生理不順 サプリ。 排卵痛と生理痛と生理前症候群(PMS)の違い:女性だけの辛い悩みにサプリと共に膣トレが良いみたい!

葉酸サプリは生理不順の改善にも効果がある?

生理不順 サプリ

生理中は、大量の出血を伴うこともあり、鉄分サプリを摂取する人もおられるでしょう。 ですが、生理中に鉄分サプリを飲んでもいいのでしょうか。 生理に何か影響が出ることはないのでしょうか? 生理中に特に不足する鉄分 女性は、鉄分不足による貧血になる人が多いのですが、それは生理による出血が大きく影響しています。 血液1mLの中には、およそ0. これでは、貧血になってしまってもおかしくないですよね。 ですから、生理中には鉄分を十分に補給する必要があります。 食事からだけではそれだけの鉄分を補給するのは難しいので、鉄分サプリを積極的に活用した方がいいんです。 生理中に鉄分サプリを摂取する事は、体に良い影響を与えこそすれ、悪い影響を与える事はありません。 生理中に鉄分を飲むと生理に影響がある? 生理中に鉄分のサプリを飲んだ後、経血の量が多かったり、生理の期間が長引いた、などという経験がある人もおられるでしょう。 そのため、『生理中は鉄分サプリを飲むのを控えている』、という人もおられます。 ですが、それは本当に鉄分サプリの影響なのでしょうか。 実際、 生理中の経血の量や生理の期間が鉄分に影響される事はありません。 過剰摂取がそれらを引き起こすこともありますが、それらの現象には、女性ホルモンが影響する事が多く、 鉄分サプリを飲んだ事が原因で起こるものではないのです。 それどころか、女性ホルモンは体内の鉄分とも密接に関係しているので、鉄分のサプリメントを摂取する事で女性ホルモンのバランスが整いやすくなり、生理には良い影響を与える事が多いのです。 鉄分サプリを飲んで経血が増えたり、生理期間が長引いたりするという人は、 ・元々生理不順になりやすい人か、 ・精神的に生理中にサプリメントを飲んでしまってもいいのだろうか、などと不安を抱えているためにそのような状態になっているのでしょう。 摂り過ぎはいけませんが、 生理中に鉄分サプリを飲むことは、決して生理に悪い影響を与えるものではないのです。 ヘム鉄サプリを活用して生理を快適に 最近では、コンビニエンスストアなどにもサプリメントが置いてあり、以前よりも簡単にサプリメントを入手する事が出来るようになりました。 ですから、 ヘム鉄のサプリメントも有効に活用してほしいものです。 ヘム鉄は、レバーや赤身肉などの動物性の食品に含まれている鉄分で、ほうれん草やヒジキなどの植物性の食品に含まれている非ヘム鉄よりも5倍も体に吸収されやすい鉄分です。 ですから、貧血などの鉄不足の症状に悩む人は、ヘム鉄のサプリメントを積極的に活用してください。 カロリーが気になって動物性の食品を摂るのが不安だと言う方も、サプリメントなら気にせずに摂取する事が出来るでしょう。 生理中は、体が冷えたり体を重く感じたりする事が多いと思いますが、これも鉄不足が原因の一つになっています。 生理中に鉄分サプリを飲むことで、これらの症状を和らげることも可能なのです。 生理中だからこそ、鉄分サプリを摂取しましょう。 下記ページでは、ヘム鉄サプリを含む鉄分サプリを20種類比較しランキング化しているので、こちらも参考になさってください。 摂り過ぎには注意! 鉄分サプリは、生理中には特に摂取したいサプリメントですが、摂り過ぎには注意する必要があります。 鉄分は、不足すると貧血などの症状を引き起こしてしまいますが、摂り過ぎても女性ホルモンのバランスが崩れやすくなってしまうのです。 生理中に鉄分サプリを飲んで、経血が増えたり生理期間が長引いてしまうという人の中には、鉄分の取り過ぎが原因になっている場合もあります。 鉄分の過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを崩す他に、嘔吐や下痢、頭痛などの症状が起こったり、過剰摂取の期間が長引くと皮膚の色素沈着や血管、内臓などにダメージを与えたりしてしまう事もあります。 さらに、血管疾患や肝硬変、糖尿病などのリスクも高くなってしまうのです。 鉄分サプリは、用法・用量を守って摂取しましょう。

次の

生理不順に効くサプリランキング【年齢別原因・選び方を徹底調査】

生理不順 サプリ

女性ホルモンの増やし方について紹介します。 女性ホルモンは、女性の体に大きな影響を与えているホルモンで生理や妊娠・出産はもちろん、肌の調子や女性らしい体つきなど、あらゆることに深く関わっています。 この女性ホルモンは、日々の生活や食生活などに影響を受けて減少し不足する場合があります。 女性ホルモンが減り足りなくなると、女性の体には生理不順などさまざまな症状を引き起こしてしまいます。 しかし、女性ホルモンは「食生活」や「生活習慣」を改善することで増やすことが出来ると言われています。 そこで今回は、不足しがちな女性ホルモンの増やし方を紹介します。 生理不順や不妊、更年期の症状でお悩みの方、もっと女性らしく美しくなりたい方、どうぞ参考にしてみてくださいね! スポンサードリンク 女性ホルモンとは 「女性ホルモン」とは一体どのようなものなのでしょうか? 女性ホルモンは、脳の視床下部から指令が出されて、卵巣から分泌されるホルモンです。 女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。 この2つのホルモンが、周期に応じてバランスを保ちながら分泌されています。 エストロゲン エストロゲンは、生理後から排卵期までのあいだのに多く分泌されるホルモンです。 排卵期に向けて異性を惹きつけられるように、キメの整った肌や美しい髪、女性らしいボディラインをもたらします。 また、子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすい環境をつくる働きもあります。 さらに骨の生成にも関わっており、不足すると骨粗鬆症を引き起こす原因となります。 プロゲステロン プロゲステロンは、排卵後から生理までの「黄体期」に多く分泌されるホルモンです。 妊娠を継続するために体温を上げるなど、妊娠・出産に関わる女性の体にはなくてはならないホルモンです。 しかし、むくみや肌荒れ、月経前症候群 PMS を引き起こしたり、精神的に不安定になるなど、ネガティブな一面も。 ホルモンバランスの乱れとは ホルモンバランスは加齢や生活習慣で乱れることがあります。 バランスを保ちながら分泌されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」。 しかし、加齢や過度なストレス、不規則な生活などが原因で、2つのホルモンがしっかり分泌されなくなってしまうことがあります。 これがいわゆる「ホルモンバランスの乱れ」。 これにより、生理不順や不妊、更年期の体調不良、肌荒れや薄毛など、あらゆる症状が引き起こされてしまいます。 女性ホルモンの増やし方 それでは、女性ホルモンの増やし方についてご紹介していきましょう。 参考: 食事に気をつける 女性ホルモンを増やすには、食事に気をつけることが大切です。 インスタント食品やファーストフードなど、栄養バランスの偏った食事はNG! また無理なダイエットで辛い食事制限を続けていると、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。 バランスの良い食事をベースに そこでまずは「バランスのよい食事」をベースにしていきましょう。 次のようなあらゆる食材から体に必要な栄養をまんべんなく摂取することで、女性ホルモンが分泌されやすい健康な体を作りましょう。 ごはん、パンなどの「主食」• 野菜、きのこ、芋類、海藻などを使った「副菜」• 肉、魚、卵、大豆製品などの「主菜」• 牛乳・乳製品• 果物 何をどれだけ食べたらいいのかわからない方は、厚生労働省と農林水産省が決定した「食事バランスガイド」を参考にしてみてくださいね。 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする食品を食べる 「エストロゲン」と似た働きをする成分を含んだ食品を食べることで女性ホルモンを増やす効果が来た出来ます。 バランスの良い食事に加えて、これらの食材を意識して摂取してみるのもおすすめです。 お得におすすめなのが次の食品です。 大豆製品 大豆に含まれる「イソフラボン」は、エストロゲンと似た働きをします。 納豆、豆腐、味噌など日本の食卓にも馴染み深いものばかりで取り入れやすいのもうれしいポイントです。 和食中心の食事を意識して、大豆製品取り入れてみてはいかがでしょうか。 ザクロ ザクロに「植物性エストロゲン」が、エストロゲンと似た働きをします。 多く含まれるのはザクロの種子の部分。 ザクロジュースなどを購入する際は、種子も入っているものを選ぶとよいでしょう。 女性ホルモンを増やすサプリを活用 女性ホルモンを増やすのに効果的なサプリメントを活用するのも効果的です。 主に女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを配合したサプリメントや漢方薬を取り入れたものが発売されています。 参考: ストレスを溜めない 女性ホルモンにとって、ストレスを溜めないことがとても大切です。 女性ホルモンは、脳の視床下部から指令を受けて分泌されるホルモン。 脳が過度なストレスにさらされると、女性ホルモンが上手く分泌されなくなり、女性ホルモンのバランスが崩れて足りなくなってしまうのです。 たとえば過度なストレスで生理が止まってしまうのは、ホルモンバランスの乱れによるものです。 上手にストレスケアをしていくことが、女性ホルモンをしっかり分泌させるためには大切です。 ストレスケアには次のようなものが挙げられます。 あなたにあった方法を見つけて、取り入れてみてくださいね。 質の良い睡眠 質の良い睡眠は、最高のストレスケア方法になります。 日中ストレスにさらされてヒートアップしている脳は、睡眠中にクールダウンされて回復していくのです。 ストレスをたくさん受けた日こそしっかり睡眠をとって、女性ホルモンが分泌しやすい脳に戻してあげましょう。 特にに眠り始めの3時間は、ダメージを受けた細胞を修復してくれる「成長ホルモン」がたくさん分泌される時間です。 22時~2時のいわゆるゴールデンタイムに眠りにつけなくても、深い眠りがとれるように心がけましょう。 そのためには、寝る1時間前にはスマホを使わない、入浴する、部屋を暗くしておくなどしてリラックスすることが大切です。 適度な運動 適度な運動もストレスの解消に効果的です。 なかでもウォーキング、スロージョグ、ヨガ、ゆったりとした水泳などの有酸素運動がおすすめです。 これらは幸せな気持ちにしてくれる「セロトニン」や「エンドルフィン」などの脳内物質が分泌されて、ストレスが緩和されます。 女性ホルモンを増やすためにも、是非、定期的な有酸素運動を取り入れてみてくださいね。 朝日を浴びる 朝日を浴びることもストレスの解消に効果的です。 理由は、脳内物質「セロトニン」。 セロトニンは、運動だけでなく朝日を浴びることでも分泌できます。 費用をかけることもなく、簡単にセロトニンを分泌させることができるのでおすすめです。 普段、寝つきが悪い人も、朝日を浴びた14~16時間後に眠りに誘うホルモン「メラトニン」が分泌されるので、質のよい眠りの確保にも繋がり一石二鳥です。 朝日を浴びて明るい気持ちになって、女性ホルモンが分泌しやすい健やかな体を目指しましょう。 ツボ押しを取りれる 古くから伝わる東洋医学の「ツボ押し」でも、女性ホルモンのバランスを整えることが期待できます。 次に挙げるのは、ホルモンバランスを整えるツボです。 息を吐きながら、ゆっくり指圧してみましょう。 下垂体(かすいたい) 足裏の親指の指紋の中央部分に位置するツボ。 ここは、ホルモンを分泌する脳下垂体の反射区です。 壇中 だんちゅう 左右のバストの中央に位置するツボ。 女性ホルモンの分泌を活性化します。 バストハリをもたせてくれる効果も。 陰交 内くるぶしの上から指4本分上の部分に位置するツボ。 女性ホルモンの分泌を活性化します。 生理痛やむくみのも効果的。 まとめ 女性ホルモンを増やす方法について紹介しますが、いかがでしょうか? 食事法やストレスケア、ツボ押しなど、生活の中のちょっとした工夫で女性ホルモンを分泌しやすい体を作ることができます。

次の

【鉄分】鉄分サプリで長年の生理不順が改善!

生理不順 サプリ

生理前になるとイライラ、うつ気味になる・・・もしかしてPMS・PMDDかも 生理前になるとうつ症状やイライラする・・・そのような症状はもしかしたらPMSやPMDDかもしれません。 PMSやPMDDとは、月経前不快気分症候群といって、生理前の1〜2週間前から起こるイライラやうつなどの不快な症状のことです。 これらの症状はうつとどのような関係があるのでしょうか。 まずはPMSとPMDDについて理解しましょう。 月経前症候群(PMS)とは 月経が始まる1〜2週間前から起こる、乳房が張る、肌が荒れる、むくむ、冷える、頭痛、腰痛がする、イライラする、集中力がなくなる、食欲がなくなる、うつっぽくなるなどの様々な不快症状のことです。 これらの症状は月経開始と共に消失する、周期的な肉体的、精神的症状です。 女性のおよそ50~80%がPMSといわれています。 PMSは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンとプロゲステロンのバランスがうまく取れないことで起こると言われています。 月経前不快気分症候群(PMDD)とは PMSに比べて日常生活に支障をきたすようなメンタル症状が、さらに強いというのが特徴です。 女性のおよそ5%の方がPMDDを経験しているそうです。 症状が起こるまでは普通の生活をしていたのに、PMDDが発症すると、数日間だけ完全に別人のようになってしまいます。 特に酷い人は、自殺まで考えるほど辛い症状が起こるようです。 PMSにしてはメンタル症状がつらいという人は、PMDDの可能性があります。 生理不順は薬の副作用かも PMSやPMDDとは関係ありませんが、うつ症状の治療で精神薬を飲んでいる場合は生理不順が起こることがあるようです。 精神薬の一種である 「ドグマチール」や 「トレドミン」などは、生理不順になる場合があるようです。 副作用とまでは断定できませんが、もしこれらの薬を飲んでいて生理不順になってしまった場合は、主治医に相談してみましょう。 生理前の不調とうつの関係 PMSやPMDDでは、うつ症状によく似た症状や、不安感、イライラ等が起きることが分かりました。 では、これらの症状はうつ病と関係があるのでしょうか? PMSやPMDDは、精神的な不調に分類されることが多いですが、厳密に言うと精神疾患ではありません。 ですので、 うつ病とよく似た症状が現れますが、うつ病ではないのです。 原因としては、女性ホルモンである 「エストロゲン」や 「プロゲステロン」のバランスが崩れてしまうことで、心身に不快な症状が起こります。 これが原因で、脳の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミン等の分泌が減ってしまったり、バランスが崩れてしまうことで、うつ症状やイライラ、不安感などが引き起こされると考えられています。 ですので、生理前の不調やPMS、PMDDについては、一般的に以下のような治療が行われています。 一般的な治療法 PMSやPMDDの一般的な治療手段としては、 低用量ピル、漢方薬、プラセンタ、ホルモン補充療法、SSRIなどの抗うつ剤を用いた薬物療法などがあります。 基本的には、足りなくなっているエストロゲンやプロゲステロン、セロトニン等を薬で補充したり安定させたりする療法です。 これらの治療方法は、「対症療法」と呼ばれていて、足りなくなっているものを補ったり、鎮痛剤で痛みを和らげたり、抗うつ剤でごまかしているだけに過ぎません。 原因となっているホルモンバランスの乱れを体が整えられるようになるわけではないので、死ぬまでずっと治療を続けなければなりません。 根本から解決するには、女性ホルモンのバランスを食から整える事と、イライラや不安を穏やかにする脳の栄養を補給することが一番です。 その為には、どのような食生活やサプリメントを飲めば良いのでしょうか? PMSやPMDDに有効とされている一般的なサプリと、分子整合栄養医学に基づくサプリをご紹介します。 生理前のうつ、PMS・PMDDに効くサプリはある? 生理前のうつやPMS、PMDDは、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンのバランスが崩れてしまうことで起こります。 このため、一般的には女性ホルモンの代わりとして 「大豆イソフラボン」や 「エクオール」などが効果的だとして各社から色々なサプリメントが販売されています。 ですが、これらは上述した一般的な対症療法と同じで、 「足りないから補う」というだけに過ぎません。 サプリなどを摂っている間は調子が戻ったとしても、やめればまた同じ症状で苦しむことになります。 はたして、そんなサプリを飲み続ける事に意味があるのでしょうか? 理想としては、 「これらのサプリを飲まなくても自分の体内でホルモンバランスを整えられること」ですよね。 分子整合栄養医学は、対症療法的にサプリを飲むのでは無く、自力でホルモンバランスを整えられるように、その材料となる様々な栄養を補給する療法です。 つまり、分子整合栄養医学は「対症療法」では無く「根本治療」なのです。 次では、分子整合栄養医学に基づき、PMSやPMDDの原因や、女性ホルモンが何の材料を元に作られていて、どんな食生活や栄養素を取り入れればホルモンのバランスがとれるのか、根本的に治療する方法を解説します。 PMS・PMDDの改善にはコレステロールが重要! PMSやPSMMの原因は、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが深く関わっています。 このエストロゲンやプロゲステロンは、実はコレステロールを原料に作られているのです。 コレステロールと言えば、動脈硬化を引き起こす原因として悪者扱いされていますが、それは大間違いです。 血中のコレステロールの4分の3は、おもに肝臓で合成されています。 コレステロール値を下げようと卵を控えている方も多いかもしれませんが、卵を控えてもコレステロールが下がるというわけではありません。 何かと悪者扱いされているコレステロールですが、私達の体の中ではコレステロールが非常に重要な役割をしています。 その1つが、ホルモンの原材料なのです。 上図は、コレステロールの代謝経路を図にした物です。 私達の体では、 糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素からアセチルCoAに合成され、主に脳や体を動かすエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)の材料として使われています。 そして、アセチル CoAのもう一つの役割が、コレステロールの原料となることです。 このコレステロールは、性ホルモン、ストレスホルモンなどの重要なホルモン合成の出発点となっています。 コレステロールを材料にして作られるホルモンには、血糖値の維持に不可欠な 「コルチゾール」のほか、 「テストステロン」や 「プロゲステロン」などの性ホルモンも含まれます。 ホルモンバランスが乱れている女性の多くは、タンパク質や脂質を摂取するとカロリーオーバーで太るという意識があり、肉や魚、脂肪分を避ける食生活をしがちです。 これはむしろ間違いで、美容やダイエット、更年期障害、PMSやPMDDにはタンパク質と脂質を多く摂取する方が正解なのです。 また、DHEAはエストロゲンの材料になるので、をサプリで補うことも有効です。 ちなみに、 アセチルCoAに最も少ない反応で合成できるのが「脂質」です。 糖質は血糖値スパイクやインスリンの分泌から避けた方が良く、タンパク質はできるだけエネルギー源にならないようにする事が重要です。 つまり、エネルギー源はできるだけ脂質から得るようにするのが理想です。 また、太る原因は糖質の取り過ぎによるものです。 糖質は、体内で使い切れなかった分は脂肪として貯えられ、肥満やメタボリックシンドロームの原因となります。 女性ホルモンのバランスを整えるには、米やパン、うどんやパスタなど糖質が多い物をさけ、肉や魚、大豆などのタンパク質と脂質を多く食べるようにしましょう。 鉄分の補給も重要 PMSやPMDDが原因のうつ症状以外にも、 女性のうつやパニック障害とみられる症状の多くは、鉄欠乏が原因です。 特に月経のある時期の若い女性は、毎月血液と一緒に鉄分を排出していることになり、慢性的な鉄不足に陥っています。 鉄不足かどうかの確認として、健康診断の貧血チェックでは血液中のヘモグロビン値を見ると思いますが、 本当に鉄不足かどうかは「フェリチン値」を図ることが重要です。 フェリチンとは、鉄と結合しているタンパク質の1つです。 貯蔵鉄とも呼ばれ、フェリチン値が低いと 「潜在性鉄欠乏貧血」になります。 鉄分は、血液の主成分以外にも、脳内神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの材料として欠かせない栄養素です。 下図は、うつの改善に必要な脳内神経伝達物質の分解、合成を表した物です。 摂取したタンパク質(プロテイン)が胃酸とカルシウムとビタミンCによって L-グルタミン、L-フェニルアラニン、L-トリプトファンに分解されます。 そこから脳の神経伝達物質であるGABAやドーパミン、セロトニンに合成するためには、ビタミンなどに加え、Fe、つまり鉄が必要になるのです。 鉄が不足していると、自律神経の安定に必要なこれらの神経伝達物質が合成出来なくなり、しいてはうつ症状があらわれるのです。 ですので、エストロゲンやプロゲステロンだけにとらわれず、脳の神経伝達物質であるタンパク質やビタミン、ミネラルの補給に加えて、鉄分も十分に補給するようにしましょう。 うつぬきやでは、鉄分補給のサプリとしてiHarbのサプリをオススメしています。 iHarbはアメリカのサプリ販売サイトですが、日本語や代引きに対応しているので安心して買い物をする事が出来ます。 サプリの品質や含有量、吸収率なども日本製よりアメリカのサプリのほうが進んでいますので、体の栄養を分子レベルで整えるなら、高品質なアメリカのサプリがオススメです。 iHarbが何故おすすめなのかや、具体的な購入方法などは、で解説していますので参考にしてみて下さい。 また、鉄分についてもっと知りたい方は、で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。 タンパク質、ビタミン・ミネラルの補給も同時に 上述したように、タンパク質はうつの改善に必要な脳内神経伝達物質の材料になります。 タンパク質の分解には鉄に加え、ビタミンB群とミネラルが必要になりますので、積極的に摂取しましょう。 女性のタンパク源としてオススメなのが、ソイプロテインです。 ソイプロテインは、大豆を原料としたプロテインで、植物性のタンパク質を多く含んでいます。 大豆には大豆イソフラボンが含まれており、これが女性ホルモンのエストロゲンと構造がそっくり似ています。 これが 女性ホルモンと似た働きをすることでホルモンバランスを整えてくれると言われています。 例えば、月経前にイライラしたり、食欲が増殖したり、心身に不調が出たりするPMSは、エストロゲン過剰なために起こることが多いのですが、こうした場合にも大豆イソフラボンを摂ると、 エストロゲンの受容体にくっついて、エストロゲンの作用を弱めてくれます。 つまり、大豆イソフラボンには、エストロゲンが足りない人にはその作用を強め、エストロゲンが過剰な人にはその作用を弱めてくれる、とてもマイルドな調整作用があるのです。 大豆イソフラボンは、構造がエストロゲンに似ていることから、女性ホルモンが関与しているがんの発症や再発のリスクをあげるという情報もありますが、そのようなことはありません。 大規模臨床試験でも、ホルモンの感受性に関わらず、大豆摂取が乳がんによる死亡と再発を抑制してくれることが分かっています。 ですので、タンパク質の補給はソイプロテインがオススメです。 同時に、ビタミン、ミネラルを摂ることで、脳の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミン、GABAなどの分泌を整える事が出来ます。 脳の神経伝達物質の分泌が整えば、自律神経が整いますので、イライラや不安感、うつ症状などの改善が見込めます。 薬や対症療法に頼らずに生理前のうつ症状を改善するには、このような体と心を作っている材料を積極的に摂取する必要があるのです。 具体的にどのプロテインやビタミン、ミネラルを飲んだら良いのかについてですが、うつぬきやではiHarbのサプリをオススメしています。 以下のリンクから、うつぬきやがオススメしているプロテインとビタミン、ミネラルのサプリをまとめて購入することが出来ますので、是非活用して下さいね。 生理前のうつやイライラ、不安には何のサプリを飲めばいい?まとめ 以上が、PMSとPMDDの原因と、分子整合栄養医学に基づくサプリで根本的に解決する方法でした。 ここまでの流れをまとめると・・・• PMS・PMDDは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランス悪化で起こる• 特に、PMSはエストロゲン過剰になると起きやすい• PMSの改善には、ソイプロテインとコレステロールが重要• 月経で鉄分が失われるとうつ症状を引き起こすので、鉄分の補給を心がける• タンパク質も脳の神経伝達物質の材料になってうつ症状を和らげる• タンパク質の分解、合成にはビタミンとミネラルが必要 というような感じです。 PMSやPMDDで悩まされている方は、ダイエットと思って肉や魚、油などの脂肪を避けていませんでしたか? 実は、間違った食生活やダイエットが女性ホルモンのバランスを乱し、PMSが発症する主な原因なのです。 コレステロールなどは悪者扱いされていますが、むしろホルモンの原料となるので積極的に摂取すべき栄養素です。 このように、元の原因が分かり、食生活を改善していけば、ホルモン補充療法や抗うつ剤などを服薬しなくても十分に改善していくことが出来ます。 ただ、質的栄養失調を改善するには今回ご紹介したサプリ以外にも、まだまだあります。 このページで紹介している物はほんの一部だと思って下さい。 もっと詳しく質的栄養失調を改善する方法は、下記の 「うつぬき完全攻略マニュアル」で紹介しています。 PMSやPMDDを引き起こしている質的栄養失調にも有効な方法が書かれていますので、是非参考にして下さい。 今なら無料でプレゼントしています。 オーソモレキュラー療法特別割引会員募集中! うつぬきやではうつ病に効果的なサプリとしてアイハーブをご紹介しておりますが、 これはあくまで他になにも疾病が無い方に限られます。 例えば、腸から栄養が漏れでてしまうリーキーガット症候群や更年期障害、PMSなどの疾病を抱えている方は、このような市販品を服用するよりも、 きちんと医療機関で血液検査を受けた後、医師の判断によって医療用サプリを処方して貰うことがオススメです。 このような療法を オーソモレキュラー療法と言いますが、うつぬきやから申し込んで頂いた方は、 なんと血液検査が1万円、医療用サプリはすべて30%OFFにてご提供することが可能です!詳細は以下のページからご確認ください。

次の