」とおうかがいをするのではなく、 「~してください」と強くお願いするニュアンスで伝わります。 Please tell me the current status. 現在の状況を教えてください。 Please let us know the current situation of construction. 工事の現在の状況を教えてください。 "tell me ~"は直接的でやや強い要求という印象です。 "let me know ~"は"tell me"よりもやわらかい印象で、ビジネスシーンではよく用いられます。 また、updateという動詞もよく使われます。 Please update me [us] on the current situation. 現在の状況について最新情報をお知らせください。 また "let us know ~ "、 "tell us ~ "とすると、会社やチームを代表して尋ねるニュアンスで伝わります。 "「〇〇の状況はいかがですか?」は日常会話にもよく使うフレーズです。 〇〇の部分に"things"を入れた、"How are things going? "「調子はどうですか?」といった意味があり、"Hi, how are things going? "は「やあ、最近どう?」とあいさつで使われています。 ビジネスシーンでは、〇〇にプロジェクトの名前、あるいは"task"などを入れて進捗状況を確認するフレーズとして使うことができます。 〇〇プロジェクトはどのくらい進んでいますか? How is the task going? お願いした仕事はどれだけ進んでいますか? "How is 〇〇 coming along? "のフレーズも同様に「どれだけ進んでいますか」と進捗状況を聞く表現です。 "come along"は「やって来る」「一緒に来る」という意味のほか、「進行する」「はかどる」という意味があります。 How is the preparation for the spring campaign coming along? スプリングキャンペーンの準備は進んでいますか? 「~について知りたい」 「~について知りたい」というときは、"I would like to know ~"のフレーズを使います。 I would like to know the progress of the regional revitalization project. 地域活性化プロジェクトの進捗をうかがいたいのですが。 I'd like to know further details about the project. プロジェクトについてもっと詳しく知りたいのですが。 難しい仕事をお願いして対応してもらっている場合、早いタイミングで進捗を聞きたい場合。 進捗確認をするにあたり「心苦しい」といったニュアンスを伝える場合は "appreciate"「感謝する」の意味を持つ単語を使ったフレーズ " I would appreciate ~ "「~していただけると幸いです」と使うと良いでしょう。 I would appreciate it if you would update me on this matter. この件についての最新情報を教えていただけると幸いです。 I would appreciate it if I could receive your reply by next Monday. 次の月曜までにお返事をいただければ幸いです。 「~していただけますか?」 "Could you ~"「~していただけますか?」も"I would appreciate ~"と同じように丁寧な印象で相手に伝えることができます。 Could you give us information on the current situation? 現状はどうなっているか情報をいただけますか? Could you inform us of the current status? 現在の状況についてうかがえますか? "inform"には「正確な情報をきちんと伝える」といったニュアンスがあり、ビジネスではよく使われていますので覚えておくと便利です。 関連記事: 「計画通り、予定通りに」 進捗状況の連絡がないと、一番気になるのは、当初の計画通りに進んでいるかどうかですね。 納期に間に合わないと、こちらのスケジュール調整も必要になります。 「計画通り、予定通りに進んでいますか?」と聞く場合は、"as planned"「計画通りに」、"on schedule"「予定通りに」といった意味を持つフレーズを使ってみましょう。 Is the project going as planned? プロジェクトは計画通り進んでいますか? Are we on schedule? 予定通り進んでいますか? 上記に"How much longer will it take to complete? "「完了までにあとどのくらいかかりますか?」といったフレーズを加えると、仕事相手から具体的な期日を聞き出すことができます。 関連記事: 相手に失礼のない表現でビジネスをスムーズに 仕事相手に進捗確認のメールを送る場合、「~についていかがでしょう?」と現在の状況を確認した上で、「どれくらいの期間で終わるのか」など、スケジュールを確認することが大切です。 返事を急ぐときは"Your early reply will be greatly appreciated. "「早めにお返事をいただければ幸いです」、"I would appreciate your immediate attention to this matter. "「この件について迅速にご対応いただければ幸いです」といったフレーズを使うことができます。 ビジネスメールでは、相手に失礼のない表現を使いながらも、こちらの意図をしっかり伝えることが基本です。 今回ご紹介したフレーズを活用して、ビジネスをスムーズに進めましょう。 関連記事: この記事をシェアする•

次の