甘露 寺 炭 治郎。 「鬼滅の刃」198話ネタバレ・・・甘露寺の叫びと小芭内の覚悟について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

甘露寺と伊黒が無惨との戦いで死亡!一目惚れや二人の関係性について解説|鬼滅の刃.info

甘露 寺 炭 治郎

吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』には、炭治郎、禰󠄀豆子、善逸、伊之助という主要キャラ4人のほかに、「柱」と呼ばれる9人の魅力的な剣士たちが登場する。 鬼狩りの組織「鬼殺隊」隊士の最高位である彼らは、それぞれ、「日の呼吸」を起源とする「水の呼吸」や「炎の呼吸」といった独自の呼吸法と、名匠たちが鍛え上げた「日輪刀」という刀を操り、鬼舞辻無惨配下の鬼どもを狩っている。 甘露寺蜜璃の強みは「惚れっぽさ」? 9人の「柱」たちには、それぞれの呼吸法にもとづいた肩書きがついており、たとえば「水の呼吸」の遣い手は「水柱」、「炎の呼吸」の遣い手は「炎(えん)柱」と呼ばれている。 基本的にはいま挙げたような水や炎、あるいは風や岩といった自然の力をもちいた呼吸法が多いが、中には「恋」という、敵を倒す技としてはかなり異質な呼吸法を遣う者もいる。 それが「恋柱」の甘露寺蜜璃である。 常人の8倍の筋肉の密度を持つ甘露寺蜜璃は、極めて薄く柔らかい、「長刀」というよりはほとんど「鞭」といっていいような奇怪な日輪刀を自在に操る。 かつて、その「体質」のせいで見合いを断られ、恋愛に対して疑問を持つようになった彼女の鬼殺隊入隊の動機はなんと、「添い遂げる殿方を見つけるため」。 そのせいか、「カッコイイ」と思う相手に対しては、(同性の胡蝶しのぶに対してまで)いちいち「キュン」ときたりしているが、この「惚れっぽさ」こそが、彼女の最大の強みなのかもしれない(そのわけについてはのちほど書く)。 また、とにかく明るい性格の持ち主で、実はそれ自体が隊のためになっているともいえるだろう。 なぜならばほかの「柱」の多くは、過去に大切な人を鬼に殺された辛い過去を持っており、そうした人間は必然的にどこか暗い性格にならざるをえない。 そんななか、底抜けに明るい、そしていい意味で「普通の」女性である彼女の存在は、ほかの「柱」たちのともすれば暗くなりがちな心を照らす、あたたかい陽の光のようなものだといっていい。 この戦いに途中から加わった彼女は、半天狗の分裂体「憎珀天」の攻撃におされ、気を失って一瞬走馬灯を見る。 だが、そのとき、炭治郎たち後輩が命がけで助けに入ることで、意識を取り戻す。 炭治郎は叫ぶ。 「甘露寺さんを守るんだ!! 一番可能性のあるこの人が希望の光だ!! この言葉が蜜璃に勇気を与え、彼女はいままで以上の壮絶なパワーを出して、憎珀天と対等の戦いを見せていく。 いずれにしても、このときの彼女の強さの原動力になったのは、「柱」である自分を守るなどといっている愛しい後輩たちを逆に守らないといけないという強い想いであり、この、「誰かを愛しく想う」という、人間であれば誰しも持っている感情を戦闘の技に転じることこそが、「恋の呼吸」の極意なのではないだろうか。 そう、先ほど「惚れっぽい」と蜜璃のことを評したが、それは別に悪い意味でいったのではなく、彼女がすぐに誰かに「キュン」となるのは、それだけ数多くの人を守りたいと思っている「大きな愛」の表われだといっていいだろう。

次の

甘露寺に囁かれて炭治郎が鼻血を出す?なぜ真面目な彼がドキドキしたのか解説|鬼滅の刃.info

甘露 寺 炭 治郎

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】なぜ蜜璃だけセクシーな服? 恋柱・甘露寺蜜璃の隊服は胸元が大きく開いていて、下はミニスカートです。 蟲柱・胡蝶しのぶの隊服に比べて激しく露出しています。 蜜璃は隊服を受け取った際にサイズが違っていると抗議しましたが、縫製係の前田まさおがカンペキだといって話を聞いてもくれませんでした。 女の子はみんなそうなのかなと仕方がないと我慢していたのですが、しのぶと会った時にしのぶは普通の形の隊服を着ていたので、なぜその形なのか聞いてみると、 しのぶも初めは蜜璃と同じ露出の多い隊服を渡されていました。 でもその隊服は 前田さんの前で油をかけて燃やしましたと言われました。 蜜璃は さすがに燃やすことは出来ないと思ったのか、そのまま今でも着用しています。 スポンサーリンク まとめ 甘露寺蜜瑠は明るくて優しい女性です。 鬼殺隊にしては珍しく、 暗い過去やトラウマのない人だと思っていましたが、意外な過去がありました。 こんなにかわいいのに、 縁談を断られていたのです。 その理由が、生まれつきの特異体質の持ち主で、筋肉の密度が普通の人の8倍もあるため、怪力と言っていいくらい力があるのです。 そのため体格や生きていくだけでもエネルギーが必要で、おすもうさん3人分より食べるのです。 そして 鬼殺隊には婚活目的で入隊しました。 それで入隊出来てしまうのが素晴らしいですが、さらに次の目標が、自分より強い人がタイプの甘露寺は、強いと言えば柱、でもなかなか会えないから自分も柱になっちゃおうと柱を目標に努力しました。 そして実際になってしまったのです。 今は 伊黒と文通をしているようです。 元々鬼に恨みを持たずに入隊しているので禰豆子にも優しいです。 これからも優しいお姉さんでいてください。

次の

「鬼滅の刃」198話ネタバレ・・・甘露寺の叫びと小芭内の覚悟について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

甘露 寺 炭 治郎

甘露寺と伊黒が死亡!? 鬼殺隊に抑えられ、日光を浴び続ける。 膨張したり、地面に潜ろうとしたり、どうにか日光を浴びないようにしていました。 しかしその努力も虚しく、 日の光を遮ることはできずに無惨は死亡。 ついに無惨死亡か そのまま塵になってくれ — 満足同盟のじろー sinkuro5ds ようやく無惨が死んだことで、産屋敷輝利哉や鬼殺隊の隊士たちが涙を流しながら喜んでいました。 ですが、この勝利の代償は大きく、 柱や鬼殺隊の多くが瀕死の状態です。 まだ動ける鬼殺隊は、ボロボロのけが人の手当てをしにいきます。 >> 甘露寺と伊黒の最後に感動 鬼舞辻無惨を倒すために全力を尽くしたと伊黒小芭内。 甘露寺は、伊黒の腕の中で目を覚まします。 この戦いによって両腕を無くしてしまい、 甘露寺は体の痛みをほとんど感じず死が近いことを悟っていました。 そして、それは伊黒も同じです。 甘露寺はどんなに辛いことがあっても常に笑顔でいて、「 たくさんの人の心を救済している」と。 そんな優しい言葉をかけてくれる伊黒に、彼女も救われていたのでしょう。 >> 伊黒と甘露寺の二人は、「また人間に生まれ変われたら結婚しよう」と約束したシーンは本当に感動しました。 誰もが幸せになることを願っていた二人でしたが、心で繋がったことは救われたはずです。 結婚はできなかったにしろ、最高のラストだったのではないでしょうか。 甘露寺と伊黒の関係性は? 188話にて、蛇柱の伊黒が甘露寺蜜璃のことが好きだったことが明かされました。 甘露寺と文通を行っていたり、靴下をプレゼントするなど親密な関係だったそうです。 ちなみに伊黒が恋に落ちた理由は、 甘露寺に「一目惚れ」だったとのこと。 普段はクールで、他の鬼殺隊士に対して一切の信用を許さなかった伊黒。 そんな彼が、まさか「一目惚れ」だったなんて人間らしさが感じられて良いですよね。 甘露寺と仲良くしていた炭治郎に嫉妬 柱による隊士の訓練では、甘露寺と仲良くしていたに嫉妬し、かなり厳しく当たっていました。 おそらく甘露寺が炭治郎と稽古していたときの様子を手紙に書いたのかも知れません。 好きな人と仲の良い14歳にゴリゴリに嫉妬する伊黒小芭内見て。 炭治郎に嫉妬しているのがバレバレだし、ちょっとストーカー気質ですよね。 それほど二人は仲が良いということなのでしょう。 伊黒は好意を伝えるつもりはなかった 恋柱の甘露寺と文通したり、靴下をプレゼントするほどベタ惚れの伊黒。 しかし伊黒は自身が「汚れた一族」であることから、甘露寺の傍にいることにずっと抵抗を感じていたのです。 鬼舞辻無惨を倒して死亡し、 汚れた一族の血を浄化できるまで彼女に好意を伝えないと決意していました。 鬼滅の考察見ててんけどさ、伊黒さんの方は好きってゆうのを伝えてなくて穢れた一族に生まれたから来世で伝えるってゆうの最後まで守ってるのを見て泣きそうなったわ。 ここで甘露寺と伊黒は、お互いに好意を伝え合い、 来世で結婚することを誓って死亡します。 悲しい結末でしたが、好意を伝えないと決意していた伊黒にとっては、良い最後だったといえるでしょう。 甘露寺と伊黒の死亡に対してネットの反応は? そんな甘露寺と伊黒の死亡に対して、ネットの反応はどうなのでしょうか? このシーン、伊黒死亡の可能性高そうだけどもし伊黒も甘露寺も生き残ったとしたら 伊黒「甘露寺、俺は汚い。 だから俺は甘露寺のそばにいられない。 」 甘露寺「私は伊黒さんがどんな人だろうと一緒にいたいです。 告白できたのは良かったですが、死亡してしまった結末は悲しいし、無惨を倒した代償は大きいです。

次の