明松功。 人材のフュージョンが可能にした「アドフュージョンドラマ」、誕生!vol.1 ~フジテレビ 明松 功さん 電通 中尾 孝年さん 伊藤 三朗さん~

庞明老师公开的松尾闾四步功诀如何才能做到...

明松功

【内容提要】 张苏辰老先生生于一九零三年八月,为道家龙门派内丹功二十代传人。 他涉足丹功,本是出于重痾之下对生命的无限眷恋。 然而在经过五十余年的修为之后,他却参破了生命之奥,环顾「过去的友人已无一在世」,乃有了云归之意,遂端坐而化。 这真是一个奇妙的生命轮回! 他留下的在「道」中散步的足迹,走进了自古以来「传药不传火」的禁区,如夜空并不熄灭它所有的灯一样,留下一盏蟾光,为逆旅间来往的人指路。 契论经歌讲至真,不将火候着于文。 要知口诀通玄处,须共神仙仔细论。 ----宋张伯端《悟真篇》 自序 我自幼多病,身体消瘦,到十五六岁时病象更多,怔忡、心悸。 常请医生吃药治疗,然一点效验也没有。 偶购一本《因是子静坐法》,照书中所讲的方法进行静坐,果然有效,身体逐渐康健,只是没有恒心,练习不太认真,病一好(转)就不坚持了。 三年后,终因镇不住命门之精而失败。 三十岁娶妻成家,静坐功夫断断续续,到四十六岁时,患半身不遂症,不能行动,吃中药无效。 这时有人告诉我,中医韩大夫教人静坐法,能治各种病症,在无奈的情况下登门拜访,叩头认师。 韩大夫欣然应允,赐我法名明一,并告诉我,半身不遂之病,练习静功一定可以治愈,只要有恒心去坐,必然会生效验的。 从此我开始涉足内丹功,通了小周天后,把精水化成气团,周流上下。 此后,终末再泻一次精,而得到大周天通运,养神还虚。 我因为证实了大小周天的运动,才知此功简易可行,惟火候繁多复杂。 如今已经九十多岁了,不仅提高了身体素质,而且积累了不少经验。 为造褔苍生,今撰《明一子内丹功经验谈》,结合自己的练功体验,把筑基、练精化气、练气化神、炼神还虚各阶段的方法、火候、内景加以说明,供医疗疾病参考用。 (《悟真篇》:「纵识朱砂与黑铅,不知火候也如闲。 」) 一、筑 基 将根基建筑牢固,才能完成练功,本阶段功夫有此重要,故名。 人体的根基在肾,据袓国医学的理论,肾为一身水火的根本,如同天地间水火,万物赖之以生的道理一样。 肾气充足,身体自然康强。 炼丹之人要下决心继绝性交,精水积满,外阳必举,要用炼精的方法,控制外溢,使其还精补脑。 (否则)地户不闭,真气不聚,内丹难结。 (《悟真篇》:「劝君穷取生身处,返本还元是药王。 」) 练气功为了康复体质,百病不生,可是各人练功功效有别,体质强者功效快,体质弱者功效慢。 因此,不须急于求效,只有把筑基功夫练成,才有日新月异的效果。 (《悟真篇》:「要得谷柛长不死,须凭玄牝立根基。 」) 每于静坐之前,务要扫除一切杂念,宽衣松带,身体不受束缚,端坐在椅子上,两腿垂地,两手放在膝盖上。 把两目张开,向前平视,把目光凝视于两眼之前的正中处,眼珠尽量保持不动,慢慢地收回目光,不偏不依地随心意放在两眼中间袓窍穴里,半睁半闭,外闭内睁观看鼻端袓窍穴内的「空虚之光」,用意不用力、似观非观,观到袓窍内发胀、发紧、感到温暖,达到这个的标准时,再用意念轻轻地引「空虚之光」向脐下丹田照视,内视腹中一个虚空境地,要朗彻其光,如同天空无云遮蔽时太阳照射大地一样。 静至于极,到无我无相时,就产生元阳真气,气生则旋动天机,(《悟真篇》:「道自虚无生一气」)自然会发现腹内温暖,这就是道家所谓的「微阳」或「一阳生」。 微阳嫩而不能采,只须以神照原处,继续寂照温暖处,越温养越旺动,它的活动会越来越大。 微阳愈动,仍要坚持温养,这是积精累气的要诀。 比如室中香烟一缕,若火不绝,其烟渐渐充满室中。 积累内气也是如此,开始腹中气动微小,渐渐通达四肢百骸,皮肤状如虫行,如持之以恒,定能达到气足神充,浑身舒畅。 这是修炼内丹的起步功夫。 我从此下最大的决心隔绝妻室,独自一人,别居静室,谢绝世事,行持静坐功夫,规定每天子午卯酉四次,每次三十分钟,如是将近三个月,坐的时间逐步增加到四十分钟,或一小时。 以后每次入座后小腹渐渐发热,然梦中泄精,小腹热力消失。 可用下面的方法固精:鼻孔一吸气,用真意将生殖器往回一缩,(以)意引(导)头转眼(跟)遂,从会阴穴向左侧身外边走空间,上升到头顶百会穴一停,眼往上看。 鼻孔一呼气,意引头转眼遂,从百会穴向右侧身外边走空间下降到会阴穴一停,眼往下看。 左边升,右边降为一圆周;一吸升,一呼降为一次。 如此四个九周,每一个九周一停,用心意将生殖器向上提缩,连提六下,共提四个六下。 再静坐意守丹田十分钟,然后用右手掌捂在肚脐上,左手放在小腹底,曲指记(周)数,右手围绕肚脐划圆,左边升,右边降,旋摩腹表四个九周,再从右边升左边降,旋摩腹表四个六周,再用左右手捂在背后腰眼上,搓热后把双手带脉左右一齐向前拢到肚脐一碰手。 (所谓圈数,只是起个约定作用。

次の

放送人:フジテレビ ローカル営業部部長職・明松功さん

明松功

左から 電通 中尾 孝年氏 フジテレビ 明松 功氏 電通 伊藤 三朗氏 明松 功 (かがり いさお) 株式会社フジテレビジョン ローカル営業部企画担当部長 神戸大学工学部卒業後、1995年にフジテレビに入社。 2016年営業局へ異動。 中尾 孝年 (なかお たかとし) 株式会社電通 CDC クリエイティブ・ディレクター 1997年に電通入社。 主な仕事は江崎グリコ(アイスの実「江口愛実」、ポッキー「デビルニノ」)、塩野義製薬(「もしもブラマヨの吉田がもっと早く皮フ科へ行っていたら…」)など。 佐治敬三賞、ACC賞、カンヌ、スパイクスなど国内外で受賞多数。 伊藤 三朗 (いとう さぶろう) 株式会社電通 第16BP局 第1アカウントオフィス ディレクション1部 シニア・アカウント・マネージャー 2003年に電通入社。 入社以来ずっとテレビ畑で、テレビ局のタイムやスポットを担当。 2018年6月まではラジオテレビ局テレビビジネス3部に所属、2018年7月より現職。 今回は、2018年6月20日(水)にフジテレビで放送され、史上初の試みとして注目されたアドフュージョンドラマ をピックアップ! とは、フジテレビと電通が共同開発した新しい広告の手法で、メインコンテンツと広告をフュージョン(融合)したもの。 ここでは、その構想やトータルデザインに携わったフジテレビの明松さん、電通の中尾さん、伊藤さんの3人に登場いただき、前代未聞の取り組みがいかにして実現したかを語っていただきました。 中尾:そうですね。 明松:そうそう。 そのときの中尾の仕事ぶりが、強く印象に残っていたんだよね。 『めちゃイケ』の総監督・片岡飛鳥さんにも、物怖じせずにプレゼンする姿が印象的で 笑。 その2年後に一緒に会う機会があって、「実はこんなことを考えているんだけど」って相談したんだよね。 中尾:僕は、明松さんに憧れて「自分もクリエイティブな仕事がしたい」と、この業界に入った人間なので、『めちゃイケ』のときも、明松さんと一緒に仕事ができることが嬉しくて、死ぬほど頑張りました(笑)。 それを評価してもらえたのは、すごくありがたかったですね。 まあ、それはおいておくとして、僕は電通でもテレビ局を担当する部署に所属していて、しかもフジテレビ担当だったので、明松さんには以前から可愛がっていただいてました。 今回の企画が生まれるきっかけとなった食事の場にも同席していて、「あの明松さんと、あの中尾さんが一緒になって、何か新しいことをやろうとしている!」と興奮しながら耳を傾けていました。 そこで、いろいろと企画書を書いてみたものの、自分としては自信作なんだけど、どうもスポンサーに刺さらない。 なぜだろうって悩んでいたんですよ。 そんなとき、中尾と再会して、「広告屋の視点からアドバイスしてくれへんか」と言って、企画書を見てもらったんです。 フジテレビ 明松氏 中尾:そうでしたね。 それで、明松さんの企画書を読んでみて思ったのは、確かにどの企画書も、今すぐに番組にできそうなものでしたが、その面白さは、やはり制作サイドから見た面白さで、広告サイドからの視点が弱いと感じたんですよ、生意気にも(笑)。 明松:そうそう、「明松さん、言いづらいんですけど、これはちょっと違いますね」ってハッキリ言われたのを覚えているよ(笑)。 中尾:し、失礼しました!(笑) けど、僕だけじゃなくて、伊藤君も同じ意見やったよね。 電通 中尾氏 伊藤:いや、僕も明松さんの企画書を拝見しましたが、バラエティー番組としてはすごく面白くて、「こんな面白い番組ができるからCMを出しませんか」とスポンサーにセールスする分には問題ないと思いました。 ただ、「営業発の番組」と言うからには、スポンサーにお金を出してもらって、一緒になって番組を作っていくことになりますよね。 そこの視点が弱いという中尾さんの指摘には、「なるほど」と感じました。 中尾:やっぱり、できあがった番組を「面白がる理屈」と、番組制作に「お金を出す理屈」とでは、当然違ってきますからね。 明松:そうやって二人にボロクソ言われて、当時は「何だこいつら。 何でこの面白さが分からんのや」って、ちょっと凹んだのよ(笑)。 それで、そこまで言うなら「他に何か面白いアイデアはないか」となって、中尾から出てきたのが今回の「アドフュージョンドラマ」につながる発想だったんだよね。 中尾:最近のCMって、録画して見る人にはすぐに飛ばされるじゃないですか。 じゃあ、本編部分と広告部分が渾然一体となって融合したコンテンツを作れば、広告だけ飛ばすこともできないし、両方とももっと面白がってくれるんじゃないかと、考えていたんです。 明松:それを聞いてすぐにピンときて、「俺もまったく同じようなことを考えとってん」って調子よく乗っかったんですよ(笑)。 それで、以前から考えていたドラマのアイデアをガーってしゃべったよね。 例えば、犯罪ドラマの逃亡犯が急いでいるのに律儀にシートベルトをしたり、黄色信号だからと車を止めたらパトカーが追い抜いていったり…。 コンプライアンスを気にするあまり、おかしな展開になるドラマ。 もう1つは、「スポンサーを気にし過ぎドラマ」(笑)。 中尾:僕が考えていたアイデアも、スポンサーの都合で、どんどん話が変わっていくドラマで、まったく同じ発想だったんで驚きました。 でも、スポンサーの都合でストーリーが展開するときに、話がつまらなくなったらスポンサーにとってはイメージダウンですよね。 そんな話をしているなかで、「これはイケるぞ!」となって、今回のアドフュージョンドラマの企画が本格的に動き出したんです。 何しろ大先輩ですから、少しでも力になりたいと思っていたので、中尾さんとの対話で突破口が開けたようで嬉しかったですし、いったん方向が見えてくると、すぐに次から次へとアイデアが湧き出てくる二人を見て「スゴイな」と。 一生懸命についていけば、僕にとっても面白い仕事ができそうだと、正直ワクワクしていましたね。 明松:番組としてはバラエティーじゃなくてドラマがいいというのは、すぐに決まりました。 というのも、出演者の力量に委ねながら作るバラエティーよりも、ドラマの方がメッセージを込めやすいから。 脚本をグリップすれば、全体をコントロールしやすいし。 中尾:そうでしたね。 僕は、ドラマが難しければバラエティーでもいいかもと思っていましたが、番組作りのプロ中のプロの明松さんに、「自由度が高いバラエティーよりも、制約の多いドラマの中に入れていったほうが面白いんじゃない」って言われて、「確かに!」と思いました。 明松:バラエティーで面白くしようと思ったら、出演者を面白くしないと駄目で、そうするとついついスポンサーを蔑ろにする方向になっちゃう。 それだとアドフュージョンにならないんで、やっぱりドラマがいいんじゃないかと。 そして、広告が入ってきて面白いドラマとはって考えていくと、緩急がつけやすいサスペンスや刑事ドラマなんかがいいんじゃないかというところまで、トントン拍子に決まった。 伊藤:確かに、ドラマという方向性を決めるまでは順調でしたが、そこからが大変でしたよね(笑)。

次の

明松功

明松功

人物 [ ] 出身。 4歳の頃から少年野球をする。 、工学部環境計画学科卒業。 大学時代は兄の影響で部に所属し、関西代表選手で出場経験もある。 アメフト部の後輩に同局のがいる。 離婚歴があり現在は再婚しているとのこと。 前妻は『めちゃイケ』の企画で知り合った栄養士。 大食漢であり、『めちゃイケ』においては栄養士の「ガリタガリ子さん」というキャラクターで出演していた。 来歴 [ ] フジテレビ入社。 自身の希望していた編成制作局バラエティ制作部に所属し、『』などを担当。 にとして関わっていた『』での企画「どっちのADショー」にてに勝利しに昇進。 には『』にて初めてプロデューサーを務める。 2011年には先に昇格していた中嶋の後任として『めちゃイケ』のプロデューサーに昇格。 頃からはバラエティー制作センター副部長・に昇進。 付で営業局へ異動し、制作現場を離れる。 首都圏営業センターローカル営業部長に昇進した。 2018年、営業局所属ながら広告脚本を手がけた『突然コマーシャルドラマ』で、ACC賞メディアクリエイティブ部門ブロンズ賞を受賞。 付で現職。 過去の担当番組 [ ] チーフプロデューサー [ ] レギュラー• (以前はディレクター)• (第5回・第6回およびCS版、以前はプロデューサー)• ・親バカ特番 芸能人パパ大集合! ウチの子が一番カワイイよ決定戦• プロデューサー [ ] レギュラー• (1stシーズン~2ndシーズン前期、2ndシーズン後期は監修を担当) 特番• AD・ディレクター [ ] レギュラー• (1997年、制作進行を担当)• (2003年・2004年)• (2003年秋~2005年秋) その他 [ ]• 名探偵コジン〜突然コマーシャルドラマ〜(2018年6月21日、フジテレビ)- 統括・広告脚本・企画• ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~(2019年4月20日、フジテレビ)- 統括・広告脚本・プロモート 出演 [ ]• - ガリタさんとして出演。 エンドロールでは本名の明松功名義でクレジットされていた。 関連項目 [ ]• (明松入社時のフジテレビ社長)• 脚注 [ ]• 日経トレンディネット. 2014年6月21日閲覧。 マイナビニュース 2019年4月19日. 2019年4月21日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン. 2019年4月21日閲覧。 フジテレビ. 2019年4月21日閲覧。 外部リンク [ ]• KAGARIXXX -.

次の