ヒブワクチン。 ヒブワクチン|予防接種の概要、接種時期、接種できる条件、副反応について|母子のための病気の教科書

Hibワクチン定期接種化に至るまでの経緯と小児ワクチン接種の現状

ヒブワクチン

ヒブ(Hib)ワクチンの接種のご案内 Hib(ヒブ)予防接種とは、インフルエンザ菌b型の略称であるHib(ヒブ)から感染を防ぐワクチンです。 予防接種は生後2か月から接種ができます。 生後2~6か月で開始した場合、27~56日の間隔で3回接種し、3回目から7か月~13か月後に1回の追加接種をして合計4回接種となります。 生後7か月~1歳未満で開始した場合は、初回2回(27~56日の間隔)接種後、7か月~13か月後に追加接種1回をして合計3回接種となります。 1歳以上5歳未満までは通常1回接種となります。 ヒブ(Hib)による症状 ヒブ(Hib)はインフルエンザ菌b型の略称ですが、冬場に流行するインフルエンザとは異なるものであり、細菌による飛沫感染で、肺炎や喉頭蓋炎、敗血症、細菌性髄膜炎などを起こすことがあります。 中でも、脳や脊髄を包んでいる髄膜という膜に感染することによって起こるヒブ髄膜炎は、乳幼児が感染すると治療を受けても約5%が死亡し、約25%が発育障害(知能障害)や聴力障害、てんかんなどの後遺症が残る恐ろしい病気です。 最近はヒブ(Hib)の耐性菌が増えているため、ワクチン接種による予防が効果的です。 予防接種の効果 体内に免疫ができると、細菌性髄膜炎の原因の約60%と言われるヒブ髄膜炎を始め、ヒブ(Hib)が原因の肺炎や喉頭蓋炎、敗血症などを防ぐことができます。 また、ヒブ(Hib)は5歳未満の乳幼児がかかりやすく、重症化もしやすいため、早めの接種が効果的です。 副反応について (1)主な副反応 ヒブ(Hib)ワクチンの副反応として、以下の表のような症状が現れることがあります。 なお、これらの症状は、接種後数日の間に多く見られますが、通常数日程度で治ります。 副反応の頻度 副反応の頻度 症状 5%以上 注射部分の赤み・腫れ・しこり・痛み、胃腸症状(食欲不振、下痢、嘔吐など)、不機嫌、不眠 0. 1~5%未満 じんましん、発疹、軽い意識混濁、神経過敏、異常号泣、口唇変色、咳、鼻炎、鼻出血、発熱、血色不良、結膜炎、皮膚が膨らむ 頻度不明 注射部分のピリピリ感・ムズムズ感・炎症、かゆみ、顔面・のど・下半身のむくみ (2)重い副反応 ヒブ(Hib)ワクチンの重い副反応として、まれにアナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難、顔面・のど・血管のむくみなど)が現れることがあります。 接種時期 生後2か月~5歳未満の方。 ただし、接種開始月齢によって接種回数、接種間隔が異なります。 生後2か月~6か月(推奨年齢)で初回接種を行なう場合、十分な予防効果を得るため、4回の接種が必要です。 生後7か月~11か月で初回接種を行なう場合、十分な予防効果を得るため、3回の接種が必要です。 生後12か月~4歳で初回接種を行なう場合、必要接種回数は1回になります。 接種費用 無料。 持ち物• 母子健康手帳• 住所、年齢、氏名が確認できるもの(健康保険証等)• また、保健所感染症対策課、各区保健福祉センター健康課にもおいてありますし、下のリンクからダウンロードしてお使いいただくこともできます。 保護者以外の方が連れていく場合はが必要となります。 接種にあたっての注意事項 予防接種の実施においては、体調の良い日に行うことが原則です。 お子様の健康状態が良好でない場合には、かかりつけ医等に相談の上、接種するか否かを決めてください。 また、以下の場合には予防接種を受けることができません。 明らかに発熱(通常37. 5度以上をいいます)がある場合• 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合• 受けるべき予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある場合• 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する場合及び免疫抑制をきたす治療を受けている場合• その他、医師が不適当な状態と判断した場合 予防接種を受けた後の一般的な注意事項• 予防接種を受けた後30分間は、医療機関でお子様の様子を観察するか、医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。 急な副反応がこの間に起こることがあります。 接種後、1週間は副反応の出現に注意しましょう。 接種部位は清潔に保ちましょう。 入浴は差し支えありませんが、接種部位をこするのはやめましょう。 接種当日は、激しい運動は避けましょう。 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。 接種医療機関 千葉市が指定する接種協力医療機関で受けることができます。 協力医療機関はの「実施方法」の中に一覧表へのリンクがあります。 予防接種による健康被害救済制度について 定期の予防接種によって引き起こされた重篤な副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。 健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金、葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。 死亡一時金、葬祭料以外については、治療が終了する又は障害が治癒する期間まで支給されます。 ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因(予防接種をする前あるいは後に紛れ込んだ感染症あるいは別の原因等)によるものなのかの因果関係を、予防接種・感染症医療・法律等、各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合に補償を受けることができます。

次の

ヒブワクチン

ヒブワクチン

定期接種とされている予防接種についてのまとめ、第二回です。 ワクチンそれ自体の予防効果の是非についてはシリーズ一番最後に触れさせていただき、それぞれのワクチンについての情報は現在の仮説が正しいとした場合でお話させていただきます。 ヒブ 2013年より定期接種化。 ・ヒブ(Hib、b型インフルエンザ菌)の感染経路 インフルエンザ菌と名前がついていますが、私達がよく知っているインフルエンザとは全く別物です。 ヒブは多くの人の鼻やのどにすみついている 「常在菌」です。 抵抗力が落ちたときに発病すると言われ、ほとんどの子どもはいつのまにか感染(不顕性感染)、発症しているケースが多いです。 生まれたばかりの赤ちゃんは無菌ですが、飛沫感染・接触感染で保菌するようになります。 Sponsored Link ・感染したらどうなる? ヒブに感染しても、そのほとんどは無症状ですが、一部の人では重症の感染症を起こす場合があります(引用元:感染症情報センター(2012年12月)) Hib髄膜炎はワクチン導入前の時点で、5才未満乳幼児2. 000人に1人が発症していました。 患者の5%が死亡、25%に運動麻痺・精神遅滞・難聴・てんかんなどの後遺症が残ります。 患者の5%が死亡というととてもこわい印象になりますが、「患者全体が2000人に一人」で、その中の5%が死亡、25%が後遺症ということです。 すると 5歳未満乳幼児全体の中でHib髄膜炎で死亡する確率は4万人に1人になります。 5 1 100 = 20 200000 40000 ・副反応の報告 2012年5月までに、ヒブワクチンと肺炎球菌の同時接種で13人、ヒブ単独接種で3人死亡しています。 しかし、ほかに原因が見つからないのに、原因不明とか調査中とか、乳幼児突然死症候群の紛れこみ事故としてかたづけられ、副反応とはなかなか認定してくれません。 (引用:『新・予防接種へ行く前にー改定新装版』 例として、「平成25年3月11日の副反応検討会の資料1ー6」を掲載いたします。 保護者としてはワクチンが原因としか思えないような状況であっても、副反応として認められるのはごく一部であることがおわかりいただけるかと思います。 このような評価をもとに、私達に安全なワクチンと宣伝されています。 具体的な数値をみるため、厚生労働省HPより一番最近の副反応報告数の資料の一部を抜粋して掲載致します。 重篤な副反応数は10万分の1~3程度となっています。 Sponsored Link ・予防効果 Hib感染症の法律に基づく届出は2013年4月から開始されたため、それ以前の発生状況についての国の統計はありません。 しかしながら、ワクチン導入後に疾患率の減少はみられるとのことです。 参考に厚生労働省の「Hibワクチンに関するファクトシート」の一部を抜粋して掲載いたします。 諸外国におけるワクチン導入前と後の疾患率の変化になります。 シリーズ一番最後のまとめでも触れさせていただくつもりですが、その点、ワクチンの効果というのはなかなか証明が難しいものです。 接種をした人間が発症しているのか?という点では、 2010~12年の厚労省「庵原・神谷班」の調査では、接種後にヒブ侵襲性感染症に13例かかっています。 引用:『新・予防接種へ行く前に~改訂新装版』 ということです。 全体の感染者が減っているから効果があるはずだ!という推定をワクチンの根拠としており、実際の疫学的証明はありません。 重症化をふせぐのがワクチンだと言われていますが、ヒブは常在菌であるため殆どの人は菌を保有しています。 その中で発症するのは一部の人です。 そしてその一部の人が重症患者です。 だとしたら打ったらゼロになって然るべきなのでは?と保護者の一人としては感じます。 ヒブワクチンまとめ Hib髄膜炎で4万人に1人が死亡、8000人に1人が後遺症。 対して副反応では重篤なものが10万人に1~3人。 …とすると、ワクチンの効果があるならば打つ意義はある…となるのですが、前述の通り、打ってもかかっているのと、その被験者の数がわからないので効果が不明です。 予防接種は保護者次第です。 保護者の同意がなければ受けることは出来ません。 以上の資料だけでなく、是非もっと色々なものでも勉強して判断していただければと思います。 今回はヒブワクチンについてでした。 次回へ続く。 Sponsored Link.

次の

ワクチンの副作用がこわい?危険?効果は本当?まとめ②ヒブ

ヒブワクチン

細菌性髄膜炎はかかった子どもの半数以上が0歳の赤ちゃんです。 病気が重いだけでなく早期診断が難しく、抗生物質(抗菌剤)が効かない菌も多いので、必ず生後2か月から小児用肺炎球菌ワクチンと同時接種で受けましょう。 0歳児はほかにも接種が必要なワクチンが多数ありますので、生後2か月になったら、B型肝炎、ロタウイルス、小児用肺炎球菌ワクチンなどと同時接種で受けることをおすすめします。 生後6か月以降の赤ちゃんに、ヒブによる細菌性髄膜炎が増えてきます。 それまでに必要な免疫をつけておくために、生後2か月から、初回3回を6か月までに受けるようにしましょう。 また、1歳代に追加接種を受けませんと、効果が長続きしません。 細菌性髄膜炎はかかった子どもの半数以上が0歳の赤ちゃんです。 必要接種回数が減る1歳まで待つことはおすすめできません。 必ず生後2か月過ぎから、スケジュール通りに受けてください。 ヒブワクチンはWHO(世界保健機関)が最重要ワクチンの一つとして、すべての国で定期接種にすべきだと勧告しているものです。 スケジュールを立てる時のポイント.

次の