阪神 スタメン予想 2020。 阪神の2020年の開幕スタメンオーダーを予想!4番は誰が打つ?

【オリックス】2020年開幕スタメン・先発ローテーション選手予想|アダム・ジョーンズによって打線が繋がるか?【バファローズ】

阪神 スタメン予想 2020

阪神タイガースの開幕スタメン2020予想 阪神タイガースがスタメン・オーダーを組むに当たっては、課題がはっきりしています。 それは、2019年シーズンのセ・リーグワーストの得点力をいかに高めるかということです。 当然のことながら長打力のあるバッターを要所に配したスタメン・オーダーを組む必要があり、新戦力の外国人選手がスタメンの中核を担います。 4番のボーア選手は固定、6番のサンズ選手は福留孝介選手と迷いましたが、長打力優先で開幕スタメンはサンズ選手となりました。 また、一塁手ではマルテ選手も控えており、外国人選手の起用法は難しそうで、しばらくは調子をみて流動的なスタメンになることも予想されます。 阪神タイガースの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。 阪神タイガース開幕スタメン2020予想 1番 中 近本光司(打率. 271 9本 42打点) 2番 二 糸原健斗(打率267 2本 45打点) 3番 右 糸井嘉男(打率. 314 5本 42打点) 4番 一 ボーア(-) 5番 三 大山悠輔(打率258 14本 76打点) 6番 左 サンズ(-) 7番 遊 北條史也(打率. 247 5本 20打点) 8番 捕 梅野 隆太郎(打率266 9本 59打点) 9番 投 西勇輝(10勝8敗 防御率2. 92) 阪神タイガースの開幕投手2020予想 阪神タイガースの開幕投手は、西勇輝投手とすでに発表されています。 5年連続で6度もの不動の開幕投手だったメッセンジャーがいなくなると、開幕投手にふさわしいのはだれかとなると絶対的なエースがいないのも事実です。 そんな中で、2019年シーズン唯一の二桁勝利をあげ安定感があるのが西勇輝投手です。 青柳晃洋投手も候補としては有力でしたが、西勇輝投手が1歩リードといったところでしょう。 スポンサーリンク 阪神タイガースの先発ローテーション2020予想 続いて、阪神タイガースの先発ローテーション2020予想です。 阪神タイガースの2020年シーズンの先発投手は西勇輝投手、青柳晃洋投手、高橋遙人を3本柱として先発ローテーションを組んでいくことが予想されます。 層の薄さは感じませんが絶対的なエースがいないのも懸念材料で、藤浪晋太郎投手のローテーション復帰や新戦力の外国人投手がどれだけローテーション入りするか注目です。 26) その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補 岩田稔(3勝4敗 防御率4. 52) 藤浪晋太郎(0勝0敗 防御率2. 08) スアレス(0勝4敗 防御率5. 74) 中田賢一(0勝0敗 防御率1. 93) 飯田優也(0勝0敗 防御率10. 80) 望月惇志(1勝1敗 防御率4. 02) ガンケル(-) 阪神タイガースの2020年の戦力分析とシーズン展望 阪神タイガースの2020年の戦力を分析すると、まず真っ先に課題としてあげられるのが長打力不足の解消です。 2019年シーズンは防御率がセ・リーグ1位、逆に得点がセ・リーグ最下位(ホームランは下から2位)という結果からホームランを打てる強打者の獲得が急務でした。 そこで獲得したのがボーア選手とサンズ選手で、特に4番に座るボーア選手が期待通りの活躍を見せるかどうかは2020年シーズンの阪神タイガースを大きく左右することになりそうです。 また、投手陣ではメッセンジャー投手、ジョンソン投手、ドリス投手が抜けた穴はやはり大きく、これを新戦力のガンケル投手、エドワーズ投手、スアレス投手が埋めることができるかどうかが阪神タイガース浮沈のもうひとつのカギといえるでしょう。 日本人選手は若手・ベテラン勢ともに頑張っているだけに、2020年の阪神タイガースは投打に渡って新戦力の外国人選手の活躍次第といってもいいでしょう。 チームの浮沈も新戦力の外国人選手が占める部分が大きく、外国人選手がコケればBクラス転落の不安を抱えたシーズンとなりそうです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

2020年プロ野球開幕!ファンゴ的12球団開幕スタメン予想!

阪神 スタメン予想 2020

この記事では 阪神タイガースの2020年開幕投手とスタメンを予想している。 ついでに シーズン開幕戦のカードと日程を確認していく。 2019年シーズンは金本監督から矢野監督へバトンタッチ。 シーズン中は近年の傾向通り下位に沈んでいくのかと思わせる状況になったが、そこから見事混戦をまくり上げてクライマックスシリーズの切符を手にする。 カープを0. 5ゲーム差まくり上げての3位は見事だった。 CSでも横浜を破り巨人とのファイナルステージへ。 もう5試合在れば、もしくはもう5試合早かったら2位になっていただろう。 カープ、ベイスターズ、ドラゴンズ、タイガースの力は終盤拮抗していた。 二年目の矢野監督がこの状態から優勝を果たすことが出来るのか?どのような開幕スタメンを組んでくるかを現時点での情報を元に予想していきたい。 阪神タイガースの2020年開幕予想 主な離脱選手(引退・退団) メッセンジャー投手 鳥谷敬内野手 高橋聡文投手 ソラーテ内野手 メッセンジャー、鳥谷というチームを支えて来た選手の退団は非常に寂しいもの。 ただ30代後半でピークアウトしてるのも事実。 戦力としては難しかった。 助っ人外国人のソラーテは最初輝きを見せたが退団となった。 主戦力であるマルテ・ドリスは残るようだ。 主な新入団選手• 中田賢一• ジャスティン・ボーア内野手• ジョー・ガンゲル投手 ソフトバンクから中田賢一投手が入団。 これには驚いたがウェスタンリーズで最優秀防御率、最高勝率に輝いておりまだまだ力は健在。 得点力アップのためには打てる外国人の補強は急務。 このフレーズは毎年の「恒例行事」と化してしまった感があるが仕方ない。 というわけで今年もMLB通算92本の実績があるジャスティン・ボーア選手の獲得が発表された。 バース級の大砲と言わずゴメスやマートンくらい活躍できる選手が欲しいところ。 2019 3A 防御率3. 80の成績。 先発タイプだと思われる。 阪神タイガースの開幕投手と開幕ローテーション予想 開幕投手は西勇輝 開幕投手はFA二年目となる 西勇輝で間違いないだろう。 序盤は貧打のあおりを受け恐ろしいほどに勝ち星に恵まれなかったが終わってみると26試合登板、10勝8敗、防御率2. 92とFA選手らしい十分な働きをした。 特に投球回172イニングはキャリアハイ。 やはり実績のあるFA選手がその実力を発揮してくれるとプロ野球ファンとしては嬉しくなる。 近年の阪神開幕投手 2014年 能見 2015年 メッセンジャー 2016年 メッセンジャー 2017年 メッセンジャー 2018年 メッセンジャー 2019年 メッセンジャー 開幕投手は引退年の2019年シーズンも含めて長らくメッセンジャーが努めていたが世代交代。 まだ29歳と若く今後数年西投手が務める時代が続くと考えている。 うまく引き継げればなんてロマンを感じてしまう) 開幕ローテーション候補• 西勇輝• 青柳晃洋• ガルシア• 髙橋遥人• 秋山拓巳• 岩田稔• 岩貞祐太• 望月惇志 阪神の強さは投手陣。 鉄壁すぎるリリーフ陣に比べると目立たないが、先発投手陣も強力な投手が揃っている。 筆頭となるのは開幕投手候補にあげた西勇輝。 つづいて青柳の名前は外せない。 この投手、対応されると厳しいかもと考えていたが順調に成績を伸ばしている。 ガルシアは中日から移籍した来たが、安定しない投球があいついで終盤は中継ぎに回ることになった。 以外とハマっていたのはさすがの能力の高さ。 今シーズンは3点台中盤くらいまでの率でローテに食い込んで欲しい。 高橋遥人は日本人左腕先発の軸になると見ている。 CSのベイスターズ戦で見せた速球のキレはすさまじく今後の可能性を感じる投手だ。 ここまでは当確かなと見ている。 続いて復活期待の秋山。 17年シーズンのような投球を見せて欲しい。 岩貞、岩田の左腕組もどちらか食い込んでくるだろう。 また個人的に注目しているのは望月。 高卒ドラ4から成長して先発での出場が中心となった。 CSでは巨人に打ち込まれてしまったが、今後に向けての首脳陣の期待を感じさせる。 ここに藤浪晋太郎の名前があがらないのは残念。 毎年個人的には予想では名前があがる選手だったが、ついに今年は一呼吸置くことにした。 持っているポテンシャルは半端ないが、トレード等で他球団へ送り出すのも一つの手かもしれないと思っている。 もう一人しっかりした先発がいれば投手力では負けることはなくなるだろう。 新外国人獲得の情報が入り次第再整理したい。 阪神タイガースの開幕スタメン予想。 ここからは野手を含めた開幕戦のオーダーを予想する。 (中)近本光司• (遊)木浪聖也• (右)糸井嘉男• (一)ジャスティン・ボーア• (三)大山悠輔• (ニ)糸原健斗• (左)髙山俊• (捕)梅野隆太郎• (投)西勇輝 1番はもちろん近本光司。 昨シーズンはルーキーイヤーにして盗塁王、セ・リーグ新人安打記録の更新と大活躍だった近本。 10代にして驚異的なスラッガーのヤクルト村上がいなければ新人王は確定だった素晴らしい成績。 足だけはなくHRも打てる。 ファンもここまで活躍を予想できた人は少ないだろう。 二年目も継続して活躍して欲しい選手の一人。 遊撃手争いは北条と悩ましいところだが、木浪を上げておく。 二年連続開幕スタメンを勝ち取って欲しい。 3番は糸井。 怪我で離脱があったものの打撃が安定している。 大ベテランの域に差し掛かるがまだまだ衰えた気配はない。 4番はジャスティン・ボーア内野手を暫定的に配置。 比較的大型の契約であるため、まず開幕には使ってくるだろう。 ボーアがいなければ昨シーズンからの流れでマルテの可能性もあると見ていた。 二年目でよりアジャストがすすめば横浜のロペスのようになるかも知れない。 福留孝介を入れるかどうかでオーダーは変わってくるがさすがに2020年は福留がファーストチョイスというはわけにいかない。 高山も新人王の面目躍如ということで復活の兆しが見えている。 福留からレギュラーを奪い取ってほしい。 5番に大山。 ポジションは様々移動させられそうだが、個人的に見たいのはやはりサード。 4番よりも5番~6番タイプの打者だと思う。 もっとしっかりHRを量産できる野手がいればプレッシャーなくやれると思うのだが。 マルテとの競争になると厳しいかも知れない。 捕手は梅野隆太郎で決まり。 2年連続のゴールデングラブ賞で完全にスタメンを掴んだ。 セカンドはキャプテン糸原。 やはり阪神の課題は打力。 糸原が5番を打っていたのは少し苦しかったように見える。 何度も言うようにそして毎年恒例だがドカンとHRを打てる大砲野手が欲しいところ。 鉄壁のリリーフ陣 あとは打力の向上が求められる阪神だが、投手陣、とくにリリーフは盤石。 藤川球児が抑えに返り咲いたが、素晴らしいピッチング。 一時期は届かないだろうと思っていた250Sも現実的になってきた。 ドリスの状況は退団報道が出ては否定されたりで残留の方向らしいが、守護神がどうなるかも楽しみ。 2020年 阪神 開幕戦• 日程:2020年3月20日 金• 球場:神宮球場• 阪神タイガース vs 東京ヤクルトスワローズ 開幕戦は神宮球場のビジター試合から。 実は来年はオリンピックの変則日程の影響もあり神宮の試合は少しレア。 ヤクルトは昨年最下位だったが順位変動の激しいチーム。 高津新監督率いる神宮ヤクルト打線を鉄壁投手陣がきっちりと封じれるかが注目のカード。

次の

【阪神タイガース】開幕スタメン&先発ローテーション・リリーフ予想2020

阪神 スタメン予想 2020

阪神開幕スタメンオーダー予想2020! 投手は藤浪で野手は木浪,北條がレギュラー定着か!? 令和2年になって早数か月。 皆さんは日々どのようにして過ごされていますか。 世間ではコロナウィルスが猛威をふるっていますが、阪神タイガースファンからすれば、今年こそ猛虎打線にこそ、猛威を期待したいでしょう。 矢野新監督の元、最下位からAクラスに浮上した昨年の阪神タイガース。 オリンピックイヤーでもある2020年の今年はどんな成績を残してくれるでしょうか。 ファンからすれば開幕が今か今かと待ち遠しいですよね。 今回は、2019年の振り返りと2020年の開幕オーダー予想並びに投手ローテーションについてまとめてみました。 さて、熱狂的なファンが多い球団として有名な阪神タイガース。 毎年ドラフトや助っ人外国人、FA補強等、ペナントレース以外でもよくニュースになっていますよね。 そんな阪神タイガースは矢野新監督のもと、2019年もAクラス入りを目標に走り出しました。 最終結果は後ほど記載するとして、まずは2019年について振り返っていきましょう。 前年に最下位まで転落してしまった阪神タイガース。 投手陣が踏ん張り切れない試合も多く、また外国人助っ人が軒並み外れてしまったこともあり、打線にも迫力を欠いた1年でしたね。 そこでオフシーズン。 まずは投手陣の補強として、オリックスバファローズからFA宣言をしていた西投手を、中日ドラゴンズを自由契約となったガルシア投手を獲得しました。 本来は藤浪投手をエースに期待したかったですが、あのコントロールでは致し方ありません・・・。 また中継ぎ陣を厚くすべく、ジョンソン投手を獲得し、最下位からの脱出を狙います。 続いて打者の補強。 4番候補として、メジャー球団であるエンゼルスで活躍したマルテ選手を獲得しました。 ただし、ホームランバッターといえるのはこのマルテ選手のみ。 他はドラフト補強にて、即戦力として期待値の高かった好打者タイプの近本選手や木浪選手の補強で終わってしまいました。 正直、この補強だけでは優勝は目指せないのでは・・・と思ったファンも多いでしょう。 実際筆者も厳しいと予想しておりました。 事実阪神タイガースのドラフト採点は軒並み低く、矢野新監督の迷走とまで言われていましたからね。 そんなペナントレース前から評価が低かった阪神タイガーズの開幕オーダーがこちら。 1.木浪 ショート 2.近本 センター 3.糸井 ライト 4.大山 サード 5.福留 レフト 6.ナバーロ ファースト 7.糸原 セカンド 8.梅野 キャッチャー 9.メッセンジャー ピッチャー 驚いたのは新戦力2人がまさかの1、2番コンビ。 3番以降は昨年とほぼ変わらないメンバーで走り出しましたので、よりびっくりしましたよね。 ただ1、2番の2人はオープン戦でも素晴らしい結果を残して開幕を迎えたので、当然と言えるでしょう。 マルテ選手はケガで出遅れてしまいましたが、後半阪神になくてはならない存在になりましたよね。 ピッチャー陣も新戦力の西投手を中心にペナントレースを戦い抜きました。 結果・・・・ なんとクライマックスシリーズ出場圏内の3位に返り咲きました。 前年の最下位から比べると、まずまずの結果ではないでしょうか。 ただし反省点もございます。 ルーキーや助っ人外国人が奮闘する中、中堅とベテランの活躍が今一つだったのが気がかりでした。 まずは開幕を4番サードで迎えた大山選手。 チームトップの14本塁打、打率. 258、76打点をマークしたのは良かったですが、4番としてまだまだ物足りませんよね。 8月以降は4番をマルテ選手に譲るほど、打撃不振にも陥ってしまいました。 また守備ではセ・リーグ最多の20失策を記録してしまう等、まだまだ粗削りと言っていいでしょう。 今後の成長にも期待したいです。 そして、ベテランの福留選手、糸井選手も若干衰えを感じていました。 福留選手はふくらはぎを、糸井選手はひざに爆弾をかかえていることもあり、試合出場も減って結果となってしまいました。 (お互いに100試合ちょっと) 2020年は元気に全試合出場する2人がみたいですよね。 もしくは福留選手、糸井選手に代わるスターが現れることを期待したいです。 阪神開幕スタメンオーダー予想2020!期待の大山、北條、糸原、木浪、助っ人外国人の打順は!? そんな2019年を経て、2020年の阪神タイガースはどのような布陣で開幕を迎えるのか。 まずは2019年-2020年に補強した選手たちを紹介したのち、筆者なりの開幕オーダーを予想していきたいと思います。 まずは無償トレードでソフトバンクから阪神へ移籍した中田投手。 中日・ソフトバンクと2球団をわたり歩きましたが、通算成績は100勝77敗となかなかの成績。 ただし調子の上下が激しく、良い時と悪い時の差が激しいピッチャーでもありました。 投手陣が厚いソフトバンクでは2軍で過ごす時間も増えていたことから、心機一転阪神タイガースへのトレードとなりましたね。 久しぶりのセリーグ復活となりので、ぜひ期待したいところです。 また、助っ人外国人としては、前エンゼルスで活躍したボーア選手、韓国リーグで打点王に輝いたサンズ選手を獲得しました。 得点力不足に悩む阪神タイガースにとっては、長距離砲かつチャンスに強いバッターの補強は当然でしょう。 この2人の活躍にもぜひ期待です。 最後にドラフト会議について触れていきましょう。 正直筆者はびっくりしました。 なんと、1位から5位まで全て高校生。 6位と育成ドラフトで大学生を獲得しましたが、なんと社会人枠は0でした。 昨年までは大学生、もしくは社会人の即戦力の獲得が目立っていた阪神タイガース。 今年以降ののドラフトは育成に切り替えていくという現れといえるでしょう。 2~3年後が楽しみなドラフトになっていますので、筆者も温かい目で見守っていきたいと思います。 阪神開幕スタメンオーダー予想2020! 開幕投手は誰!? そんな楽しみと期待にあふれる2020年の阪神タイガース。 開幕スタメンはどのようになっていくでしょうか。 こればっかりは正直分かりません笑。 ただこれまでの実績や期待も込めて筆者なりに開幕スタメン2020を予想してみました。 それがこちらです。 【開幕スタメンオーダー予想2020】 1.近本 センター 2.糸原 セカンド 3.糸井 ライト 4.ボーア ファースト 5.マルテ サード 6.サンズ レフト 7.梅野 キャッチャー 8.木浪 ショート 9.西 ピッチャー こちらが開幕オーダー予想となります。 残念ながら昨年開幕スタメン入りした大山選手は入らないと予測します。 本当は今年も4番で活躍を期待してますが、獲得した助っ人外国人の活躍次第では意外と外れる可能性もある、ということであえて大胆予想にしてみました。 また潜在能力はピカ一である北條選手もスタメンに連ねるのは難しいでしょう。 その中でセカンドのポジションを糸原選手と上本選手で悩みました。 なぜならば、糸原選手を2番に入れてしまうと1~3番までが全員左打者になってしまうからです・・・。 そのため本当は上本選手を2番に据えたいのですが、ケガの影響もあり、昨年は打率が2割を切っていたことから、糸原選手を据えました。 また打線活性化のため、助っ人外国陣を4~6番まで据えた打線を組みました。 オープン戦の結果次第での入替はあるかと思いますが、チャンスに強いバッターを並べたオーダーになると筆者は予測します。 そして、開幕投手は西投手。 これはほぼ決定と言っても過言ではありません。 昨年はチームの中で唯一2桁勝利をあげ、ローテーションを守り抜きました。 今年もチームのエースとして、大車輪の活躍を期待しましょう。 チームに1人でも安定したエースがいると心強いですよね。 ただし、昨年は西投手以外に貯金を作れる投手がいませんでした。 そのため、ローテーションの選出が難しい・・・。 そんな中で筆者が予測したローテーションはこちらです。 【先発ローテーション予想2020】 1.西投手 2.高橋投手 3.望月投手 4.青柳投手 5.岩貞投手 6.藤浪投手 以上になります。 復活を期待したい岩貞投手、藤浪投手は裏ローテーションに入ることを期待。 (オープン戦でぜひとも良い結果を残してほしい) また将来性豊かな高橋投手、望月投手、青柳投手をローテーションに据えてみました。 特に青柳投手昨年9勝9負と西投手につぐ成績をおさめたので、裏ローテーションの頭として活躍を期待したいです。 続いて中継ぎがこちら。 【中継ぎローテーション予想2020】 1.能見投手 2.秋山投手 3.才木投手 4.中田投手 5.島本投手 6.守屋投手(問題が解決していれば・・・) 7.エドワーズ投手もしくはスアレス投手 6人目としてあげた守屋投手はプライベートで問題を抱えてしまったため、正直難しいかもしれません。 また外国人の登録の関係もあったので、エドワーズ投手やスアレス投手のどちらか1人が中継陣に入ってくるのではないでしょうか。 ちなみに昨年加入したガルシア投手も中継ぎか?とのニュースを見ましたが、あまり期待できないと筆者は思いましたので、あえて入れておりません。 最後に抑えはもちろんこの人。 火の玉ストレートでおなじみの藤川投手。 本当は若手の中継ぎから藤川投手の後継者を作っていきたいところですが、まだまだ現役で頑張ってもらいましょう。 なんたって阪神タイガースは昨年の防御率がセリーグ1位。 打線は新戦力で厚みを加える分、投手陣は昨年同様、今いる人たちで引っ張ってもらいましょう。 目指すは2年続けてのAクラス。 順位は1つあげて2位以上を期待したいところです。 以上、貴重なお時間を割き最後までご高覧いただきまして有難うございました。

次の