ジンギスカン の タレ。 【ジンタレ】おすすめのジンギスカンのタレ【自家製たれも】

ジンギスカンにあう「手作りのたれレシピ」と「市販おすすめのたれ」

ジンギスカン の タレ

なぜジンギスカンは北海道名物? 本日の1問目。 チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で一番北海道に詳しいステキな大人ってだーれ?」 岡村さん「出身やもんな?」 松本さん「いや。 出身ではないです!。 出身は東京です。 ドラマはやりましたけど。 」 ここで、主演したNHKドラマ「永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎」の番組宣伝。 2019年7月15日 月・祝 夜7時30分からNHK総合で放送予定。 岡村さん「ばっちり番宣したね。 」 松本さん「いや。 ここしかないかな~と思って。 」 チコちゃん「ところで、北海道の名物って知ってる?」 松本さん「ビール、ジンギスカン、お寿司、バターサンド、じゃがいも。 」 ちこちゃん「2発目ででちゃってる。 なんでジンギスカンは北海道名物なの?」 松本さん「いっぱいいたんだよね。 羊がね。 ものすごいいたんですよ。 」 チコちゃん「ものすごいあっさり。 沢山いたからっていう答えでいい?全国に流れても大丈夫?」 というわけで、考え直し。 松本さん「アイヌの先住民の人たちが食べていたのが羊だったのでその文化を広めようとした。 」 チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 と叱られちゃいました。 街頭インタビューでも、正解なし。 チコちゃんの答えは、「おまけに鍋を付けたから。 」 松潤「ウソでしょ?」 おまけに鍋を付けたから 北海道に羊が増えた理由は1918年の第一次世界大戦中。 軍の防寒着を作るために、国が綿羊の100万頭増殖計画を打ち出しました。 しかし、その後に安い化学繊維や輸入羊毛が増加した事で北海道の綿羊の需要が激減。 そこで余った羊の有効利用として考えられたのが羊の食用利用。 しかし、ジンギスカンは、クセがあり、特にその臭みが敬遠されて当初はなかなか普及しませんでした。 その状況を変えたのが「美味しいタレの開発」。 そのタレを販売する際に鍋を付けて提供するというキャンペーンを実施。 この企画が大成功して、ジンギスカンは北海道民のソウルフードに。 そのきっかけを作ったは? 北海道内の食品会社、ベル食品株式会社。 社長、福山浩司さんが解説。 先代の工場長の試行錯誤のおかげで誕生したベルのタレ。 販売当初は鳴かず飛ばずの状況。 精肉屋さんに鍋をプレゼントするというアイデアを考え出したのが爆発的ヒットのきっかけ。 NHK たぶんこうだったんじゃないか劇場 「にくぞら ~北海道ジンギスカン物語~」 1947年の札幌。 戦後の食糧難の中で安くて美味しいモノを作りたいという思いから、北海道大学時代の同級生たちが札幌に集って食品会社を設立。 商品開発を担当したのが工場長の中本泰夫さん(鶴見辰吾)。 以前に手掛けたのは清涼飲料水のラムネ。 当時貴重品だった砂糖の代わりにズルチンという人工甘味料を使用したラムネを開発。 真冬の北海道では売れないという事を想定せず失敗。 その次は、家庭用ラーメンスープ。 しかし、生麺を売っている商店が少ないという事を想定しておらずにこれも失敗。 そんな時、中本泰夫さんはある夫婦の会話をきっかけにジンギスカンのタレの開発を思いつきます。 安い羊肉を、おいしく食べるタレがあれば、きっと売れるはず。 当時は羊肉の臭いを消すために醤油ににんにくやしょうがを入れてました。 それでもやはり気になるのはその臭み。 中本泰夫(鶴見辰吾)さん「ホントに臭いな。 」 妻「これが美味しく食べられたら家計も楽になるんだけどねぇ。 旦那がもっと稼いでくれたら。 」 中本さん「今、何て言った?」 妻「旦那がもっと稼いでくれたら?」 中本さん「いや。 その前のヤツ。 」 妻「これがもっと美味しく食べられたら?」 中本さん「そうか!この安い羊肉を美味しく食べられるジンギスカンのタレを作ったらきっと売れるんじゃないか?」 こうして羊の臭みを消すタレ作りに没頭。 様々な材料を試した中で「玉ねぎ」の相性が良い事を発見。 そして遂にジンギスカンのタレが完成。 大量に製造して精肉店に卸して万々歳。 かと思いきや在庫だらけで全く売れず。 「羊は臭い」という先入観がある消費者からは、受け入れられませんでした。 しかし、精肉店との会合であるヒントが。 一般的には普及していなかったジンギスカン鍋。 当時、一般家庭では羊肉は金網で焼くのが普通。 この金網調理では臭みの元となる脂が落ち切る前に焦げてしまいます。 分厚い鉄のジンギスカン鍋では遠赤外線効果で適度な焼き色と旨味を引き出します。 また、臭い脂はドーム形の斜面を伝って落ちる。 ここに目を付けた中本泰夫さんはある賭けに。 タレをケースで買ってくれる精肉店にジンギスカン鍋をプレゼント。 精肉店には肉とタレを買ってくれたお客さんにそのジンギスカン鍋を貸出してもらうというキャンペーン。 その名も「ジンギスカン鍋引き換え作戦」 当時配ったジンギスカン鍋はなけなしの事業資金から何とか捻出して製作したも。 社名入りのジンギスカン鍋は計1000個用意されました。 このキャンペーンでしたが結果は大成功。 ジンギスカン鍋を貸してくれるという噂は瞬く間に広がってタレと羊肉が飛ぶように。 そして同じぐらいのタイミングで1956年に滝川の羊肉専門店が花見でジンギスカン鍋を貸し出しを開始。 札幌と滝川を中心としてジンギスカン人気は広がって行きました。 ナレーション「無料で携帯電話を配布する0円携帯を皮切りに通信料で元を取るビジネスモデルは本来であればジンギスカン鍋方式と呼ばれるべきだったかも。 」 その後、ジンギスカン鍋の普及も手伝ってジンギスカンは北海道民のソウルフードに。 今では花見、給食や海水浴でもジンギスカンというほどすっかり定着。 中本さん「俺には見えるぞ!このジンギスカン鍋が北の大地はおろか、日本全国に広がっている明るい未来が!」 結論 というわけで、 「なぜジンギスカンは北海道名物?」は、 「おまけに鍋を付けたから」 でした。 塚原アナから補足 ジンギスカンを北海道に広めた札幌と滝川の2つの土地では元々、その食べ方が違っています。 札幌 — 焼いた羊肉にタレを付けて食べる「後付けタイプ」 滝川 — タレに漬け込んだ羊肉を焼く「先付けタイプ」 解説してくれたのは 北海道遺産ジンギスカン応援隊隊長でノンフィクション作家の千石涼太郎さん。 千石 涼太郎(せんごく りょうたろう、1964年2月22日 — )は、日本のノンフィクション作家・エッセイスト。 北海道小樽市出身。 小樽ふれあい観光大使。 勁文社の編集者として、萬画家・石ノ森章太郎、噴火予知連会長の井田喜明東大地震研究所教授、元関脇・蔵間、宜保愛子、黒田みのる、大槻義彦早大教授、田宮模型、バンダイ、東映、サンライズ、ジャイアンツ、任天堂………等の書籍を編集。 元サントリーSP誌ライター( 『竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語』 より)。 フリーランスとして、アウトドア、4WD、洋酒などの分野の雑誌、および精神科医、心療内科医、心理学者等の書籍を手がけつつ、県民性研究家としてテレビや雑誌のコメンテーターを務める。 またその一方で、故郷である北海道をテーマとした執筆活動を進め、2008年には東京を離れ、札幌に移住。 北海道をメインテーマとした執筆活動をしつつ、小樽ふれあい観光大使、「北海道ワインツーリズム」推進協議会会長、北海道遺産ジンギスカン応援隊などを務め、地域振興の分野でも活躍中。 現在、政治や社会問題に対し、語っている。 (Wikipediaより) 北海道遺産ジンギスカン応援隊は、北海道遺産であり、ソウルフードであるジンギスカンを多くの人に広め、この食文化を次世代に残していくために、歴史や地域ごとの文化、食べ方の提案、イベントなど、さまざまな情報を発信し、ジンギスカン文化の応援をしていきます。 (Wikipediaより) 今回も最後まで読んでくれてありがとう。 他の記事もよろしくね。 過去放送日別一覧ページ.

次の

本当においしいのは?ジンギスカンのタレ比べ「ソラチ」VS「ベル食品」|札幌文化系散歩

ジンギスカン の タレ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

ジンギスカンにあう「手作りのたれレシピ」と「市販おすすめのたれ」

ジンギスカン の タレ

調理中のジンギスカン ジンギスカンは、(成羊肉)や(仔羊肉)などのを用いたの料理。 に分類されることもあるが調理方法はの調理方法である。 一般的にはを代表するとされる 他、 、 など一部地域でも盛んに食される。 発祥は・の店という説もあり 、現在では各地にジンギスカン料理を出す飲食店や、家庭調理用の肉・を販売する小売店がある。 中央部が凸型になっている ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼き、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食す。 北海道の地方によっては、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もある。 使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」、冷蔵(チルド)肉の「生肉」、冷凍肉の「ロール肉」があり、一般的に「生」とは1度も冷凍されていない肉を示し、調味液に漬けたかどうかは問わない。 国産の生ラムなどは、近年高級肉として扱われる場合もある。 ジンギスカンの元になったとされる烤羊肉串 起源については、俗説で「かつてを率いたジンギスカン()が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もある が、実際にはとはかけ離れている。 ジンギスカン料理の起源自体はにあると言われ、大日本帝国陸軍の旧(現中国東北部)への進出などを機に、前述の 烤羊肉から着想を得たものが日本人向けにアレンジされ、現在のような形式となったものとみられる。 料理の命名には諸説あり、が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという都市伝説()から想起したものであるとも言われている。 命名した人物として、農科大学(の前身)出身で、の建国に深くかかわったが、(大正元年)から9年間の社員時代に命名したものであるとする説がある。 この説は全日本司厨士協会北海道本部相談役の日吉良一が北海道開拓経営課の塩谷正作の談話(冗談)を元に『L'art Culinaire Moderne』にに投稿した「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」 や、駒井徳三の娘の満洲野(ますの)が(38年)に発表した「父とジンギスカン鍋」が根拠となっている が、いずれも後の伝聞によっている。 日本では時代から北海道で肉用を含めた綿羊の飼育が行われており、(7年)に軍隊、、鉄道員用の素材となる自給を目指す「緬羊百万頭計画」が立案され、滝川や札幌の月寒など全国5カ所に種羊場が開設された。 このため北海道は(大正14年)の時点で全国の42. 7%が飼育される最大の飼育地となっていた。 計画の早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加が企図され、その流れの中からジンギスカンが出現したものと考えられている。 しかし、当時の日本人には羊肉を食べる習慣がほとんどなく、日本で受け入れられる羊肉料理を開発する必要に迫られ、農商務省は東京女子高等師範学校(の前身)に料理研究を委託している。 それらを裏付けるものとして、北海道の(現・北村)で(大正9年 に北海道初の羊食会が北村飼羊組合員の間で実施されていた事、その後(大正13年)に北村緬羊組合によって『羊肉料理法』のパンフレットが発行されていた事、その中に記載された「羊肉の網焼」のレシピが後の(昭和2年)に糧友會の『羊肉料理講習会』で紹介される「鍋羊肉(成吉思汗鍋)」のレシピと類似していた事などが記録されている。 「成吉斯汗鍋」(じんぎすかんなべ)という言葉が初めて掲載されたのは(大正15年)の『素人に出来る支那料理』 で、(中国)在住の日本人が命名したもので「本当の名前は 羊烤肉と云う」とあり、当時のものは屋外で箱火鉢や鍋に薪の火をおこし、上に金網や鉄の棒を渡して羊肉をあぶり、現地の醤油をつけて食べた「原始的な料理」としている。 この説明通りであれば、当初、「鍋」は食品を加熱するためではなく、火鉢代わりに使われたことになる。 に満田百二が雑誌『糧友』に書いた「羊肉料理」という記事でも、羊肉網焼の別名の「成吉斯汗鍋」は、本名式には 烤羊肉というと書かれていて 、鍋料理ではなかったことがわかる。 かつてがあり、などに羊肉を出荷していたが発祥地とする説もある。 他にも、 や 等がそれぞれ、上記の東京や北海道のものとは発祥を異にする、独自のものとしてのジンギスカン鍋の起源を主張している。 での普及は、綿羊の飼育が(5年)に始まった 後の(昭和11年)に開催された「料理講習会」から始まる。 羊の臭みを減らして食べやすくするために、地元名産の信州を使用した特別なタレに羊肉を漬け込む。 ジンギスカン鍋が一般にまで普及したのは、後のことと言われている。 最初のジンギスカン専門店は、(昭和11年)にに開かれた「成吉思(じんぎす)荘」とされる。 北海道での営業としての最初の店は、に札幌にできた精養軒である。 にはの一つに 、にはの主催で選定されたで北海道のの一つに 選出されている。 頃から頃にはによる牛肉離れの影響に加え、牛肉と比べ脂肪分が少ないイメージからジンギスカンはブームとなった。 しかし、ブームが下火となった頃にはやからの羊肉の輸入も大きく減少し、牛肉や豚肉の価格が下がった。 羊肉は相対的に割高になり、特に国産の羊肉を使ったものは高価となったことから、北海道でもジンギスカン離れが指摘されるようになった。 一方、のにはに開業した 烤肉苑飯荘やに開業した 烤肉季飯荘などが、薄切りの羊肉と野菜を鉄鍋で焼いて作る、現在のジンギスカンに類似した料理、の「 烤羊肉」を提供している。 後にこの方式が日本に取り入れられるようになったのか、偶然似たのかは定かでない。 ジンギスカン鍋 [ ] 穴なしタイプのジンギスカン鍋(左:生肉用 右:味付け肉用) 調理には専用の鍋であるジンギスカン鍋が用いられる。 この鍋は、など、主に製で、中央部分がのように盛り上がった独特の形状をしており、その表面には溝が刻まれている。 これは盛り上がった中央部で羊肉を、低くなった外周部で野菜を焼くことによって、羊肉から染み出した肉汁が溝に沿って下へと滴り落ちて野菜の味付けとなることを意図した設計である。 1950年代当時は北海道でもジンギスカン料理そのものが一般に普及しておらず、精肉店がジンギスカン鍋を貸し出すなども行っていた。 その後、北海道の花見や運動会、海水浴などで現在の形のジンギスカンパーティーが広まっていった (「ジンパ」と略称されることもある )。 なお、鉄板 や焼き網、などで代用する場合もある。 種類 [ ] 専用鍋には主に2種類がある。 鉄・アルミ製で穴なしのものと、スリット状に穴が開けられているものである。 穴なしのものは、味付け肉でもたれが落ちない構造であり、穴あきのものは、主に・炭火焼きで行われる生肉用で余分な脂を落とす役割を持っている。 近年のジンギスカンブームにより、店舗オリジナルの鍋など様々なものが製造されている。 「専用鍋は鍋が焦げ付きやすく使用後に洗うのが面倒」「数を揃えやすく片付けも簡単」などの理由から、北海道では屋外での「ジンギスカンパーティー」等の場合を中心に、アルミ製の穴なし簡易鍋を使い捨てすることも多い。 道内では等で、100円〜500円程度の安価で販売されている。 で2015年、過去に使われた各種の専用鍋を溝口雅明教授が集めた「ジン鍋博物館」が仮オープン。 私設博物館の形態で2016年11月には正式に開館した。 その他 [ ] では、ジンギスカン鍋に専用の焼き台を用いて調理される。 東北地方のジンギスカンの定番品である。 メディアでの紹介もあり、現在は北海道でもアルミ製で鍋付きのものが販売されるようになった。 で開催される、では、を焼き台にしたジンギスカン「しばれ焼き」が名物となっている。 調理 [ ] 味付け肉以外の場合 ジンギスカン鍋・などを炭火やガスなどで下から熱し、油を引いてから、、、、のほか、、、などの季節の野菜などを(ジンギスカン鍋の場合外周部周辺に)広げ、上方でスライスされた羊肉を焼き、専用のタレに付けて食する。 野菜の上に羊肉を乗せて蒸すように焼いて食す場合もある。 味付けの場合 同様に調理し、そのまま食する。 下茹でした玉や焼きそば用の中華麺、角が加えられる場合もある。 ただし、北海道の名寄などでは煮込みジンギスカンと言い、漬け汁と野菜を肉と共に煮込むものもある。 前述のように、ジンギスカン鍋を用いる場合は凸状に盛り上がった中央部分で肉を焼き、低くなった外周部で野菜を焼く。 観光名所となっている店舗では、調理の際の油跳ね防止用のビニールもしくは紙製の専用が支給され、それを着用して食するのが一般的である。 使用肉とたれ [ ] ジンギスカンは、事前にタレ(調味液)に漬け込んだ「味付け」と、味付けではない肉を焼いてからタレにつける「後付け」に大別される。 ラム肉は味付け、後付けの両方で好まれる。 一般的な味付けジンギスカンは、肉をスライスし、タレに漬け込み、それを冷凍保存されて販売される。 また、味付けに使うたれも様々なを組み合わせて使うことで多種のものが作られている。 生ジンギスカン [ ] 成吉思汗たれ(ベル食品) 羊肉の臭みを抑えて、食味を向上させる技術は、明治時代から色々試みられており、などと同様にを使うことは大正時代までに知られていた が、改良が進んだのは昭和時代からである。 現在、タレは味付け、生ともにベースと味噌ベースのものがあり、主流は、醤油ベースである。 タレには醤油、味噌、、果汁、、、などが配合される。 市販されるジンギスカンの付けダレもと同様に多種多様存在する。 北海道ではとの醤油ベースの製品が代表的である。 また、青森県のタレメーカーが当初ジンギスカンのタレとして開発した「スタミナ源たれ」は、醤油、野菜、リンゴ、ニンニクを材料としており、現在は焼肉・など多用途に使用されている。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年8月) 地域によって、使用する肉の種類や事前に味付けをするか否かなど、習慣、好みが分かれる。 北海道では、などの上川地域やなどのといった道央内陸部では「味付け」、のほかやなどの道央海岸部、を中心とした道南海岸部、などの道東海岸部では「生肉」が主流だった。 この二つの食文化の境目にあたるのが、滝川市と札幌市の中間付近に位置する岩見沢市と考えられており、昭和50年代に同市で営業していた温泉宿の名前が刻印された、二つの食べ方を同時に行える「仕切り付きジンギスカン鍋」が発見されている。 また上川地区の地域や地域では独特の「豚ジン」と呼ばれる豚肉を使った味付きジンギスカンも有り、ジンギスカンは羊肉に限らないという事実も有る。 豚ジンは一般スーパーでも販売されている。 北見市は北海道としては例外的にジンギスカンよりも一般的な焼肉店が多く、市も焼肉の街としてPRするほどで、市民でジンギスカンは一般的ではない。 ジンギスカンで知られる店として、滝川市に本店を構える「松尾ジンギスカン」、岩見沢市にある「タレ付きジンギスカン発祥の店 松龍」、の「かねひろジンギスカン」、札幌市の「さっぽろジンギスカン」「だるま」などがある。 道内の観光地には、ジンギスカン料理を売りにしている所が多く有る。 多くの観光地で今も「ジンギスカン」の旗を立っているが郷土料理としての取り扱いであり地場産肉を売るという事ではない。 しかし逆に地場生産を売りにする地域もあり、士別市や滝川市など道内各地でサフォーク種などの羊を飼養して地元に食肉提供している。 観光名所となっている各園の主流も生ラムジンギスカンである。 ただし、近年では双方の地域でどちらの食べ方も浸透が進んでおり、違和感なく受け入れられている。 本州では地域別に分類することは難しい。 では「生肉」が好まれる。 地方には独自のブランドをもった味付けジンギスカンのメーカーが存在する。 北海道の他にも、ではの県北沿岸部や、、長野県、同県、の、の、、古殿町など、局地的に常食されている地域がある。 また、のやのなどでは、創業以来ジンギスカンが名物メニューとなっている。 これらの地域では、をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多い。 北海道では、アウトドアで行われる「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合が多い。 また、「ジンギスカンパーティー」略して「ジンパ」の語句も生まれ、出演のののでも使用された。 頃には全国的なジンギスカンブームがあり 、関東地方などにも急速に広まった。 これは()が注目され牛肉の需要が減少し 、羊肉に多く含まれる「L(エル)-」という物質が注目されるなど 、健康需要 がその要因と言われている。 後半になると外食でのジンギスカン専門店は減少したが、スーパーなどの小売店での羊肉の扱いは安定するようになった。 北海道のジンギスカン店では羊肉しか提供していない場合が多いが、東京や、ブーム後の後発地域などのジンギスカン店ではたいてい、羊肉を食べなれない客のために牛肉なども提供していることが多い。 そのほか店によるが豚、鶏、鴨、猪、畜肉加工品、海鮮物なども出される。 近年では、北海道のビール園などでも、本州からの観光客を多く受け入れるために羊肉以外の牛肉・豚肉・鶏肉や海鮮物を提供する店が増えている。 ただし「ジンギスカン専門店」を称する場合は、ほぼ羊肉のみである。 長野県では、の一部を「信州新町ジンギスカン街道」と呼んでいる。 多くのジンギスカン料理店が並び、伝統的な漬け込んだ調味法の他にオリジナルな味付けの店など多様である。 (昭和57年)より、味の優れた「」も飼育されるようになった。 高知では、の終戦直後の時期に羊毛を刈るための羊を食肉にも用いることが推奨されていた時期があり、ジンギスカンの店が何軒も開店した時期もあったものの、一時的な流行に留まった。 脚注 [ ]• 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年4月18日閲覧。 の2012年2月3日時点におけるアーカイブ。 2012年1月31日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月8日. 2012年2月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 『読売新聞』 東京 : pp. 2013年8月10日• 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月9日. 2010年1月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月18日閲覧。 日吉良一、「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」『L'art Culinaire Moderne』昭和36年10月号、1961年、p29、東京、全日本司厨士協会• www. city. takikawa. hokkaido. 2018年11月9日閲覧。 農林省畜産局、『本邦内地ニ於ケル緬羊の飼育』pp23-26、、東京、農林省。 山田喜平、『緬羊と其飼ひ方』、1935年、子安農園出版部。 2019年7月23日閲覧。 岩見沢市議会議員 平野義文 Official Web Site. 2019年7月23日閲覧。 山田政平、『素人に出来る支那料理』p141、1926年、東京、婦人之友社• 満田百二、「羊肉料理」『糧友』昭和6年1月号 第6巻1号 p110、東京、糧友會• 【探訪・繁盛店】ひつじや(千葉県成田市)ジンギスカン「発祥」PR『』街づくり面(2017年2月12日• 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、447頁。 2008年3月9日, at the. (元祖ジンギスカン・シロー)• (昭和30年創業の店 ジンギスカンのあんべ)• 日吉良一、「農村食事閑談 成吉思汗料理事始」『北海道農家の友』昭和36年12月号、1961年、札幌、北海道農業改良普及協会• 北海道遺産構想推進協議会. 2010年5月26日閲覧。 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年5月26日閲覧。 490. , (), , , 2010年4月18日閲覧。 北海道経済産業新聞 2006年6月14日• 北海道新聞(2016年11月12日)2016年11月13日閲覧• 北海道ねっと. 2019年6月24日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月7日. 2010年1月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月19日閲覧。 永峰春樹、『緬羊の飼方』p103、、旭村、子安農園。 読売新聞 夕刊 東京 : pp. 2005年3月11日 関連項目 [ ]• - を展開• - ジンギスカンPRキャラクターとして2013年にデビュー。 - 南部地方(東部と北部・中部)の郷土料理。 - の郷土料理。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 信州新町観光協会.

次の