うるん 鮭ろだ。 【飯雑】暗い話題ばかりで明るい話題はよ!鮭のホイル焼きを食す!

アコウのお刺身&レンチン♪皮むき里芋 by kyonmiさん

うるん 鮭ろだ

まだ行ったことのない都市や自然の風景を見るのは楽しいものですよね。 そんなステキなGoogleマップですが、時には予期せぬ光景を映してしまうことがあります……。 アップした画像がこちら。 クマさんでした。 手に鮭を持って、一頭だけポツンと立っています。 好物の鮭を捕まえられた達成感に浸っているのでしょうか。 さらにアップの画像。 別におかしなところはないのですが、ジワジワ笑いがこみ上げてくるのはなぜでしょうか。 なんともシュールな画像です。 さるまるさんの他のツイートによると、これはロシアのクリリスコエ湖という場所のようです。 ちょうど産卵の時期なのか、鮭が大量に泳いでいます。 このクマさんにとってはご馳走の宝庫みたいなもんですね。

次の

【うるん】ウルトラまんが盛りポテトを買いに行く♡ うるん(生放送主) ニコニコ動画のニコッター

うるん 鮭ろだ

たっぷり使えて、毎日ぷるぷる、うるんうるんの肌に整える大容量高保湿化粧水です。 とろみ化粧水が気になる部分にすーっとなじみ、肌トラブルのないしっとりみずみずしい素肌に導きます。 さらに、プラセンタエキス・アルブチン配合 保湿成分 も配合。 使いやすいポンプ付ボトルで、コットンやティッシュでフェイスパックにもお使いいただけます。 弱酸性・無着色・無鉱物油。 使用方法 適量を手にとり、肌になじませてください。 コットンやティッシュペーパーに充分な量を含ませ、乾燥が気になる部分を5分程度パックするとさらに効果を感じていただけます。 顔はもちろん、全身用ローションとしてシャワー後やお風呂上りにたっぷりとお使いください。 そのまま使用を続けると症状を悪化させることがあります。 またボトル内側に白い輪ができることがありますが内容成分が付着したものであり、製品の品質には問題ありません。 強く押すと内容物が勢いよく出て、飛び散る可能性があります。 メーカー欠品または完売の際、キャンセルをお願いすることがあります。 ご了承ください。

次の

Fire

うるん 鮭ろだ

住んどるところによって、食べれる魚と食べれん魚がある。 わしが住む愛媛は伊予灘に面しとるけん、伊予灘に入ってこんようなマグロや鮭は食べれん。 アンコウやほっけも、伊予灘にはおらんもん。 わしはこの生涯でほとんど食べたことがないよ もちろん今は、電話一本ですぐに取り寄せてどこのどんなもんでも食べれんもんなんてない、便利な時代やということくらいはわかっとるよ。 ほんでも地元で食べるもんには絶対にかなわん。 そういう日本で、別に特別取り寄せたりせんと、比較的どこでも食べられる魚がアジよ。 やけんアジは日本に住んどる人にとって最も身近で親しみのある魚やと思うんよ。 アジには平アジと丸アジというてふたつの種類がある。 平アジは名前の通りにちょっとばかし丸より平べったい。 けど、素人目にはちょっと見ただけやとわからんぐらいの違いやけん、触ってみて、首の背にトゲがついとるのが平、と覚えたほうが確かよ。 平アジは十月ころからが旬。 脂がのって身にハリが出てくる。 丸アジのほうは平よりちょっと前の真夏ごろが旬よ。 この平と丸、何が違うというて、値が全然違うんよ。 平アジは丸アジのなんと四倍! というと平アジが高級なように思うかもしれんな。 ふつう、料理屋の刺身で出てくるんはだいたいが平アジ。 つまり丸アジが相当安いというわけよ。 ほんでも丸アジがめちゃくちゃまずくて、平アジがすごくうまい、ということではないんよ。 丸が旬の夏は、丸のほうがうまいくらいやけん。 商品というのは見た目が重要やけんな、野菜でも曲がったキュウリやでこぼこしたトマトとか、味はようても商品にならんということになっとるやろ。 それと同じことで、丸は刺身にするとすぐに黒ずんできてしまうんよ。 やけん、丸はひものとかフライになる。 あの有名な「関アジ」が捕れる豊後水道にももちろん、平も丸もおる。 ただ「関アジ」として市場に出とるもんは平アジよ。 「関アジ」と同じところでとれる丸アジは「ただのアジ」として安い安い値で売られよる。 味は「関アジ」と変わらんかってもな。 そういやこの前九州のほうで「黄金のアジ」がおる、ということをテレビでやっとったけど、ほんとにテレビというのは阿呆なことばっかり言わいな。 なんてことはない。 若いアジのことよ。 平アジは一年生から二年生ぐらいの小さいうちはちょっと黄色みがかっとって、泳ぎよると光の反射で金色っぽく見えるんよ。 アジは安くてクセがないけん、食べ方がいろいろ選べるというのも人気の秘密やと思うんよ。 刺身にたたき、塩焼きに煮付け、天ぷらにフライ、南蛮漬けにひもの。 とにかくアジはどんな料理でもこなせる。 でけたら新鮮なもんは、刺身かたたきがおすすめよ。 刺身にしても、たたきにしても、中骨のある真ん中の赤いところには栄養がいっぱい詰まっとるけん、とってしまわんと、面倒でも、骨抜きをしてな。 たたきというても、包丁でぐちゃぐちゃにたたいてしまう料理のほうじゃないぜ。 わしのいうのは「カツオのたたき風」。 作り方はカツオのたたきと全く同じよ。 身を串でさして軽く塩をふり、表面を火であぶる。 皮側は焦げ目が入るくらい強く、身側は弱めに焼いて、サッと氷水で冷やして水気をとり、あとは切るだけ。 タマネギやネギとかの薬味野菜と一緒にポン酢で食べる。 よそで同じような料理があるかどうかは知らんけど、こうしたほうがうまいと思って自分で考えたんよ。 わしは刺身で食べれるようなもんをぐちゃぐちゃだんごみたいにして食べるのは好かんけん。 もうひとつ、わしのおすすめは「ざく」。 これはアジの身を食感がしっかり残るぐらいに細長く切って、しょうが汁をかけ、スライスしたタマネギ、ネギを薬味にポン酢で食べる。 刺身やたたきとは違ったあっさり感があるんよ。 この料理やったら小さいアジでも刺身感覚で食べれるぜ。 アジが新鮮かどうかを見るコツは「目」。 目がキレイに澄んでみえとったら大丈夫。 ちょっとうるんできとるヤツは日が経っとる証拠やけん、火を通す料理のほうがええよ。 逆に、水槽で泳がしとるやつ。 確かにある意味、新鮮かもしれんけど、これはだいたいが養殖なんよ。 アジとかサバとか、動きまわりよらんと生きていけんやつらは海からあがったらうちの水槽でも二日とよう生きん。 養殖のやつらは生まれたときから四角い水槽のような環境で育っとるけん、いくらでも生きられるんよ。 「活け造り」とか「新鮮」やけんうまい、ということではないけんな。 これがアジのたたき。

次の