祇園 精舎 の 鐘 の 声。 平家物語 祇園精舎

祇園精舎

祇園 精舎 の 鐘 の 声

この記事の目次• 平家物語のあらすじ 平家物語の冒頭は、あまりにも有名なこの言葉から始まります。 祇園精舎の鐘の声、 諸行無常 しょぎょうむじょう の 響 ひびき あり。 沙羅双樹 さらそうじゅ の花の色、 盛者必衰 じょうしゃひっすい の 理 ことわり を 顕 あらわ す。 奢れるもの久しからず、ただ春の夜の夢の如し。 猛 たけ き人も遂には滅びぬ。 偏 ひとえ に風の前の 塵 ちり に同じ ここから、平家物語は日本を離れて遠く異朝をとぶらふにと続き、キングダムでも登場する最凶宦官の 趙高 ちょうこう や、 唐を崩壊寸前まで追いやった 安禄山 あんろくざん の名前を出し、自分勝手に政治を私物化してやがて自らを滅ぼした人間はどこにでもいると語り その後、わが国でもと話をこちらに向けて、 平将門 たいらのまさかど 、 藤原純友 ふじわらのすみとも のような大和朝廷に反旗を 翻 ひるがえ して滅んだ猛き武士を紹介します。 最期に最近では平清盛と平家一門の無残な有様は言葉にも出来ないと語ります。 ここから、平家物語で最初にスポットライトを浴びるのが平清盛である事が分かります。 そう、平家物語の前半で語られるのは、平家の栄華でありその中心人物である平清盛なのです。 また、物語は過去形で語られるので、どれほどの栄華の様を描いても、彼らは 壇之浦 だんのうら の海の藻屑になった事が分かります。 冒頭で説いたように世は無常であり、いつまでも栄え続ける強者などいないわけです。 平清盛家系図 さて、平清盛の名前が出ると、その先祖を 尋 たずね ねればと続き、平清盛まで続く平氏の家系が語られます。 平家は遡っていくと 桓武天皇 かんむてんのう の第五皇子である 葛原親王 かずらわらしんのう です。 この葛原親王の子は 高見王 たかみおう と言い、あまり出来が宜しくないのか無官無位で亡くなります。 高見王の子が 高望王 たかもちおう で、彼の時代に 宇田天皇 うだてんのう の勅命があり平の姓を貰い皇族から離れていきます。 さて、皆さんは、どうして天皇の皇子なのにわざわざ皇族から離れていくのか不思議に思うかも知れません。 実は、当時の天皇は大勢の側室を持っていて子も沢山いますから、例え天皇の子でも、必ず栄達できるとは限りません。 そうなると出家するか、 臣籍降下 しんせきこうか して家臣の身分になり、 国司 こくし や 介 すけ の官職をもらい地方に下りていくかのどちらかしかないのです。 第五皇子である葛原親王も、そんな栄達の見込みがない人でした。 さて、高望王は平高望になり、息子の良望は上総介に任命され 上総国 かずさのくに (現代の千葉県中南部)へと下向していきました。 実際は上総国の長官は国司ですが、国司に任命されても田舎を嫌がって都を離れない貴族もいたので、実質的な長官は介だったりしたのです。 平良望 たいらのよしもち は、土着して名を改め 平国香 たいらのくにか と名乗りました。 この国香の子が 平貞盛 たいらのさだもり で、その子が 平維衡 たいらのこれひら になり 伊勢 いせ に流れ伊勢平氏の祖、次が 平正度 たいらのまさのり で引き続き伊勢で地盤を固めます。 そのまた子供が 平正盛 たいらのまさもり でこれが清盛の祖父、さらに正盛の子が 平忠盛 たいらのただもり で、こちらが清盛の父という事になります。 こんな具合に、平家の系統が語られますが、清盛の祖父の正盛の時代の伊勢平氏は、まだまだ天皇の屋敷である禁裏に昇殿する事も許されず、 砂地の庭に土下座して仕えている状態でした。 後には、 栄耀栄華 えいようえいが を極める平家も、この頃はまだぺーぺーでしたという事で、平家物語の第一話祇園精舎は終わります。 平清盛と平将門は敵同士? 平清盛と言うと 平将門 たいらのまさかど と同じ平氏ですが、二人はどんな関係なのでしょうか? 実は平将門は、清盛の先祖である平国香の 甥 おい にあたります。 しかし、二人は土地を巡って敵対関係であり、小競り合いの結果、平将門は国香の軍勢を破り屋敷を焼き払い国香は死亡しました。 このため、平清盛にとっては、将門は先祖の敵という事になります。 ただ清盛の時代から見て200年近くも前の事なので、清盛が将門を恨んでいたか本当の所は分かりません。 祇園精舎に鐘はないってマジ? あまりにも有名な平家物語の冒頭の祇園精舎の鐘の声ですが、皆さんは祇園精舎がどこにあるかご存知ですか? 祇園というくらいだから、京都と思うかも知れませんが間違いです。 実は祇園精舎とは、かつてインドにあった寺院で 釈迦 しゃか が存命中に説法を行ったとされる由緒正しい場所でした。 この寺院は仏教が中国に伝わった時に、 祇樹給孤独園精舎 ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ と漢訳されます。 しかし、あまりに長いので日本では適当に詰めて祇園精舎とされたのです。 ですから、祇園精舎の鐘の声と言っても、日本で祇園精舎の鐘の音を直接聞くのは不可能という事になります。 もっと、身もふたもない話をすると、インドの寺院には元々 梵鐘 ぼんしょう はありません。 梵鐘は仏教が中国に伝わった時に儒教の礼楽と融合して出来たものです。 日本の仏教は中国・朝鮮由来なので、仏教と梵鐘は最初からセットでした。 当時の日本人は本場の祇園精舎に梵鐘がないとは思わなかったのでしょう。

次の

平家物語の祇園精舎とか沙羅双樹とか|yoshifujiT|note

祇園 精舎 の 鐘 の 声

冒頭の「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の鐘の声」はあまりにも有名ですが、本当に聞こえるかギモンな「鐘」なのはご存じでしょうか? 「祇園」から京都の繁華街を連想するかも知れませんが、祇園「精舎」はにある寺院、しかもまでどこかはっきりせず、 勘違いして「・ワット」に参詣していたほど不明な場所でした。 本当の祇園精舎に「鐘」が登場したのはになってから……平家物語の「鐘の声」は、いったいどこの鐘? なのです。 その名の通り「平家」の栄枯盛衰(えいこせいすい)を記したもので、書き出しの部分はあまりにも有名。 ・祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の鐘の声 ・(しょぎょうむじょう)の響きあり 今風に訳すと、は「世の中はすべて変化する」といった意味で、平氏がどんなに栄えても、衰えてしまったのは防ぎようのないこと、祇園精舎の鐘にはそんな響きが感じられる、といったところでしょう。 この切なくも詩的な表現は多くのひとがご存じでしょうが、じつはかなり??? な話、祇園精舎の場所すら正確に把握していなかったからです。 「祇園」は舞妓さんで有名な繁華街なのに対し、祇園「精舎」はの寺院が定説……日本に鐘の音が届く可能性は限りなくゼロですね。 また、長いあいだ「・ワット」が祇園精舎と信じられ、そうとは知らず大勢が参詣… まったく違う場所に訪れて「ありがたや」と手を合わせていたのです。 なかには手本にならない例もあり、・ワットに「」をしたひともいます。 の武士・森本右近太夫は、遺跡にわざわざ自分の名を書き記していったのです。 ・寛永9年(=2年) ・海上を数千里渡って、祇園精舎まで来た ・4体の仏像を奉納した と、ちょっと恩着せがましい内容ですね…。 この件からも、多くのひとが・ワットを祇園精舎と信じていたことが読み取れます。 祇園精舎の鐘には諸説あり、小型のものはあった、なんて話もあります。 ただし、私たちがする「お寺の鐘」=梵鐘(ぼんしょう)は、に寄贈されるまで存在しませんでした。 もし平家物語の通り「鐘の声」が聞こえても、でおなじみのゴーンという音色ではないのは確かです。 になっても場所すら不明……鐘が登場したのは21世紀と聞くと、いったい何の「声」だったのか気になりますね。 もしかしたら隠されたかも ? と考えると、古典の勉強が楽しくなるかも知れません。

次の

平家物語の祇園精舎とか沙羅双樹とか|yoshifujiT|note

祇園 精舎 の 鐘 の 声

平家物語 成り立ち [ ] 平家物語という題名は後年の呼称であり、当初は『』や『』と同様に、合戦が本格化した()年間より『 治承物語』(じしょうものがたり)と呼ばれていたと推測されているが、確証はない。 正確な成立時期は分かっていないものの、元年()にによって書写された『』(の日記)のに「治承物語六巻号平家候間、書写候也」とあるため、それ以前に成立したと考えられている。 しかし、『治承物語』が現存の平家物語にあたるかという問題も残り、確実ということはできない。 少なくとも延慶本の本奥書、2年()以前には成立していたものと考えられている。 また文中にしばしば『』からの引用が見られるから方丈記執筆の2年(1212年)以後に成立したことも確実である。 作者 [ ] 作者については古来多くの説がある。 現存最古の記述は鎌倉末期の『』(作)で、信濃前司行長(しなののぜんじ ゆきなが)なる人物が平家物語の作者であり、生仏(しょうぶつ)という盲目の僧に教えて語り手にしたとする。 「後鳥羽院の御時、信濃前司行長稽古の譽ありけるが(中略)この行長入道平家物語を作りて、生佛といひける盲目に教へて語らせけり。 」(徒然草226段) その他にも、生仏が出身であったので、武士のことや戦の話は生仏自身が直接武士に尋ねて記録したことや、更には生仏と後世のとの関連まで述べているなど、その記述は実に詳細である。 この信濃前司行長なる人物は、に仕えていたで、の孫である下野守ではないかと推定されている。 また、『』や『醍醐雑抄』『平家物語補闕剣巻』では、やはり顕時の孫にあたる葉室時長(はむろときなが、)が作者であるとされている。 そのため信濃に縁のある人物として、の高弟で門下の西仏という僧とする説がある。 この西仏は、や康楽寺(塩崎)の縁起によると、の名族の流れを汲むの息子で(または通広)とされており、大夫坊の名でのとして、この平家物語にも登場する人物である。 ただし、海野幸長・覚明・西仏を同一人物とする説は伝承のみで、史料的な裏付けはない。 諸本 [ ] (1185年) 現存している諸本は、次の二系統に分けられる。 盲目の僧として知られる琵琶法師(に属する盲人音楽家。 など)が日本各地を巡って口承で伝えてきた 語り本(語り系、当道系とも)の系統に属するもの• 読み物として増補された 読み本(増補系、非当道系とも)系統のもの 語り本系 [ ] 語り本系は八坂流系(城方本)と一方(都方)流系()とに分けられる。 八坂流系諸本は、平家四代の滅亡に終わる、いわゆる「断絶平家」十二巻本である。 一方、一方流系諸本はで海に身を投げながら助けられ、したが念仏三昧に過ごす後日談や、侍女の悲恋の物語である「灌頂巻」の付加に特徴がある。 平曲 [ ] 語り本は当道座に属する盲目の琵琶法師によってを弾きながら語られた。 これを「」と呼ぶ。 ここでいう「語る」とは、節を付けて歌うことで、内容が叙事的なので「歌う」と言わずに「語る」というのである。 これに使われる琵琶を平家琵琶と呼び、構造は楽琵琶と同じで、小型のものが多く用いられる。 なお、近世以降に成立したやでも平家物語に取材した曲が多数作曲されているが、音楽的には全く別のもので、これらを平曲とは呼ばない。 平曲の流派としては当初は八坂流(伝承者は「城」の字を継承)と一方流(伝承者は「一」の字を継承)の2流が存した。 八坂流は早くに衰え、現在ではわずかに「訪月(つきみ)」の一句が伝えられているのみである。 一方流はに前田流と波多野流に分かれた。 波多野流は当初からふるわず、前田流のみ栄えた。 5年()には名人と謳われた(荻野知一検校)が前田流譜本を集大成して『』(へいけまぶし)を完成させ、以後は同書が前田流の定本となった。 後はの庇護を離れた当道座が解体したため、平曲を伝承する者も激減した。 期には宮城県に館山甲午(1894年生~1989年没)、愛知県にの流れを汲む井野川幸次・三品正保・土居崎正富の3検校だけとなり、しかも全段を語れるのはであった館山のみとなっていた。 平曲は国のに選択されて保護の対象となっており、それぞれの弟子が師の芸を伝承している。 2018年(平成30年)時点では三品検校の弟子である今井勉が生存しているだけで、今井に弟子はいない状況である。 平曲にまつわる文化を研究・伝承するため、の薦田治子らにより「平家語り研究会」が2015年に発足。 かつては約200曲あったとされるうち現在まで伝わる8曲の譜や録音の研究、やの演奏家による平曲の公演などを行っている。 平曲の発生として、のの盲目僧まで遡ることが『日本芸能史』等で説かれているが、平曲の音階・譜割から、大原流の(しょうみょう)の影響下に発生したものと考える説が妥当と判断される。 また、平曲は娯楽目的ではなく、鎮魂の目的で語られたということがの日記などで考証されている。 また後世の音楽、芸能に取り入れられていることも多く、ことに()には平家物語に取材した演目が多い。 読み本系 [ ] 読み本系には、延慶本、長門本、などの諸本がある。 従来は、琵琶法師によって広められた語り本系を読み物として見せるために加筆されていったと解釈されてきたが、近年は読み本系(ことに延慶本)の方が語り本系よりも古態を存するという見解の方が有力となってきている。 とはいえ、読み本系の方が語り本系にに比べて事実を正確に伝えているかどうかは別の問題である。 広本系と略本系の関係についても、先後関係は諸説あって不明のままである。 読み本系の中では略本系が語り本と最も近い関係にあることは、『源平闘諍録』の本文中に平曲の曲節に相当する「中音」「初重」が記されていることからも確実視されている。 天草版 [ ] 大英博物館には1592 文禄1 年にポルトガル式ローマ字で書かれた天草版「平家物語」が存在する。 これは、「日本の言葉と歴史を習い知らんと欲する人のために」書かれたとその扉絵に記されている。 刊行本 [ ] 現在入手しやすい版本。 上・下 ・・・ 1959年 上 下 底本:龍谷大学図書館蔵本 覚一本系• 上・下 ・ 1959年 上 下 底本:十二年刊平仮名整版本• 上・下 ・ 岩波書店 1991-1993年 上 下 底本:高野本• 45・46 1994年 1 2 底本:高野本• 42~45 市古貞次 1973-1975年 小学館 1 2 3 4 底本:高野本• 上・中・下 1979-1981年、新装版2016年 上 中 下 底本:蔵本• 全4巻 梶原正昭・山下宏明 1999年 1 2 3 4 底本:高野本• ワイド版 岩波文庫 同上、2008年 1 2 3 4• 上・下 1972年 上 下 底本:流布本・九年刊片仮名交り附訓12行整版本(流布本系)• 巻第一• 祇園精舎、殿上闇討、鱸、禿髪、我身栄花、祗王、二代后、額打論、清水寺炎上、東宮立、殿下乗合、鹿谷、俊寛沙汰、願立、御輿振、内裏炎上• 巻第二• 座主流、一行阿闍梨之沙汰、西光被斬、小教訓、少将乞請、教訓状、烽火之沙汰、大納言流罪、阿古屋之松、大納言死去、徳大寺之沙汰、堂衆合戦、山門滅亡、善光寺炎上、康頼祝言、卒都婆流、蘇武• 巻第三• 赦文、足摺、御産、公卿揃、大塔建立、頼豪、少将都帰、有王、僧都死去、辻風、医師問答、無文、燈炉之沙汰、金渡、法印問答、大臣流罪、行隆之沙汰、法皇被流、城南之離宮• 巻第四• 厳島御幸、還御、源氏揃、鼬之沙汰、信連、競、山門牒状、南都牒状、永僉議、大衆揃、橋合戦、宮御最期、若宮出家、通乗之沙汰、ぬえ、三井寺炎上• 巻第五• 都遷、月見、物怪之沙汰、早馬、朝敵揃、咸陽宮、文覚荒行、勧進帳、文覚被流、福原院宣、富士川、五節之沙汰、都帰、奈良炎上• 巻第六• 新院崩御、紅葉、葵前、小督、廻文、飛脚到来、入道死去、築島、慈心房、祇園女御、嗄声、横田河原合戦• 巻第七• 清水冠者、北国下向、竹生島詣、火打合戦、願書、倶梨迦羅落、篠原合戦、実盛、玄肪、木曾山門牒状、返牒、平家山門連署、主上都落、聖主臨幸、忠度都落、経正都落、青山之沙汰、一門都落、福原落• 巻第八• 山門御幸、名虎、緒環、太宰府落、征夷将軍院宣、猫間、水島合戦、瀬尾最後、室山、鼓判官、法住寺合戦• 巻第九• 生好沙汰、宇治川先陣、河原合戦、木曾最期、樋口被討罰、六ヶ度軍、三草勢揃、三草合戦、老馬、一二之懸、二度之懸、坂落、越中前司最期、忠度最期、重衡生捕、敦盛最期、知章最期、落足、小宰相身投• 巻第十• 首渡、内裏女房、八島院宣、請文、戒文、海道下、千手前、横笛、高野巻、惟盛出家、熊野参詣、惟盛入水、三日平氏、藤戸、大嘗会之沙汰• 巻第十一• 逆櫓、勝浦、嗣信最期、那須与一、弓流、志度合戦、鶏合、壇浦合戦、遠矢、先帝身投、能登殿最期、内侍所都入、剣、一門大路渡、鏡、文之沙汰、副将被斬、腰越、大臣殿被斬、重衡被斬• 巻第十二• 大地震、紺掻之沙汰、平大納言被流、土佐房被斬、判官都落、吉田大納言沙汰、六代、泊瀬六代、六代被斬• 灌頂巻• 女院出家、大原入、、六道之沙汰、女院死去 関連項目 [ ] 人物 [ ]• …の右筆。 これら右筆が書いた合戦記が平家物語に採用されたと見られている。 史料 [ ]• 『』 - 編纂の歴史書。 平家物語と同時期の出来事を含む。 『』 - 同時代の大臣であるの日記。 『』 - による史書。 古典 [ ]• 『』 - 平家物語の一異本。 『』 - 平家物語の一異本。 『』 - 平家物語以前の出来事を描いている。 『』 - 同上。 『』 - の伝説を描く。 源平合戦以前とへの亡命を主に描く。 能 [ ]• 『朝長』• 『熊坂』• 『烏帽子折』• 『七騎落』• 『頼政』• 『実盛』• 『木曽』• 『兼平』• 『小督』• 『経正』• 『忠度』• 『知章』• 『俊寛』• 『俊成忠度』• 『屋島』• 『碇潜』• 『千手』• 『盛久』• 『大原御幸』• 『正尊』• 『吉野静』• 『摂待』• 『大仏供養』• 『二人静』• 『生田敦盛』• 『熊野』 幸若舞 [ ]• 『』・・・が好み、圧倒的少数でに臨む前に決死の覚悟で舞ったという曲。 人形浄瑠璃・古典歌舞伎 [ ]• 『』「俊寛」• 作、4年(1719年)8月大坂竹本座初演• 『』「鮓屋」「吉野山」「四ノ切」• ・三好松洛・合作、4年(1747年)11月大坂竹本座初演• 『』「熊谷陣屋」• ほか作、元年(1751年)11月大坂豊竹座初演 活歴・新歌舞伎・新作歌舞伎 [ ]• 『』「重盛諫言」• 作、9年(1876年)5月東京初演• 『 平家物語 建礼門院』「寂光院」• 『』 (「」所収)• 『現代語訳 平家物語』• 『現代語訳 平家物語』• 『宮尾本 平家物語』• 『双調 平家物語』• 『平家物語』• 『平家物語』• 『吉村昭の平家物語』• 『』 ベンジャミン・ウッドワード 戯曲• 『』 -作品論『平家物語 古典を読む』がある• 『平家物語』 TVドラマ• 『』( :『新・平家物語』)• 『』( - NHK人形劇 原作:吉川英治『新・平家物語』)• 『』(NHK大河ドラマ 原作:宮尾登美子『宮尾本平家物語』ほか)• 『』(NHK大河ドラマ) 映画• 『』(1955年大映)原作:吉川英治、監督:、主演:、、• 『新・平家物語 義仲をめぐる三人の女』(1956年大映)原作:吉川英治 監督: 主演:• 『新・平家物語 静と義経』(1956年大映)原作:吉川英治 監督: 主演: 漫画• 『平家物語』(全3巻、マンガ日本の古典:中央公論新社、)• 『平家物語シリーズ』(全4巻、あすかコミックス:角川書店、)• 『』(全8巻、小学館、) 絵本• 『かえるの平家ものがたり』(2002年、文:日野十成、絵:斉藤隆夫) - 平家は、源氏はとして表現されている テレビゲーム• (1986年、)• (1994年、)• (2003年、)• (2004〜2006年、光栄)• (2005年、) DVD• 原典『平家物語』(2007年〜、) 歌謡曲• 組曲アルバム「平家物語」() パチンコ• CR平家物語() - リーチ時に冒頭部分が背景として登場する、予告に琵琶法師が登場するなど。 その他 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の