岡本 行夫。 【新型コロナ】岡本行夫死亡(死去)お別れ会はいつ?家族や濃厚感染者は?

岡本行夫の経歴プロフィール、嫁や子供はいる?濃厚接触者は?

岡本 行夫

橋本政権などで首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫(おかもと・ゆきお)氏が、新型コロナウイルスによる肺炎のため4月24日に74歳で死去していたと判明してから一夜明けた8日、関係者は悲しみに包まれた。 TBS「サンデーモーニング」で共演したスポニチ本紙評論家の張本勲氏は「訃報を聞いてエーッと思いましたよ。 74歳。 まだお若いのに…。 アメフトが大好きな方でね。 毎年アメリカに観戦に行かれてたんですよ。 私も好きですからね。 番組が始まる前やCMの間によく話しました。 残念でなりません。 それにしてもコロナっていうのは本当にどこから入ってくるか分からない。 怖いねえ」と悼んだ。 司会の関口宏(76)は「しゃれた感覚をお持ちでスタジオが和みました」としのんだ。 菅義偉官房長官、東京都の小池百合子知事は定例会見の冒頭で岡本氏に言及。 小泉純一郎元首相は「各国首脳との会談に際して、常に的確な助言を与えてくれた」と感謝。 親交があった米アーミテージ元国務副長官も追悼コメントを発表した。 葬儀・告別式は近親者で営み、後日、お別れの会を開く予定。 喪主は妻京子(きょうこ)さん。

次の

岡本行夫という生き方

岡本 行夫

略歴 [ ] 生まれ。 及びで育つ。 父親は職員で、父親の仕事の関係で、中学時代2年間の首都に滞在した。 を経て、(43年)にを卒業し、入省。 外務省同期に、らがいる。 参事官、課長、同北米第一課長など日米外交の有力ポストを歴任し、将来を嘱望される存在だったが、(3年)に(辞職)した。 となって現場に関われなくなることに不満があったという。 なお、退官時のは、ナンバー2のは(の父)と。 外交評論家として [ ] 外務省退官後はコンサルタント会社「岡本アソシエイツ」を経営しながら、の提言コラム「正論」欄の「正論メンバー」としてに定期的に執筆。 では翌7月『自国の船は自分で守れ』と題して「今度こそ自分の力で自国民を守るという課題に、正面から向き合うときだろう」と寄稿するなど など、派の外交評論家として活動した。 また、、で、で参与、で参与、で、で内閣総理大臣外交顧問、で外交政策勉強会メンバーを務める等、政府要職も数多く歴任している。 特に橋本内閣においては、沖縄問題担当として60回以上に渡り入りして現地との信頼関係を築きながら、の返還・代替地移設問題や沖縄振興策策定の最前線で活動したとされる。 2009年12月には、のへの対応でが悪化する中、とで面会。 知米派の岡本が個人的な立場から外交面で協力するとの合意をしたと報じられた。 実業家・教育者として [ ] 実業家としては、に及び、と4人でのに「パシフィカファンド」を設立し、ITベンチャーを支援。 このほか取締役、監査役、取締役、取締役、取締役等も歴任する。 9月からはとして後進を指導。 立命館大学に「国際社会で活躍する人材養成特別プログラム」を立ち上げ、同じく元外務省の立命館大学客員教授とともにスーパーバイザーを務め、や、など難関進路を志望で成績優秀な学生を選抜。 講義や指導、岡本行夫奨学金による海外研修などを実施している。 、NPO法人新現役ネット理事長などの職を退任し、渡米、国際研究センターシニアフェローに就任。 特別招聘教授の称号を受けた。 2020年4月24日にのため死去し、5月7日に報じられた。 74歳没。 死没日をもって叙位、追贈。 人物 [ ] 原点は湘南高校 [ ] 3兄弟の次男で、3人とも「家のすぐそばだった」湘南高校に進学。 「自分は(の)に入る秀才タイプでもなく、ましてやのお坊ちゃんでもない」といい、「(公立の)湘南(高校)は自由で徒党も組まず、そこには惹かれたかも」。 ただし、卒業後に兄はからに、弟も東大からの国際になった。 岡本1人だけ一橋大に進学した理由について、湘南高で部活動のに熱中して成績が下がったためとしており、サッカー部も両親から忠告され高2の秋に退部した。 「悔やみました。 人生最大の敗北」で「不甲斐なくてね、その後、毎日家から海岸まで夜走った」といい、「高校時代に足腰を鍛えたおかげか、今でも健康ですよ(笑)」と、のインタビューに語っている。 湘南高の同級生も外交官(第20代長官)となり、同窓の先輩の(で元)と「よく飲みに行った」。 後輩で者のについて「活躍は嬉しいですね。 僕も新聞の対談で知り合って、応援しなくちゃって(笑)」。 底抜けに明るくなれないんですよ」。 一橋大では、の同期に(元学長。 現・学長)が、同級生に(元中東社長。 現・学長) 、(副会長)がいる。 「青年将校」「小和田雅子」「競争原理」 [ ] 外務省では、のの際に北米1課長として、米軍艦船の寄港を拒む関係、中東への輸送を渋ると直談判。 硬骨漢の外交官で「青年将校」とも呼ばれた。 討論番組や座談会で一緒に議論することが多く、同じ産経新聞の「正論」メンバーで一橋大の同窓生の(チーフエコノミスト)によると、岡本は「とにかく気さくで、一緒にいるだけで楽しくなる」人柄。 一橋大の同窓会の講演会で、外務省時代の岡本が講演で出張時のエピソードを披露。 硬軟併せ持つ岡本について、「発言することではなく、行動することが真骨頂の外交官」で「存在そのものが日本外交の重し」と分析している [ ]。 なお、岡本は退官後のには、「政治家には介入を許し、お金の遣い方はルーズ、そして特権意識過剰」な外務省について『いまこそ外務省にを導入せよ』と題して提言した。 年譜 [ ]• 1961年(昭和34年)3月 卒業• 1964年3月 卒業• 1968年3月 卒業(ゼミ)• 1968年4月 入省• 1969年 英語研修(米国)• 1971年 日本政府代表部• 1973年 国際経済課事務官• 1975年 経済局国際機関第一課事務官(貿易交渉担当)• 1978年 北米第一課首席事務官• 1981年 一等書記官(中東和平担当)• 1983年 参事官(政務担当)• 1985年8月 北米局安全保障課長• 1988年7月 北米局北米第一課長• 1991年(平成3年)1月 退官• 同年 株式会社岡本アソシエイツ設立、同代表取締役就任• 1991年 - 参与• 1996年11月 - 1998年3月10日 (非常勤・沖縄担当)• 1998年7月 - 2000年6月 参与• 2000年3月30日 - 2008年3月26日 株式会社取締役• 2000年6月 株式会社取締役• 2000年7月 パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・設立、同共同代表就任• 2001年9月 - 2003年• 2002年9月 客員教授(国際社会で活躍する人材養成特別プログラム)• 2003年4月 - 2004年4月 内閣総理大臣補佐官(非常勤・イラク担当)• 2004年4月 内閣総理大臣外交顧問• 2007年6月 - 株式会社社外監査役• 2008年6月 - 株式会社取締役• 2011年7月 - 一般社団法人東北漁業再開支援基金希望の烽火設立、同代表理事• 2012年2月 - 委員• 2012年10月 - 国際研究センター CIS)シニアフェロー• 2014年6月 - 株式会社取締役• 2014年9月 - 慰安婦報道第三者委員会委員• 2015年2月 - 21世紀構想懇談会委員• 2018年6月 特別招聘教授• この他に、アサヒビールアドバイザリーボードメンバー(1998年 - 2000年)、日本郵船アドバイザリーボードメンバー(2006年 - 2008年)、アドバイザリーボードメンバー、経営諮問会議メンバー、インターナショナル・アドバイザリー・ボード社外アドバイザー、株式会社理事長、理事、Oakキャピタル株式会社顧問、外交政策勉強会(首相の私的懇談会)メンバー(2007年12月 - )、沖縄米軍基地所在市町村に関する懇談会委員、国際経済・金融システム研究会委員、「普遍的な日本の魅力」の再構築・発信に関する検討会委員、客員研究員、特命顧問、株式会社アドバイザリーボードメンバー(2008年 - )、一般財団法人日本フラッグフットボール協会代表理事、財団法人評議員、財団法人日本教育科学研究所理事、しゃくなげ大使等も務める。 2020年(令和2年)4月24日 - 新型コロナウイルス感染症のため死去 入省同期 [ ]• (元長・長)• (元駐インド大使・外務省長)• (元駐韓大使・)• (日本協会理事長・元復興支援大使)• (副理事長・元駐大使)• (元長・)• (元外務省欧亜局長・長)• (元大使・)• (元駐大使・外務省長)• (元教授・駐大使)• (元交渉日本政府代表・) 著書 [ ] 単著 [ ]• ()『生きのびよ、日本!! ()『日米同盟の危機 日本は孤立を回避できるか』(、2007年)• (・・)『岡本行夫 現場主義を貫いた外交官』(、2008年)• ()『知の超人対談 岡本行夫・佐藤優の「世界を斬る」』(、2009年) 共編著 [ ]• ジョン・C・マクスウェル『人を動かす人の「質問力」』監訳 2016 出演 [ ]• (TBS)• (フジテレビ) ほか 脚注 [ ]• 『岡本行夫 90年代の証言』 [ ]• 2020年5月8日• 産経新聞、2020年5月9日• 『SIGHT2010年5月号~ なぜ日本は普天間問題を解けないのか』 [ ]• 「日米関係の深刻さにやっと気づいた?首相、外交ブレーン交代を模索」2009年12月22日• 立命館大学• 立命館大学• NHK、2020年5月7日• 東京新聞、2020年5月7日• 国立印刷局 2020年6月2日. 2020年6月2日時点のよりアーカイブ。 2020年6月2日閲覧。 2016年11月28日• 2020年5月9日• - の溜池通信サイト「かんべえの不規則発言」コーナー2020年5月8日• 月刊誌5月号• 株式会社NTTデータ• 正式名称「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」、 」]首相官邸 関連項目 [ ]• - 同じ出身の元外交官で評論家。 、から外務省• 外部リンク [ ]•

次の

佐藤陽子と岡本行夫との間に子供はいるの?佐藤陽子の現在は?

岡本 行夫

岡本行夫プロフィール 名前 岡本行夫 おかもと ゆきお 生年月日 1945年11月23日 74歳 出身地 神奈川県鎌倉市及び藤沢市 中学時代は2年間クアラルンプールに滞在 略歴 元外交官、内閣総理大臣補佐官 イラク担当・沖縄担当 、科学技術庁参与、内閣官房参与、内閣総理大臣外交顧問、マサチューセッツ工科大学国際研究センターシニアフェロー、青山学院大学特別招聘教授 出身高校 神奈川県立湘南高等学校 出身大学 一橋大学経済学部 著書 「ニッポン再生最前線ー岡本行夫対談集」 都市出版 「砂漠の戦争ーイラクを駆け抜けた友、奥克彦へ」 文藝春秋 「さらば漂流日本ー自力航行への転換 日本を考える 」 東洋経済新報社 ホームページ 岡本行夫氏のホームページは 1961年3月 藤沢市立鵠沼中学校 卒業 1964年3月 神奈川県立湘南高等学校 1968年3月 一橋大学経済学部卒業 板垣与一ゼミ 【神奈川県立湘南高等学校】 偏差値 74 2020年度版 岡本行夫氏が通われた、神奈川県立湘南高等学校は神奈川県でトップクラスの高校です。 神奈川県内ではランキング7位で、卒業生には元東京都知事の石原慎太郎氏、元神奈川県知事の岡崎洋氏など政治家やアナウンサーなど多く輩出されています。 【一橋大学経済学部】 偏差値 67. 5 2020年度版 岡本行夫氏が通われた一橋大学経済学部は、多くの政治家や小説家、アナウンサーなど多くの有名人を輩出されています。 卒業生には湘南高校も同じだった石原慎太郎氏や、元総理大臣の吉田茂氏など超有名人がたくさんいらっしゃいます。 岡本行夫氏のプロフィールでも少し触れましたが、岡本行夫氏の中学 鵠沼中学校 時代は2年間マレーシアのクアラルンプールに滞在されたそうです。 農林水産省職員の父親の仕事の関係だったとのことなので、岡本行夫氏はエリートのお父様の子だったのですね。 岡本行夫の華麗なる経歴! 岡本行夫氏の学歴を見てエリートということがわかりましたが、経歴を見るともっと岡本行夫氏のすごさがわかります。 1945年11月23日 神奈川県生まれ 1968年 一橋大学経済学部卒業。 4月 外務省入省。 1969年 英語研修 米国スワースモア大学 1971年 経済協力開発機構日本政府代表部 1973年 経済局国際経済課事務官 1975年 経済局国際機関第一課事務官 貿易交渉担当 1978年 北米局北米第一課首席事務官 1981年 在エジプト日本国大使館一等書記官 中東和平担当 1983年 在アメリカ合衆国日本国大使館参事官 政務担当 1985年8月 北米局安全保障課長 1988年7月 北米局北米第一課長 1991年 外務省退官。 岡本アソシエイツ設立。 国際交流基金参与就任。 1996年11月 橋本内閣にて総理大臣補佐官 沖縄担当 就任。 1998年7月 2000年6月 科学技術庁参与 2000年3月30日 2008年3月26日 アサヒビール㈱取締役 2000年6月 三菱マテリアル㈱取締役 2000年7月 パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・エル・エル・シー設立、同共同代表就任。 2001年 小泉内閣にて内閣官房参与就任。 2002年 立命館大学客員教授任官。 2003年 総理大臣補佐官 イラク問題担当 就任。 2004年4月 内閣総理大臣外交顧問 2007年6月 三菱自動車工業株式会社社外監査役 2008年6月 日本郵船株式会社取締役 2011年7月 一般社団法人東北漁業再開発支援基金希望の烽火設立、同代表理事 2012年2月 復興庁復興推進委員会委員 2012年10月 マサチューセッツ工科大学CISシニアフェロー就任。 2014年6月 株式会社NTTデータ取締役 2014年9月 朝日新聞社慰安婦報道第三者委員会委員 2015年2月 第3次安倍内閣21世紀構想懇談会委員 2018年6月 青山学院大学特別招聘教授 岡本行夫氏は外務省に入省され、その後は橋本内閣、小泉内閣と2度に渡り首相補佐官を務めました。 常に総理大臣の側で活躍され、エリート中のエリートですよね。 岡本行夫氏は外務省入省した後に、英語研修として米国スワースモア大学に行かれたそうです。 英語も堪能なのですね。 岡本行夫氏は企業の取締役などの役員としても活躍されたようで、何社もの企業の名前があります。 岡本行夫氏、ご自身も外務省退官後にはコンサルタント会社を経営されていたので、どこの企業からも引っ張りだこだったのでしょうね。 コンサルタント会社を経営しながら、親米派の外交評論家として活動されていたそうなので、岡本行夫氏はやはり優秀でやり手ですよね。 岡本行夫の家族構成 妻・子どもについても 岡本行夫氏の家族構成、妻や子どもについても調べてみました。 岡本行夫氏は、 ヴァイオリニストの佐藤陽子さんという方と結婚したそうなのですが、1979年に離婚されているそうです。 岡本行夫と佐藤陽子の馴れ初めは? 岡本行夫さんと佐藤陽子さんはパリで知り合い、大恋愛の末に佐藤陽子さんが24歳のときに結婚しましたが、その後池田満寿夫とローマで運命的な出会いをし1979年に離婚。 パリやローマで男性と知り合って結婚されるとは、なんともロマンチックですよね。 佐藤陽子さんは恋多き女性なのでしょうか…!? 岡本行夫は再婚している? 岡本行夫氏が再婚されているかの情報はありませんでした。 忙しい方なので、もしかしたら再婚どころではなかったか、しかし岡本行夫氏はエリートなので女性からモテたのではないか?と勝手に想像してしまうので…再婚されていたかもしれませんよね。 実際のところは、再婚されたかどうかわかっておりません。 岡本行夫氏の子どもはいる? 岡本行夫氏の子どもがいるかどうかの情報もありませんでした。 もし岡本氏に息子さんや娘さんやいたら、きっと父親 岡本氏 のエリートの血を引き継いでいたことでしょう。 子どもがいるかどうかわかり次第、追記したいと思います。

次の