泡ハイター。 キッチンハイターの使い方|液体と泡を使い分けて上手に除菌・漂白を

ハイター・キッチンハイターでの次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

泡ハイター

キッチン周りで使う洗剤にはいろいろありますが、そのなかでもキッチンハイターは 除菌力・漂白力に優れた洗剤です。 台所洗剤とスポンジを使っても落ちない 黒ずみや茶渋などの漂白のほか、雑菌の臭いが気になる ふきんやまな板などの除菌に大活躍します。 使える用途としては、 「色柄がないふきんやおしぼり、プラスチック製品、シリコン製品、ナイロン製品、人工大理石、陶器、ガラス器、木・竹製品」と表記されており、キッチンで使うものにはだいたい活用できます。 ただ、金属製品には使用できないため、 金属製のザルや包丁など金属製の調理器具には使わないでください。 ほかにも「色物・柄物の布製品、メラミン食器、漆器、獣毛のハケ、水洗いできない製品や場所、食品、塩素系は使えないと表示にあるもの」には使用できませんので、気をつけてくださいね。 キッチンハイターの上手な使い方は? ふきんやおしぼりなどの除菌・漂白・消臭 洗い桶に水を張って漂白剤を溶かし、そこにつけおきします。 汚れがひどいときやしっかり漂白したいときは約30分つけおきしてから水ですすぐ。 まな板、食器、マグカップ、お弁当箱などの除菌・漂白・消臭 こちらも同じく洗い桶に水を張ってつけおきします。 きちんと浸るように深めの桶を使いましょう。 汚れがひどいときやしっかり漂白したいときは約30分つけおきしてから水ですすぐ。 冷蔵庫内の除菌・消臭 つけ置きできない場所には、キッチンハイターを溶かして作った洗浄液で拭き掃除する方法もあります。 仕上げに水ぶきすれば完了です。 排水口の部品や三角コーナーのように 汚れがひどいものは洗い桶を使わず、ビニール袋を活用する方法もあります。 ビニール袋に汚れ物を入れて水とキッチンハイターを入れ口をしばって振り洗いすればスッキリ汚れを落とせます。 キッチンハイターには泡出でるタイプのキッチン泡ハイターもあります。 同じ成分なので、除菌・消臭・漂白の効果に違いはありませんが、使える用途が広がります。 使えるものとして 「まな板、包丁、食器(茶碗、湯飲み、カップ)、きゅうす、水筒、タンブラー、マグカップ、お弁当箱、シンク、排水口のごみ受け、三角コーナー、洗い桶、水きりカゴなど」とあるように、キッチンハイターとは違い、泡ハイターならステンレス製の金属製品に使えます。 これはつけおきせずに吹き付けてすぐ水ですすぐ使い方をするからなんです。 泡タイプは トリガーを引いて泡を吹き付けて使うので、手軽に使えます。 液体タイプはたくさんの量を一度につけおきしたいときに使い、泡タイプは細々した汚れをちょこっと掃除したいときに使うようにするといいですよ。 キッチン泡ハイターの使い方 単品で使う キッチンハイターは酸性洗剤と混ざると有害ガスを発生させます。 生ゴミ、アルコール、食酢などと混ざっても危険なので、ほかのものと混ざらないように使ってください。 手袋をつける キッチンハイターは身体につくとタンパク質を分解して肌が荒れる原因になります。 皮膚についたときは水でしっかりと洗い流してください。 また、目に入ると失明の危険もあるので注意してください。 換気をする キッチンハイターの蒸気を吸い込んでしまうと気分を悪くすることがあります。 体調のことを考えて必ず使用するときは風通しをよくしてください。 材質が不明なものは調べてから 材質が不明なものに使うと変色するなどのトラブルの原因になります。 材質がわからないときは見えにくい場所につけて変化がないかを確かめてから使いましょう。 キッチンハイターは水回りの最強洗剤!.

次の

ハイター・キッチンハイターでの次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

泡ハイター

こんにちは、なかでじたる()です。 普段は都内の整骨院で勤務する20代の男です。 このブログでは整骨院に関する悩みや疑問を働く人間の視点から解説したり、家庭で起きた事を中心に書いています。 また現在妻が妊娠13週目なので、妊娠や妊婦さん、育児についても勉強中でそういったことも発信しています。 長きに渡る自粛生活で家にいることが多くなっていたので、普段やらないところの掃除に目覚めました。 特に水回りです。 排水口のヌメリや黒カビ、水筒の黒ずみなど。 こういったものをキレイに掃除しようということで、 今更ですが「キッチン泡ハイター」を使って掃除したら凄すぎたのでそのレビューをしたいと思います。 ということで今回の記事は「 キッチン泡ハイターの効果がすごい!水筒にも使える!」についてです。 キッチン泡ハイターってなに? 塩素系漂白剤のひとつです。 排水口のヌメリや黒カビ、雑菌の繁殖による汚れを簡単に落とせるのがポイントです。 まさに汚れに特化した商品。 除菌・消臭・漂白の3つの効果を期待して使うなら間違い無いと思います。 最近のCMでは「キッチン泡ハイター」をよく目にしますが、「キッチンハイター」というものもあり2種類の用意があります。 液体タイプのキッチンハイター こちらは 液体タイプで非常に濃いので、水で薄めて使うものになります。 漂白には30分以上かかるため、ステンレス製品に使うと内部に成分が浸透し、腐食や偏食の原因になります。 また、水筒など直接口にするものは内部に染み込んだキッチンハイターが溶け出し体内に入ることがあるのでそういった物への使用はオススメできません。 排水口やキッチンのシンクなどに使うと良いと思います。 リンク 使用時の注意点 こういう薬品系を使うときは、必ず守るべき注意点があります。 手袋を使って、直接肌に触れない様にしましょう。 もし付着した時は水でしっかり洗い流してください。 ヌルヌル感が取れなくて心配になるでしょうが、しっかり洗い流すことができれば大丈夫です。 しかし、 目に入った際は注意が必要です。 そのままにしておくと 失明の危険性もあるので、眼鏡やゴーグルなどを装着しておくことをオススメします。 念には念をということですね。 実際に使ってみた ということで実際に水筒に使ってみました。 先に言いますとコレ、凄すぎます(笑) 普通の洗剤でゴシゴシ洗っても取れなかった茶渋や黒ずみが数分で消え去りました。 被験体はこちら。 数年前に買って愛用しているスターバックスのステンレス製タンブラーです。 スタバのタンブラーは何本か持っていますが、一番年季の入った物でやってみます。 コーヒーはもちろんですがお茶も入れて使っていると色が移ってくすんだ様になるんですよね。 ちょっと汚いですが、こんな感じで飲み口が黒くなっています。 一応、スプレータイプの洗剤とか使っているんですがなかなか落ち切らないのが現状です。 オレンジ色に黒はよく映えます(笑) 続いては水筒本体です。 入り口を中心に黄土色になりくすんでしまっています。 正直飲むときには全く影響はないですが、なんとなく見た目が嫌です。 たまにスタバにタンブラーを持っていくんですが、これを出すのは少々恥ずかしいですからね。 これらの汚れが3分ちょいつけ置きしてどうなったのかお見せしましょう! すごくないですか!? 見比べてもらえれば分かると思いますが、めっちゃキレイになりました!! あれだけあったくすんだ色もなくなり、むしろオレンジ色がよりキレイになった気がします。 あれだけ落ちなかったのにすごい効果です。 続いて、水筒本体は・・・ こんな感じになりました! あの黄土色の汚れがほぼ消えました。 淵のところもそうですが、中身の洗いにくい部分まですっきりした感じです。 こんなにキレイなシルバーだったのかと思い出しました。 この後はしっかりと流水で洗い流せば完了。 ヌメリが無くなったらしっかりと乾かしておきましょう。 リンク 補足 使えないもの こんなにキレイになりましたが、中には使えないものもあります。 間違って使ってしまうと色落ちしたり、壊れてしまうことがあるので注意しましょう。 メラミン食器・漆器・ステンレスを除く金属製品・獣毛のハケ・水洗いできないもの 以上が使えないものです。 注意しましょう。 キッチン以外にも使えるんです キッチン泡ハイターって書いてありますが、キッチン以外のいろんなところに使えます。 洗浄成分が配合されているのでヌメリや黒カビにも使えますし、お風呂場のタイルやゴム部分、排水溝などにも問題なく使うことができます。 また、 トイレ掃除にも対応していて、塩素系の成分である次亜塩素酸ナトリウム成分が含まれているので漂白や殺菌効果もあります。 大腸菌・カビ・ノロウイルス・黄色ブドウ球菌の殺菌ができるそうです。 まとめ 今回は、最近水回りの掃除にハマった結果見つけた最強の掃除用品についてでした。 「 キッチン泡ハイター」本当にこれは侮れませんね。

次の

キッチンハイターでのつけおきの正しいやり方を解説!ベストな時間と一晩の長時間放置はNG?|なおブログ

泡ハイター

キッチン泡ハイターの効果!セラミック包丁の黄ばみがとれる! こちらは僕が愛用している京セラのセラミック包丁です。 京セラのセラミック包丁は、切れ味がとても良くて野菜や果物がさくさく切ることができますよ! 京セラのセラミック包丁の記事は、こちらで書いているのでよかったらご覧ください。 京セラのセラミック包丁の下にあるひのきのまな板の記事は、こちらで書いているのでよかったらご覧ください。 包丁を毎日使っていると写真のように黄ばみや汚れがついてきますよね。 特に包丁の色が白なので、着色するとかなり目立ちます。 反対側ですが、黄ばみが目立ちます。 この茶色の包丁がかなりきれいになりますよ。 シュシュっとキッチン泡ハイターをかけて、5分待ちます。 使い方は、後で詳しく説明していますがこんな感じで持ってノズルを手前に引くことで泡がでます。 果たしてきれいになるのでしょうか? 5分経ったら、30秒以上かけて水できれいに洗い流します。 見てください。 めちゃくちゃきれいになってませんか? すごくないですか? かなり黄ばみや汚れがとれていますよね。 元の白さに戻ってきれいになりましたね。 キッチン泡ハイターを使えばマグカップの黄ばみも簡単にとれる! キッチン泡ハイターの効果!ぬめりがとれる! 食器類を洗うときに水をためるプラスチックのおけの裏です。 油断すると底にはぬめりがついていますよね? 気持ち悪いし、触りたくないですよね? キッチン泡ハイターを使えばいいじゃないですか! シュシュっとつけ置きの5分待ちます。 水で流すと・・・、 ぬめりがとれて、きれいになってるじゃないですか! キッチン泡ハイターはぬめりにも効果あります。 さらにいつも食器を洗った後、こんな風に最後にスプレーします。 キッチン泡ハイターは除菌、消臭、ぬめりも除去できるので、最高ですよ。 キッチン泡ハイターをするようになってからは、ぬめりがなくなりましたね。 ぬめりってほんと気持ち悪いですよね。 キッチン泡ハイターの成分は? キッチン泡ハイターに使われている主な成分は、次亜塩素酸ナトリウム、界面活性剤などです。 この2つの成分が漂白と汚れを落とすポイントなんです。 キッチン泡ハイターに使われている次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸ナトリウムは、 塩素系の漂白剤です。 水道やプールの殺菌などに使われていることで有名な化学物質ですよね。 次亜塩素酸ナトリウムは、ノロウイルスにも効果的で、病院などにも使用されています。 キッチン泡ハイターに使われている界面活性剤 表面活性剤ともいいます。 異なる物質同士が接している界面(表面)の性質を変える物質の総称を指します。 例えば、水と油は水と油は混じり合いませんが、この2つの間には界面が存在します。 界面活性剤がこの異なる2者間の界面(表面)に働きかけることで、性質を変え、その結果水と油が混じり合うことができます。 その界面活性剤は、 分子構造を変えることではりついた汚れを落とす性質があります。 キッチン泡ハイターに使えるものは? 使用できるものとしては、まな板、包丁、茶碗やカップなどの食器類、きゅうす、水筒、タンブラー、弁当箱などです。 またシンクや三角コーナー、洗いおけや排水口のごみ受けなど幅広い場所に使うことができます。 キッチン泡ハイターという名前通り、色んなキッチン用品に対応しています。 キッチン泡ハイターに使えないものは? 万能なキッチン泡ハイターですが、使えないものあります。 ミラミン食器、漆器、ステンレス以外の金属製品、天然石の調理器具などは使用できません。 ミラミン食器とは、ミラミンという樹脂を使っている食器です。 キッチン泡ハイターの使い方は? 使い方は簡単、ノズルを「出」に合わせて、10cm四方当たり5回程度スプレーするだけです。 また「除菌・消臭」で使う場合と「漂白・ヌメリ除去」で使う場合とで、つけ置きする時間が違います。 つけ置き後は、流水で30秒以上洗い流します。 除菌・消臭として使う場合 つけ置き時間は約30秒で、すすぎは流水で30秒以上洗い流します。 漂白・ぬめり除去として使う場合 つけ置き時間は約5分で、すすぎは流水で30秒以上洗い流します。 流しのぬめりなんて触りたくないですよね。 キッチン泡ハイターを使うと簡単にぬめりも除去できます。 キッチン泡ハイターは効果があるのでおすすめ! 花王が販売しているキッチン泡ハイターの効果、成分、使い方などについて紹介しました 手軽に使えて、漂白、除菌、消臭、ヌメリ除去ができる超万能なアイテムです! ぜひお試しください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 以上、ヨシラテでした。

次の